グッとくるエロい体験談SP

【羞恥】まじめに卓球の練習をしてただけだったのに・・・。

確か体育祭の終わった頃だったか。
弱小卓球部の新主将だった私は、団体戦1勝と個人ベスト8を目標に練習に励んでいた、そんな頃。
同じく部員が3人しかいなかったので団体戦すら出来ない女子の主将と2人で、なんとかかんとか部員をまとめていた、そんな中2の秋だった。

その日は試験前だったためか、練習に来たのは私とその女子(便宜上『リカ』としておく)の2人だけだった。
正直、真面目に練習してるのは私ら2人と後輩何人かだけというどうしようもない状態だったが、それでも、試合で勝ちたくて必死に練習していた。
ランニング、柔軟、筋トレといういつものウォームアップの後、2人しかいなかったので打ち合いを始めた。

しばらくして、リカは言った。

「なんかフォームがしっくりこない」と。

しゃあないから、横からフォームをチェックしてみる。
専門的な話なので詳細は割愛するが、要は体の使い方があまり良くなかった。
私が手本を見せてみるも、うまくいかない。
リカは言った。

「よくわかんない」と。

めんどくさくなって、「ちょいとごめんよ」と言ってリカの腕を取って、「こうだよ」とさせてみせた。
まぁ、こんなのは日常茶飯事だからお互いさしてどうもしなかったが、問題は足の運びと腰の動きだった・・・。
癖がついてて、何度言っても直らないのだ。
それを、告げてみる。

「全然わかんないよ」と言う・・・。

「鏡見るしか」と私は言ったが、リカは、「ちょっと示して見せてよ」と言うのだ・・・。

つまり、実際に触れて動きを教えろ、と・・・。

さすがに女子の腰とかを触ったことなどない。
それに私は、リカがちょっと気になっていたのだ。
一緒に練習する数少ない同士だったし・・・。
さすがに固まった。
リカはその私の様子に気付いたのか慌てて、「変な意味じゃないよ」とフォローを入れるが・・・。
気まずい雰囲気。

「はぁ」と一息吐いて、「んじゃ教えたるから、ちゃんと覚えてくれよ」と言って、リカの腰に手をやった。

顔がどうにも赤くなってしょうがない。
向こうは向こうでかなり赤かったが、練習なんだと、変なことは考えないようにしていた・・・。

が、その意に反して私の股間は脈を打ち始めた。

(やめろ、収まれ!)などと思ってもどうにもならない。

腰の微妙な柔らかさ、そして汗に混じって感じる石鹸の匂い。
これはまずいと思い、少し離れ、教えたフォームのチェックをすると言って誤魔化す。
頭の中は、早く勃起が収まることを祈るだけだった。
なにせ試合用のTシャツ短パン姿・・・。
バレバレだ。
だが、その私の思いは通じなかった。

「こんな感じ?」とリカが振り返って・・・固まった。

お互いがただ顔を茹でダコのようにして俯くだけだった。
その沈黙を破ったのはリカの方だった。

「そんなに、なるの?」と。

私とリカは、話の大半が練習とかの話で、世間話とかはした記憶がない。
まして、こんな・・・。
そっぽを向きながら、「ま、まぁ・・・」と答えるのがやっとだった。

(リカに見られてる)

その事が何よりも恥ずかしくて、今すぐにでも消えてしまいたかった。

リカが、「どうしてそうなったの?」と、極めて答えにくいことを聞いてきた・・・。
搾り出すように、答えた。

「腰とかに、触れたからだ」と。

「やっぱりS(私のこと)も、そんなふうになるんだね」と言う・・・。

そんな、お願いだから見ないでくれ。
しかも、明らかに見られてさらに膨張している。
異常な恥ずかしさが、そうさせていたのだろう。
リカはなおも、とんでもない事を聞いてきた・・・。

「それ、さ・・・。やっぱりその、か、か、硬いの?」

私は、「触ってみる?」と、かすれる声で言った。

(何を言っているんだ、自分・・・)

言ってから訪れる後悔。
リカは私のその言葉をどう受け取ったのだろうか。
うまく言えない微妙な表情。
はた、と気付く。
他に誰もいないとはいえ、体育館のど真ん中。
わざと大声を上げて、「ちょっと休憩する」と言って更衣室に逃げ込んだ・・・。

終わった。
それまでの人生が走馬灯のごとく駆け巡った。
でも、もう終わりだ。
あんなこと言ったら、変態みたいじゃないか!
しかも、この期に及んでも私の股間は自己主張をやめることを知らない。
激しい自己嫌悪。
頭の中で絶望と後悔の堂々巡り。
だから、リカが更衣室に入ってきて、しかも鍵を掛けたことなんて気付かなかった。
それからのことは、正直よく覚えていない。
自分でも訳も分からず謝ったり、リカが「男の子なんだから仕方ないし、普通なんでしょ?」と慰めをかけてくれたり。

