離婚した妻との体験談です。
思い切り鬱なので、合わない方はごめんなさい。
話を聞いていて、「こいつ間違ってるよ!」と突っ込みたくなると思いますが・・・遠慮なく突っ込んで下さい。
思い切り後悔してますので。

妻と知り合ったのはモーターショーのイベント会場でした。
と言ってもRQやキャンギャルといった華やかな職業ではなくて、現在ではMCと呼ばれるナレーターや、製品コンセプトをマイクで説明する仕事を専門に活動していました。
妻は私が担当する企業ブースのMCとして派遣されていて、最終日の打ち上げの時にたまたま隣同士になったことから何度か食事やデートを重ねて、私が積極的に猛アピールした結果、私の熱意に押される形で結婚しました。

プロポーズの言葉は・・・。

「沙織と結婚しないと呼吸が止まるよ、俺」

思い起こせば笑い話になってしまうものでした。
(当時は妻が涙を流したほどなんですが・・・)

幸せな生活は続き、私は33歳、妻の沙織が31歳、そして子供が3歳になりました。
沙織はやや太ったものの、もともとは痩せていたので、艶やかで熟した身体の人に自慢の出来る、今の自分から見ても肉感的で魅力的な女性です。
MCをしていたこともあり声は若々しく、顔も一般女性よりは誰から見ても綺麗なので、子供が出来るまではたまにナンパされたと報告を受けたことがありました。
沙織はどちらかと言うと控えめで、大人しい雰囲気の女性です。
MCの仕事をしたのも自分を変えるために始めたもので、女の花園生活が続いた学生時代も含めて、あまり男性には慣れていませんでした。
でも、今はしっかり“母は強し”の状態で、気品と優しさに強さが加わり、魅力が増した気がします。

夫婦円満で過ごしていましたが、ある日、干していた妻の衣服や下着が全て盗まれました。
子供を連れて毎日決まって公園へ行くのですが、その時を狙われて盗まれた様です。
自宅は2階建ての一軒家で、庭に干していたので人通りがない時を狙えば簡単に庭に侵入可能です。
しかも今までにも何度か下着ドロの被害に遭っていると聞きました。
自分を心配させまいと隠していたそうですが、今回は悪質なので妻も心配になって話したようです。

とりあえず警察へ行って被害届けを出しましたが、私の中に一人、もしかしたらと思う怪しい人間がいました。
電車で2駅離れた場所で居酒屋を経営している私の車仲間です。
私は車業界に勤めていて、車やバイク好きで趣味が合うため、一緒に車系のイベントに行ったりしていて仲が良いのですが、必ずカメラでコンパニオンを撮影するカメラ小僧的な部分もあって、昔MCをしていた妻を物凄く羨ましがっていました。
何度か家に遊びに来たこともあり、妻も打ち解けているのですが(妻も車好き)、盛り上がって家に泊まった時に洗濯カゴから妻の下着を漁って何かをしているフシがあったのです。
朝、見ると夜の状態から洗濯物の山が変わっていたのです。
確信は持てませんでしたが、それ以来は家に呼ばなくなりました。

友人の名前は高橋と言って、年齢は36歳で年上ですが、見た目は40歳以上に見える老け顔です。
ですが真面目で、妻が高橋さんのことで悪口や愚痴を言ったことはありませんでした。
車を撮影した写真をもらえるのでむしろ歓迎していたくらいです。
もちろん彼は独身です。

私は、盗まれた妻の下着を犯人がどう使うかで別の意味で興奮してしまいました。
妻からその話を聞いた時、妻がその犯人に犯されている状況を想像して興奮してしまったのは事実です。

(もし犯人が高橋さんだったら・・・)

そう思うと居ても立ってもいられませんでした。

週末に妻が子供を連れて実家に遊びに行くと言ったので、今回は遠慮すると言って家に残りました。
そして妻が不在だからと高橋さんの家に泊まりに行かせてと言いました。

夕方に高橋さんの家に行って9時頃まで居酒屋を手伝いました。
その後、「疲れたから先にビールでも飲んでます」と言って1人で2階に行きました。
高橋さんは12時まで店を開いているので上がってきません。
私は悪いと思いつつも部屋の中を探しました。
すると襖を開けて一番奥に小さなダンボール箱があって、それを開けると何重にも密封されたビニール袋に包まれて妻の下着や衣類が出てきました。
袋はいくつかあり、マジックで盗んだと思われる日付が書いてありました。
さらにはトイレから盗んだ妻の使用済みナプキンも出てきました。

