グッとくるエロい体験談SP

【不倫】レイプっぽく責めただけで呆気なく堕ちた部下の嫁

普通の恋愛に興味がなくなってしまった私は、人妻や彼氏のいる女性にしか興味が持てなくなっていた。
人妻を寝取り、その家庭を崩壊させることでしか満足感を得られなくなってしまった私は、面識のない人妻などではなく、極近い見知った人妻に興味を持ってしまった。
そして、私の会社のエースと言っても良い、間宮の妻(美帆)にターゲットを決めた。

慎重な私は、いきなり私が行くのではなく、知り合いの巨根の性感マッサージ師の松永にまずは堕とさせることにした。
それは想像以上に上手く行き、美帆は呆気なく堕ちてしまった。
松永から受け取った報告のビデオの中で、最初は夫を守るために仕方なく嫌々抱かれているという感じだった美帆は、最後には自らお掃除フェラをして、「もう一度抱いて欲しい」とねだるまでになっていた。
あまりにも劇的な堕ち方だが、夫である間宮のペニスは小さい上に早漏だと聞いていたので、本当の快感を知ってしまった美帆がそうなるのも、やむを得なかったのかも知れない。

夫に秘密を持ってしまった美帆は、会社の中でも時折苦悩の表情を見せるようになっていた。
ただ、美帆は、「松永とのことは、無かったことにしてくれ」と言った。
「忘れて欲しい」と私に頼んだ。
そして美帆も、そのことを話題にすることは一切なかった。

しばらくそんな日々が続いたが、私はそろそろ次のステップに移ろう思った。
まずは、間宮を出張に出すことから始めた。
間宮には、大阪に本社があるクライアントを担当させた。
そして、1週間の日程で出張に出した。
美帆は、間宮がいないことで少し寂しそうにしていたが、どことなくホッとしたような感じにも見えた。
事情はどうあれ、夫を裏切ったことが彼女の重荷になっているのだと思う。
夫とは、会社でも自宅でも一緒なので、常に責められているような感覚に陥っていたのかも知れない。
そして、束の間、夫と離れたことで、精神的に多少楽になったのかも知れない。

「美帆くん、久しぶりの独身は満喫できてる?」

私は松永との一件は無かったかのように、明るく美帆に話し掛ける。

「してないですよ。食事も外食になっちゃうし、だらけてますw」

美帆は明るく言う。
でも心の中では私に恨み言の一つも言いたいと思っているはずだ。
しかし表面上は、以前の美帆と変わらないように見える。

「それじゃあ、夕食でもどうかな?」

「ホントですか?私、お肉が良いですw」

美帆は明るくそう答えた。
内心どう思っているのかわからないが、とりあえず次のステップに進めた。

そして美帆をステーキの専門店に連れて行った。
住宅街にある小さな店だが、予約をしないとほぼ食べることが出来ないほど人気の店だ。
最後の締めのガーリックライスが絶品で、私も月に何回かは通っている。
今日は、最初から美帆を誘うつもりだったので、前もって予約を取っておいた。

「ホントに美味しいです!やっぱり、お肉ならココが一番ですね。社長、ごちそうさまですw」

分厚いシャトーブリアンを、ほぼ生に近いレアで食べる美帆。
ワインもグイグイ飲んでいて上機嫌だ。
でもワインのペースが速いのは、やはりあの松永との一件が彼女の中でストレスになっているせいなのかも知れない。

愛する夫に隠し事がある・・・。
しかも、その秘密は他の男性との不貞行為だ。
そして、本人にとっては不本意だったかも知れないが、今までの人生で一番の快感を感じてしまった・・・。
そんな大きな秘密を持ってしまった美帆は、夫への負い目がストレスに変わっているのかもしれない。

私は、新しいワインを開けて美帆に勧め続ける。
店を出るときには、美帆は肩を貸さなければいけないほどに酔っていて、私の計画通りになっていた。
そして私はタクシーで彼女を送る。
彼女の自宅に着いたときには、彼女はひとりで歩くのが困難なほどになっていた。
私は一緒にタクシーを降りると、彼女を抱えるようにして部屋に連れて行った。

