高校を卒業してすぐの頃の経験です。
俺は車の免許を取ったばかりで運転をしたくてたまらなかった。
そこで高校のときのバイト仲間で話がよく合う、近所に住むMを誘って深夜のドライブに行った。

Mは色白ぽっちゃり美人系。
ちょっと性格がキツいがサバサバしていて音楽やゲームなんかの話でよく盛り上がった。

俺はその頃、結構ウジウジした奴でMに愚痴っていたりしていたが、Mはいい聞き役をしてくれていた。
ドライブに誘ったのは運転をしたくてたまらなかったのと、失恋したてで憂さ晴らしをしたかったのもあった。

うちの辺りはドライブにもってこいの広い道路や橋なんかがあって、ちょっと行けば走りやすい公園沿いの道もある。
1時間か2時間、親から借りた車を走らせて、とりとめもない話をした。

ちょっと休憩ってことになって某店の駐車場に車を停めて自販機でジュースを買ってまた話を始めた。
俺はMの前彼のことも知っていたから(そのときMには彼氏なし)、自然と恋愛話になった。
ふと横を見ると、車のシートに収まったMの体が目に入った。
白いニットにジーパンだけど、シートベルトがしっかりされていて胸が強調されている。
おまけにニットはVネック。
胸の谷間もチラと見えている。

俺「・・・なぁ、お前、結構胸あるな」

M「は?・・・まぁねぇ~・・・」

俺「ちょっと触らせてくんない?」

M「はぁ?何言ってんの?バカ?」

そう言われながらも俺は右手を胸に伸ばした。

M「ちょっマジやめてって」

Mは抵抗して腕を払おうとするが、俺はMの左胸を服の上から掴んだ。

(結構大きいな・・・)

そう思いながら揉み始めた。

「マジやめろっつーのー」と言うが構わず揉む。

手の平に乳首が当たった。
そこで手をずらし、指の間に乳首が来るようにした。

俺「胸、やらせてくんない?乳首立ってるし」

M「あん・・・もう・・・胸だけだからね・・・」

俺はシートを倒し、Mのニットをずり上げてブラもずらした。
Mの胸は白くて丸くて柔らかく、乳首はもう硬かった。
俺は覆い被さり、両手で両胸を持ち上げるように掴み、乳首を交互に舐め始めた。
舌先で転がすようにまた舐め上げ、包むようにねちっこく。

M「あ・・あ・・はっ・・」

Mの喘ぎ声。
どんどん感じてきたのか、Mは俺の頭を抱えるようにして撫で回し始めた。

M「・・・ね・・・首も舐めて・・・」

(首も感じるのか?)

俺は舌を尖らせて耳から肩へとツツツッと舐めた。

M「ああああ・・・は・・・あん・・・」

すごい感じてる。
俺は調子に乗って首を攻め、右手で乳首を弄り回した。
そしてまた乳首は舐め始め、今度は左の脇腹を軽く撫でた。
Mの乳首はもうカチカチと言っていいほど硬く、俺の唾液で濡れている。

M「あっ・・・はぁ・・・」

Mが腰をよじり出した。
俺はMを支えていた左腕が疲れたのもあって、Mに覆い被さり脚の間に右足を入れ、太ももでMの股間を押してみた。

M「ハァン!・・・ちょっ待って、胸だけって言ったじゃん!」

息を上げながらMが訴える。
Mが両足で俺の足を押さえつけた。

俺「そうだけど・・・でも・・・ダメ?」

そう言いながら押さえつけられた足をさらにMの股間に押し付け上下させてみた。

M「あっあっちょっ・・・ダメェ・・・」

ジーパンの縫い目が当たっている。
ちょうど刺激されているのか、快感に襲われているMの顔は物凄く色っぽい。
眉間にシワを寄せて厚い唇は半開き。
思わずその唇にしゃぶりついた。
もちろん股間は擦り続けながら。
Mの口の中は熱く、唾液でいっぱい。
舌をこれでもかと絡ませた。

