グッとくるエロい体験談SP

【近親相姦】電気アンマで始まった姉ちゃんとのまずい関係[前編]

俺と姉ちゃんは今もまずい関係を続けてる。
セックスしてる。

今、俺は27歳。
姉ちゃんは29歳。

きっかけはガキの頃からの電気アンマ攻撃だった。
ガキの頃に姉ちゃんに攻撃され、途中から姉ちゃんに俺が攻撃するようになったんだけど。
俺が小学5年の時のことなんだ。
姉ちゃんは中1だったが、ある時、姉弟喧嘩になってさ。
喧嘩と言っても姉ちゃんは手加減してたけど。

で、当時は姉ちゃんのほうが当然体が大きいから、俺は仰向けにひっくり返された。
姉ちゃんが両足掴んで、片足で俺の股間に足当てて、「電気アンマ~!!」ってやられた。
姉ちゃんは痛くないように加減してくれたみたいだった。
5分ぐらいかな?
され続けた。
ガキなのに妙にチンコが気持ち良くなった。
喧嘩の気分が吹っ飛んで、ただ気持ち良かった。
途中から俺が抵抗しなくなって、妙な顔つきしてたって。
で、姉ちゃんは面白がって電気アンマを続けた。

「まいった!姉ちゃん、まいった!」

電気アンマをやめた姉ちゃんはニマニマ笑って俺の顔見てたよ。

「あははは!邦夫ったら。ねえ、もしかして・・・気持ち良かったの?」

俺、恥ずかしかったが頷いた。

「ふーん、ガキのくせにぃーーー!イッチョマエじゃん」

それから、時々だが、何かあると姉ちゃんが電気アンマするようになった。
お仕置きみたいなもの?
俺が気持ち良くなってるのが面白かったらしい。

俺が小学6年の夏だった。
初めて電気アンマで射精してしまった。

「姉ちゃん!待った!待った!・・・変!!」

チンコは当然勃起してた。
姉ちゃんもわかってたって。

「邦夫・・・うりゃあ~!!」

「あひ!」

瞬間、電気が走って、チンコからなんかが飛び出したのがわかった。
ずっと出てた!
俺はションベン漏らしたと思った。

「ひえ!邦夫・・・漏らした?股が濡れてるじゃん!汚ったねえ。・・・なんか臭いよ?何?この匂い?」

大量にパンツの中に発射したのが匂ってました。

「姉ちゃん、俺、俺・・・チンコからなんか出た」

「え?おしっこじゃなくて?・・・ちょい、見せてみ」

姉ちゃんの前でジャージを下げた。
パンツがびっちょり濡れてた。
姉ちゃんがパンツの中を見て驚いてた。
白濁した液体がいっぱい。
チンコも液体まみれ。

「邦夫!あんたさ・・・大人になったんだね?」
「え?大人?」

「これさ、知ってる?精液っていうやつなんだよ。あんたは子供が作れる体になったってことよ」
「えーーー!!マジ?」

「うん。どんな感じだった?」
「すげえの!!電気走ってさ。なんていうか凄い気持ち良かった!!」

「気持ちいいんだ?ふーん。じゃあ姉ちゃんが電気アンマしたるわ」

それからしばらくの間、時々姉ちゃんの電気アンマで射精して快感に浸ってた。

中1になっても続いた。
姉ちゃん中3。
ただ、この頃からやり方が変わった。
必ずズボン脱がされてパンツ姿で、姉ちゃんは足の裏でチンコを擦る感じの電気アンマに変わった。
めちゃくちゃ気持ち良くて、姉ちゃんに毎日のようにしてもらった。
いつもパンツの中にたくさん射精してた。
姉ちゃんもパンツの中の射精量を見て・・・。

「よし!いっぱい出たね!終わり!」

「うん!サンキュー!」

・・・ずっと疑問に思ってたことがあった。
男が気持ちいいなら女だって気持ちよくなるはずだよな?
姉ちゃんも気持ち良くなるのかな?
姉ちゃんのオマンコから何か飛び出すのかな?
射精みたいに・・・。

ある日、姉ちゃんがベッドで昼寝してた。
ミニスカートが捲れて水色のパンツ丸出し。
俺、はっ!と閃いた。

(ねえちゃんに電気アンマしてみっか)って!

