グッとくるエロい体験談SP

【乱交】高校までは確実に処女だった同級生の凄いテク

2月に高校の同窓会が開かれ、同級生のうち何人かが帰省した。
みんなと逢うのは3年ぶりで盛り上がった。
2次会はカラオケとなったが、カラオケ嫌いな俺は何人かを「家飲みしないか?」と誘った。

結局、俺とT(男)とI(女)の3人で俺の家で飲み直すことになった。
みんな結構な酒量を飲んでいたせいもあり、お互いの彼・彼女の話で盛り上がった。
当然のごとく、会話は下ネタへと発展した。

Iは高校まで彼氏はいなくて、確実に処女と言われていた。
でも、彼氏の話が出ているということは・・・。
さすが東京の大学まで行っただけのことはあるな・・・と思った。
(Iは頭も良く東京の大学へ進学した)

俺は酔った勢いもあり、「毎日やっているのか?」と聞いた。

「うん・・・」

Iはちょっと恥ずかしそうな感じで答えた。
Iがトイレへ行った際、「なぁ、Iって可愛くなったと思わねぇか?」と尋ねたら、Tが半ば眠そうに、「うん。俺もそう思う」と返答。

「なぁ、Iとヤリたくねぇか?」と尋ねたら無言だった。

トイレから戻ったIを東京の彼の話題で盛り上げ、矢継ぎ早に、「いつも彼氏とどうやってセックスしてるんだ?」と俺は聞いた。
はっ!?という顔をし、「普通だよ」と答える。

「普通って、実際にどうやってるのか教えてくれ」と優しく肩を抱き寄せ、キスをしようとした。

一瞬、「えっ・・・」とちらりとTの方を見た気がした。
Tは寝ていた。

Iは目を閉じ、俺のキスに応じた。
最初は冗談かと思っていたが、自分から舌を絡ませてくるほどに積極的な展開へ発展。
そのまましばらくの間キスをした。
ブラを外してオッパイを揉んでも抵抗はしない。
キスはさらに濃厚な状態へとエスカレート。
お互いの唾液を交換し始めた。

スカートに手を入れパンストを片足だけ脱がせ、パンツの隙間からあそこに指を滑らす。

「もう、べちゃべちゃだよ」と耳元で囁き、Iの右手を掴んで俺の股間へ触らせると、俺のを愛撫し始める。

彼氏に調教されているのだろう、きっちり裏筋から根元の間をゆっくりと擦り始める。

「フェラはどうやってんだ?」

俺はチャックを下ろし、Gパンを脱いだ。

Iが咥えようとした時、「あっ!お前ら何やってんだ」とTが起きた。
どうにでもなれと思い、「見ての通りだ。お前も一緒にどうだ?」と開き直った。
Iはビビッたのだろう、ただ固まっていた。
開き直った俺の言葉にTは呆れたのか、呆然としていた。

「どうすんだ?やりたいならIのオマンコを綺麗に舐めろや」

命令するようにTに言った。
Tはスカート、パンスト、パンツと丁寧に脱がせてIを四つん這いにさせ、両尻を鷲掴みにしてべちょマンを広げた後、吸い寄せられるようにTの顔がIの尻に隠れた。
Iは、さっきトイレに行ったことを気遣ってか、「いやっ」と嫌がる。

「大丈夫、おしっこしたオマンコを舌で綺麗にしてくれるって」と言い、無理やり俺のチンポをしゃぶらせ、黙らせた。

何事も無かったようにTがIのを、Iが俺のを舐め回すいやらしい音だけが部屋に響き始める。
脱がされたパンツにちらりと目が行った。
ナプキンがついていた。
よく見るとナプキンは汚れていないので、さっきのトイレタイムで替えてきたのか。
いや、生理を予想しての装着か、終わりかけのどちらかだな・・・と直感した。
今日は中出ししようと決心した。

TはIマンコを丁寧に舐め回した挙句、指も入れ始めた。
びくっ!びくっ!と敏感な反応が、フェラをするIの口内から俺のチンポへと伝わってくる。

「欲しいなら、『欲しい』と言ってみろ」

なぶられっぱなしのIは、もう1秒も我慢できない様子で、「ほっ、欲しい・・・、オチンチン入れてちょうだい」と隣の部屋まで聞こえるくらいの大声で叫んだ。

「交代だ!」

咥えている俺のチンポを抜き、Iを180度回転させ、「今度はTのをおしゃぶりだ」とTのを咥えさせた。

「こうして見ると、いやらしいな・・」

洪水状態のIのマンコを指でこねくり回した。
悶絶しながらTのが口からこぼれかけたその瞬間、Iの腰をしっかりと掴んで先っぽを軽く宛てがうと、思いっきりブチ込んだ。
ゆっくりとではなく、犯すように、乱暴に、一気に膣奥まで突く。
勢いがありすぎてIがうつ伏せになるが、今度はTが抱き起こし、口へ突っ込んだ。
Tもようやくその気になり始めた・・・と思った。
Iは、文字通りの“串刺し”の状態となった。

「うっ!」

Iの頭を押さえ、いきなりTが口内射精。
驚いた。
Tの射精の早さではなく、Iのテクにだ。
Tの射精中にIは、右手の親指と中指と薬指の3本でTのチンポをしごきつつ、左手では袋を揉んでいるではないか。
残りのザーメンを絞り出した後、ちゅぽっと音がして口からチンポがはずれた。
すぐにIは大声で喘ぎはじめる。
つまり、Tのザーメンは即完飲という証だ。
それを見ていた俺は興奮し、チンポを抜く暇もなく、たまらず中出しで射精。

結局、朝まで3P状態でセックスしまくった。
俺は3回。
2回中出し、1回口内射精。
ザーメン完飲。

Tは4回。
3回中出し、1回口内射精。
ザーメン完飲。

翌朝、Iを車で実家まで送った。
車を降りるIに「夏休みは帰るのか?」と聞いたが、笑って誤魔化された。

月別アーカイブ
18歳未満閲覧禁止
当サイトには性的な描写が含まれるアダルトサイトとなります。18歳未満の方の閲覧はご遠下さい。

また、当サイトは個人で楽しむ目的で運営しておりますが、その著作権は引用元にあります。
サイトの閲覧、リンク先のご利用は自己責任で行っていただきますようお願い致します。
その他、相互RSSやご要望等は「お問い合わせ」からお願い致します。
オススメ!怖い体験談
[鵺速]あなたの傍の怖い話
媚薬・精力剤を使ってみた
脱毛してモテようぜ!
[PR] 今!VRが熱い!!
相互RSS(エッチな体験談)
相互RSS(怖い体験談)