ソファでTV見ながらまったりしてたら、彼が肩に手をまわしてキスしてきて・・・。
最初はちゅっちゅって感じだったのがだんだん濃厚になってきて、おっぱいを揉まれながら激しいキス。
我慢できなくなって、「ねぇ・・・ベッド行こう?」とお願いしました。

ベッドに移動し、あっという間に服を脱がされて、また胸を揉まれました。
私はEカップなんですが、大きいと感度が鈍いって、あれ嘘!
すっごい感じまくって、声が出ちゃうくらい気持ちいい!
彼が上にのしかかって両方のおっぱいを鷲掴みにされて、乳首をチロチロ。
ちょっと引っ張ったり、吸ったり・・・。

「ん・・・あぁ、気持ちいいよぅ・・・」

私が囁くと、「ずっと欲しかったんだよ・・・」って彼が言って、硬くなったおちんちんを私の体に押し付けてくるんです。
私はもうそれでめちゃめちゃ興奮しちゃって、あそこからじゅわって愛液が出てくるのが分かりました。
そうやってしばらくおっぱいを攻められて、いよいよ手がアソコに!

「すごい濡れてるじゃん・・・いつから欲しかったの?」

愛液をたっぷりつけた中指をクリトリスへ。

「ん・・・ずっとだよ、ずっと欲しかったの・・・あぅ・・・」

喘ぎながら、「欲しかったの!」って連発してました(恥)。
乳首をベロベロ舐められながら愛液でヌルヌルになった指でクリを優しく撫でられて・・・。

「あぁ・・・ねぇ、もうだめ・・・イキそうなの・・・イッていい?あぁぁん・・・」

私、大きな声を出してイッちゃいました。
彼が私をぎゅっと抱き締めて、「もうイッちゃったの?可愛いね」なんて言うから、アソコがきゅ~ってなってw

「次は私の番だよ~」

そう言って上下逆転!
彼の唇やほっぺや首筋にキスしながら、乳首をクリクリ。
彼は乳首が感じるので、もう息を荒くしています。

「ね、こうしたら気持ちいい・・・?」

そう言いながら右手で左の乳首をクリクリしつつ、右の乳首を口に含みました。
彼の体がビクンとなるのがわかります。
乳首を舐めながら、今度は右手をおちんちんに・・・。

「すごい硬くなってるよ・・・ガチガチ・・・」

先走り汁をおちんちんの先に塗りつけて、優しくしごき始めます。
そうしたらおちんちんがますます硬く膨らんできます。

「お願い・・・少しでいいから舐めて」

彼にお願いされて、フェラチオ好きな私は喜んで彼の足の間へ。
まずは彼の目を見ながら裏筋をペロペロ。
亀頭をベロベロして、ゆっくりお口の中へ。
舌先を裏筋に当てたまま上下運動を始めます。
じゅぽじゅぽといやらしい音を立てながら激しくしゃぶっていたら、「あぁ・・・やばい、すご過ぎるよ・・・」と、うわ言のように呟きながら腰を揺らしてきます。
そんな彼を見たら意地悪したくなって、フェラをしたまま右手で根本の方をしごき、思いっきり激しくしゃぶってあげましたw

「待って待って、そんなにされたらイッちゃうよ!」

慌ててストップされ、また彼に押し倒されます。

「入れていい?」と聞かれ、返事をする間もなく、足の間に割り込んでおちんちんの先をアソコに当ててきます。

「ちょうだい・・・」

おねだりしたら、彼の硬くなったおちんちんがゆっくり入ってきました。
ちなみに安全日なのでナマのままです。

「うわ、すっごい締まる・・・」

彼がゆっくりおちんちんを動かし始めました。
久しぶりなのでむちゃくちゃ気持ちよくて、「あぁ、これ欲しかったの・・・すごいおっきい・・・あん、だめえ・・・感じちゃう・・・」と私も喘ぎまくり。
アソコはますます濡れまくって、おちんちんを出し入れする度にぐちゃぐちゃ音がします。

正常位でしばらく突かれた後、バックへ。
片手でおっぱいを掴みながらめちゃくちゃに突いてきます。

「どんな感じ?気持ちいいの?言ってごらん?」
「あぁ、すごい・・・すごくいいの・・・あぁ・・・」

「オマンコぐちょぐちょだよ・・・いやらしいね・・・」
「いやあっ・・・恥ずかしい・・・あぁ、アン・・・だめぇ・・・」

こんな感じで、結構よく喋ります(恥)。
しばらくしたら、また正常位に戻されました。
足をぐっと持ち上げて、奥まで突き刺されたら、もうたまんなくなって・・・。

「あぁ、イキそう・・・もっと突いて、奥まで・・・あぁぁん・・・イクぅ・・・」

・・・イッてしまいました。
しばらく彼に待ってもらってホワホワしていたんですが、「ねぇ、俺もイッていい?」と言われ、一気にガンガン突かれました。
イッた後なので刺激が強すぎて、「いやぁっ・・・だめ、おかしくなっちゃう・・・お願い許してぇ!」と叫んだら、それが彼をさらに興奮させてしまったらしくw
こんなの初めてってくらいめちゃくちゃに突かれまくりました。

「イクよ・・・出すよ、出るっ・・・」

彼がおちんちんをちゅるっと引き抜いて、お腹の上にぶちまけられました。
1週間我慢していたせいか、顔まで精液が飛んできましたw
私はと言えば、愛液がお尻の方まで垂れて、シーツも濡れていました。

「すごい気持ちよかったね・・・」と言い合いながらそのままスヤスヤ。

以上です。
長くなってすみません。
思い出しながら書いてたら、仕事中だっていうのにアソコがむずむずしてきちゃいましたw