5月26日(金)。
昨日、ジジイにイカされた佳純ちゃんはあの後どうしたのかな?
朝からバイト。
ジジイがロッキーを散歩させていたが、俺に気付いていないので無視。
3時頃帰宅し、夜のバイトに備え、ひと眠りしようとしたら、コンコン!
誰か来た。

寝たいのに誰だ?
ドアを開けると佳純ちゃんだった。
なんだろう?
俺に抱かれに来たかな?

「佳純ちゃん、どうしたの?」

なにやら、くらーい雰囲気・・・。
抱かれに来たわけじゃなさそう。

「シンさん・・・あのう・・・」

なんかいやーな予感。

「とにかくあがって」

佳純ちゃんを部屋にあげる。

「どうしたの?」

佳純ちゃんはめそめそ泣き始めた。

「あの・・・グス・・・あの」

「泣いてちゃわかんないよ?」

「昨日、佳純、大家さんに言われてエッチな写メを友達に送ったの」

ああ、真美ちゃんか。

「それで?」

「それでね・・・今日学校で、真美ちゃんに、『佳純の写メは誰に撮ってもらったん?』って聞かれたの・・・グス」

ふーん・・・。
俺はその真美ちゃんの写メを見たかったので、「真美ちゃんの写メはどんなのなの?」と聞いた。

「・・・これ」

佳純ちゃんは真美ちゃんが送ってきた写メを見せてくれた。
ひえー!確かに大胆だ。
風呂あがりなのか頭にタオルを巻いた全裸で、昔流行った、だっちゅーの!のポーズをしてる写メ。
中学生とは思えないナイスバディ。

「真美ちゃんは誰に撮ってもらったの?」
「妹だって・・・佳純は兄弟いないし・・・」

「何て答えたの?」
「グス・・・彼氏って言ったの」

あらまあ。

「彼氏?佳純ちゃん、彼氏いたんだ!」

わざとらしく言ってみた。
佳純ちゃんはさらに泣いて・・・。

「・・・いないです・・・」

そりゃそうよね。

「わかった」
「・・・グス・・・?」

「彼氏って言ったら、『誰?』とか『写メ見せて』って言われたんだ」
「はい・・・グス・・・どうしよう・・・」

そうかー。
その手があったんだ!
佳純ちゃんの彼氏になればいいのよ!
それなら、何かあってもジジイだけリスクを負うわけだ!ムフ。
しかも中学生ワールドが開けるかも!ムフ。

「佳純ちゃん?」

「グス・・・はい」

「佳純ちゃんはどうしたいの?」

答えはわかってるけどね、ムフ。

「シンさん、佳純の彼氏になって!」

来た来た。

「でも佳純ちゃん、俺のこと好き?」
「好きです」

「嘘?」
「本当ですよ・・・グス」

「じゃあ俺の言うことは何でも聞くね?」
「うん」

「じゃあ彼氏になってあげるよ」
「ありがとう!」

おかしな会話だなぁ。
とりあえずツーショットの写メを撮り、それを真美ちゃんに送る。
さらに母親に好印象を与えておく必要があるので、田舎から送ってきた漬け物と入浴剤を、俺からと言って渡すように指示。
佳純ちゃんの母親なら御礼を言ってくるはず。
バイトがあるので、佳純ちゃんにはまた水曜日に来てもらうことにして、時間まで寝よう。

佳純ちゃんが夜、メールを送ってきた。

『シンさん、真美ちゃん羨ましがってたよ。なかなかイケメンじゃん!だって!』

イケメン?俺が?普通だろー。
イケメンでもブサメンでもない。
しかし、真美ちゃんという友達・・・ヤリタイ。

5月27日(土)。
金曜日夜からのバイトが朝終わり、帰宅。
夜バイトなので、洗濯やら掃除を軽くしてから寝ようとすると、佳純ちゃんからメールが。
と、同時くらいに訪問者が。
出てみると佳純ちゃんの母親。

