俺の体験してる生々な話聞いてください。
姉ちゃんとのこと。

31歳の姉の雅美。
俺と4歳違い。
24歳で結婚して、4ヶ月前に離婚して帰って来た。
まあ旦那の浮気というか、若い女とできちゃって、おまけに妊娠させてしまった。
で、離婚。
慰謝料がっぽり貰って帰って来た。

本当なら実家に帰るんだけど、「実家じゃ疲れちゃうから、恭一(俺)のところに一緒に住ませてね」ってことで、雅美姉ちゃんが俺の2LDKマンションに転がり込んできました。
リビングは共有。
残りの2部屋は姉ちゃんと分けて。
戻ってきて、1ヶ月ぐらいは俺の家でプーしてました。
料理、洗濯、掃除は姉ちゃんがやってくれて、すごく助かった。

でもさ、姉ちゃん淫乱になってた。
はっきり言ってめちゃくちゃな性欲の持ち主になってた。
俺が会社行ってる間にオナニーしまくってたって。
これも後で知ったけど、バイブも5本持ってるし。
風呂上りなんかは弟の俺の前でもブラ&パンツ姿で平気でいたし。
俺は・・・まあ姉ちゃんは綺麗だから嬉しかったけど。
チラ見したりしてさ。

「恭一のエッチ。見たい?見たいなら別に見てもいいわよ」

「い、いや・・・ちょっと気になっただけ」

姉ちゃんはAVの美雪ありすに似てる。
スレンダーだけどDカップ。

「ふーん。ほら、見て見て。姉ちゃんのおっぱい。柔らかいっしょ?」

ブラの上から揉みまくって見せてきた。
31歳なんだけど若く見えるよ。
27歳ぐらい。

で、12月の土曜日でした。
事件が起きたというか俺が起こした。
姉ちゃんが外出中だったから、俺が洗濯物を取り込んで仕舞おうとしたんだ。
姉ちゃんのブラが3つ。
ショーツが4枚。
なんかエロかった。

ほんとにいたずら心でしかなかったんだけど、姉ちゃんのショーツに手を出してしまった。
ピンク、黒、花柄もの、レースの白Tバックの4つ。
オナニーじゃなくて・・・お試しで穿いちゃった。
男でも穿けるんか?って。
姿見の鏡の前でピンク穿いて。

(おお!男の物体も入るんだ!!おもしれえ!)

鏡の前で色んなポーズとってみた。
後ろ姿見たり。
で、次に黒の『サテン』って言うらしいが、光沢のあるのを穿いてみた。
セクシーなパンツ、姉ちゃん穿いてるんだな!!

ところがだ・・・。
ガチャン!と玄関のドアが開いて、「ただいまぁ!!」と姉ちゃんが帰宅。
やっば!!
俺そのとき、上も下も脱いで、黒ショーツ1枚の姿だった。
間に合うわけない!!
姉ちゃんが俺が固まってる姿を見た。
黒ショーツ1枚の恰好。

「ええええ!!恭一!!」

お互いに固まってました。
姉ちゃんの驚いた顔は忘れられない。

「って・・・何やってんの~!!!」

やっと姉ちゃんが口を開いた。
もう最悪の場面だよ。
にやりと姉ちゃんが笑って・・・。

「見ーちゃった!見ーちゃった!恭一のパンツ姿見ーちゃった!!ってかさ、私の穿いてどうすんの?」

もう何言っていいかわからない。
頭の中まっ白け。

「恭一ってショーツフェチだったんだ~。ショーツマニアだったんだぁ~。ショーツが好きなんだね?でもさ、姉ちゃんの穿いて楽しいの?」

なぜか姉ちゃんは怒ってない。

「どう?ショーツって。穿き心地いいのかな?それとも・・・もしかしてぇ、オナニーするつもりだったとか?ああ!姉ちゃんのショーツでオナニーしてたんだ!そっかぁ。もう!いけないんだから」

この時になって俺はやっと話せる状況になった。

「ち、違う!まじ、初めてだって!!ほんと悪戯のつもり・・・」
「いいっていいって。そんな作り話信じないよぉ~。ふふふ、ふーん。ふーん。そっかあ。恭一がショーツをねぇ~」

「だから!!姉ちゃんマジだって!!」
「姉ちゃんのショーツをいつから穿いてるのかな?あらあら、すっごいもっこりね」

俺の股間を見て姉ちゃんが笑った。

「だから今日が初めてだって!!」

「うん、うん。わかった。わかった。誰にでも初めてはあるわよね?大丈夫よ。姉ちゃんは理解力あるんだから。恭一が穿きたいなら貸してあげるからさ。姉ちゃんと穿こうね?心配しないで、誰にも言わないから」

