電話で起こされた、夜11時。

「一緒に飲も~」

K美からだった。
すでに酔ってる感じ。

俺にはルックスだけなら断然K美より上な彼女がいたし、K美も彼氏持ち。
しかし、ロリ系小悪魔なK美のことが大好きな俺はダッシュで飲み屋に向かった。

K美にとって俺はドラえもん。
お人好しで便利なのだ。

飲み屋に着くと、K美が最近飼い始めた犬の話で盛り上がり、あっという間にじゃあそろそろ・・ということになった。
ドラえもんの出番も終わりだなと思っていると・・・。

K美「犬、見に来ない?」

その言葉だけで3分立ち。
焦るなマイサン。
当然行きました。

犬好きな俺が犬と戯れること十数分。

K美「お風呂入った?」

(ええ、寝る前と家を出る前に)と思ったけど、「一緒に入ってくれるの?」と聞くと、「いいよ」だって。
言ってみるものです。

「酔った」を連発しているK美と一緒に服を脱ぎながら、「すでに半立ち」と言って見せてあげました。

K美は身長156センチで、オッパイは大きすぎず小さすぎず、張りがあって触り心地がグー。
腰周りとかは幼児体形。
俺好み。

乳首を舐めようとしたら、「いや~ん」と言って逃げられた。
背中を流してあげて、ひと足先に部屋で待機。
K美は、「酔った」とか言ってる割には入念にお肌の手入れをしています。
そしてあぐらかいてテレビを観ている俺の股間に横向きに座り・・・。

「ギュってして!」

言われなくてもしますよ。
当然、ギュっと抱き締めた。

(次は、次は?・・・チューだ!チュー)

ぶちゅう、れろれろ。

この子の唾液には臭みがなく美味!
味わいつつもバスローブの下が気になる。
捲って覗くとパンツのみ!
色白の美乳をモミモミ。
筋に沿って指でひと撫で。

K美「あ~ん」

可愛い声出しやがる。

(挿入?挿入?もういいの?・・・否!焦るな)

筋肉馬鹿の本領発揮、お姫様抱っこでベッドへGo!

(この子は軽いなあ、鳥みたいだ)

チューして前を肌蹴て、夢中でおっぱいを攻める。
彼女より5コも若いおっぱいは最高です!!!

湯上りで湿っぽくなってるピンクのバスローブを剥ぎ取ると、湿っぽくなってるピンクのパンツの中心に顔を埋め、深呼吸。
鼻を擦りつけ、いよいよ剥きます!!
夢にまで見たK美のマンコ!
舌はもちろん唇、鼻、ひげ、あごまで使って舐めまくり吸い尽くす。

そして攻守交替。
K美のフェラは唇で程よく挟み込み、頭を高速上下。
ヤバイ!もうヤバイ!
強引に尻を引き寄せ69!
攻撃は最大の防御なのだ!
しかし、こちらの攻撃に怯んでくれないと至近距離のマンコによって、こっちの最後が早まる諸刃の剣。

K美の攻撃が弱まり、いよいよ大詰め、挿入です。
正常位の体勢でチューをしながらゆっくり、味わいながら生挿入!
いい!!
大好きな女の子とするのって緊張して冷静さを欠き、ちゃんとできないよね?
挿入して(中の具合は彼女のほうがいいな)なんて思いつつ、若干冷静さを取り戻す。
頭の隅でさっきから感じてた“違和感”が大きくなり、俺の動きその他とK美の喘ぎ声のシンクロ率の低さが原因ということに気づく。

(演技、か・・・)

しょぼーんとなりつつ、枕元の普段は彼氏と使うであろうゴムを装着しよう・・・?
息子がうなだれてる。

(酒のせいか?)

いや、彼(息子)は、過去一升飲んで睡魔に襲われている本体より酒豪だった。
あっ!昨日彼女と3回した!
おまけに今日寝る前、堤さやか(薄)にお世話になった!
やはり30歳すぎた俺には演技と無駄遣いのダブルパンチで、もう立ち上がれないのか・・・。

K美が腰を浮かし手を伸ばして、息子をしごいてくれた。
なんとか挿入可能になったのでゴム装着後再突入!
緩急つけたりとかやってる余裕はない。
とにかくイクことだけを考えた。
相手がノッてくれないとセックスはつまらん。
有頂天になり、突っ走った自分勝手なセックスが原因だ。
とりあえずイッた。

K美は・・・どう思ってたんだろ?
あからさまな不満はないようだ。
彼氏と喧嘩でもして寂しかったんだろうか?
なんとなく日頃の俺への感謝なんだろうか?

チューして、腕枕で背中を向け、俺の肘から先を抱き締めるようにして、「もう帰るの?帰りたいと思ってるでしょ?」と言った。
へたれな俺は逃げ出したかったが、「K美が寝るまでこうしててあげるよ」と言い、K美は眠った・・・ふりをした。
ギュッてしてからゆっくり立ち上がり、ゴムを処分して帰った。

翌日、K美の家の前には彼氏の車があった。
それからは、ドラえもんの“道具”をK美にせがまれることはない。