グッとくるエロい体験談SP

【レイプ】寝取られ癖のあるダンナと立てた愛妻レイプ計画

私は、ネットで知り合ったある男(悟)と食事をしていた。
その男は、妻が他の男とセックスしている所が見たいらしい。
愛する妻が自分以外の男に玩具にされ、そして感じている姿。
だからと言って、妻を嫌いじゃないらしい。
愛しているからこそ、自分以外の男も沢山知って欲しいと!

セックスする度に、「他の男とセックスしたくない?俺のペニス小さいだろ。他な男としたらもっと!気持ちいいよ」などと言っているらしい。

二人で計画を立てた。
そして日曜日の夜八時。
悟の家のインターホンを鳴らした。
私の手にはロープが握り締められていた。
出てきたのは悟だった。
すでに興奮している様だった。
そして私に背中を向け、縛られた。

私がマスクを被ると、「痛い。なんだ!やめろ!」と声を出した。

もう後戻りは出来ない。
これからが本番だ!

奥から「どうしたの?」と悟の妻、理恵の声がして、こちらに向かって来た。

悟は私を見て頷いた。

「来るな!逃げろ!」

私は、廊下のドアの前に立ち、開いた瞬間に理恵を押さえつけた。

「静かにしろ!」

玩具のナイフを見せた。
理恵は驚き、固まっていた。
その隙にもう一本のロープで体を縛った。

「やめろ、理恵を放せ!」

「静かにしろ、これが見えないのか!」と悟にナイフを見せた。

「いいか騒ぐなよ!」

理恵をリビングに連れて行き、悟には理恵に聞こえない様に囁いた。

「後悔するなよ!俺も、後戻りはしないからな」

「頼むよ。でも、乱暴なことだけはしないでくれよ」

私と悟は最後の確認をした。
リビングに入ると、理恵は震えながら座っていた。
悟を押すと、理恵の横に行った。

「大丈夫か!お前は誰だ。金か?金なら準備するから!」

「お前、静かにしろ!」

部屋を見渡すと、窓際に洗濯物があった。

「奥さん、いやらしい下着だね!黒いのに向こうが透けて見えてるよ」

「触らないで!」

そのパンツとパンストを手に持って悟に近付き、口にパンツを入れてパンストで塞いだ。

「これで静かになるな」

そして理恵の方を見て玩具のナイフを悟の首に当てた。

「奥さん、旦那がどうなってもいいのかな?」

「嫌、やめて!やめて!」

「嫌か。それは残念だな。でも奥さん次第だよ」

私は悟に背中を見せ、理恵の前で仁王立ちしてズボンとパンツを脱いだ。
後ろでは悟が何か必死で叫んでいる。

「奥さんも、怪我はしたくないよな」

理恵は黙って私の方を睨みつけていた。

「ほら、どうした?何をすればいいか分かるよな!下手なことしたら旦那がどうなるかわかるよな!」

理恵は悟に目を向け、そして悟から見えない様に私の前に跪き、ペニスを口に入れた。

「何だそれは、もっと舌を使え。いつも旦那にしてやってるんだろ!」

理恵は目を瞑り舐め始めた。

「そうだ。出来るじゃないか。満足出来たら自由にしてやるぞ!」

理恵は目を開けて私を見た。

「本当?」

「本当さ!」

私は向きを変え、悟に見える様にした。

「ほら、どうした!」

「あの、さっきのままじゃ・・・」

理恵は悟に見られることに抵抗がある様だった。
でも、それでは悟の希望は叶わない。

「ダメだ。ほら!」

理恵は悟を見て・・・。

「貴方、お願い見ないで!ごめんなさい」

そう言うとペニスを咥えた。
悟の目が輝いていた!