「隣の中島です。お休みでしたか?ごめんなさい」

「いや、いいですよ。何か?」

「漬け物と入浴剤を頂いたみたいで、ありがとうございました」

母親は礼をした。

「いやいや、わざわざどうも。田舎から送ってくるんですが、何しろ食べ切れないくらい送ってくるんでお裾分けです。お口に合いますかどうか」
「いいえ。私も娘も漬け物は大好きですから助かります」

「佳純ちゃんはいい娘さんですね」
「いいえぇ。生意気盛りで」

「ああ、お母さん」
「はい?」

「佳純ちゃんに今度、勉強を教えて欲しいと言われてましてね」
「あら、あの子そんな厚かましいことを?」

「よろしいですかね?もちろん私が休みの日だけなんですが」
「いいんですか?お願いして」

「もちろんです」

ムフ。
これで俺達が互いの部屋にいても不自然じゃないな。
しかし、母親もなかなか色気のある雰囲気だね。
ジジイにヤラれてるからか?

佳純ちゃんからのメールを見ると、『澪(みお)ちゃん家にいます』と。
だから何?なメール。
もう一通来ていて、『澪ちゃんです』と写メに澪ちゃんが佳純ちゃんと映っていた。
澪という子は随分子供っぽい感じな子。
見た目は小学5、6年生くらいにしか見えないが、可愛い。
さらにもう一通来ていて、『シンさん、お仕事頑張って!』だそうです。

5月30日(火)。
日曜日、月曜日と、ほぼ通しでバイトを掛け持ち。
火曜日も昼からバイト。
その間、佳純ちゃんから頻繁にメールが来る。
ほとんど他愛のないメールだが、月曜日の夜のメール。

『シンさん、火曜日に大家さんが来るって・・・』

ナニィ?木曜日じゃないのか?

『シンさんが佳純の彼氏なのに、大家さんとエッチしていいの?』

なぜに火曜日?
『なんで火曜日なの?』と返信すると、『木曜日は都合が悪いんだって』と返ってきた。
俺は火曜日に学校へ行く前に、部屋へ来るようにメール。
母親が出掛けてすぐに佳純ちゃんがやってきた。

「大家さんの言うことも聞かないと。家賃払わなきゃいけなくなるよ?そしたらケータイ持てなくなるし」

「・・・うん」

「俺は大丈夫だから」

むしろ楽しみなんですが?

「わかった」
「それから佳純ちゃん、勉強教えてあげるからね。お母さんには許可もらったから」

「本当!?やったぁ」
「後、これね」

隠し撮りカメラを渡して、「いつものようにするんだよ?」と言うと、「うん」と答えた。

「終わったら、シンの部屋のドアの前に置いておくこと!」
「はい!」

「じゃ、学校行っておいで」
「行ってきます」

火曜日(水曜日の深夜)に帰宅。
203号室の前を通る。
明かりは消えてるから、もうお休みだな。
おっ、隠し撮りカメラちゃんと置いてあるね!
さっそく観てみないと。

その前にメールチェックしてみる。
佳純ちゃんから来てる。

『カメラ置いといたよー。明日シンさん家行くね!』だそうです。

佳純ちゃんみたいな可愛い素直な中学生を、ジジイと俺でオモチャにしてるのが少し罪悪感があるけど、欲望には勝てません。
勝てる人なんているの?と思うよ。

再生~。
ジジイが部屋に入ってくるところからスタート。
もう見慣れた場面だな。
すでに布団は敷いてある。
ジジイは片手に何か袋を持っている。
何だ?

