大学4年の時、1人旅にハマってた時期があります。
就職も決まりバイト代もあったので、今しかないと思い旅行をしてました。
いつも1人で行くのですが、できるだけローカル線に乗ったり安宿を使ってました。
夜行バスも何度も使いました。
そんな時に体験したことを書きます。

一番印象に残っているのは、仙台へ行った時のことです。
新宿を0時過ぎに出ると、朝6時ぐらいに到着する夜行バス。
バスに乗り込むと運が良かったのか、周りには女の子4人組がいました。
俺のように大学生らしく、4人で温泉に行くと言っていました。
別に普通にしてたら仲良くなることもありません。
でも何度か経験があるんですが、トイレで寄るサービスエリアがきっかけになったりするんです。

その時もそうでした。
楽しいのか酒やお茶をグビグビ飲んでたんでしょう。
夜中のサービスエリアでトイレに行きたくなった女の子2人。
深夜の寂れたサービスエリアって人気がないと怖いもんです。

「トイレ行こうよぉ~」
「やだぁ・・・怖いじゃん・・・」

「えぇ~~行こうよぉ~」
「我慢しなよぉ~」

俺は煙草を吸ったりしたかったので、思わず話し掛けました。

「俺も行くんで一緒に行きましょうか?」
「えっ?いいん~ですかぁ?」

「よかったぁ~」
「じゃアタシも行く~」

結局4人でトイレに行くことに。
それがきっかけで喋るようになったんですが、彼女たちはやっぱり都内の大学生でした。
俺が1人旅なんですよと言うと、どこに泊まるのか、どこに行くのかと聞いてきました。

4人の中でやたらと可愛い子が1人いて、名前は佳代子と言ってました。
俺と同じ年齢で出身が福島。
もう内定を貰ってるから今は暇なんだと言ってました。

バスに戻ってウトウトしていました。
確か4時ぐらいだったと思います。
トイレに行きたくなって運転手さんに聞きに行きました。
そしたらもうちょっとでサービスエリアがあるから、そこに寄るよって言ってくれました。
安心した俺が席に戻ると、後ろから肩をトントン叩かれました。
叩いた主は佳代子です。

「トイレですか?」
「うん、聞いてきたらもうすぐだって」

「じゃアタシも行こうかな」
「あぁ、じゃ一緒に行きますか」

運転手さんは、「休憩したいからゆっくりでいいよ」と言ってくれました。

トイレに行った後、コーヒーを飲みながら煙草タイム。
そこに佳代子が寄ってきて、2人で喋りながら休憩してました。

「友達4人で温泉なんて楽しそうだねぇ」
「やっとみんな内定決まって行けるんですよ~」

「俺なんて1人だから羨ましいなぁ~」
「彼女と行けばいいじゃないですかぁ~」

「彼女いないし・・」
「そうなんだ!そんな風には見えないけど」

「っていうかそっちも彼氏と行けばいいのに」
「私の彼氏、まだ決まってないからねぇ~」

やっぱりこんなに可愛いと彼氏はいるよなぁ~と少しガッカリしました。
泊まる温泉や旅館の話をしているうちに俺も温泉に行きたくなってきました。

「もし俺がその温泉に行ったら、みんなで飲もうよ!」

「いいよ~!」

なんとなく仲良くなれた気がしたので思い切って言ってみました。
笑顔でOKしてくれたので気分はノリノリです。

その後バスに戻り、仙台に到着してからは別々に行動しました。
聞いた温泉宿をネットで検索すると、案外安く泊まれるみたい。
俺は素泊まりだからいつもより少しだけ奮発したらいいだけ。
連絡先も聞かずに別れたもんだから、少しだけ不安はあった。
いきなり行ったら、「なにコイツ?」みたいな反応があるんじゃないかと。
社交辞令でOKって言ったけど、ホントに来るとは思わなかったとかよくあること。
それでも旅の恥はなんちゃらほいってことで、覚悟を決めて向かってみた。

温泉街にあるその宿はこぢんまりしていて、客室はそんなにないっぽい。
で・・・到着して思ったんだが、その女の子たちをどうやって探すかってこと。
フロントのおばちゃんに聞いたら怪しまれるかと思い、気の小さい俺は到着してから何もできずにいた。
夕方チェックインして、素泊まりの俺は外にメシを食いに出掛けた。
コンビニでツマミとか飲み物を買って、温泉宿をフラフラ散歩して戻った。
ロビーと言っても凄く小さな応接セットがあるだけのロビー。
そこに座って新聞を広げてた。

