大学病院でナンパしたんです。
診察を終え、自動会計コーナーへに行くと、エロい女を発見。
視線の先には会計機の前に立つ1人の女。
ピンクのミニスカ、それもかなり短い、膝上20センチくらい。
花柄主体で脚も極端に細く、ニーソが似合うスリムな良い女でした。
明らかに病院には場違いの女。
当然、私はその子の横の機械で会計。
横目で顔を見ると20代後半・・・。
ただ、メンヘラ度高し。
こちらは機械操作を進め会計終了、しかしその子は固まったまま。

「どうしましたか?」

「何か進まなくて・・・」

ボタン操作をいくつか案内するだけで会計終了。

「有難うございました」

そう言われましたが、私の悪い虫が騒ぎ出しました。

「一人?」
「一人です」

「今から遊ばない?」
「えっ?仕事してないから暇だけど・・・」

「脚、綺麗だね?声掛けちゃった」
「そうですか?ちょっと嬉しいけど・・・」

この時点でメンヘラ確定ですね。
凄い量の薬を処方されています。
そして会話も何だかそんな感じ。
車のキーを持っていたようなので、「車なの?」と聞くと、「うん、そうだよ」。

「ホテル行こうよ!その脚見てたらしたくなったよ!」

「暇だからいいけど・・・。私もしたかったんだ。車乗って!」

そんなのありえない展開だと思われたかと思います。
いやいや、これは作り話でも何でもないんですよ。
メンヘラ女ってのはこんなの多いです。

軽自動車の助手席に座る。

「お兄さんイケメンだね?」
「ありがとう、名前は何て言うの?」

「えーー、いいじゃんそんなの、私とやりたいだけでしょう?」
「でもさぁ、呼ぶ時に困るじゃん」

「私もしたいだけだし、プライベートのことはお互い聞かないようにしない?」

こんな会話がありました。

「この辺、ホテルある?」

「確か3軒横にあったよ」

車を走らせ早々にホテルへ。
ありえない展開に思えますが、ここまで事実なんですよ。
そして今の時間、声掛けから15分も経ってないと思います。
部屋に入るとソファーに座らされました。

「お願いがあるの、聞いて!」
「何?」

「一度、男の人を攻めてみたかったんだ・・・。そんな感じでいい?」
「もちろん良いよ・・・」

いきなりですが、私の膝に乗ってきてキスをしてきます。

「あーーーん、久しぶりなの・・・好きにしていいから・・・」

(うっ、ちょっと恐いかも・・・)

首に手を回され、顔やうなじとあらゆる所をキスされたり舐められたりします。
もちろん私の膝の上に跨がっているため、超ミニの中から紫色のパンティーが丸見え。
服を脱がされ、私の乳首を舐め始めます。
もうビンビンです。
攻撃を一旦止めてくれたと思ったら、自分でブラウスのボタンを外して脱ぎ始めます。
サテン地の紫のブラとパンティーたまりません。
ニーソを脱ごうとしたので、待った!をかけます。

「うーーん、もう~いやらしいだからぁ・・・」

一度ニーソを履いた女としてみたかったんです。
右手左手でそれぞれ私の乳首を触り、フェラが始まりました。
そんなのどこで覚えた?というくらい激しくいやらしいフェラです。
まるで痴女にされているよう。

「あーーーん凄い!先から何か出てるよーー」

手と口を使い、激しくしたりゆっくりしたり、メリハリをつけた攻撃で爆発寸前・・・。
私も先程から乳首を攻撃しています。
ブラがずれて、ほとんどオッパイが出ています。
四つん這いでニーソを履いた女がフェラしている姿、たまりません。
タマタマにも舌を這わせてきます。

「ねぇ気持ちいい?私のフェラ?」
「あーーーいいよ、イクよ」

「えっ?もう出ちゃうの?まだ早いよーー」
「そんなに速く動かされたらイクよ」

「そんなにって、こういうの?」

口で激しくピストンし、タマタマを擦り、私の目を見ながらジュルジュルと吸い上げます。

「イクよ・・・」

「頂戴!いっぱい出して!!!」

「あーーーーイクイクイク・・・」

ドクドクドク・・・。

それを彼女が口で受け止めます。
口に溜まったザーメンを私に見せ、音を立てながら飲み込みました。
エロ過ぎます・・・。

まだまだ一発目。
久々のヒット女です。
タップリと口内発射を終え、ソファーで抱き締めながらいちゃついていると、「今度はベッドでして!」と彼女から・・・。

「今日は私が上になるの、だから横になって」

まだいきり立ってない私は素直に横になりました。
すると上から彼女の怒涛の攻撃が始まりました。
自分でブラとパンティーを脱ぎ、ニーソだけの格好で私を再度攻めます。
彼女の舌先が私の乳首をもて遊び、上目遣いで私を見ながらの刺激はたまったもんじゃありません。
両乳首を指で刺激しながら、私のへそに舌を入れます。
(これもそそりますよね・・・)
そして手と口を使っての肉棒への攻撃。
先程に増して強い快感が伝わってきました。
そうこうしているうちに私の手も彼女のオマンコへ・・・。
クリは硬くなり洪水状態は明らか、しゃぶってるだけでこの濡れ具合は期待できます。
私が上半身だけを起こし、咥えられながら彼女の足を開いて丸見えのオマンコへの攻撃・・・。
実にスケベな格好です。
大きな声をあげて、フェラも時おり止まるようになりました。

「駄目ーー、気持ち良くなっちゃうよーー」

そろそろ私の攻撃の番かと思ったら・・・。

「もう入れていい?」

もちろん!
押し倒され、女性上位で自ら挿入です。
実に刺激的な挿入でした。

「あーーん、硬いよ!!!!入れるね?」

ズボッとめり込むように入った感覚の後、彼女の腰が動き始めます。
最初はゆっくりであったのに、徐々に速め、洋物AVのような激しい動きが始まりました。
そして彼女の乱れよう・・・。
よく見ると彼女の目がイッてるようにも見え、別人格を思わせれる乱れよう・・・。

「ねぇ?私のオマンコどう?気持ちいい?言って!!!」

何を言わすわけでもなく、自分からやる気満々の淫語ラッシュ。

「擦れるよーー」
「硬いの当たってるの!」
「チンポ大好き!チンポ大好き!」

もう手のつけられない乱れよう・・・。
さらに自ら抜いたと思ったら、今度は私側にお尻を向けての女性上位・・・。
細い背中がそそります。
お尻の割れ目に肉棒が刺さり丸見えです。
そして自分で胸も揉んでるよう・・・。
ド淫乱確定女の乱れようは圧巻でした。
会ったばかりの身知らぬ男に感じていると思うと極上の快楽。

「あーーーイキそう、イクよ!」

「駄目、お口に頂戴!!!!」

私の好きなシチュエーションが続きます。
ニーソを履いたままの真っ白な小尻の動きがロデオマシーンのように上下します。

「あー出る出る出るーーー。抜いて!」

私は立ち上がり、彼女は立て膝で受け止め体勢。
目を閉じ、舌を出して大きな口でおねだり顔、たまりません。

「飲ませて!好きなの、いっぱい飲ませて!!!!」

ドクドクドク・・・と、彼女の口に放出しました。
凄いいやらしい満足顔の彼女が口の中でザーメンを楽しむように転がし、自分の手の平に出しました。
唾液とザーメンで真っ白、それをなんと、もう一度吸ってから飲み込むのです。

(ワァーーーAV嬢じゃん)

完全にノックアウトされたのは私かもしれません。