グッとくるエロい体験談SP

【Hな体験】エロいサービスをしてくれる中国人の美人ママ

初めて投稿します。
私は55歳の独身男性です。
今まで結婚もせず、勝手気ままに暮らしてきました。
父は早くに死んで、母は老人ホームに厄介になっています。
私はと言うと、生活保護を貰い、日がな一日ブラブラと暮らしております。

ある日のこと、パチンコ仲間のおじさんが耳寄りな情報を私に話してくれました。
それによると、飲み屋界隈のスナックの美人ママさんが、お客のいない日にチップを弾むと色々エロいエッチなサービスをしてくれるということでした。
半信半疑なれど、興味もあったので、すぐに場所を教えてもらいました。
もともと酒は好きなので、ちょくちょく色々な飲み屋に行っていましたが、そんな所にそんな店があるとは思えませんでした。

私は早速お金を持って、美人ママさんがいる店へと出かけたのです。
お店は案外小さくて、6人ぐらい入ったらいっぱいになるくらいです。
でもブルーを基調としてなかなか落ち着いたお店で、店内も綺麗でした。
ママさん付きの飲み屋さんにしては、とにかく安いです。
結構飲んでママさんの手作り料理も付いて、5千円以下です。

それに、なんと言ってもママさんです。
実はママさん中国人なのですが、とにかく色っぽく若々しい。
性格も朗らかで優しく、聞けば32歳と教えてくれましたが、どう見ても27歳より下ぐらいに見えます。
それに凄くエロい身体をしてまして、大きな胸にくびれた腰、豊満なお尻とムッチリとした脚。
遅れましたが、ピンクレディのミイにソックリな顔立ち。

見た瞬間から、本当にこんな美人ママさんがチップ弾んだくらいでエロいサービスなんてしてくれるのかと疑いました。
そもそも、今日来てすぐにエッチなサービスが受けられるはずもなく、まずは顔を覚えもらわないとと思い、パチンコ通いをやめて、そのお店に通い始めました。

通い始めて、ママさんのことが少しずつわかってきました。
ママさんには、今年小学校1年になる娘さんがいること。
店を出すことがきっかけで日本人の旦那さんと別れたこと。
昔は景気が良かったから売り上げも良く贅沢な暮らしてをしていたが、今は不景気でどうにもならないことなど。
そして、木曜日と水曜日が比較的ヒマなこと。
金曜日から日曜日は大学生の中国人の女の子がバイトに出てること。
色々と知るにつれて、なかなかママさんも大変だなと思いました。

だいたい曜日の様子がわかったので行く日を決めて、雨の降る木曜日に期待しながら出かけたのです。
その日は19時頃から店に入ってママさんと話して時間を待ちました。
この日、店に来たのは僕とツケで飲んでるおじさんが1人。
おじさんが帰った後は、ついに私とママの2人だけです。
私はママさんにも飲ませながら、ママさんの愚痴を聞いてあげました。
私はこの店では良いお客さんです。
金払いも良く、ママさんのお気に入りのお客になるよう努力しました。
ママさんから信用を勝ち取るために。
それにお金に困ってるわけですから、私が来なくなるとママさんはほんの少しですが困るわけです。

1時50分ぐらいになった時です。
ママさんが、「もうそろそろお店終います。看板の電気消すけど、まだ飲む?帰る?」と聞いてきましたので、私は、「もう少し飲もうよ、ママ」と言って店に留まりました。
ママさんは看板の電気を消し、鍵を掛けました。

(しめた!)

