「しゃぶって・・・」

佳純ちゃんは俺のブリーフを下ろして、すでに我慢汁でヌルヌルのジュニアをしゃぶってくれた。

あちゃー。
やっぱ上手くなってる。

一旦やめてもらい、佳純ちゃんを全裸にしてからシックスナインの体勢に。
佳純ちゃんのマンコもすでに濡れてる。
俺もこれまでまあ何人か女性は相手にしましたから、クンニはできますよ。
ジジイには及ばないかもですけど。
佳純ちゃんは時々ビクッ!となりながら、「んふーっ」と荒い鼻息が漏れます。
さて、俺はジジイみたく遅漏じゃないから(つまり早漏)、たぶん、キツくて最高な中学生マンコに挿入したら、それほど堪えられないので、アイテム使います!
悪いか!
バイブで佳純ちゃんをヘロヘロにして挿入させていただきます!
バイブのスイッチオン!
佳純ちゃんはバイブに気付くと・・・。

「シンさん・・・?」

「バイブだよ」

「バイブ?あ・・・」

佳純ちゃんはバイブの形に気付いたみたい。
ウネウネ動いているバイブ。

「これを使うと凄く気持ちいいんだよ」

俺は佳純ちゃんの膝を曲げて脚を開かせた。
バイブをマンコに当ててみる。

「はあん・・・」

「入れるよ」

佳純ちゃんは小さく頷いた。
バイブの亀頭部分を入れてみる。

「うくっ・・・あ・・・」

「痛い?大丈夫?」

「大丈夫です・・・」

ローターを乳首に当てる。

「ううっ・・・」

佳純ちゃんはしかめっ面になる。
たぶん気持ちよくてもしかめっ面になるんだな。
ローターを佳純ちゃんに持たせて、自分で乳首に当てさせる。

「はぅ・・・」

バイブをもう少し挿入してみる。

「ああっ・・・ぅぅん」

小さく喘いだ。

「どう?気持ちいい?」

そう聞きつつ、軽くバイブを動かす。

「いいで・・・んあ!あぅ!」

佳純ちゃん、本当に気持ち良さそうな顔だ。

「あぁ・・・あぁ」

まだ浅くだけど、バイブが挿入されて、ウネウネ動いているから気持ちいいんだろう。
もっと入れちゃおう!

「あ!くぅぅぅぅっ」

佳純ちゃんは仰け反った。

「気持ちいい?」

「いいです・・・ぅぅ」

「もっと入れると気持ちいいよ?入れる?」

佳純ちゃんは頷く。

「入れて・・・下さい」

佳純ちゃん、ゴメンネ。
エロすぎて。

「じゃ、入れるよー」

「はぅーーーーーー!」

バイブから手を離すと勝手にウネウネ動いてます。

「ほら、これは乳首に当てないと」

乳首を外れてたローターを乳首に。
俺はベロチューをする。

「んうーーー」

「佳純ちゃん!」

もうダメ。
入れちゃう!
俺はバイブを抜いた。

「うぅ・・・う」

「佳純ちゃん?」

佳純ちゃんは目がトロンとしてる。
色っぽい!

「チンコ入れたいんだけど」

ストレートな発言でスイマセン。

「はい・・・」

本当は生で入れたいんだけど、今回は外で出す自信がないのでコンドーさんを装着。
次は佳純ちゃんに装着してもらおう。
俺が佳純ちゃんの股間に腰を入れると、自ら股を広げてくれた。
佳純ちゃんのマンコはもうぐしょぐしょ。

「あうん!」

俺は一気に挿入した。
キツくて最高!
もうこのまま逮捕されてもいいや・・・それくらい気持ちいい。
佳純ちゃんはもう自分の乳首をローターどころじゃない。
俺も他のこと出来る余裕ない!
でも落ち着いて腰を振る。

「ああ、ああ・・・」

佳純ちゃんは完全に喘いでる。
その声だけでイキそう・・・もっと腰振る!とりゃ!

「あっあっあっ」

「佳純ちゃん!どう?」

「うぅん・・・気持ちいい・・・!あぅ!気持ちいいです・・・いい・・・」

ダメだ・・・こんなにキツくて気持ちいいとは思わなかった!
体位変えてる場合じゃないよ!
コンドーさんの中に発射!