「あれ?」

横から声がしたので振り向くと、そこには佳代子ともう1人の女の子がいた。
2人とも浴衣姿だったから印象がまるで違う。

「あれぇ~~~いつ来たの?」
「今日の夕方、さっきメシ食ってきたんだ」

「えっ?アタシたちこれからご飯だけど」
「あぁ~俺は素泊まりだからね」

他の友達もやってきて、「どうもぉ~」みたいな挨拶と軽く会話をして別れた。

ここで、ふと思った。
俺ってここに来ちゃったけど、大きな失敗をしてる気がする・・・。
女の子4人だし、男は俺1人。
何かあるかって言ったら、ない方が当たり前なわけで・・・。
勢いで来ちゃったけど、俺何してんだろうって後悔し始めてた。

部屋に戻ってテレビを観ても面白くない。
そこで温泉に行って必要以上に長風呂。
戻ってきて酒を飲み、明日からの予定を考えてた。
21時過ぎ頃、突然ドアがノックされ、出てみると佳代子と友達がいた。

「これから飲みに行かない?」

「あっ、いいよ!1人で飲んでて暇だったんだ」

浴衣姿の2人とロビーへ行くと残りの2人が待ってた。
そのまま近所の居酒屋へ行き、2時間ぐらい飲んだかな。
旅に来てて開放的だったんだと思う。

「俺の部屋で飲む?」と4人を誘うとノリノリ。

6畳の狭い部屋だったけど、そこで飲み始めることに・・・。
酒が入って彼女たちは恋愛話ばっかりし出していた。
男は俺1人だから「どう思う?」と意見を求められ、モテない君の俺は真面目に答えてた。

大丈夫?と思うほど普通に飲んでたもんで、まず女の子1人が脱落。
布団に寝かせておいたんだけど、続いてもう1人が脱落。
こうなると2人を部屋に運ばなきゃいけなくなり、3人で力を合わせながら運んだ。
残ったのは俺の部屋に誘いに来てくれた佳代子ともう1人。
3人になってからは、少し下ネタ系の会話も弾み出した。

佳代子が彼氏の話をしだし、実は早漏でビックリだと言い出したのには爆笑した。
どれだけ早いかっていうと、フェラ中は手コキ厳禁らしい。
根元を握ってシコシコとすると、ほんの数十秒で出ちゃうって言ってた。
それに便乗したもう1人の子は、彼氏のチンコが小さいって言い出す始末。
初めて入れた時は、「えっ?入れたの?」と思ったとか。
エロ話できるほどのネタもない俺は、ここ2年ぐらい童貞ですと告白。
だから相手がいるだけ幸せだと言ってやった。

奥の方の部屋で隣に人がいないから結構デカい声で騒いでたと思う。
布団でゴロゴロしながら喋ってた女の子が寝始め、途中からは俺と佳代子だけで喋ってた。

「こういうのエロいよね」と、俺は寝ている女の子の足をネタにし始めた。

浴衣が軽く乱れて少し太ももが出てる状態。

「2年間童貞の俺には刺激が・・・」と自虐的なギャグを言ってたら、佳代子も悪ふざけし始めた。

「こんな感じ?」と浴衣をハラリとさせて、生々しい足を露出。

「あぁ~堪らんね!」と俺も合わせて悪ノリ。

「もうちょっとこう捲って、そうそう・・・あぁ~それいいわぁ~」

みたいな感じで遊んでた。
酒のせいで少し赤くなった肌だったが、温泉効果なのか凄い綺麗な肌だった。
思わず、「ツルツルだねぇ~」と触ってしまったが、佳代子は別に嫌がる素振りもなし。

「温泉入ったからツルツルでしょ~」と無防備。

何かそんな事をしてたらたぶんお互いにムラムラしてきたんだと思う。
完全に俺はムラムラしてきてたんだがw
いっちゃえ!と思って、足を触った勢いのまま顔を近づけていった。
目を見つめ合ったままだったけど、距離がどんどん縮んでいってキス。
チュッとした時、「ふふふっ」と意味深な笑みを投げかけてきた佳代子。
そのまま今度は激しくキスすると、佳代子も舌を積極的に絡めてきてくれた。
すぐ隣で友達が寝息を立てている状態でのキスは興奮するみたいで、俺にしな垂れるように抱きついて舌を絡めてきた。

そのまま俺は浴衣の上から胸を揉むと、「ダメでしょっ・・・」と軽く拒否。
でもそのまま胸を揉み続けていると、「もぉぉ・・・」と言いつつ舌をベロッベロンと絡ませてくる。
胸の谷間から手を入れ、ブラの中に手を滑り込ませてみた。
これがまたボワンとした俺の手の平では掴めないほどの巨乳。
見た感じだとそんなに大きくは見えなかったけど、Dカップ以上はありそうな感触だった。
乳首はすでにコリッコリに硬くなっていて、指で摘むと眉間にしわを寄せながら反応してくれてた。
しばらくキスをしながら胸を揉んだり乳首をコリコリしてたんだけど、太ももを触ったら手を掴まれた。