(やっぱり高橋さんか・・・)

不思議に驚きや怒りの感情はこみ上げてきませんでした。
むしろ私は、再びしてはいけない妄想をして興奮してしまったのです。
そのまま元に戻して、高橋さんには何ら変わらない態度でその日は泊まって自宅に帰りました。

しばらくして高橋さんに誘われて飲みに行きました。
すると高橋さんが、「◯◯君さ、どうして何にも言わなかったんだい?」と聞いてきました。
詰め方が違っていたらしく、その日に私がダンボールを開けたことに気付いていたのです。

「いや、沙織もショックを受けると思いまして」

「もしかして、同じことをしてみたいと思わなかった?」

(・・・え!?)と思いました。

しかし高橋さんのその発言は、私の妄想を貫いた形になりました。
知人の美人妻の下着を盗む・・・。
確かにしたいと思いました。
もちろん賛同などしませんでしたが、私の動揺を高橋さんは完全に見抜いていて、妻の下着の匂いや黄ばみ具合、そしてナプキンの出血量や、ウンコがわずかに付いていたことなど得意気に話されました。
自分の妻が、まるで高橋さんの支配下にある存在に感じられ、興奮して聞き入ってしまいました。
そこへ高橋さんが一枚の写真を私に見せてきたのです。

「僕の義妹で31歳だよ。結婚していて子供も3人いるんだ。義妹と言っても子供の頃から一緒だから、別に裸を見ても平気だし、実の妹みたいなもんだよ」

その写真を見て私が最初に思ったこと・・・。

(この人に対して、高橋さんがしたようなことをしてみたい・・・)

その義妹は、居酒屋が忙しくなる繁盛記やアルバイトがいない時など、1週間くらい手伝いで泊まりに来ることがあるそうです。

「良かったら、その時に泊まりに来ない?何をしたって僕は黙認するから。そのかわり、僕の希望も聞いて欲しいんだ。こうなった以上はすまないと思っているよ。だから、もしこの話を断るのなら僕の方からはもう連絡はしないし、沙織さんにも迷惑は掛けないよ」

そう言うと写真を残して、「もしその気が少しでもあったら連絡を頂戴よ。それからこれは申し訳ないことをした意味で受け取って欲しい」と、10万円の入った封筒を置いて出て行きました。

家に帰って1週間は何事もなかったかのように過ごしました。
写真も引き出しに仕舞って、高橋さんのことも忘れるようにしました。
仕事に打ち込みました。
でも休日になって妻が買い物に出掛けると私は抑えきれずに写真を取り出しました。
そこには幸せそうに子供を抱いて笑っている高橋さんの義妹がいました。
沙織ほどの美人ではありませんが、他人のものは良く見える・・・。
風貌は沙織とはまた違った気の強そうなタイプでした。
亭主しか知らないであろう人妻の下着・・・。
支配欲が芽生えました。

私は高橋さんに電話をしてしまいました。
高橋さんと会うと、まずビニール袋を取り出してきました。
透明ではないので何が入っているかわかりませんでしたが、少し私に見せるようにすると・・・。

「美紀って名前だよ。結婚前は会社の休みに手伝いに来たりしてもらってたから美紀の洋服や下着とかは少し家のタンスにあるんだよ。あれから一度手伝いに来てもらって、その時に美紀が1日穿いていた下着だよ。もちろん洗っていないよ」