「はぁぁ・・・」

佳純ちゃんはグッタリした。
イッたのかな?
俺は佳純ちゃんにベロチューした。
ちゃんと応えてくれる。
コンドーさん外して、小さくなったジュニアを佳純ちゃんにフェラしてもらう。
まだ夜は長いし!
バックで嵌めたい!
でもすごいなぁ・・・中学生でも大人のセックスできる!って。
ジジイのおかげなのがシャクだけど。

「シンさん、おっきくなってきたよ」

佳純ちゃんのフェラでジュニアが復活!!
バックで嵌めたい!
俺は2個目のコンドームを袋から出して佳純ちゃんに見せた。

「なんですか?それ」
「コンドームだよ」

「え?」
「佳純ちゃん、生理ある?」

恥ずかしそうに、「あります」と佳純ちゃん。

「生理があるってことは、赤ちゃん作れるってことなんだよ?」

「本当ですか?すごい!佳純、赤ちゃん作れるんだ」

あちゃー。
知らないのか。

「大家さんや俺のチンコから出る物、何かわかるよね?」
「はい、精液ですよね?」

「それが、佳純ちゃんのお腹の中に出ると赤ちゃんが出来るんだよ」
「え・・・」

「だから大家さん、外に出したでしょ?」
「うん・・・」

「エッチすると気持ち良いけど、赤ちゃん出来ちゃうんだよ」
「うん」

「だから、出来ないようにする物がコンドーム」

佳純ちゃんにコンドームの装着の仕方を説明してつけてもらった。
佳純ちゃんの白魚のような手で・・・たまりません!

「大家さんは外に出してくれるから赤ちゃんできないからね」
「はい」

「俺は外に出せないからコンドームに出すんだよ」
「そうなんだ・・・」

ベロチューして佳純ちゃんを四つん這いにさせると、ジジイの時と同じくお尻を高くあげた。
お尻を掴んで、ゆっくり挿入した。

「ううっ・・・」

うわー、バックもたまんないよー!
ダメだ、すぐ出ちゃうわ、こりゃ。
一旦チンコを抜いて、代わりにバイブを挿入!

「ああ!ああっ!」

バイブがウネウネ動いて、佳純ちゃんの腰も震えている。
バイブをもっと挿入した。

「うぐぐぐぐ・・・あっ」

脚を大きく開いて四つん這いの佳純ちゃんの下に潜り込み、ベロチューし、おっぱいを弄る。

「あうん・・・うぅ・・・あ」

「気持ちいい?」

「はい!気持ちいいですっ!あああっ・・・いい・・・」

バイブを抜いてチンコを挿入する。

「あん!」

パン!パン!

佳純ちゃんの可愛いお尻に腰を叩きつける。

「うっ!うっ!」

あーもうだめ!出るっ!
精液の溜まったコンドームを佳純ちゃんに見せてあげた。

「気持ち良かった?」
「うん・・・気持ちよかった・・・」

「大人のオンナになれたね」
「うん!」

「明日、大家さん来るよね?」
「うん」

「大家さんにもっと気持ち良くしてもらいなね」
「もっと気持ち良くなるの?」

「そうだよ?お母さんどうだい?」
「うん、凄く気持ち良さそうだった」

「大家さんに、『お母さんと同じように気持ち良くして』ってお願いしてごらん」

ジジイに佳純ちゃんをさらに淫乱にさせて・・・ムフ。
2人で添い寝して、ベロチューし、おっぱいを弄りながら色々と話をした。
本当はいい子なのに。
ジジイと俺がオンナにしちゃった。

「メール見てごらん」

「いいの?」

「いいよ」

佳純ちゃんがメールを見てる時に、俺はおっぱい弄ったりバイブを挿入したりして邪魔した。

「あん・・・いじわるだなー」

「うへへ」

「あ、シンさん、みさきちゃんからこんな写メ来たよ」

わ!友達の入浴シーンが送られてきた。
肝心なところは映ってないが。
3回目しよう!と思っていたのに、いつの間にか2人して寝てしまった・・・。

気がついたら、朝。
あちゃー。
佳純ちゃんはケータイ片手に、可愛い寝顔で寝息を立てていた。
朝立ちチンコを寝ている佳純ちゃんに側位で挿入しちゃいました。
めちゃめちゃ気持ち良い!

「うん・・・?あ・・・もう・・・シンさん、エッチ!」

やべ、コンドームしてない。
佳純ちゃんの口で抜いてもらおう。
佳純ちゃんに朝から抜いてもらい、大満足!
ベロチューして、佳純ちゃんは自分の部屋に戻った。

俺はまたそのまま寝てしまい、気がついたら、すでにお昼。
ケータイを見たら佳純ちゃんからメールが来てた。

『シンさん、ありがとう!』

みじかっ!

