5年ほど前だけど。
職場の同僚2対2で俺の家で鍋をしました。

俺25歳、男友達Aは24歳。
女Bは20歳、女Cは19歳。
Bはぽちゃ系だが、Cはかなりのレベル。
高校時代ミスにも選ばれた経験アリ。

もちろんCのことを意識はしていたが、普段から仲のいい友達という関係は壊したくなかった。
そのため、極力女とは見ないように努めていた。

鍋をしてかなりお酒も入った頃、Bの携帯が鳴った。
実家で親の具合が悪いから至急戻れという連絡。
そしてBのみが帰宅。
Aは前日の徹夜仕事の疲れで爆睡。
俺とCで飲み続けた。
Aは隣の部屋の俺のベッドで寝ると言って部屋を出ていった。
酒の弱いCも今にも寝そうな状態。

俺はそこで、悪魔になろうと決心した。
がんがん酒(日本酒)を飲ませた。
そしてCは、ついにコタツで寝てしまった。

まずコタツに潜り込み、懐中電灯片手に彼女の両足を開き、スカートの中をじっくり拝見した。
我慢できず、あそこを触り、クロッチを捲り、生で触った。
湿っていた。

触った時点で彼女は目を覚ましたようだった。
もう言い訳もできないし、戻れないと割り切った。

「やらして欲しい」と懇願した。

頑なに拒否された。
俺も酒の勢いもあり、折れなかった。

なんとか、「胸だけだったら・・・」という許可が出た。
ブラウスの上から10分ほど揉み続けた。
続いて生乳交渉。
ブラウスを脱がし、ブラをとり、上半身裸にして(なぜか俺も)もみもみ。
お互い酔っ払っていたためということもあり、今考えるとあり得ない状態だった。

Cの胸はすごく柔らかくて乳首もきれいだった。
けど、やることは絶対ありえないと言い張っていた。

「じゃあ、最後はフェラで」ということで交渉。

良いとも悪いとも答えがないまま、俺は全裸になって準備した。

「フェラするときは全裸で」という訳のわからないことを言い、俺は彼女のスカートとパンツを脱がしにかかった。
彼女も初めは抵抗したが、強引な俺に最後は諦めた。

お互い全裸になった。
部屋を暗くした。
Cは何も言わずに咥えてきた。
最高に気持ちよかった。

(これはかなり仕込まれてる)

そう思った。
舌の使い方と吸い付きがものすごかった。
すぐに果ててしまった。

でも俺は、彼女の体を舐めたい衝動に駆られ、舐めまくった。
首筋、乳首、腰、指、あそこ。
うつ伏せにし、背中を舐めながらさりげなく足を広げた。
さりげなくあそこが濡れているのを確認。
息子に唾をつけた。
俺は決心した。

(このまま入れる!)

彼女は気づいてない。

(今だ!)

寝バック状態で勢いよく突いた。
一瞬の出来事に彼女はびっくりして抜こうとした。
しかし俺は、しっかり彼女を押さえた。
そして夢中で腰を振った。
すぐにイキそうになった。
じっと我慢し、生であることをすっかり忘れ、腰を振り続けた。
彼女も気持ちよくなったのか抵抗しなくなり、声を出すようになった。

俺「気持ちいいだろ?」

C「気持ちいい。でも、優しくして」

俺「イッていい?」

C「私もイキそう・・・来て」

そんな感じの会話をしていた。
彼女も最後は快感を求めていた。
そして俺は我慢できずに中出しした。
2回目だが、ものすごい量を注いだ。
こんな快感は初めてだった。
あそこから俺の液体が出てくるのを綺麗に拭き取ってあげた。

その日は結局、3回戦までした。
騎乗位、正常位と3時間はお互い愛し合っていた。

結局、それ以来、彼女とは付き合ってはないが、定期的に会うようになり、いわゆるセフレのような関係がしばらく続いた。
その後Cは寿退社しましたが、いい思い出です。