そんなこんなしてる流れで、結局リカが私の勃起したモノに触ることになってしまった。
しかし、私の考えが浅はかだったのか、それともリカが大胆だったのか。
リカは私の横に座ると、膨らみに手をかけてきた・・・。
ズボンの中に。
握られて、変な声をあげてしまう。
しかも仮性だったし、先っぽはぐしょぐしょだった。
勢いで皮を剥かれ、背筋をとんでもない快楽が走った。
それにびっくりしたリカは慌てて手を離し、「ごめん、痛かったの?」と謝ってくる。
しばらくはその快楽にぼうっとしてしまって、ただ首を振るしか出来なかった。

少し平静を取り戻し、リカに説明した。

「気持ちいいんだ」と。

それがリカの好奇心か何かに火をつけてしまった。
質問攻め。
覚えてるのは、「オナニーとかするのか?」と、「してみせてよ」。

もう2人とも何かおかしくなっていたんだと思う。
顔はもうこれ以上なく真っ赤っかだったし心臓も破裂しそうだったけど、なぜかだんだんと頭が冷静になってきているような気もしてた。

「その・・・、オカズがないと」と、私は言った。

「普段はどんなのがオカズ?」と聞いてくる・・・。

勢いで、私は言ってしまった。

「リカの、裸とか想像して」と・・・。

「えっっ・・・」と言って、俯く・・・。

震えてる・・・。
何かにとり憑かれたかのように、叫んだ。

「だって、好きなんだから!」

顔を上げて、リカはすっごく戸惑った表情をしていた。
口元が微かに動いてて、何かを言おうとしていたみたいだけど、何も言わなかった。
でも、目はじっと私の目を捕らえて離さない。

リカは一瞬目を閉じて、「じゃあ、本物をオカズにしてみてよ」って早口で言って、ばっとTシャツを脱いだ。

息を呑んだ。
白いブラジャー。
脳内で散々妄想してきた、その胸の膨らみ。
大きくなかったけど、そんなのどうでも良かった。
食い入るように見ていた。
見てるだけで、イッてしまいそうだった。
そのくらい、もう股間ははち切れそうだった。

「Sも脱いでよ」とリカは言うや否や、短パンも脱いだ。

白のパンツ・・・。
しかも、その、薄っすらと黒い影が・・・。
自分も合わせるようにパンツごと脱いだ。

「きゃあ」

驚いてリカは手で目を覆ったが、指の隙間からしっかりと見ているのがわかった。

お互い、じっくりと互いを見ていたが、そのうちリカはブラジャーに手をかけた。
後ろ手に外す仕草は未だもって忘れることが出来ない。
異常なくらい色っぽかった。
ピンクの突起。
視線を感じ、手で隠す。

そして私のこわばりを見て、「下も、見るの?」と聞いてくる。

ぶんぶんと音が出るくらい首を縦に振ってた。
俯きながら、パンツを下ろすリカ。
やけに時間がゆっくり流れてた気がする。

露わになった微かな毛を見たとき、今まで妹のとか見てたのとは全然違った印象だった。
パンツを下げ終え、初めは手で隠していたが意を決したように、ばっとその姿を晒した。
きれいだった。
口に出る。
本当にきれいで、見ているだけでくらくらした。

じっと見る私にリカは、「オナニー、してみせてよっ」と言ってきた。
私はいつも横になってしていたので、普段通りに横になる。
鞄からティッシュを取り出して、手をかける。

「それじゃ、見えないよ・・・」

そう言ってリカは私の股間に顔を近づけて、しゃがんだ・・・。
微かな毛とともに、リカの筋が、見えた・・・。
ほんの少し潤んでるように見えて、それがとてもいやらしく感じた。
これまでにないくらいにはち切れそうな自分のモノを、皮を剥きながら上下にしごきだした・・・。

服を着て顔を洗って、表面上は何事もなかったかのように練習に戻る。
後輩の「遅れて済みませ~ん!」という元気な声が遠くで聞こえたからだ。
慌てて服を着たが、たぶんこんな事をしたなんてバレてはいないだろう。

帰り道、途中まで一緒に歩いていたが、リカは突然私の方を振り向くと、「さっきの好きだって、本当?」と聞いてくる。
まさかここで聞かれるとは思わなかった。
唐突な直球に戸惑って、私は微かに頷くのが精一杯だった。

するとリカは、「じゃあ、いいよ」と頬にキスすると、「今日のことは絶対秘密だからね!」と手を振って走り去っていった。

私がリカときちんと付き合うのは高校に入ってからのことであった。

月別アーカイブ
18歳未満閲覧禁止
当サイトには性的な描写が含まれるアダルトサイトとなります。18歳未満の方の閲覧はご遠下さい。

また、当サイトは個人で楽しむ目的で運営しておりますが、その著作権は引用元にあります。
サイトの閲覧、リンク先のご利用は自己責任で行っていただきますようお願い致します。
その他、相互RSSやご要望等は「お問い合わせ」からお願い致します。
オススメ!怖い体験談
[鵺速]あなたの傍の怖い話
媚薬・精力剤を使ってみた
脱毛してモテようぜ!
[PR] 今!VRが熱い!!
相互RSS(怖い体験談)