「社長、すみません・・・」

苦しげに言う彼女。
私はソファに彼女を寝かせた。
そして私は、回りくどいことはなしにして、彼女に覆いかぶさった。
酔い潰れている彼女にキスをした。
アルコールの臭いが凄かったが、かまわずに舌を差し込む。

「んんーっ!ダ、ダメです、社長、どうしたんですか?」

呂律の回らない声で言う美帆。
私を押しのけようとするが、まったく力が入っていない。
酔いすぎて力が入らないようだ。
私は、しつこくキスをする。
舌を口の中に突っ込みかき混ぜていく。
本気で抵抗すれば口の中に舌なんて入れられないと思うが、酔いのせいか、それとも雇用者の私に対しては抵抗がしづらいのか、易々と舌を突っ込むことが出来た。
そして、ブラウスのボタンが弾け飛びそうな巨乳を揉み始める。
それは、見た目から想像していた以上に重量感があり、マシュマロみたいに柔らかかった。

「しゃ、社長、ダメです!どうしちゃったんですか?冗談ですよね?」

美帆はショックで酔いが覚めたのか、言語が明瞭になってきた。
しかし身体は回復できていないようで、動きが緩慢でフラフラしている感じだ。

「悪いようにはしないから」

ドラマや映画の悪い上司の定番のセリフを言いながら、私は美帆の胸を揉みしだく。
でも、そのセリフは思いのほか効果があったようで、美帆の抵抗が消えた。

「うぅ・・・許して下さい・・・」

弱々しくそんな言葉を吐く美帆。
その目には戸惑いや恐れが見える。
私は、その目に強烈に欲情するのを感じた。
当然、レイプなど今まで経験がない。
そんな事をしなくても、いくらでも女性を抱けたからだ。
なので、女性のこんな表情は経験がない。

そのとき私は、レイパーの気持ちを理解した。
無理やりやって何が楽しいんだろう?
そんな風に思っていた。
でも美帆のこの顔を見てしまうと、病みつきになるのも理解できる。

私は、彼女のブラウスを両手で左右に引き裂いた。
ブチンブチンとボタンが弾け飛び、薄いピンクの可愛らしいブラが姿を現わす。

「ヒィッ!ゆ、許して下さい・・・」

「大丈夫だから」

何が大丈夫なんだろう?と自分でも思いながら、ブラのカップを引き下げた。
そして露わになった乳首を口に含む。
優しくではなく荒々しく、時に噛んだりしながら美帆の胸を責める。
乳房の形が変形するほど強く揉んだりもして、ますますレイプっぽくなっていく。
そしてもう一度、「大丈夫、悪いようにしない」と言いながらスカートの中に手を突っ込み、躊躇なく下着の中に手を入れた。
腰をくねるようにして逃げようとする美帆。
でも、力づくで押さえ込む。

「そ、そこはダメ・・・ダメです・・・許して下さい・・・」

怯えた顔で私に言う美帆。
そんな顔をされたらやめられるはずがない。
私の指は彼女のへアを通り越え、彼女のアソコに到達した。
彼女のアソコは驚くほど濡れていた。
もしかして酔い潰れたので漏らしたのか?と思うほどだったが、尿と違って粘度が高い液体で濡れていた。
防御反応で濡れているだけなのかも知れないが、レイプされると異常なまでに感じてしまうケースもあると聞く。
レイプされて泣き寝入りしてしまうケースが多いのは、実は感じてしまったことを知られたくないからという事情があると、まことしやかに言う人もいる。
でも、美帆の反応を見ると、あながち嘘ではないのかな?と思ってしまう。

私は、わざと雑に指をいきなり2本突っ込んだ。
でも、ローションでも塗ってあるのかと思うほど簡単に入ってしまった。

「ングゥッ!ダメぇぇーっ!こ、こんなの、酷い・・・酷いですっ!やめてぇっ!」

美帆はさすがに抵抗を復活させた。
でも相変わらず酔いのせいか弱々しい。
私、突っ込んだ指を荒々しく動かし始める。
そして松永との動画で見当を付けていた、美帆の感じる部分を探り当てる。
それは松永から聞いていた以上に分かりやすかった。
ザラザラした美帆の膣壁。
そこを指でこすると・・・。

