夏休みに部屋でゴロゴロしていると、1つ上の高校3年の先輩から電話。
先輩の家に着き、部屋に入ると、先輩の隣で体育座りでテレビを観ている女の子が・・・。

「オウ!早かったな、先月借りた一万円だけど、まだ返せそうにないからさあ、夜までこの子好きにしていいからチャラにしてくれない?」

「ハイ?誰ですか、この子?」

目はくりっとして、整った顔はしているが、明らかに幼い。

「だから~、俺のバイトが終わるまでヨーコを好きにしていいから」
「どうしたんですか?この子?」

「アッ!拾った」
「ハァ?」

話を聞くと・・・。
ヨーコちゃんは中2年で、夏休みに入り親とケンカをして家を飛び出した。
友達の家を渡り歩いていたが3日前に行き場をなくし、困っていたところを先輩に拾われた。
彼女はショートカットで、150センチにも満たない身長で立ち上がると、少し恥ずかしそうな笑顔で・・・。

「ヨーコです、よろしくね」

(カ、可愛い!)

「えっ!あっ!ヒロシですよ、よ、よろしく」

「ウフフ、カワイイー!」

「オイ、ヒロシ!JCにカワイイとか言われてるぞ!じゃあ俺、行くから」

そして先輩は出て行き2人っきりになってしまった。

(気まずい、何か話さないと)

「・・・」

「ねぇ~!ヒロシ君ていくつ?」
「えっと、17ですけど」

「じゃあ、ケンゴ君(先輩)の1つ下だから高2だね」
「はい、そうです」

「彼女は?」
「いません!」

「さっきから、なぜに敬語?」
「えっ!そうですか?あっ!」

「アハハ、ヒロシ君カワイイー!」

(JCに遊ばれてる僕って・・・)

そしてヨーコちゃんは座っている僕の膝の上にちょこんと乗ると、僕の胸に顔を埋めてきた。

「ちょっ!ヨーコちゃん、本当にいいの?」
「うん!ケンゴ君とも約束したし、ヒロシ君カワイイから・・・」

「あと・・・それと・・・初めてで・・・」
「えっ!ウソ!ヒロシ君って童貞君なの!」

(童貞に君はいらないかと・・・)

「うん、童貞君です!」

「じゃあ!私が色々教えてあげる!」

ヨーコちゃんはとても嬉しそうに言う。

「よろしくお願いします!ヨーコ先生」

「アハハ、まずはキスからね」

そして、僕はヨーコ先生からキスの手ほどきを受けた。

「次は、私の身体を手と舌で気持ち良くして」

そしてヨーコ先生は服を脱ぎだした。

「・・・」
「ちょっと!そんなに見ないでよ!おっぱい小さいんだから!」

「・・・」
「もうやめようか?!」

「スイマセン」

可愛い水色のブラをとると、手のひらサイズのツンと上を向いた、まるでヨーコちゃんの小生意気な性格を表したかのような美乳が・・・。

「よくお似合いです」

「どういう意味よ!!」

首や背中などを愛撫させられ、いよいよおっぱいへ。

「ちょっ!痛い痛い!もっと優しく!」
「コラッ!そんなに吸うな!」
「フー、そう、ウン、気持ちいいよー」

次にヨーコ先生は僕に服を脱ぐように命じた。
Tシャツを脱ぐ。

「・・・」

ズボンを脱ぐ。

「・・・」

「あの~、恥ずかしいので・・・」

「仕返し!」

そしてパンツを脱ぐ。

「キャー!カワイイー!」

「普通に傷つきます!」
(細く短く包茎ですが、それが何か?!)

「あの~、皮を引っ張って遊ばないでもらえますか?」

ヨーコ先生はタマタマを舐め、サオをキャンディーのようにペロペロ舐めると、小さなお口でパクッと咥えてゆっくり動き始めた。

「アッ!ちょっと待って!ちょっと!アッ!アッ!ダメかもアアァー!」

JCの小さな口の中に一分も保たずに射精した僕。
ヨーコ先生は、僕が放出したものをティッシュに出して言う。

「気持ち良かったでしょう!私の特技なんだ!」

(JCにして素晴らしいスキルをお持ちで・・・)

そして僕は、どこをどう舐めたら良いのか分からないが、ヨーコ先生のアソコを犬のようにペロペロと舐め続けた。

「アン、ウン、気持ちいいよー、ウンウン、ヒロシ君いいよー」

するとアソコの少し上に豆のようなプクッとしたものが・・・。
僕はそれを下から上へペロペロ、左右にペロペロ、口をすぼめてチュウチュウ。

「アン、アアン、アアン、ダメ!ヨーコそれダメなの!アンアンアンアンアンイヤー!ダメー!アッアッアッアッーーーァ!」

「ヨーコちゃん、大丈夫?」

「ハァハァハァ、童貞君にイカされたの初めて、ハァハァハァ」

(ヨーコちゃん、アナタはいったいどんな人生を・・・)

ヨーコ先生は、先輩からもらったコンドームを付けてくれた。
ヨーコ先生が僕の上に乗り、挿入して、ゆっくり腰を振り始めた。
ヨーコ先生の中は、とても温かくヌルヌルしていて僕は我慢するのに必死だった。
しかしヨーコ先生の腰の動きはだんだんと加速して行き、ついに僕は撃沈。

(JCにして、アナタは何個スキルをお持ちですか?)

それから先輩が帰ってくるまでの間、何度もヨーコ先生からレクチャーを受けた。
次の日、ヨーコ先生は先輩にお礼を言って旅立ったそうだ。