「そっちはダメ・・・友達が起きちゃうから」

顔を密着させながら舌を絡めつつそんな事を言う佳代子。

「大丈夫だよ、声我慢すればいいじゃん」と強引に内ももを撫で始めた。

体をビクビクッと軽く痙攣させながら俺にしな垂れる佳代子。
奥に手を進めていくと、「ダメ」とか言ってたくせに自ら足を軽く開いてきた。

(なんだ、触って欲しいんじゃん)

嬉しくなった俺は、指先で割れ目を上下に優しく撫でてみた。

「ヤバい・・うぅ~んっ・・・ヤバいよぉ・・・」

「ここが気持ちいい?」

「うんっ・・・声出ちゃうよぉ・・・んぁぅっ・・・」

クリトリスを指先で押さえながらグリグリと撫で回してみた。
さすがに我慢できなくなるらしく、俺を見つめながら、「ダメッ・・・ダメッ・・・」と首を振ってた。
友達はというと、スースーと少し大きめな寝息を立てて寝ている。
だから佳代子の手を俺の股間に持って行き触らせてみた。

「すごぉい・・んあぁぁ・・・硬くなってるねっ・・・」

お互い股間を弄り合いながらキスをした。
佳代子の手が浴衣の中に入ってきて、トランクスの中でチンコを握ってきた。

「こうされたらすぐイッちゃう?」

ニヤニヤしながらチンコを握ってシコシコしてきた。

「俺は早漏じゃないから大丈夫wそれよりこんなに濡れてるけど?」

指をゆっくり入れてみると、佳代子の手に力が入り始めた。
彼氏は手コキ禁止だからなのか、微妙に手コキがヘタw
中指が奥まで入って奥を刺激してやると、もう手コキはすっかり忘れて抱きつくだけの佳代子。
クチュックチュッと音がするたびに友達を警戒してたけど、それ以上に興奮してたみたい。
もう自ら積極的にキスしてきては舌をベロベロと絡めてくるし、アソコもギューギュー締め付けてくる。
2本目の指を入れると腰を自ら浮かしつつ、もっとしてくれ的な姿勢になっていった。
それじゃ~と少し強めにG辺りをグイグイグイ~ッと刺激すると、我慢の限界だったのか声が漏れてしまった。

「はあぁぅんっ!」

この声には俺も佳代子自身もビックリしたらしく、動きを止めて友達を観察した。
数秒間息を止めて観察したが、友達の寝息はリズミカルに続いていた。

「そんな声出しちゃダメじゃん」
「だってぇ・・・アタシもビックリしたぁw」

「そんなに興奮してるんだ?やらしいね」
「もぉ~~」

その後、軽くまた指マンをしつつキスを楽しんだが、これ以上は無理っぽい。
だから佳代子を立たせて風呂場へ行った。
安い部屋だけど一応風呂とトイレはある。
ユニットバスタイプのその部屋は、手間に便器があって奥に風呂がある。
服を脱ぐ場所と洗面所もあるんだけど、そこで寝かせるわけにもいかない。
だから洗面台に腰かけさせて、足を広げてクンニした。
クンニは恥ずかしいと嫌がってたくせに、いざ舐められると淫乱そのもの。
俺の後頭部をアソコに押し付けるし、指を入れてクリを舐めると反応しまくり。
さすがに声は出せないから口に手を当ててたけど、「んひうっ」とか「んあっ」とか聞こえてた。

モテない君の俺はセックステクニックだけは熱心に勉強してますw
不細工で下手だとどうしようもないから。
だから今まで学んだテクニックをフル稼働させて、最高のクンニを披露すべく頑張った。
この努力が報われたらしく、必死でクンニ&指マンすること10分ぐらい。

「ダメッダメッ!イッちゃうからっ!ダメッ・・んぁぁっっ・・・イッちゃうっっ!」

小声でそんな事を言いまくりながら、最後は腰をガクッと大きく震わせて昇天したらしい。
イッた直後も腰を震わせてたから結構深めにイッちゃってたみたい。
下手すると洗面台から滑り落ちそうになってたし。
キスをしながら「気持ち良かった?」と聞くと、「凄過ぎw」と笑われた。

その一言と笑顔で大満足だった俺は、とりあえず友達の様子を見に戻った。
友達はというと口を半開きにしながら爆睡中。
それを見て佳代子と笑ってしまったが、座ろうとしたら佳代子に手を掴まれた。
そのまままた洗面所に連れて行かれて、今度は俺に座れという。
洗面台に腰掛けると佳代子は笑みを浮かべながらキスをしてきて、チンコをグイグイ弄ってきた。
そのまま下に移動していき、なんとトランクスを脱がせてきた。
浴衣は着てたけどトランクスを脱いだい状態の俺。
佳代子の目の前には勃起したチンコが露出してて、それを見てシコシコしながらまたキスされた。
激しく舌を絡めたかと思ったらそのまま腰を引いて行き、今度は亀頭にキス。
生温かいまったりとした舌が亀頭を舐め上げ、丁寧に裏スジを舐めてくれた。
玉袋を触りながらのフェラを堪能したわけだが、彼氏を思い出してか手コキのことを聞かれた。