「んー、佳純ちゃん、この間は凄かったねぇ?失神するほど気持ちよかったんだねぇ」

「なんか空飛んだみたいだった・・・気持ちよかった・・・」

「そうだろうそうだろう、今日はもっと気持ちよくしてあげるからな、さ、おいで」

ジジイと佳純ちゃんの濃厚ベロチュータイム。
エロい・・・。
かたや還暦過ぎたジジイ、かたや中1・・・ありえない光景だ。

ベロチューを一旦止めて、2人とも服を脱いで、いきなり全裸に。
ジジイと佳純ちゃんは立ったままベロチュー。
ジジイの方が背が高いので、佳純ちゃんが顔を上げてベロチュー。
ジジイは肩を掴んでいた佳純ちゃんの手をジュニアに導くと、扱かせた。
ジジイは佳純ちゃんのおっぱいを弄る。
ぐわー!エロい!エロすぎるぅ!
長いベロチューから、佳純ちゃんが立て膝になってフェラ。

「今日はフェラチオで、じいちゃんを気持ち良くしておくれ」

佳純ちゃんは一生懸命フェラをする。
ジジイは佳純ちゃんにフェラ指南。
カリ首を舌でチロチロさせたり、玉袋を舐めさせたり、高速フェラや、高速手コキ。

「そうじゃ、上手いぞ、おぅっ!気持ちいいよ、佳純ちゃん」

ジジイ、フェラでイクつもりか?
佳純ちゃんが高速手コキをすると・・・。

「お!出るぞ、佳純ちゃん!チンポを咥えるなさい」

さっとチンポを咥えた。

「んぐふ・・・」

ジジイは佳純ちゃんに口内発射。
白濁が口の端から漏れた。

「んふ・・・?」

「出したらいかんよ?飲むんだよ」

「んぐっ・・・」

佳純ちゃんが白濁を飲んだのを確認してジジイはジュニアを抜いた。

「ふぅ・・・フェラチオで男をイカすことができれば一人前じゃ、佳純ちゃん」

佳純ちゃんは頷く。

「よし、今度はじいちゃんが気持ち良くしてあげる番だよ」

ジジイはいきなり佳純ちゃんをまんぐり返した。

「いやん・・・」

「おほ?もう、濡れとるよ?チンポ欲しいんか?」

ジジイは指と口でクンニ。

「あはぁっ!・・・くぁぁぁ!」

「可愛いクリじゃ、ほれ」

「あくぅぅん・・・」

佳純ちゃんの脚がピンと突っ張った。

「あぅぅぅ・・・」

まんぐり返しを戻すと、佳純ちゃんはしばらく痙攣していた。
イッたみたい。
するとジジイが、持ってきた袋から何か出した。

「じいちゃん、今日はこれを持ってきたんだよ」

ん?バイブかな?
ジジイは手の黒光りするモノを佳純ちゃんに見せた。
まだイッた余韻がある佳純ちゃんは、ぼーっとしながら、「何ですか?それ」と聞いた。
バイブじゃないのか?
チンポの形してるが?
イボイボもあるし。

「こりゃあな、チンポの形をしたコケシだよ」

「コケシ?」

コケシ?
ジジイはあれをコケシというんだ。
ほー。

「ハリガタとも言うんだよ」

ハリガタ?(漢字があるんだろうけど、ワカラン)