洗濯やら掃除して、飯食べて、佳純ちゃんの帰りを待っていると、宅配便が届いた。
温泉で有名なとこの実家のおふくろからだ。
いつもの手作りの漬物とそこにしか売っていないご当地入浴剤だ。
ジジイと佳純ちゃんにお裾分けしないと。

荷物を分けていると、通路を歩く音が。
佳純ちゃんかな?と思っていたら、隣をコンコンとノックする音が・・・。
ドアをうすーく開けると、ジジイだった。
来るのはええよ!
やる気満々じゃん、つるっぱげ!
ジジイはひとまず引き揚げていった。

まずいな・・・。
佳純ちゃんが帰ってくるのを見られたら、すぐ来る可能性があるな。
隠し撮りカメラは佳純ちゃんにセットしてもらおう。
ジジイの場合、母親が了解しているから、母親が帰ってきて、ジジイがいても騒ぎにはならない。
待てよ?
そうなったらカメラ回収出来ないじゃん。
それどころか、思い切りバレるな・・・。
でも、母親も今日はジジイが佳純ちゃんとヤル日なのは知っているから、見たくなきゃ帰りは遅いだろう。
そうこうしてるうちに佳純ちゃんが帰ってきたので、すかさずカメラを渡して、いつもの場所において、ノックされたら電源を入れてと頼んでさっさと部屋に戻る。

予想通り、ジジイはすぐに現れた。
やる気だなぁ、ジジイ。
今回もやはり2時間くらいでジジイは帰っていった。

「佳純ちゃん・・・?」

部屋に入ってみると、布団にうつ伏せで動けない佳純ちゃんの姿。
結構、あられもない姿。
俺が声を掛けても反応がない。
うわぁ、相当激しくヤラレちゃったんだ・・・。

「佳純ちゃん、佳純ちゃん」

体を揺すってみても、「・・・う・・・」と微かに反応するだけ。
口からジジイの精液がはみ出てる。
気を失ってる?
女性が快感すぎて失神した姿を見たのは初めてだ。

ジジイ、すごいなぁ・・・。
隠し撮り観るのが楽しみだな。
たぶん、そのうち目を覚ますだろうから、このまま戻ることにしよう。

コンコン!

「あ、大家さん、早いな」

佳純ちゃん、カメラの電源入れるの早いよ。
ちゃんと撮れてそうだからいいけど。

「おじゃましますよー」

「今日は早いですね、大家さん!」

「ん?佳純ちゃんに早く会いたくてねぇ・・・」

エロジジイが!

「へへ」

「お母さんは、いつ戻るのかな」

「夕方には帰るみたいです」

布団を敷き終わって、ジジイと佳純ちゃんが布団に座っている。

「お、携帯電話だね、よかったねぇ」
「うん」

「ちょっと見ていいかなー?」
「使い方わかりますかー?」

「孫も持っとるが、じいちゃんにはよーわからん」

オンナの扱いはわかるけどな。
つるっぱげ!

「キャハハ、あ、友達が送ってくれた写メ見て!」

佳純ちゃんは写メをジジイに見せてるようだ。

「ほおほお。佳純ちゃんの友達はみんな可愛いの」

「でしょ?」

「でも佳純ちゃんが一番だ」

ジジイ!その通りだ!
そう言われてニコニコな佳純ちゃん。

「ちょっとじいちゃんに写メというのか?撮らしてくれないか」

「いいよ!」

佳純ちゃんはジジイに使い方を教えてる。
ジジイのことだ、どうせ佳純ちゃんの裸を撮りたいとか言うんだろ。

「これを押すんだね?」

「そうだよ」

「よし、佳純ちゃん、下着姿になってごらん」

こらこら!想像通りじゃねえか!ジジイ!

「えー恥ずかしいよ」

「セクシーポーズしてみなさい」

「セクシーポーズ?」

しばらく考えてから、布団に横になり、グラビアアイドルみたいなポーズをとった。

「んー。佳純ちゃん、ブラジャーとって、おっぱいを手で隠して、そのポーズになりなさい・・・」

「なんか恥ずかしいねー」

と言いつつ、言われた通りにする佳純ちゃん。
もうすっかり、というか初めから裸になることに抵抗がないみたい。

「よーし撮るぞ」

カシャ!

「どう?大家さん」

「む、いい感じじゃないかな?」

写メを佳純ちゃんに見せた。

「キャー、恥ずかしいね」

「これを友達に送りなさい」

ジジイ、それが目的か!
佳純ちゃんのセクシーポーズ写メを友人に送って、お返しを送ってもらうつもりだな?

「えー。恥ずかしいよー」
「この子がいいな。この子に送ってみなさい」

「真美ちゃんかぁ・・・恥ずかしいなぁ・・・何て送るの?」
「んー・・・『真美ちゃんのセクシー写メも送って!』でいいだろう」

ジジイ・・・まさか佳純ちゃんの友達も狙ってんじゃないだろうな?

