グッとくるエロい体験談SP

【近親相姦】電気アンマで始まった姉ちゃんとのまずい関係[後編]

姉ちゃんが19歳(短大)、俺が高2の時に姉弟で初セックスをやってしまった。
夏休みの時でした。
8月3日。
日付は忘れません。
姉ちゃんはバージンだったし、俺は童貞。
俺が姉ちゃんのバージンをもらった。

「姉ちゃん、俺、男になりたいんだけど。クラスのかなりの奴がセックス経験済なんだよ」
「姉ちゃんもまだバージンなんだよねぇ」

「え?姉ちゃんバージンなの?」
「カレシいないんだもん。しょうがないじゃん。邦夫、男になりたい?どうしても?今じゃなきゃだめ?・・・ってか、姉ちゃんと?」

もう俺は何度も頷いた。
やりたくて、やりたくて。
童貞捨てたくて。
姉ちゃん、思いっきりため息。

「あのさぁ、それって問題なんだけどさ・・・姉ちゃんと邦夫が合体マンになるってことよね?」
「うん!うん!姉ちゃんと!!」

「マジ?」
「マジ!!マジ!!」

あ!ちなみに姉ちゃんはブスじゃないよ。
普通。
感じ的には北乃きいちゃんに似てる。

で、まず俺が真っ裸になった。
姉ちゃんはずっと俺を見てた。
勃起したチンコを見つめてた。
俺はこの時、半分剥けた状態のチンコだったよ。
姉ちゃんが、もう一度ため息をついて脱ぎだした。
ブラとパンツ姿になった。
上下ピンクだった。
今も鮮明に覚えてる。

「邦夫・・・おいで。でも優しくしてよ?痛くしないでね」

「姉ちゃん!!いいの?いいの?」

小さく頷いてベッドに仰向けに寝た。
俺、姉ちゃんに飛びついてしまった。
姉ちゃんが俺の顔を掴むとキスしてきた。
俺も夢中でキスした。

(姉ちゃんとキスしちまった!姉ちゃんサンキュー!)って思った。

あとは夢中だったし、わけわからずだったから記憶があやふや。
やり方なんてわからない。
おっぱい揉んで、舐めまくってた。

覚えてるのは初インサートの時のこと。
すべて鮮明に覚えてる。
だって姉ちゃん、痛がって泣いたから。
それに姉ちゃんの中に入った瞬間の、中の感触が忘れられないから。
感動だったから。

いよいよ合体って時、姉ちゃんは足を広げてくれて、俺は割れ目にチンコを当てた。
お互いに少し震えてた。

「そこ、上過ぎるよ。もうちょっと下。もう少し・・・う!そこ!そこが入る場所」

「ここ?ちょっとだけ入れるね?」

もうお互いに呼吸はゼーゼー言いながらだったけど。
ところが俺はチンコを入口に当てた瞬間、興奮しすぎで発射しちゃったんだわ。
情けねえ・・・。
姉ちゃんのオマンコにたくさん精液ぶっかけてしまった。

「あ!邦夫・・・出ちゃったの?」

「ご、ごめん。出ちゃった」

ほんとに情けなくってさ。
なんかぐったり。

「邦夫。大丈夫だって!もう1回頑張ろう?めげないの!」

「いいんか?」

姉ちゃんコックリ頷いてにっこり。
俺のこと、可愛いって思ったそうだ。
発射したけど、なぜか勃起したままだった。
そのままもう1回入口に当てた。

「ゆっくりね・・・お願い・・・そっと入れて」

何度も頷きながらチンコを奥に入れていったんだ。
精液まみれになってたからそれが幸いしたのかもしれないが、ヌルヌルになってたからニュルって感触でチンコが潜った。
皮が剥けて亀頭が丸出しになったのを感じた。

「イッツーーーー!!く・・・にお・・・イツツツツーーーー!」

姉ちゃんが仰け反って硬直してしまった。

「姉ちゃん!!大丈夫?大丈夫?」

ゆっくりゆっくり中に潜った。
なんか引っ掛かってる感じだったが、力入れて押し込んだんだ。

「グーーー!ックーーーー!」

姉ちゃんが思い切り呻いて俺に抱きついた。
これが処女膜突き破った瞬間だったのを、後で姉ちゃんから聞いた。
そこを通り抜けたら温かくって、すんごく狭かった。

(これが姉ちゃんのオマンコの中!!スッゲーーー!もっと入るよな?)