私は「隣においでよ」とママさんを呼びました。
ママさんは少しよろけて私の隣りに座りました。
見れば見るほどピンクレディのミイにそっくりです。
私はママさんの耳元で、「ママにお願いがあるんだけど」と言いました。
ママさんはチラッと見て、色っぽく首を傾げて僕を見ました。
僕は吸い寄せられる様にママさんのポッテリした唇に吸い付きました。
55歳のかっこ悪い、この中年男が我を忘れてママさんに甘えてしまったのです。
早まったかなと思い、済まなさそうな顔をするとママさんは、「私のこと好きなんですか?」と聞いて来たのでウンウンと大きく頷いてみせました。

するとママさんは少し笑って、「エッチなことしたい、お金、高いかな?」と言って私を見ました。
私は1万出すつもりだったのですが、ありったけの1万5千円出しました。
するとママさんはお金をジッと見て、「本番なしよ、いい?」と言って来たのでまた大きくウンウンと頷きました。
ママさんは、「何からしたい」と言って、ミニスカートタイプのチャイナドレスの股を大きく開きました。

私「ママ、後ろ向きになって大きくお尻を突き出してよ」

するとママさんはテーブルに手をつき、今にも中が見えそうなミニスカートのムッチリしたお尻を突き出しました。

ママ「これでいい?」

私は恐る恐るママのスカートを捲りました。
すると、薄ピンクのシルクのお尻に食い込みそうな小さいパンティが目に飛び込んできました。
私はパンティの上からママさんのマンコの辺りを撫で回しながらお尻の肛門の辺りに顔を近づけ、鼻で押し当てて前後に動かしました。

ママ「あぁぁんダメ、そこ臭い、いやよ」

ママさんは少し腰を引きましたが、私は止まりません。

私「大丈夫」

ママさんのお尻の穴にゆっくり指を押し当てました。

ママ「いけない人」

ママさんは少し紅い顔をして前を向きました。
私はOKだと思い、クリの所を激しく優しく刺激し続けました。
ママさんは小さく「あっあっ」と声を漏らし、僕はパンティをズリ下げました。
パンティの前はベトベトになっていて、肛門の辺りは少し茶色くなってました。
僕はすぐパンティをズリ下げ、素早くポケットにしまい、すぐさまバックからマンコを舐め始めました。
その時、両手で豊満なお尻の肉を開いてママさんの菊紋の匂いを嗅ぎました。
ツーンとくる肛門独特の匂いが鼻一杯に広がりました。
こんな美人でもお尻の穴の匂いは凄いんだと思うと余計興奮しました。

ママさんのマンコはぐしょぐしょです。
堪らなくなったのか横に逃げたので、ママさんを仰向けにしてM字に開脚させ、また激しく舐めました。
ママさんはパイマンでしたから、その舐め心地は言うまでもありません。
手を上にあげ、オッパイを揉み始めると乳首がさらに大きくなって、硬くなったのがわかりました。
ママさんの乳首を噛んだり舐めたり、クリ刺激をしたりマンコの中に舌を入れたり、お尻の穴に指を入れたり、舐めたり匂いを嗅いだりとやりたい放題の僕。

ママさんは喘ぎながら耐えてましたが、我慢も限界に達したのか、「オチンチン、オチンチン、私にください」と言ってせがんで来ましたので、すかさず69の体勢に入って2ラウンド目。
また脚をM字に開き、舌でママさんのクリとマンコを舐め回し、両手でママさんのムッチリしたお尻と穴を堪能して2人で一緒に果てました。
私は放心状態のママさんのマンコとお尻をタオルで入念に拭き、汚れてぐしょぐしょのパンティと一緒にビニール袋に仕舞いました。

ママ「気持ち良かった?」

ママさんは、ソファに倒れて股を大きく開いたまま聞きました。

私「最高だったよ、ママ。またヤラせてね」

そう話すとママさんはニッコリ笑いながら、「お金、沢山持って来てね」とウインクして見せました。
もう朝の4時になろうとしてました。

月別アーカイブ
18歳未満閲覧禁止
当サイトには性的な描写が含まれるアダルトサイトとなります。18歳未満の方の閲覧はご遠下さい。

また、当サイトは個人で楽しむ目的で運営しておりますが、その著作権は引用元にあります。
サイトの閲覧、リンク先のご利用は自己責任で行っていただきますようお願い致します。
その他、相互RSSやご要望等は「お問い合わせ」からお願い致します。
オススメ!怖い体験談
[鵺速]あなたの傍の怖い話
媚薬・精力剤を使ってみた
脱毛してモテようぜ!
[PR] 今!VRが熱い!!
相互RSS(怖い体験談)