「・・・」

「じいちゃんのチンポが元気になるまで、これで気持ち良くしてやるからな、佳純ちゃん」

ジジイはハリガタに何かワセリンのようなモノを塗った。

「さーあ、佳純ちゃん、脚開いて・・・」

「・・・」

膝を曲げ、すっと脚を開いた。

「昔はこれで、婆さんをヒイヒイ言わせたもんだ」

「あ!あああっ!うあっ」

顔を仰け反らせ、しかめっ面の佳純ちゃん。

「この途中のイボイボが気持ちいいんだよ、ほれ」

「んいーーーっ!」

「おほ、たまらんか?佳純ちゃん。たまらんか?」

横アングルだからハリガタを挿入しているのはよく見えないが、ジジイはハリガタを出し入れしてるみたい。

「あぃぃー!いぃっ!ああっ!」

佳純ちゃんは顔を左右に振り、布団をギュッと掴んでいる。
たまらなそうだ。

「どうだい?佳純ちゃん、気持ちいいだろう?」
「気持ちいい!いいの!」

「うむうむ、ぐちょぐちょいっとるよ」
「あうあうあうぅー」

「じいちゃんがハリガタでイカせてあげてもいいが・・・」
「イイッ!気持ちいいの!寅ちゃん!あぅ」

ジジイは佳純ちゃんにハリガタを握らせた。

「ほれ、佳純ちゃん、自分でやってみなさい」
「う・・・?はぁはぁ」

「ハリガタはオンナの自慰道具でもあるんだからの!」
「あぅ」

「ほれ、自分で好きなように動かして気持ち良くなりなさい」

うわあ、ジジイすげぇな。
佳純ちゃんはハリガタを自分で使い始めた。

「はぐぅ!気持ちイイッ!」

佳純ちゃんの右手が自分の股間の辺りで動いている。

「あうん!あうん!すごいの!気持ちいいのぉぉーー!!」

佳純ちゃんは少し脚を閉じると、腰を跳ね上げ、激しく右手を動かし、「あああああーーーーっ!!」と、まさに絶叫してイッちゃいました。
凄すぎ・・・。

ビクビク痙攣して、荒い呼吸の佳純ちゃん。
ハリガタがまだ嵌まってます。
それをニヤニヤしながら見ているジジイ。

「気持ちよかったのう、佳純ちゃん」

ジジイはのびている佳純ちゃんのおっぱいを触りながらベロチューをした。

「うむ、佳純ちゃんのオナニー見たら、じいちゃんのチンポまた元気になったよ」

ジジイ・・・ほんとに還暦過ぎか?

「どうじゃー?チンポ欲しいか?」

佳純ちゃんは潤んだ目(たぶん)で頷く。

「ん?言わないとわからんよ」

「寅ちゃんのチンポ下さい・・・」

「じいちゃん、年で耳遠いんだよ」

ジジイ!嘘つけ!

「寅ちゃんのチンポ下さい!」

「うむ、じゃああげようか・・・」

ジジイは佳純ちゃんの左足を持って肩に乗せ、側位で挿入した。

「あぐぅー!イイッ」

早くも乱れまくる佳純ちゃん。
側位から正常位、座位で嵌めまくり、佳純ちゃんは喘ぎまくり。
騎乗位では狂ったように自分で腰を振る。
完全にオンナですね。

「ハァハァ・・・」

「次はバックじゃ」

いつものように佳純ちゃんは四つん這いで高くお尻をあげる。

「いやらしいのう・・・ほれ」

「ああっ・・・イイッ!」

激しくバックで突くジジイ。

「ほれ、バックでイッちゃいなさい」
「あああ~~・・・イッ・・・」

「ほれ」
「あっ・・・イクっ!イク・・・」

思いきり弓なりに仰け反る佳純ちゃん。
そのまま布団に崩れ落ちた。

「ゥゥゥ・・・ぁはぁ・・・」

「じいちゃんはまだイッてないよ」

ジジイは仰向けにすると正常位で挿入して、また激しく腰を振る。
ひとたまりもない佳純ちゃん。

「あああっ!またイク!寅ちゃん!イク!ああぁぁ・・・」

ジジイは、ほんとに2回目?てなくらいの量の白濁をおっぱいや顔に発射。
佳純ちゃんは荒い呼吸に大股開きでピクッピクッと痙攣していた。

「ふぅ、今日も満足だ・・・」

ジジイは着替えると、佳純ちゃんにベロチューして帰っていった。
佳純ちゃんはしばらくそのまま動けず寝ていたが、ようやく起き上がり、白濁をティッシュで始末し、パジャマに着替えた。
カメラに迫ってきて・・・終了!
俺、3回もドピュッ!

俺もジジイに負けてられないね。
一応、佳純ちゃんの彼氏だしぃ?
木曜日、ジジイは来ないんだったな・・・。
2日間、やりまくってやるぅ!!