M「んんんんっ・・・うっ・・・ふぅ・・・ん」

Mが俺の背中を撫で回した。
唇を離し、右手をMの股間に下ろしてジーパンの上から中指で押してみた。

M「あぁ・・・ん・・・ダメだってば・・・ハッ・・・」

ダメと言いながら抵抗しない。
イヤよイヤよも好きのうちってやつか?
そこでジーパンのチャックとボタンに手をかけ、尻の少し下まで下ろしたつもりが、パンツも一緒に下りてしまった。
薄い毛で覆われたそこはもう熱く、かなり濡れていた。
中指を割れ目に沿って入れてみるとグチョグチョ。

M「あぁぁん・・・んん・・・」

Mが喘いでいる。
沿わすだけですごい感じているみたいだ。
クリを中指で擦ってみるとMがビクンッとした。

M「そこ・・・だめ・・・やめて・・・」

どうやらここが一番感じるらしい。

俺「だめ?違うんじゃない?いいんでしょ?」

M「あぁっ、イヤァ・・・はぁぁん!」

Mの腰が動き出した。
その腰のくねり方がいやらしくて、俺は親指でクリを、中指を入れて刺激し始めた。

M「あっあっあっあっ!」

(すげー・・・Mってこんなに色っぽかったんだ・・・。Mの前彼はなんでMのこと振ったんかなー)

ぼんやりそんなことを考えた。
そして、もっとMを堪能したくなった。

俺「M、ちょっと起きて。ホテル行こう」

そう言って手早く服を直してシートを上げ、近くの国道沿いにあるラブホに向かった。
ホテルの駐車場に車を停めて部屋まで向かうとき、Mは真っ赤な顔で目は潤んでいた。

部屋に入ってベッドに腰かけると、これまた手早くMの服を全部脱がせた。
マジで全部見たくて。
Mは抵抗せず、逆に俺の服も脱がせてくれた。
Mをベッドに仰向けにさせ、M字開脚させて股間に顔を埋めて、クリ、穴、割れ目、全部を舐め回した。
クリを口に含み舌先でつつく、同時に指を入れ、奥の硬いところを刺激。

M「ああん!そこっ・・・すごい・・・あぁ!」

あんまり喘ぎ声が可愛いから、また貪るようにディープキス。
するとMの右手が俺の股間に伸びてきた。

M「・・・あたしばかりじゃズルいでしょ?」

そう言いながら右手で俺のチンポをしごき始めた。

俺「うっ・・・」

(超こいつの手気持ちいい)

Mの手は柔らかく熱く、指もさわさわと動いた。
そのままMを下にして69。
どうもMはしゃぶりにくかったみたいだが、ぶら下がったタマを柔らかく揉み、サオを軽く握ってストロークしてくれた。
カリの割れ目を舌でチロチロされたのは良かった。
サオを舐め上げ、きゅっきゅっと握り、また口一杯に頬張るのが見えなくてもわかった。

「横を舐めて」と言うと、「ここ?」と言いながら唇を横にしてサオに這わし、舌で“つつつつ”としてくれた。

唇で横から舐められるのがたまらない。

チュッチュッ、ぴちゃっちゅるん・・・ふぅ・・・ん、ぴちゃっ・・・。

フェラの音もいやらしかった。
股間に意識が集中してしまうのを避けるためMへの攻撃開始。
熱くぷっくり腫れたアソコは丸見え。
クリも膨らんでるのが見えるしヌレヌレだ。
クリを中指と人差し指で挟み小刻みにバイブ。
舌を中に入れて抜き挿し。
Mの腰がビクッとなり、続いてくねり出した。
舌を上下に動かすと、Mの腰も上下に動く。
トロトロと液が溢れてくる。
俺の後ろからは・・・。