「んーと、・・・んー」

パンツ一枚でケータイを弄る姿・・・エロい。

「はい、送ったよー。恥ずかしいなーもう!」

「これからもっと恥ずかしいことするんだから」

そりゃそうだ。
ジジイは服を脱ぎ、いきなり全裸!

「さ、始めるよ」

佳純ちゃんは胡座をかいて座っているジジイの股間に顔を埋めてフェラ開始。

「だいぶ、上手くなったな」
「ママとどっちが気持ちいい?」

「ハハハ、そりゃまだまだママの方が上手だよ」
「んーー!」

「もっとセックスしないとだめだよ」
「ん・・・」

ジジイはフェラをやめさせると、ベロチュータイムに。

「でもな、佳純ちゃん」
「はい」

「チューは佳純ちゃんの方が上手いぞ」
「本当?」

「うむ、本当だよ」

確かに佳純ちゃんのベロチューは最高かも。
ベロチューが上手いと言われて嬉しかったみたい。
いつもより、より情熱的なベロチューをしている。

「ん、んふ・・・大家さん」
「なんだい?」

「ママより気持ちよくして下さい・・・」
「おぉ?すっかりいやらしくなったね、佳純ちゃん」

「・・・」
「よしよし、わかった。じいちゃん張り切っていくよ」

佳純ちゃんは嬉しそうにベロチューを求めた。

「ママより気持ちよくなるには、佳純ちゃんが、気持ちよくなりたい!って思うことだよ」
「うん」

「それからな、大家さんはよそよそしいから、トラちゃんでいいよ」
「トラちゃん?」

トラちゃん?
わはは。
ハゲトラ!

「じいちゃんは寅吉(仮名)て言うんだよ」

「わかりました!トラちゃん!」

「ん、じゃ寝て脚開いて」

素直に従う佳純ちゃん。
ジジイはクンニを始めた。

「うぁ・・・!」

「お、もう濡れとるよ、佳純ちゃん。いやらしいのー」

「恥ずかしい・・・」

ジジイのクンニに、早くも目が虚ろで喘ぎ声もエロくなってきた。

「あ!あぅっ」
「気持ちいいかな?」

「気持ちいい!トラちゃん・・・」
「んー可愛いねぇ・・・」

布団を掴んで、時々びくっと仰け反る佳純ちゃん。

「ここが気持ちいいだろ?」
「ひゃあっ!うぁ!気持ちいい・・・」

「クリトリスっていうんだ」
「くりとりす?」

「む。じいちゃんのチンコみたいなもんだ」
「うん」

「じいちゃんのチンコ、佳純ちゃんに舐められたら気持ちいいんだ」
「うん」

「だからな、佳純ちゃんのクリトリスも舐められたり触られると気持ちいいんだよ」
「あぅーーっ!ほんとだ!気持ちいい!」

ジジイは佳純ちゃんをグッと手前に引いて、まんぐり返しにした。

「いやあん・・・恥ずかしいー」

「オメコもお尻の穴も丸見えだ、佳純ちゃん」

「恥ずかしいー」

ジジイはまんぐり返された佳純ちゃんの股間に顔を埋めた。

「はぁ・・・くぅあーー!」

佳純ちゃんの可愛い喘ぎ声がしばらく続く。

「うあー!あ、トラちゃん!」
「なんだい?」

「おトイレ行きたくなっちゃった・・・」
「お、そうかいそうかい?じゃあ、じいちゃんがおしっこ手伝ってあげよう」

ジジイーーー!!
女の子におしっこさす、あの格好でさすんだな?
エロい・・・。

「えー、大丈夫だよートラちゃん、一人で出来るからぁ」

そう言う佳純ちゃんのことは無視して、スタンディングまんぐり返しの格好で、ひょいと佳純ちゃんを抱え上げた。

「きゃっ!」

ジジイはそのままトイレに。
トイレまでは隠し撮りできません。
フレームにも入らないですー。
しかし、扉は開けたままらしく、会話は聞こえる。

「いやん、このままするんですか?」

「そうだよ、はい、しーしー」

見たい・・・。
しばらく無言・・・。
佳純ちゃんおしっこ中・・・。

「出たねぇー。じゃ布団に戻ろう」

「え?おしっこ拭かないと!ねぇー汚いからー」

「そのままがいいんじゃ、そのままが・・・」

ジジイ、変態全開だな!

