俺は今43歳。
10年くらい前の話です。

俺には3歳離れた妻、真姫(まき)がいます。
高校からの付き合いで、俺が高校3年、妻は中学3年でした。
腐れ縁か、だらだらと年月を過ごしていました。
大学卒業後に結婚、やがて女児が産まれ、その後は週3回程のお勤めセックス・・・。

小柄な真姫は俺好みでしたが、ないものねだりです。
体に比例してか胸がない!
妊娠中は多少膨れたが、今では元の、まな板に豆状態。
街を歩いても、巨乳までなくても膨らんでいる胸に目がいってしまいます。
それは真姫も薄々は勘付いてる感じ。
生まれ持っての宿命・・・、お互い口には出しませんでした。

ある日曜日に、真姫が友達と電話で朝から話していました。

「あなた~今日、明美が来るけどいい?あなたは出掛ける?」

「そうだね・・・彩(娘)を連れて遊びに行こうかな?お小遣いちょっと頂戴♪」

俺は明美が来るという30分くらい前に彩を連れて出発!
朝の10時くらいでした。
真っ先に彩を車で15分くらいの実家へ届け、返す刀で俺はパチンコ屋に向かいました。
お昼も回り、携帯を忘れて来たのに気づいて自宅に戻りました。
玄関には鍵が掛かっていました。
合鍵で中に入り、リビングへ。
いるはずの真姫と明美がいません?
でも、靴と車はありました。

(上かな?)

俺は気にも留めず上の階へ。
階段を上りきった時に明美の声が聞こえてきました。

明美「真姫・・・あなた、いつもここを旦那に舐められてるの?それで股広げて喘いでるんだ?」

真姫「はい・・・でも真姫のアソコは明美のものです・・・。私に明美のアソコ舐めさせて・・・」

明美「チンコとオマンコどっちが好き?」

真姫「オマンコ・・・明美のオマンコ・・・」

俺はドア越しに聞いてて物凄く興奮しました!

(ドアを開ければバレる・・・でも見たい!目の前で本番レズ♪)

仕方なくその時は想像していました。
男相手の浮気なら離婚まであるけど、相手は女。
嫉妬よりも・・・。

(俺も加わりたい♪)

そっちの願望が大!!
その場はいい考えもなく退散!!
時間を置いて、その日の夜にダメもとで!!

俺「明美ちゃん、何時頃に帰った?」

さりげなく・・・。

真姫「5時頃じゃない♪」

俺「そっか!たまに来るの?平日とかも?」

真姫「たまにね。日曜日が珍しいし、美容師だから日曜休みないって言ってたから」

平日にもレズっているんだ~。
だから毎週火曜は母が幼稚園に彩を迎えに行ってたのか!
夜、彩を寝かせてから10時頃に2人で寝室に。

(昼間、このベッドで真姫はレズってたんだ♪明美のオマンコ舐めながら・・・)

自然と勃起しました。

俺「真姫♪」

俺はビンビンになったペニスをわざと真姫の顔の前に出しました。

真姫「どぅしたの・・・?いきなり」

俺は「お前の嫌いなペニスやぞ!悪いな~、俺にマンコなくて♪」

真姫「エッ・・・???なにが?なんで?」

俺「まさか、普通にセックスしてだけど、お前がレズだって分からんかった!いつから!?学生の時か?」

真姫「ゴメンなさい・・・違います」

それから真姫は話し始めました。

真姫「3年前にアルバイした時に明美と知り合いました・・・。明美が勤めている美容室は昔から通っていて、明美は私の2歳上です。店では顔は何回も見ていたけど、声を掛けられたのは3年くらい前です」

明美「ヘェ~もぅ結婚して赤ちゃんもいるんですか!?羨ましいなぁー」

真姫「私も結婚するんで相談に乗って下さいね♪」

そんな会話だったそうです。

俺は「で、これからどぅするんだ?」

真姫は「別れたくないです!許して下さい・・・明美とは別れます!!」

俺「別に個人の性癖だし♪俺は関係ないでしょ♪どうしても真姫が離婚したくないって言うなら、俺の性癖にも付き合ってくれればいい!」

真姫「あなたの性癖?」

俺「性癖というよりやりたいこと♪真姫は俺が乳デカイの好きなのわかるよな~。明美って胸はどれくらい?」

真姫「・・・CよりのB」

俺「火曜日にまた明美が来るでしょ?仲間に入れてくれればいい」

それまでに明美を説得しなければ離婚という条件付き!!
その代わりに、レズ行為は認めてやる!と。
で、火曜日に明美が来訪♪

明美「すみませんでした・・・今日からは何でも命令通りにします」

真姫に伝えておいた明美のセリフを明美はちゃんと言いました!!