「ほら、旦那にしてるのはその程度か?そんなんじゃ旦那も満足出来ないだろ!あ!?もっと唾を溜め込むんだよ。そして、もっといやしい音を立てながら舐めるんだよ」

理恵は口を離して私を睨みつけ、また目を瞑り、咥えた。

「そうだ!やれば出来るじゃないか。いいぞ。気持ちいいぞ。ほら、目を開けてこっちを見ながら舐めろ!ほら、目を開けろ!」

理恵は目を開けた。
私を睨みつけながら必死で舐めている。

「お前の奥さん、上手いな。気持ちいいぞ。どうだ、奥さん旦那のと比べてどっちがいいんだ?」

理恵は何も言わず必死で舐め続けた。
しばらく続けると理恵は疲れてきていた。

「どうした?終わりか?」

私はペニスを抜いた。
そして理恵の前に座り、マスクを取った。

「誰?あなたは、誰なの?なんぜこんな事するの!」

「誰だっていいだろう、奥さんのファンだよ!こんな旦那じゃ満足出来ないだろうと思ってね、奥さんに気持ちよくなって欲しいんだよ!」

そう言いながら服の上から胸を揉んだ。
理恵は体を横にずらすが逃げられない。
横で悟が何か言っていた。
私は立ち上がり、足で悟の肩を蹴飛ばした。

「黙ってろ!」

そして、理恵をソファーに座らせた。

「旦那、うるさいな。奥さんからも黙るように言ってくれないかな?」

「貴方、我慢しましょう。私なら大丈夫だから」

悟が、やっと大人しくなったふりをした。

「疲れただろう。俺のペニスを一生懸命舐めたもんな。今度は俺が奥さんを気持ちよくしてやるよ!」

理恵のスカートを捲った。

「おっ、パンストの下には黒いパンツか!いい眺めだな。これも透けてるのかな?」

理恵は横を向き目を瞑っていた。

「いい脚をしているな」

脚を撫で回した。

「そんなに力むなよ。力を抜いてみな」

理恵の脚を持ち上げ、爪先を口に入れて舐めた。
理恵の体がビクッとして口を必死に閉じていた。

「どうした、爪先が弱いのか?」

「気持ちよくなんかないわ!」

私は足を撫でながら爪先を舐め、足の裏、くるぶし、ふくらはぎと舐めた。
理恵の息遣いが乱れていた。

「素直に感じていいんだぞ!旦那に遠慮することないぞ!」

理恵は目を瞑り必死で耐えていた。
それを悟は興奮の眼差しで見ていた。

「それじゃ、そろそろ確認させてもらうかな!」

私は起き上がり、左手で胸を押さえ、右手で太股から撫で上げていくと理恵は、「やめて!触らないで!お願い、やめて!」と逃げようとした。
もちろん逃げられる訳がない。

「おや、パンツが湿ってるんじゃないか?」

「・・・違う。そんなこと」

パンストを摘まみ、ゆっくりと引っ張った。
爪先を立てるとすぐに伝線した。

「嫌。イヤッ。触らないで!」

「何だ、旦那に遠慮してるのか?自分が感じてオマンコを濡らしてしまってるのがバレるから」

「そんなんじゃ、感じてなんか」

理恵は視線を逸らした。
私はパンツを横にずらし指を押し当てた。

「おや、指が簡単に入るな!ほら、簡単に二本入るじゃないか」

すぐに指を抜くと理恵の顔の前に持っていき、口にねじ込んだ。

「ほら、綺麗にしてくれよ。こんなに濡らしてるじゃないか。もっと素直に俺と楽しもうぜ!」

理恵の口から指を抜くと、オマンコに入れてゆっくりと動かし、また抜いて悟に見せた。

「奥さんを満足させてないんじゃないか?こんなに濡らしてるじゃないか!ほら」

「違うわ。そんなんじゃないっ!」

理恵は悟の顔を見て必死で言った。
悟は何も言わなかった。

「奥さん、いいじゃないか!素直に感じてますって言っちゃいなよ!旦那のペニスじゃ満足出来ないんじゃないのか?」

私は立ち上がり悟の側に行った。

「ほら、立て!素直にしないと奥さんがどうなるか分からないぞ!」

悟は素直に立ち上がった。
私は理恵にわからない様に、「いいな?」と言ってズボンを脱がせた。

「何だ?もしかしてお前、興奮してたのか?奥さんが俺に感じさせられて!」

私は悟の口枷を外した。

「違う。理恵、違うんだ!」

「『理恵』って言うのか」

私は理恵に近付き・・・。

「理恵。あんなペニスじゃ満足できないだろう!旦那も理恵が感じてる姿が見れて興奮してるし、二人で楽しもうじゃないか!」

理恵は何も言わなかった。

「違う。お前何を言ってるんだ。理恵から離れろ!」

悟は近寄ろうとしたが、ズボンの裾が掛かり私達の前に倒れた。

「理恵、素直に感じな!お前はそこで見てろ」

私は理恵を立たせ、後ろから悟に見える様にスカートを捲り上げ、指をオマンコに入れて動かした。
理恵は口を閉じて必死に我慢している。
しかし息がどんどん荒くなり始めた。

「どうした、素直になれよ!旦那を喜ばせてやろうぜ!見ろよ、ペニスが上を向いてきたぞ」

「違う、違う!」

もうすぐ理恵がイキそうなのが分かった。
私は指を抜いた。
理恵は落ち着こうとしていた。

「ほら、さっきみたいに舐めろ!」

私の前に跪かせ、ペニスを出した。
理恵は素直に舐め始めた。

「いいぞ。お前も、気持ちよくなりたいか?」

悟に言った。

「何言ってるんだ?」

「理恵、手で旦那のペニスをしごいてやれよ!」

命令しても理恵は私のペニスを舐めるだけだった。

「ほら、咥えたまま手でしてやれ!」

理恵は手を伸ばし、悟のペニスを握って動かした。

「理恵っ、やめろ。やめろっ。そんなやつの言うことなんっか、あっ。理恵、やっ、だめっ!あっ」

悟のペニスから勢いよく精子が飛び出した!

