俺が25歳ぐらいの時の話。
俺は地元の物流の会社で働いていた。
結構ブラックな会社で、俺は倉庫勤務だったが、勤務時間は朝6時から夜中までとか当たり前で、他にも深夜勤務や3ヶ所ぐらい掛け持ちしたり、とにかく投げっぱなしが多かった。
さらに俺の上司の管理者(30歳)が酷い奴で、全て俺にやらせて、失敗は全部俺のせいにするわ、休日出勤や残業も全部俺にやらせるわと、とにかく嫌な奴だった。

俺は身長185センチでガタイも良く、柔道と空手は有段者で若い頃はヤンチャをしてたが、そんなことは一切言わなかったしパッと見が大人しそうなのでナメられてた。
上司ときたら、「俺は昔、手の付けられない悪でよ~」とか嘘くさい武勇伝を語り、「お前みたいにデカいだけの奴なんか一発だぞ」とかも言ってた。
まあ実際は、地元の先輩に聞いても「誰それ?」と言うぐらいの、ただのパシリだったそうだが。

まー俺もキレないでよく頑張ってたと思うが、違う仕事の先輩からスカウトされ、辞めることを決意した。
とにかくボロクソに言われて本気でムカついたが我慢していた。

そんな時、後輩のN(イケメンハーフ)が、「あいつの嫁、メチャクチャ可愛いらしいっすよ!犯しちゃいましょうよ」と言いだした。

俺は辞める日まで頑張り、みんなが送別会を開いてくれて、上司も嫌々参加してた。
俺は下手に出て上司に酒を飲ませ、二次会にも連れて行き、最後の方に後輩が入手した強めの眠剤を粉にして、酒に入れて飲ませた。
すでに泥酔だったから、上司は即爆睡し、「俺が送ってくよ!」と後輩とタクシーで送り、家まで行った。

部屋まで行きインターフォンを押すと、可愛い声がしてドアが開いた・・・。
丁重に挨拶をして顔を見て、あっと思った。

「あ!Fか?」

「えっ!◯◯先輩・・・」

やはりFだった。
Fは目が大きくスタイルの良い美女だった。

N「えっ?先輩、知り合いっすか?」

俺「おー、学生時代の便所だよ」

N「マジっすか?こんな美人が!」

F「やめてください!近所に聞こえたら」

オドオドしいるFに、「じゃあ、旦那も寝かさなきゃいけないから家に入れろよ」と言うと、渋々と家に入れてくれた。
俺は上司を寝室のベッドに捨ててリビングに戻った。

俺「お前なら話が早いや・・・しゃぶれよ」

俺はチンポを出した。

F「やめてください!昔とは違うんです!」

Fは目を背けた。

俺「昔はこれが好きだっただろ?マンコにもケツにも入れてヒィーヒィー言ってたじゃねーか」

N「マジっすか?」

俺が、「今度DVD観せてやるよ」と言ったらNは喜んでた。

F「やめて・・・あなた達が強引にしたんじゃない」

泣きだすF。

俺「先輩達とレイプして便所にしてたんだよ。5人ぐらいいたかなかな?最初は嫌がってたけど、最後の方は『チンポ好きー』って腰を振る様になったし、口とマンコとアナルに入れられてヨガってたよな」

昔話をした後、「ほら!早くしろよ!」と睨んで強めに言うと、Fは四つん這いになり、チンポを舐め始めた。

N「スゲー!マジでドMなんだ」

Nは喜び、写メを撮りまくった。
俺はFの頭を押さえて、「お前の好きだったチンポだぞ!5年振りか?舐めてるだけで濡れてんだろ?」と言うと首を振る。

俺「N!パンツ下ろせ!」

Fは嫌がったが強引に下ろした。

N「先輩、もうグチョグチョですよ!舐めて良いっすか?」

俺「おー!乱暴にして大丈夫だからな!アナルにも指入れてやれ!」

N「あーい」

Nは凄い勢いでジュルジュルと音を立てながら激しく舐めた。
さらにマンコとアナルに指を入れて激しくピストンすると、「んぐーーっ」と身体を痙攣させていた。
俺は、「よし、代われ!」とNに言い、今度はNが自慢の長チンポをFに咥えさせた。
俺はFの腰を掴み、「いっただきまーす」と形の崩れたマンコに一気に入れる。

俺「お~、昔より締まり良くなってんなー」

昔よりキツいマンコを乱暴に突いた。
Nも、「お~口マンコ気持ち良いっす」と乱暴にイラマチオをしていた。
Fは喉奥を突かれて咳き込み、涙目になりながら、「ふぐーふぐー」と唸っている。
俺は乱暴に腰を打ち付け、Gスポットを擦りつけながら奥を力強く突いたり浅く速く突いたりを繰り返す。
するとだんだんFの膣が締まってきた。

俺「もうイキそうなのかよ、変態!」

Fが首を振るのでピストンを止め、また動かしてとそれを何度も繰り返してると、止めた時にFが腰を動かしてきた。

俺「何勝手に動かしてんだよ変態!イキたきゃ素直になれよ!」

また首を振るので、チンポを抜いた。

「えっ?」という顔で俺の方を見るF。

俺が「つまんねーから帰る」と言うと、Nが「マジっすか?」と残念そうにチンポを抜き、帰り支度をした。

「じゃあな!粗チンの旦那と仲良くやりな」と部屋を出ようとしたら・・・。

F「イカせてください・・・」

小さな声でFが哀願してきた。

俺「えっ?聞こえねー」

F「私は変態便所女です!好きなだけマンコに精子を出してください!」

昔のセリフを言い、自分でマンコを広げるF。

F「◯◯先輩の極太チンポで昔みたいにイカせてください!」

叫ぶように言うF。
Nは、「スゲー変態」と笑ってた。

再び入れると、もうFは我慢をしなくなり、「あ~~~、やっぱりイイ~」と腰を動かし始めた。
Nに、「浣腸とローション買って来いよ!後ろはお前にやるから」と言うと、メチャクチャ喜んで買いに行った。
俺はまた我武者羅に腰を振り、Fは喘ぎまくり何度もイッた。
俺もイキそうになり、「出すぞ」と言うと、「中はだめ!」と叫ぶが、構わず中に大量に出した。
出した後、「ふ~、イク寸前は相変わらず締まるな」と話し掛けても、Fは放心状態になってた。

しばらく休憩してから再び突き始めた。
松葉くずしから正常位にし、足を肩に抱えて奥をガンガン突くと、「ヒギイ~それダメ~!」と叫びヨガる。
そのまま駅弁にし、「お前、これ好きだったよな?」と聞くと、「しゅきでしゅ~、奥がいいの~♪」とアヘ顔になり、俺に抱きつきキスをしてくる。
激しく突くと簡単にイキ、ぐったりしてるFをそのまま旦那のところに連れて行く。
さすがにFは、「嫌っ!やめて!」と言うが、構わず寝室に入って旦那の横でピストンすると、また喘ぎだした。

「旦那の横で感じてんじゃねーよ」と笑うと再びイッた。

俺はイッてなかったので四つん這いにさせて、上司の横で激しく突き、Fの中に出した。
チンポを抜くと大量に精子が出てきた。

しばらくしてNが帰ってきたので、「おう!もうヤッていいぞ!俺は帰るから」と言うと、「マジっすか?じゃあ楽しみますね」と言って2人で風呂場に消えていった。
俺は帰ったが、Nは結構メチャクチャやったみたいだった。

それからは毎日の様にヤってた。