「ヤァァァッ!だめぇ!抜いてくださいぃっ!抜いてえっ!ああぁぁっ!あっ、ぅぅううぅっ!あーっ!」

美帆は泣きそうな顔で私を見ながら叫ぶ。
でも、その声には甘いものが含まれているのがわかる。
すでに美帆からは、身体ごと逃げる動きがなくなったので、私はもう片方の手で美帆のクリトリスを責めた。
スーツのブラウスは無惨に引き裂かれ、ブラも中途半端な形になり乳首が露わになっている。
スーツのスカートも捲れ上がっていて、黒のストッキングの付け根まで見えてしまっている。
その中には私の両手が差し込まれ、休むことなく動き続けている。
どう見ても、レイプ現場という感じだ。
しかし美帆は、私の的確な責めを受け続け、私の腕をギュッと握り始めた。
押しのける動きではなく、何かに耐えるために必死で掴んでいるという感じだ。

「ンンッ!んーっ!ン、あ・・・ぁっ!ダメぇ、許して・・・うぅああっ!そ、そんな、あぁっ!あっ!イヤァぁっ!こんなの、ダメぇっ!」

美帆は必死で声を抑え込もうとしている。
もう誰が見ても美帆が感じているのは明白だと思う。
美帆の膣中はウネウネと強烈にうごめきだして、指先にコリコリした子宮口が当たるようになってきた。
こんなに早く子宮が下りてくるなんて、かなりの淫乱だなと思いながら、子宮口を指で責め続ける。
松永との動画で美帆は奥が感じるとわかっていたので、思いきり責めていく。

「うぅぅぁぁっ!ヒィッ!社長、ダメ、ダメです・・・こんなの・・・あぁぁっ!あーっ!ダメぇぇっ!!」

美帆は体を仰け反るようにして叫ぶ。
もうイク寸前という感じだ。
私は、ここで指を引き抜いた。

「うぅウウゥ、ヒィァ・・・」

オーガズム寸前にいきなり指を抜いたので、美帆は変なうめき声をあげた。

「しゃ、社長・・・」

指を抜いたことでホッとしたような顔をする美帆だが、不満そうな感じもした。
イキそうなのに指を抜かれて、多少なりとも不満なのだと思う。
私は一言も口を開かずにズボンと下着を下ろした。
そしていきり立った、松永のモノよりも大きなペニスを、美帆に誇示するように見せつけた。
美帆の目が吸い寄せられるように私のペニスに向けて動いたのを見た。
私は何も言わずにただ立っていた。
美帆は乱れた服装を直すこともせず、私のペニスを凝視している。
そして私は美帆に近づいた。
ペニスを美帆の顔の近くに持って行き、そのまま美帆の頬に押し当てた。

「あぁ、そんな・・・か、硬い・・・」

美帆は嫌がるどころか、上擦った声でそんな事を言う。
美帆の目は期待に光っていた。
やはり一度巨根の味を知ってしまった美帆は、それの持つ魔力に抗うことが出来なくなってしまったようだ。
私は微妙に腰を動かし、美帆の頬をペニスで撫でていく。

「あ、ぁあぁ・・・こ、こんな・・・大きい・・・」

囁くように言う美帆。
何も言わずにペニスを擦り付け続ける。
すると私の動きにあわせて美穂が顔を動かした。
そして、その唇に私のペニスが触れる。
茎の部分に彼女の舌が触れ、私の欲情も一気に高まる。
それは美帆も同じだったようで、私のペニスに舌を這わせ始めた。
美帆は開き直ったように私のペニスを舌で舐める。