「大丈夫?触っても」

「全然大丈夫だよ」

安心したのかフェラをしながら根元を握り手コキを開始。
やっぱり慣れてないみたいで、手コキがぎこちない。
それでも俺にとっては天にも昇るほどの気持ち良さだった。
我慢できなくなった俺は胸の谷間から手を入れて巨乳を弄った。
乳首をコリコリすると咥えながら反応してくれるし、ホント最高の気分だった。

「疲れちゃったw」

笑いながらフェラを止めた佳代子にキスをし、浴衣を左右に開いた。
ホックを外すと形の良い綺麗なお椀形の巨乳が。
むしゃぶりつくと抱きしめるようにしてくれた。
乳首を甘噛みしたり吸ったりしながら、片方はクリクリしまくり。
キスをすると佳代子はチンコを握ってシコシコしてくれる。

「入れちゃう?」

キスをしながら聞いてみた。

「・・・うんっ・・・」

恥ずかしそうに言う佳代子が猛烈に可愛く見えた。
浴衣は着てないとまずいからと、佳代子はブラとパンツを脱いだ。
パンツを恥ずかしそうに隠してたけど、奪ってみたら汁でドロドロだった。
佳代子を洗面台に座らせて足を開かせ、ゴムもつけずにそのまま亀頭をアソコに擦り付けた。
もう佳代子もエロ顔になっていて、擦られる箇所に魅入ってる。
亀頭をゆっくり入れてみると、ニュルンとスムーズに入っていった。

「あぁぁ・・入っていくよ・・・」

ゆっくりそのまま押し込んでいくと、久し振りに味わう温かい膣の感触が伝わってきた。

「すごぃ・・ンァァッ・・・すごぃっ・・・」

奥まで入れてゆっくり抜いて、またゆっくり動かしての繰り返し。
それだけでも佳代子は感じまくりで、俺にキスを求めてきては舌をしゃぶってた。
だんだん激しく腰を動かすと声が出そうになるらしく、またキスを求めてくる。
チンコは白濁色の汁がべっとり付き、濡れ過ぎて摩擦が感じられないぐらいだった。
足を持って腰を振りまくると、佳代子は俺の首にぶら下がってきた。
腰をグイグイグラインドさせ始めると、佳代子は一気に昇り詰めていったみたい。
子宮に亀頭が当たりまくりで、「腰が動いちゃう」と勝手に動かしてたし。

子宮攻撃で佳代子はま絶頂を迎え、余韻に浸らせることなく腰を振った。
洗面台に手をつかせての立ちバックも、ヤバいぐらい興奮した。
パンパン音が鳴っちゃうから気を遣ったけど、ヒクつくアナルを見ながら出し入れしている部分を見てた。

最後はまた洗面台に座らせて、浴衣を左右に開いて巨乳を露出させながらの挿入。
腰を振りながら乳首を摘まんでキスをするというスタイルが好きみたい。
最後はイク瞬間に抜いて、太ももに精子をぶっかけた。
白濁色の汁まみれのアソコや乱れた浴衣から見える巨乳。
最高だった。
濡れたタオルで綺麗にして、何度も名残惜しそうにキスをした。

その後、友達を起こして無理やり3人で風呂に行った。
隠れて何度もキスをして、俺は胸にしゃぶりついたりして楽しんでた。

次の日の10時頃、先に寝ていた2人が部屋にやってきて、予定がないなら一緒に観光しようと誘ってくれた。
だからその日は5人で一緒に行動した。
やっぱり隠れて佳代子とキスしたりしてたんで、かなり楽しい1日だった。
俺は2泊予定だったから、その日の夜も5人で飲み、また佳代子とセックスをした。
今度はみんなあんまり飲まなかったから、隙を見つけるのが大変だったけどね。

場所は露天風呂へ抜ける小さな廊下の死角w
俺と佳代子ともう1人が露天に行って、忘れ物をしたと佳代子が抜けてきてエッチした。
時間がなかったけど、それはそれで興奮するもんで、佳代子も俺も1回ずつ昇天した。

お互い連絡先は交換しないで帰ることにした。
佳代子には彼氏もいるし、なんとなく「遊びにした方がいいよね」って。
1人旅してて何人かとエッチはしたけど、佳代子みたいに萌えるセックスをしたのはいません。
今でもあの時の写真を見ると、どうしてるのかなぁ~と思い出します。