「いやん、拭かないと」

佳純ちゃんはおしっこの格好のまま布団に戻されて、まんぐり返しされた。

「拭いてないから汚いよー!トラちゃん、汚いからー!アゥっ!」
「佳純ちゃんのオメコだから汚くない、美味しい美味しい」

「くふぅーーん、気持ちいい・・・」
「もうオメコグチョグチョだ」

ジジイは中指を咥えて唾液をつけて、佳純ちゃんの割れ目に挿入するようだ。

「あ・・・ああん!」

「痛くないかい?」

佳純ちゃんは首を振る。

「くあああん!」

「うむ、大丈夫だな・・・」

ジジイは指を激しく動かした。

「んくくーーー!あぅ!気持ちいいっ!」

「チンコ入れるか?佳純ちゃん」

佳純ちゃんは頷いた。

「じゃ、お母さんみたいに言わんとチンコ入れてやらんぞ」
「あぅ・・・おまんこにチンコ入れて下さい!」

「いやらしいのう・・・この間は痛みもあったから優しくしてあげたけどな、佳純ちゃんはもう女だ」
「はい・・・」

「ママにしてるようにしてあげるからな」
「はい」

ジジイは佳純ちゃんの脚を目一杯広げると、チンコで一気に貫いた。

「あうぅ!あうううっ!」

「これが正常位だよ」

何度も頷く。

「んくぅ~~~・・・」

手の指を絡ませて押さえつけ、激しく腰を振るジジイ。

「あっあああっ!あぁ・・・あぁ・・・」

佳純ちゃんは口が半開き、目はとろんとして、時々しかめっ面になる。
ジジイはそのまま佳純ちゃんの上半身を抱き起こし、座位の体位にした。

「くぁぁ・・・気持ちいぃ」

「これが、座位だよ」

ジジイは佳純ちゃんを揺すりながらベロチューをする。

「んふんふ・・・んぐふ」

狂ったようにキスをする佳純ちゃん。
唇が離れた途端、「ああああっ!」と天を仰いで、佳純ちゃんにしては大きな喘ぎ声をあげた。

「どうじゃ、気持ちええじゃろ!」

「はい・・・気持ちいいですー!ああっ」

ジジイはそのまま仰向けになる。

「これが騎乗位だ。自分で腰を動かしてごらん」

「んうう、くう~~」

「ほれ、ほれ」

ジジイは下から突き上げた。

「あぅっ!気持ちいいよ!いいっ!あああっ」

スゴイ乱れ方・・・。
その時、佳純ちゃんのケータイにメールが来たようで、ジジイの指示でケータイを見た。

「・・・トラちゃん・・・真美ちゃんから・・・来たよ・・・」

「おぉ!こりゃまた大胆な写メだのう・・・近頃の中学生はいいカラダしてるな」

どんな写メなんだ?
見たい・・・。

「四つん這いになりなさい」

佳純ちゃんは四つん這いになり、お尻を上げた。
ジジイの叩きつけるような腰の動きに・・・。

「あぅ!あぅっ!あああっ」

息も絶え絶えの佳純ちゃん。
耐え切れず四つん這いが崩れて側位の体位に。

「うぅぅ・・・あ」

しかしジジイの持久力はたいしたもんだ。
ジジイの動きが止まり、正常位に。
しかし止まったまま。
佳純ちゃんは虚ろな眼差しでジジイに、「やめないで」と・・・。
たまんねぇ!
中学生にこんなこと言わせるジジイ!
恐れ入りました。

ジジイはチンコを嵌めたまま、腰は振らずにベロチューやおっぱいを愛撫。
そして百戦錬磨(?)の腰使いを開始。
もう佳純ちゃんの姿は中学生じゃないです。
オンナです。
仰け反り、快感で恍惚の表情の佳純ちゃん。

「ああ・・・ああ・・・」
「どうじゃ!佳純ちゃん、いいか!」

「いい・・・いいです・・・」
「凄くよくなったら、ママみたいにイク!って言うんだよ?」

「はい・・・イク・・・はい・・・」

ジジイはラストスパートをかける。

「んはぁぁ~!!いい・・・いい・・・あぐ」

「イクかな?佳純ちゃん」

「あーーっ!いい!いい!イク!イク!・・・う・・・」

佳純ちゃんは叫びながらビクッビクッと痙攣した。
ジジイ・・・佳純ちゃんにイクことまで覚えさせちゃった・・・。
ジジイは佳純ちゃんの半開きの口にチンコを突っ込んで果てた。

「んぐ・・・」

反射的に少し飲んだみたい。
佳純ちゃんの口からジジイの精液が漏れる。
ジジイは深呼吸したあと、佳純ちゃんはそのままにして、着替えて出ていった。

<続く>