「うぅあぁ、こんな、凄い・・・硬くて・・・太い・・・」

美帆はレイプされているのが嘘のように、発情した顔で私のペニスを舐め続ける。
竿だけではなく亀頭部分にも舌を這わせ、尿道口なんかも舌でチロチロと刺激する。
それをしばらく続けた後、美帆は大きく口を開け、私のモノを飲み込んだ。
口の中に収めると同時に舌が絡みついてくる。
私は普段、フェラチオではまずイカないのだけど、射精感が強くなってきた。
やはり、このシチュエーションが興奮を増しているのだと思う。

部下の自宅で、その妻にフェラチオをさせる。
それだけでも背徳感が強烈だが、美帆の格好もまた欲情を煽る。
スーツのスカートはあられもなく捲れ上がり、ストッキングの付け根まで丸見えだ。
そして、引き裂かれたブラウスの中には、ずらされたブラから乳房が覗いている。
私は、最高だと思っていた。
このまま美帆を堕としてしまおう。
そんな気持ちを改めて強くした。

美帆は、夫のことを本当に愛している。
それは、見ていて分かりやす過ぎるくらいによくわかる。
夫をかばうために、その身すら犠牲にするほどだ。
そんな美帆だからこそ、堕とす価値があると思う。

私は美帆の頭を両手で固定して腰を振り始めた。
美帆の口マンコをオナホでも使うように犯していく。

(間宮に、この姿を見せてやりたい・・・)

そんな加虐的な気持ちが湧いてくる。
喉奥まで突っ込み、一気に美帆の顔が紅潮する。
そして涙目で私を見つめる。
でも、美帆は何も言わず、抵抗すらせずにいる。
私はゾクゾクしながら腰を振る。

「ンンッ!ンうぅっ!ンおぉっ!ぅぅうぅっ!」

美帆はイラマチオされながら、うめき続ける。
でも嫌がる素振りすらない。
私は生まれて初めてフェラチオでイキそうになっていた。

「イクよ・・・」

私が腰を止めて囁くと、美帆は自分で頭を振り始めた。
そして私は、そのまま美帆の口の中に大量にぶちまけた。

「んンーーっ!」

美帆はうめきながら身体をガクンガクンと震わせた。
私はペニスを美帆の口から引き抜くと、「すまなかった・・・」と、とりあえず謝ってみた。
全然すまないとは思っていなかったが、美帆の出方を窺うためにそう言った。
美帆は、コクンと喉を動かして口の中のモノを飲み込んだ。
そして、「・・・秘密にしてくれますか?」と、潤んだ瞳で私に言ってきた。

「約束する」

私が一言言うと、美帆は私のペニスに舌を這わせ、口に含んだ。
それは、お掃除フェラという感じではなく、イッて柔らかくなりつつあるペニスを、強制的に復活させようとする感じだった。
バキュームをし、舌でカリ首を舐め回し、手で睾丸まで揉んでくる。
そしてシャツの中に手を突っ込み、私の乳首を刺激する美帆。
もう必死という感じだ。

松永の動画を観て、ある程度は予想はしていたが、ここまであっさりと私のペニスに堕ちるとは思っていなかった。
それほど深く、巨根に奥の快感を刻み込まれてしまったということなんだろう。
ポルチオ性感に目覚めた女性はセックスが中心になる。
セックスのことばかり考えるようになる。
まさにそんな感じだ。
そして、すぐに勃起が回復した私。

「社長・・・す、素敵です・・・こんなの、見たことないです・・・」

私のペニスを舐めながら、うっとりとした顔で言う美帆。
この前、夫のために真っ青な顔になりながら他の男に抱かれに出かけていった美帆。
あの時、悲壮な覚悟をした美帆が、とろけた顔で私のペニスを舐めている。

私は堕とした喜びよりも、(やっぱり女はこんなものか・・・)という落胆の方が大きかった。
肉の快感にも負けない、揺るぎない愛を見られるかも知れない・・・。
美帆と間宮なら、もしかしたら・・・。
そんな期待は呆気なく裏切られた。
私は薄く笑いながらソファに腰掛けた。