水曜日。
イレギュラーで火曜日にジジイが佳純ちゃんを抱いたので、初めてジジイのすぐ後に佳純ちゃんとエッチできる。
しかし、ジジイのエロテクに、昔のバイブ(ハリガタ)による攻めはたまんないだろうなぁ。

昼過ぎまで寝て起きると、佳純ちゃんからメールが。
『今学校終わったから、急いでシンさん家いきます!カスミ』だそうです。
明日も休みだし、ジジイも来ないだろうし、佳純ちゃんとやりまくるか!ムフ。

コンコン。

「どうぞー」

「シンさん!来たよー」

佳純ちゃんがニコニコ顔で入ってきた。

「佳純ちゃん、やけに嬉しそうだね?」

「えへへー」

佳純ちゃんが俺に抱きついてくる。
なんだ?どうしたんですか?
いきなりやりますか?

「どうしたの?」

「友達がね、シンさんカッコイイって!」

カッコイイ?
言われたことないんですけど?

「佳純の彼氏なんだーって言っちゃった!エヘヘ」

まあ、それは構いませんが・・・。

「そしたらねー、会わせて会わせてってうるさいの、みんな」

お!中学生ワールド全開か!?

「それに・・・」

「それに?」

「『もうキスしたの?』とか『エッチしたの?』とか聞くし」

近頃の中学生はマセてんなぁ。

「で、何て言ったの?」

「『まだ』って言ったよー。言えないもん!」

そりゃそうだね。

「みんな佳純ちゃんが羨ましいんだよ」

「そうかなぁ。シンさん、今度、友達連れてきていいかなぁ」

なに!それは願ってもないことですよ!

「いいよ」

「ほんと!?やったぁ!自慢しちゃおっと」

やっぱりまだ仕草は子供子供してるなー。

「佳純ちゃん、昨日は大家さんと凄かったねぇ」

「・・・恥ずかしいよ・・・」
「でも、あれが大人同士のエッチだからね」

「シンさん?」
「ん?」

「これからも、大家さんとエッチしてもいいのかなぁ?」
「もちろんだよ。大家さんにもっとオンナにしてもらいなよ。俺はエッチもするけど、そうだなぁ・・・勉強教えてあげるし、お母さんがいいって言えば、どっかに連れていってあげるし」

「本当!?どっか連れていってくれるの?どこ?どこー?」
「お母さんがいいって言ったらね」

「うん・・・」
「佳純ちゃんはどこに行きたいの?」

「どこでもいいの?」
「いいよ」

まあ中学生の行きたいところはたかが知れてる。

「佳純ね、ディズニーランド行きたい!」

やっぱりだよなぁ。

「お母さんに聞いてみてからね」

「行きたいよー!」

「じゃ、イカしてあげるぞー!」

俺はベロチューをした。

「んう・・・んうぅ・・・シンさん、エッチでイクんじゃなくてぇ!」

俺は佳純ちゃんの服を脱がしながらベロチューし、自分も脱いだ。

「ねぇーん。シンさーん・・・ディズニーランドぉ」

甘える佳純ちゃんも可愛いなぁ。
ディズニーランドくらい連れていってあげますよ、ええ。
でも・・・ただ行くんじゃねぇ?ねぇ?ムフ。

「ブラ外して」

「行きたいよー」

そう言いつつブラを外し、ついでにパンティも脱いだ。

「イカしてあげるよぉ?」

「ちがくてー!ディズニーランドぉ・・・んふ」

ベロチューして唇を塞ぐ。
そのまま万年床に押し倒して、愛撫。

「あはあーん・・・あん」

「おっぱい感じる?」

「んー?くすぐったい」

おまんこを弄ると、もう濡れてる。

「佳純ちゃん、もう濡れてるじゃん」

「恥ずかしいなぁ」

俺はシックスナインの体勢にして、クンニ。
佳純ちゃんはまだほとんどパイパン。
クリを舌で転がしてみた。

「あむっ!」

ジュニアを咥えながら喘いでいる。
しかし俺も気持ちがいい。
ジジイに教わったフェラテクを覚えたみたい。
かなり気持ちいい。
ダメ!ジジイみたいにはもちませーん!
佳純ちゃんに予告なく、思いきりドピュッ!

「わっ!出た」

白濁が佳純ちゃんの顔にかかる。

「はあー。佳純ちゃん、フェラ上手すぎ・・・」

<続く>