「はっ。何だ、もうイッたのか!興奮してたってあんまりだろ!」

理恵も唖然としていた。

「本当に早いな。これじゃ理恵も満足出来ないだろう。こんないい女なのにな」

私は理恵を立たせ、悟の方を向かせた。

「呆れた旦那だな!」

そう言って後ろから一気にペニスを入れた。

「イヤッ」

前に逃げようとする理恵の肩を押さえつけた。

「お願い。やめて、抜いて!」

「おい、やめろ!」

「やめて欲しいのか?理恵、もっと気持ちよくなりたいだろっ。お前も理恵が感じてる姿が見たいんだろ?この変態夫婦が!」

理恵の肩を片手で持ち、片方で服をロープの隙間から出し、胸を出してブラジャーの上から鷲掴みにした。
そして激しく腰を振った。

「んっ・・・んっっっ。いやっ」

「凄い締まりだな!嫌じゃないだろう、こんなに締め付けてきて。旦那のペニスじゃ満足出来ないだろう、あんな早漏じゃ」

悟はまたペニスを大きくさせていた。

「やめろ、理恵を離せ!」

私はさらに激しく腰を振った。

「ン・・・。ンッ」

理恵は必死で口を閉じていた。

「ほら、旦那に聞かせてやれよ。感じてる声を。見ろ、ペニスが大きくなってるぞ!」

「違う。理恵っ」

私は腰の動きを止めて言った。

「ほら、旦那のペニス見てみろよ、理恵の顔見て興奮してるじゃないか!」

理恵は悟を見た。
理恵が気を抜いた瞬間にペニスを奥に入れた。

「ハァッン」

理恵が声を漏らした。
その声を聞いて悟のペニスは一気に大きくなった。

「理恵、見ろよ!旦那のペニス。理恵の声を聞いたら元気になったじゃないか!」

「違う、理恵、違う」

「理恵も素直になったらどうだ。旦那を喜ばせてやれよ。好きなんだろう!こんな男が世の中にはいるんだからさ」

私は先っぽだけをゆっくりと出し入れした。
理恵の体の力が少しずつ抜けていった。
私はペニスを抜き、ソファーに座り理恵を引き寄せ、悟の方を向かせた。

「ほら、悟に聞かせてやろう」

理恵を私の上に座らせ、下から突き上げた。

「ン・・・ッ」

「どうした、旦那が好きなんだろう?喜ばせてやれよ。自分で腰を振ってみろ」

「貴方・・・ごめんなさい」

ついに理恵は自分で腰を動かしだした。

「ンンッ。あぁっ。あっ」

それを悟は黙って見ていた。
私は悟の口を塞いでいたパンストを取り、理恵の手首を縛り、ロープを外した。
そして理恵をこっちに振り向かせた。

「いい眺めだ。乳首も透けて見えてるじゃないか!旦那の趣味か?乳首も硬くなってるのが分かるぞ」

胸を鷲掴みして乳首を摘まんだ。

「ンッ」

「乳首も気持ちいいか?!ほら、こっちを向くんだ」

理恵を立たせ私を向かせて膝をM字にして、「ほら、はっきり見えるだろう」と理恵の腰を支えながら、ゆっくりと理恵の腰を沈めた。
理恵の胸を揉みながらブラジャーを下げ、乳首を舐め吸った。
そして激しく腰を突き上げた。

「ンンンッ。アッ。アッ。ダメっ。イヤッ。イヤッ。やめてっ。ダメっ。貴方、ごめんなさい!アッッッ。アァァ」

理恵の腰が震えた。

「何だ、理恵もうイッたのか!もしかして理恵も旦那に見られて興奮してるのか!」

理恵は何も言わなかった。

「まだまだこれからだぞ!」

理恵の腰を掴み、激しく腰を上下に動かした。

「ダメ!イヤッ。止めてっ。ハッ。アァッ」

「ほら、もっと旦那に聞かせてやれよ!」

「アァァッ。貴方。ハアッッ。ごめんなさい。ンンッ。アッアッアッ。ダメ。また、ハァァッ。そんな。アァァァンンン。アア。ァァァァ」

理恵はまたイッた。

「理恵のオマンコは気持ちいいな!早漏ペニスには勿体無いな!」

理恵を、また悟の方を向かせた。

「見ろよ旦那のペニス。理恵が感じてる姿を見て、先っぽから何か出てるぞ」

理恵の息遣いは荒くなっていた。

「理恵も興奮してるんだろ!大好きな旦那の前で、見られるのが嫌いじゃないんだろ?」

「そんなこと・・・」

後ろから胸を揉みながらさらに続けた。

「ほら、旦那も気持ちよくしてやれよ!今度は足で擦ってやれ。自分だけ何度も気持ちよくなると旦那が可哀想だ。どうせ、すぐにイクだろうからな!ほら、足を伸ばして擦ってやれ!」