「好きにしていいよ」

私は落胆を顔に出さないように気を遣いながらそう言った。
すると美帆はすぐに立ち上がり、自分でストッキングの股の部分を引き裂いた。
そしてショーツを脱ぐのももどかしいようで、そのまま私に跨がってきた。
ショーツをずらし、何の躊躇もなく私の生ペニスを受け入れる美帆。
強烈に締め付けてくる膣肉の感触に、私は少しうめき声を出した。
さっき指を入れたときにわかっていたが、美帆はかなりの名器だ。
単にキツいだけではなく、Gスポットの周りはザラザラしているし、中が凄くうねっている感じだ。
ミミズ千匹とかいうものだと思う。

「ンふぅあ、あぁっ!社長、これ、ダメぇ、凄い出すぅ・・・イ、イクっ!イクぅっ!!」

美帆は入れただけで呆気なくイッてしまった。
とろけきった顔で私を見る美帆。

「アイツのより良いのか?」

回りくどいことは止めて直球で聞いた。

「良いです!奥が、気持ち良いですぅっ!硬くてぇ、太いぃ・・・うぅあぁあっ!」

美帆はあっさりと認めて、腰を振り始めた。
その動きは、奥に押し込み、子宮口を亀頭に擦り付けるような動きだ。
パンパンとピストンをする感じではなく、擦りつけるような動きをする美帆は、口がだらしなく半開きになっていて、快感に支配されているのがよくわかる。

ふとサイドボードを見ると、2人の結婚式の写真が見える。
私も出席したのでよく覚えているが、美帆は美しかった。
その時の純白のウエディングドレス姿の美穂が、間宮と並んで笑っている写真だ。
この時、美帆は永遠の愛を約束し、間宮だけにその身体を委ねる誓いを立てたはずだ。
それが今、私の上で狂ったように腰を動かしている。

「いいの?アイツ見てるよ」

そう言って私はその写真を指さす。
美帆は私の指を目で追い、その写真を見た。

「ダメぇ・・・い、言わないで・・・ゴメンなさい・・・あぁ、でも、止まらないよぉ・・・気持ち良いのぉっ!あなた、このおチンポ気持ち良いのぉッ!!」

美帆は写真を見ながら、泣き声で喘ぎ、腰も振り続ける。
葛藤しながらも快感に抗えない人妻・・・。
そんなシチュエーションが私は好きだ。
そのためだけに多くの人妻を堕としてきた。
私は、支配欲を満たされながら、大きな快感を感じていた。

「アイツとはセックスしてないの?」

間宮から聞いていて知っているのに、わざとそんな質問をした。

「してないですぅ・・・抱いてくれないからぁ・・・。でも、抱かれてもイケないのぉっ!社長のおチンポと違って、小さいからぁ!ダメぇぇっ!このおチンポダメぇぇっ!戻れなくなるぅっ!祐介のじゃもっとイケなくなっちゃうよぉっ!あぁぁっ!あっ!アンアンッ気持ちいいぃっ!おチンポ好きぃっ!このおチンポ好きぃっ!イクぅぅぅ・・・イッちゃうッ!イクっ!ごめんなさいぃっ!祐介、イッちゃうよぉっ!大っきいおチンポでイッちゃうぅっ!!あぁぁぁあぁぁーーーっっ!イクぅっ!!」

美帆はAV女優のようなセリフを叫びながら、背骨が折れるのではと思うほど仰け反って痙攣した。

月別アーカイブ
18歳未満閲覧禁止
当サイトには性的な描写が含まれるアダルトサイトとなります。18歳未満の方の閲覧はご遠下さい。

また、当サイトは個人で楽しむ目的で運営しておりますが、その著作権は引用元にあります。
サイトの閲覧、リンク先のご利用は自己責任で行っていただきますようお願い致します。
その他、相互RSSやご要望等は「お問い合わせ」からお願い致します。
オススメ!怖い体験談
[鵺速]あなたの傍の怖い話
媚薬・精力剤を使ってみた
脱毛してモテようぜ!
[PR] 今!VRが熱い!!
相互RSS(エッチな体験談)
相互RSS(怖い体験談)