M「く・・・ふぅ・・・ん・・・そんなにしたら・・・舐められないよ・・・」

なんつー可愛い声も聞こえる。
視覚的にも肉体的にも我慢の限界になり、俺は体を元に戻してベッド上にあったゴムを素早くつけるとMを一気に突いた。

M「あぁぁぁぁ!」

Mが背中を仰け反らせる。
俺は両腕を立ててMを見た。
硬く立った乳首、仰け反る首筋、喘いでいる顔。
Mの左胸を揉み、乳首を指の間に挟みながら俺は何度も突いた。

グチュッグチュッグチュッ・・・。

M「あっあっあっあっ」

Mの両足を肩に乗せ、さらに深く入れグラインド。

M「あああああ、ダメェ、んんっ・・・あぁっ!」

俺もMも汗だく。
今度はMを起こして騎乗位。
脚を思いっきり開かせて挿入したから深く入って密着。
クリが俺に当たっているのもわかった。

俺「動いてみて」

M「ん・・・こう?・・・あぁ・・・はぁ・・・んんん・・・」

Mの腰がグラインドし始めた。

俺「Mの腰っていやらしいなぁ・・・すげぇ動き・・・」

M「・・・そぉ?・・・ふふ・・・ありがと・・・んふぅ・・・」

Mの動きに合わせて、ぐちゅっぐちゅっぐちゅっ・・・。
こんなにやらしいのを聞いたことがないってくらい音がする。
親指でクリを擦ってみる。

M「あぁっ、そこっ、いいっ・・・」

Mに入れているサオも見えた。

俺「・・・そこってどこ?」

俺は指を止めた。

M「え・・・?」

俺「ここ?」

そう言ってクリをまた擦ってみる。

M「ぁっ!ん、そこぉ・・・」

Mの腰が動くのと同時にまた指を止めた。

M「なんでやめるの?・・・」

俺「どこがいいか言えって」

M「え、ヤダ・・・」

俺「じゃぁもうやめた」

そう言って抜こうとした。

M「あ・・・だめ・・・やめちゃ・・・」

俺「じゃあどこがいい?」

M「・・・クリ・・・」

俺「聞こえない」

M「・・・クリトリスがいいの!お願い!もっとしてぇ!」

俺の両胸にMが両手を這わせて俺の乳首を弄り、潤んだ上目遣いでお願いされた。
俺はMを四つん這いにさせ、尻を高く持ち上げて右手の中指でクリを擦り、左手で腰を掴み、一気に突きまくった。

パンッパンッパンッパンッ!

M「あっあっあっあっダメェ!イヤァ!」

Mの喘ぎ声が響く。

(うっ、俺も、もうダメだっ!)

M「あっあっダメッ、イッちゃう!やぁぁダメッ、イクぅ・・・!」

Mの声と同時に俺も放出した。
Mの中も体もビクンッビクンッと痙攣した。
俺を搾り出すように中が痙攣していた。
あまりの気持ち良さに抜くのを忘れ、2人して重なったまま倒れこんだ。

(あ~だめだ、抜かなきゃ・・・)と思いサオを抜くと、Mのアソコはすごい濡れて光っていた。

Mもぐったり倒れている。
俺はティッシュを数枚取ってアソコを拭こうとするとビクッとなった。

M「あん・・・ダメぇ・・・」

マジで可愛いMの喘ぎ声。
まだ感じているのか、拭いている間も「あぁん・・・」とか言ってるし。

俺「M、すごい感じるのな。それにやらしかった」

M「何言ってんのよ。もう。ふふ」

その後、2人してタバコを吸いながらまたとりとめもない話をした。

Mとしたのはそのときだけ。
今だったらセフレとか考えたかも知れないが、そのときはそんなこと思わなかった。
俺にしてみればいい女友達だったし、喘ぎ声は超可愛かったが、なんかセックスだけの相手というのはMに失礼だと思ったし。
もちろん、しばらくはオカズにしましたが(笑)