そう言うとビニールを隠しました。
私の頭の中にはそのわずかに見えたベージュ色の下着が回っていました。
私は高橋さんの術中にまんまとかかっていました。

「僕の希望は・・・沙織さんなんだ。わかっていると思うけど。でも決して沙織さんに何かさせてとかではないんだ。同じだよ。沙織さんが着用した下着や洋服を、洗濯前の状態で欲しいんだ。下着にこだわらない、沙織さんのものなら何でも欲しい。それともう一つ、沙織さんの裸の写真が欲しい。これは決して全裸ではなくて、◯◯君が許せる範囲まででいいから写真に撮ってきて欲しいんだ。もちろん僕も最低でも同じ、それ以上のことをしても黙認するよ。絶対に迷惑になるようなことにしないから」

情けないことに、即決で私は高橋さんの要求を呑んでしまいました。
目の前のビニールに入った下着の誘惑には勝てませんでした。
高橋さんからMOディスクをさらに受け取りました。
そして念願であった下着入りのビニール袋を受け取ると、私は店から出て家に帰りました。

家に帰り、「仕事があるから今日は自分の部屋で寝る」と言って妻を先に寝かせると、興奮状態でビニールから下着を出しました。
入っていたのはブラとパンティでした。
両方とも色はベージュでした。
確かに洗濯前のもので、出した瞬間のムッとした香りでわかりました。
MOを見ると美紀さんの画像がたくさん入っていました。
そこには普段着の写真や子供と遊ぶ姿、そして学生時代からOL時代までの成長過程が見事に入っていました。

さらに1枚だけ、最近撮影したと思われる、居酒屋の2階で美紀さんが全裸で寝ている画像もありました。
ただ高橋さんの策謀により右手で両乳首を完全に隠してあり、恥毛の部分は左手で雑誌を持った形で完全に隠されていました。
ただ、それでも何年ぶりかのオナニーをしました。
画像だけでイキましたが、時間を置いて今度はパンティをひっくり返して鼻で吸い込みました。
酸っぱい酸味のきいた熟臭がしました。
パンティには黄ばみがしっかりと残っていて、その部分を何度も舐めました。
そして写真と画像を見ながら2度目のオナニーに耽りました。
その日から1週間はほとんど毎晩オナニーをしました。
全く飽きることがないのです。

ですが私の立場は供給されるだけではありません。
高橋さんに供給する立場でもありました。
高橋さんと約束した日に何かしらのものを持っていかなければなりません。
電話口で高橋さんは、「最初は抵抗を感じるだろうから、可能な範囲で持ち出せるものを持ってきて。無理はしなくていいから、今回は要求とかはしないよ」と優しい感じではありますが、何も持っていかない訳にはいきません。
日が近づくにつれて、妻の顔を見るたびに申し訳なさと、自分がしようとしていることに興奮している状況の葛藤に揺れました。

さすがに下着を持ち出す勇気がなかったので、子供の成長記録用に購入したDVカメラで風呂上りの妻を撮影することにしました。
タンクトップ(ノーブラ)とハーフパンツ姿の沙織にレンズを向けました。
沙織は何らレンズを意識することもなく、寝ている子供の頭を撫でています。
私は申し訳ないと思いながらもズームを使って沙織のハーフパンツのすき間から見える白のパンティやタンクトップに浮かぶ突起した乳首を撮影しました。
だいたい20分ほどの時間でしたが、これだけではあまりにも申し訳ないと思い、高橋さんが以前から見たいと言っていたMCをしていた頃の沙織の写真を何枚かスキャンしてMOに保存して持っていくことにしました。

「すみません。下着とかは持ち出せなくて、カメラで撮影したんですけど、風呂上りの沙織が写っています。タンクトップ越しの胸と下着が少し写っています。すみません。それと一応沙織がMCをしていた頃の写真もMOに入れてきました。今日はこれだけなんです」

「すごいよ。期待していた以上だよ。沙織さんの風呂上りの姿なんて何度想像したことか。MCの写真もすごく見たいよ。ところで美紀の下着と裸はどうでしたか?」

興奮した状態の高橋さんに比べ、私は妻に悪いと思う気持ちが先行してしまいテンションは下がり気味でした。
簡単に「良かったです」と返答すると、袋に入れた美紀さんの下着を返しました。

「いや、沙織に見つかってしまうので・・・。画像だけ貰います。これは高橋さんに返します」

こうして高橋さんと物々交換が始まったのです。