そのまま奥まで入れた。
ダチが言ってた、「肉を押し分ける感触」って意味が分かったよ。
姉ちゃんは涙を流してたけど我慢してくれた。
そして、根本まで入った!!

「ね!姉ちゃん!!・・・すげー!!」

姉ちゃんは何度も頷いてた。
姉ちゃんの中が動いてたのが気持ち良くて、ここでまたまた快感がこみ上げて一気に発射してしまった。

「ウッ!」

俺はうめいて快感いっぱいで射精し続けました。
姉ちゃんの顔見たら、泣きながらも微かに微笑んでくれた。

「姉ちゃん・・・すまん。また出ちゃった」
「いい・・・いいの。まだ中にいて」

「いいの?」
「せっかく入ったんだから・・・。もう少し邦夫・・・一緒にいて」

「わかったけど、痛い?めちゃ?大丈夫か?」
「へ、平気。・・・姉ちゃん我慢できるから」

「じゃあ・・・」

しばらく姉ちゃんと抱き締めあってキスしてました。

そして3度目の勃起。
俺、ほんとにゆっくり腰を動かしました。
姉ちゃんが痛くないように。
根元まで入るたびに姉ちゃんが俺の腕を力いっぱい握り締めた。

時間はわからないけど、3度目の快感が来た。
この時、俺は姉ちゃんの上で思い切り腰を振りまくってしまいました。
なんとも言えない感触と快感でいっぱいになりたくて。
そして根本まで再度入れて、俺は仰け反って3度目の発射。
姉ちゃんの膣奥にたくさん出しました。
姉ちゃんはしがみついたままで、小さく「クッ、クッ」って声を出してた。
もうお互いにクタクタ。
合体のまま1時間ぐらいかな、抱き合ってた。

「姉ちゃん、大丈夫か?」
「う、うん。終わった?全部出た?中に出た?・・・満足したの?」

「もう最高!姉ちゃん!・・・ほんとにサンキューな。俺、男になったんだよな?」
「そうよ。私も女になったの」

「姉ちゃん!姉ちゃん!!ありがとう!ありがとう!」

何度も姉ちゃんに「ありがとう」を言ったよ。
ほんとに嬉しかったから。
だから悪いことしたなんて思いませんでした。

それからは、毎週1回だけってことで姉ちゃんとやりました。
もちろんコンドームはつけて。
中出ししたのは初めての時だけ。

で、初セックスから10年経った。
今も姉ちゃんとは続いてます。
俺が大学入った年に2人揃って実家を出て、一緒に暮らし始めました。
それからは、ほぼ毎日姉ちゃんと。
フェラ、クンニ、顔射、パイズリ、シックスナインと次々にテクニックを一緒に覚えていきました。

今も変わりません。
昨日もお互いに燃えまくったし。
お互い、彼氏彼女を作ったこともないんです。
俺は姉ちゃんしか知りません。
姉ちゃんは俺しか知らない。

10年経った記念に書きました。
たぶん俺は、姉ちゃんから離れられない体になってしまったと思います。
姉ちゃんも・・・。

長文、下手な文章で失礼しました。

月別アーカイブ
18歳未満閲覧禁止
当サイトには性的な描写が含まれるアダルトサイトとなります。18歳未満の方の閲覧はご遠下さい。

また、当サイトは個人で楽しむ目的で運営しておりますが、その著作権は引用元にあります。
サイトの閲覧、リンク先のご利用は自己責任で行っていただきますようお願い致します。
その他、相互RSSやご要望等は「お問い合わせ」からお願い致します。
オススメ!怖い体験談
[鵺速]あなたの傍の怖い話
媚薬・精力剤を使ってみた
脱毛してモテようぜ!
[PR] 今!VRが熱い!!
相互RSS(エッチな体験談)
相互RSS(怖い体験談)