理恵は、足を伸ばした。

「貴方」

「あっ、理恵っ!」

私は理恵の足を持ち、動きを止めた。

「どうだ。気持ちいいだろう。理恵の感じてるところが見たいだろ!素直に言ったら続きをしてやるぞ!」

「・・・そんな事は・・・」

「理恵、言ってやれよ!『貴方のペニスじゃ物足りない』って。俺がイクまで何回イクんだだろうな?」

そう言いながら腰を振動させた。

「んっ。はあっ」

「ほら、旦那は見たいんだよ!理恵は見られたいんだろ!いいじゃないか。お互いが興奮するんだろ。理恵、言ってやれよ。もっと気持ちよくさせてやるぞ!」

「そんな。貴方・・・」

「理恵、ごめんよ。言ってくれ、本当のことを!」

「ほら、どうした?」

私は腰を突き上げた。

「アッ。ハァァン。貴方、ごめんなさい!いいの、この人のペニス気持ちいいのっ。アッッッ。イィィィィッ」

理恵もやっと素直に感じる様になった。

「よし、ほら旦那のペニスも気持ちよくしてやれよ!」

理恵は足を伸ばして悟のペニスを擦った。

「あっ。理恵!はっ。ごめん!出る!ハァッ」

悟はあっという間に、また射精した!

「二回目も早いな!こんなんじゃ理恵を満足させてないな。可哀想に、女の喜びも与えてもらえなかったんだろう」

悟は満足な顔をしていた。

「はあっ、はぁっ、理恵。ごめんよ」

「理恵、旦那に満足させてもらえないだろう!」

理恵の腕を縛っていたパンストを外した。
そしてソファーに座らせて両足を持ち、ペニスを入れて激しく腰を振った。

「アァッ。凄い!いいッ」

理恵は悟の二回目の射精を見てからは体が正直に反応し、快楽を求め続けた。

「理恵!理恵っ。そんなに感じてるんだね。満足させれなくてごめんよ」

「貴方、凄いの。こんなの初めて!貴方のペニスと比べ物にならないの!凄い、奥に奥に当たるのっ。ハァァッ。貴方、またイキそう!貴方以外のペニスでイッちゃう!アアァァァ、イクッ!」

理恵は髪の毛を振り乱しながイッた。

「ほら、両手をソファーにつくんだ。今度は後ろから激しく犯してやるよ」

「あぁっ。凄いわっ。こんなの、貴方、私、後ろから犯されるわ」

悟は黙って私たちを見つめた。

「ほら、今度は自分で腰を振ってみろ」

「アッ。これも、いいっ。お願い、胸も揉んで、乳首吸って!」

私は理恵の要望に応えた。

「本当は淫乱な女だな!こんなに激しく腰を振って」

「だって気持ちいいのっ。腰が動いちゃうの!いいッ」

そして理恵を悟の横の床に寝かせ、私は覆い被さった。
悟は理恵の顔を覗き込んでいた。

「そろそろ、イクぞ!出すぞ!」

「んんっ。イッて!出して!出して!アァァァ」

「よし、イクぞ!」

私はペニスを抜き、理恵の顔目がけて射精した。
理恵の顔は、私の精子で汚れた。

「ハァッ。凄く良かったよ!ほら、綺麗にしてくれよ!」

ペニスを口元に近付けると、理恵は躊躇なく口に含んだ。
すべてが終わり、私は素早く服を着て悟の家を出た。

月別アーカイブ
18歳未満閲覧禁止
当サイトには性的な描写が含まれるアダルトサイトとなります。18歳未満の方の閲覧はご遠下さい。

また、当サイトは個人で楽しむ目的で運営しておりますが、その著作権は引用元にあります。
サイトの閲覧、リンク先のご利用は自己責任で行っていただきますようお願い致します。
その他、相互RSSやご要望等は「お問い合わせ」からお願い致します。
オススメ!怖い体験談
[鵺速]あなたの傍の怖い話
媚薬・精力剤を使ってみた
脱毛してモテようぜ!
[PR] 今!VRが熱い!!
相互RSS(怖い体験談)