両足掴んで、姉ちゃんの股に足の裏を当てて電気アンマ!!
姉ちゃん、一瞬で起きた!!

「邦夫!!ちょっと!!何すんの!!やめれぇ!!・・・」

「姉ちゃんだって気持ち良くなるはずだろ?射精するだろ?」

「やめ!・・・射精は男だって!!やめて!」

俺、続けたよ、電気アンマ。
しばらくして姉ちゃんの呼吸が速くなった。
「はあはあ」言い出した。

「気持ちいいの?」

姉ちゃんは頷いた。
よし!いつも姉ちゃんにしてもらってるお礼だ。
もう夢中でオマンコを擦った。
パンツの上から。
時間は知らないけど、しばらくして姉ちゃんが、「ウッ!ウーーー!」ってうめいてがっくりとした。
まだ俺は電気アンマを続けてた。

「マジ!マジにやめて。もういい!!」

俺はやめた。
なんか靴下が濡れてる感じがした。

(姉ちゃんも射精した!!)って思った。

姉ちゃんのパンツの股がグッショリ濡れてた。

「姉ちゃん、射精終わったのか?」

「はぁ~。だからぁ射精は男のものだって」

まだハアハアしながらだったけど姉ちゃんが言った。

「姉ちゃん、パンツ濡れてるよ?」

慌てて姉ちゃんはミニスカートで股間を隠した。

「まったくぅ・・・邦夫!何すんのよぉ!」

ちょっとプンスカしてた。

「だって、いつものお礼がしたかったから。姉ちゃんも気持ちいいの?」
「ふうー。うん。女も気持ちいいよ」

「じゃあ、じゃあ、俺が姉ちゃんの電気アンマしてやる」
「もう・・・ありえないよぉ。でも邦夫の良かった。いいの?してくれんの?」

「うん!!姉ちゃんも俺に電気アンマ続けてくれる?」
「いいよ!してあげる。あのね、女もね出ちゃうんだよ。精液じゃないけどね。それは知っておきなよ」

「出ちゃう?何が?」
「うーん・・・あのね、姉ちゃんのここに男のコレが中に入るんだけどさ、普段は乾いてるのね?それだとコレ・・・オチンチンが入らないの。だからぁ、濡れると入るようになるの。って、わかった?」

「わかった。なんとなく・・・。チンコが姉ちゃんのオマンコに入るんか?ってどうやって入るんだ?」
「それは・・・あんたにはまだ早い!!」

って言われておしまい。
それで、お互いに電気アンマをしあうのが続いた。
よく親にばれなかったと思う。
まあ、両親が仕事でいない時にやってたから安心だったが。

姉ちゃんが高2になって俺が中3の時から、電気アンマが足から手に変わった。
そう、お互いに触りっこして感じ合ってた。
姉弟なのにまずいことしてた。
ただ、どっちもパンツは穿いたままで触り合ったけどさ。
どっちもエッチの知識がついてきてたから、自然にそうなった。
試してみようってことで。
ベッドでお互いに触り合って。
俺は射精して、姉ちゃんはびしょ濡れになった。

<続く>

月別アーカイブ
18歳未満閲覧禁止
当サイトには性的な描写が含まれるアダルトサイトとなります。18歳未満の方の閲覧はご遠下さい。

また、当サイトは個人で楽しむ目的で運営しておりますが、その著作権は引用元にあります。
サイトの閲覧、リンク先のご利用は自己責任で行っていただきますようお願い致します。
その他、相互RSSやご要望等は「お問い合わせ」からお願い致します。
オススメ!怖い体験談
[鵺速]あなたの傍の怖い話
媚薬・精力剤を使ってみた
脱毛してモテようぜ!
[PR] 今!VRが熱い!!
相互RSS(エッチな体験談)
相互RSS(怖い体験談)