俺「まぁ怒っている訳じゃないよ♪みんな仲良くできないかなぁ~って。真姫、とりあえずリビングで珈琲でも出しな♪」

真姫「はい・・・」

リビングで、ソファーに2人並べて座らせて・・・。

俺「俺は邪魔しないから、この前みたいに始めてよ」

しかし・・・やはり・・・なかなか始めませんでした(笑)

俺は仕方なく、いや興奮して2人の所へ行き、2人のパンティーを脱がせました。
真姫はもちろん明美のタイトスカートも全部です!
2人して下半身だけスッポンポン♪
そのままM字開脚になるようにソファーに座らせました。
2人に各自オマンコヒダを摘まませてクパァ状態でオマンコ開帳。
次はそのまま指挿入オナニー♪
2人もその気になってきたのか、「アッ、んっ」「アァ~」ってシンクロオナニー♪

俺「真姫!お姉さんのマンコ汁を舐めさせてもらえ!!」

真姫は「はい」と頷くと、明美の足下に跪いて「お願いします・・・」。

明美は真姫の頭を掴んで自分のオマンコに真姫の顔を押し付けました。
必死にオマンコを舐める真姫を後ろから見ているだけで俺のペニスはMAX!
俺も下半身裸になって真姫の脇に行き、腰を持ち上げオマンコに指をぶち込みました!
自分で腰をくねらせて指が奥にまで行くようにする真姫!
牝に見えました。
次に俺は明美の隣に座り、全裸にさせ、待ちに待ったオッパイを揉みまくり、舐め回しました。

明美も「アッアッいい~、気持ちいい~」

明美も牝になっていました♪
真姫の頭を掴んで真姫の顔にオマンコを擦り付けています。
俺が明美にピンタをして「口開けろ!!」と言うと、明美は虚ろな目で口を開けました。
俺は唾を明美の口の中に垂らしました♪

明美「ありがとうございます・・・美味しいです!もっともっと下さい・・・」

俺「明美の嫌いなチンコ舐めたいか?舐めたいなら真姫にお願いしてごらん♪」

明美「真姫・・・真姫の旦那様のチンコ舐めていいですか?」

真姫「・・・」

明美「真姫、お願いします・・・私は旦那様の牝犬になります。旦那様と真姫のセックスの後処理もします・・・お願い・・・」

真姫「あなた、真姫にも後で下さい・・・」

俺「ほら明美、頬張れ♪チンコ好きか?精子欲しいのか?」

明美「はい・・・何でもします!!」

俺「よし!真姫に報告してから舐めていいぞ♪」

明美「真姫・・・今から旦那様のチンコを舐めさせて頂きます・・・真姫・・・ちゃんと聞いてて下さい・・・」

グボォグチュグチュグチュグチュ!ハァ~グボォグチュグチュグチュ、ンーグハァンングボォ!

イマラで声も出せず苦しくて涙目になっている明美の頭を鷲掴みにして、さらに咽の奥に入れました。
ピクピクしながら白目になっています。

俺「真姫!後ろから穴舐めろ!!」

真姫「はい。ありがとうございます」

真姫は俺の後ろに回り、ケツ肉を開いて顔でこじ開け、俺のアナルを舐めてきました。
俺も射精したくなり、真姫を仰向けに寝かせ、その上で明美をバックの格好に!
真姫に明美との結合部分を見せつけながらオナニーをさせながら明美とのセックス!
もちろん中出し!
一度の射精で収まらず、2回目は真姫と。
もちろん、その前にペニス掃除のWフェラをさせました。
真姫を上にさせてのセックス。
明美は俺の上半身への愛撫奉仕。
乳から脇、濃厚ディープ♪
途中で正常位になり、中出しして終了。
明美には真姫のオマンコに出した精子を吸い出させて飲ませてやりました。

それから明美とは真姫公認でのセックス。
だからラブホから明美に電話をさせます。

明美「真姫♪これからまた旦那様のチンコを舐めさせて頂きます♪真姫、電話で聞いていてね♪」

その行為のあと、俺が帰宅すると、真姫は玄関で俺の足元に跪いてフェラを始めました。
娘の彩が見ていても構わず♪

そんな関係は3年前に終わりました。
明美の妊娠を機に・・・、たぶん俺の子!!