「い!・・・ち、違うって。マジいたずらだって」

いくら弁解しても信じてもらえなかった。
そして、これがきっかけで家で姉ちゃんの下着を穿くことが日課というか、決め事にされてしまったんだ。

その晩のこと。
風呂から出ると、姉ちゃんがショーツを持ってくる。

「今日これ貸してあげるからさ」

赤に白いレースの刺繍が前面に。
俺、完全に負けた。
もう何も反論できなくなった。

そんなこんなで、それから年末年始の休みに入った。
12月30日の夜だった。
姉ちゃんが淫乱でセックス大好きな女だと知った日。

「恭一、ちょっと来てくれる?」

隣の姉ちゃんの部屋から俺は呼ばれて、姉ちゃんの部屋のドアを開けた。

(姉ちゃん!!)

姉ちゃんがおっぱい丸出しの白いブラとセットのTバック姿で立ってた。

「ちょっと、これどう?似合う?恭一はこういうの好きかなぁ?」

「なんちゅう!!・・・」

とんでもなくエロい恰好、って言うか、ショーツがめいっぱい割れ目に食い込んでマン筋丸出し。
完全に姉ちゃんのオマンコの形が丸わかり。
実は姉ちゃんはいっつもショーツが食い込んでしまうらしい。
マン筋状態は常日頃のことだって言ってた。
事実だった。
凄すぎる!!
一瞬で俺ハァハァ状態。

「恭一もパンツ一丁、じゃなかった“ショーツ1丁”になってよ」

「な、なんで?俺も?・・・脱ぐんか?」

「そう。早く!早くぅ!」

俺、しぶしぶ脱いだ。
俺、黄色のショーツ穿いてた(穿かされてた)んだけど、勃起しちゃってた。
ショーツからチンコが半部突き出てた。

「あれま!!元気になっちゃってぇ。姉ちゃんのこの姿で勃起かぁ。溜まってるの?精子?」

「・・・」

俺、慌てて両手で股間を隠した。
姉ちゃんがそばに来て、俺の両手をどかした。

「恭一のは結構大きいね?成長したわねぇ。ちょっと見せてみて」

姉ちゃんが膝ついて、俺の股間をじーっと見た。
俺の両手を掴んで動けないようにすると顔が股間に近づいて・・・。

(ええ!!何!!いきなり・・・うっそ!)

姉ちゃんが硬直してるチンコ一気を丸飲み!!
突然フェラを始めた。
俺も姉ちゃんも風呂は入った後だったから綺麗にはなっているんだけど。

「姉ちゃん!!」

何も言えない。
何もできない。
俺固まった。

ジュポ!ジュポ!ジュル!

フェラの音だけが部屋に充満。
姉ちゃんは俺を見上げながらフェラ。
強引と言うか激しく頭を動かしてきた。
おまけに姉ちゃんの舌使いというかテクニックが半端ない!!
むちゃくちゃな快感だった。
人妻だったんだから上手いのは当たり前なんだろうけど、俺にとっては初の過激なテクニックだった。
んで、自らイラマチオしてた。
今まで付き合った女のフェラテクなんか比較にならない!!
あっという間に発射!!
姉ちゃんの口の中に大量に射精しちゃったんだわ、俺。

「ごめーーーん!!」

とっさに叫んだ。
終わって姉ちゃん、口を離すと全部ゴックンした。

「ふーーー、恭一の溜まり過ぎ。濃すぎ!!すごかったわ」
「ご、ごめん。ごめんなさい」

「いいって。これくらい」
「でも・・・姉ちゃんとって、まずいって」

「あのさぁ、私も我慢してるんだけど・・・」
「へ?」

「セックス!したくてしたくてたまらなくなっちゃったぁ。恭一のって大きいから使えそうね?セックスしよう?ね?」
「な・・・何言ってんの~???」

姉ちゃん、俺の腕を掴むとベッドに引っ張って押し倒した。
姉ちゃんが俺の上に乗ってきた。

「我慢できないわ!ね?ね?恭一で構わないからさ。姉ちゃんを慰めてね」

そう言いながら俺の口にDカップのおっぱいを押し付けた。

「舐めて、吸って?美味しいわよ、私のおっぱい」

丸出しブラつけたままで口に乳首を押し付けて・・・。

(もうどうなってもいいやぁ!!!)

俺は夢中で乳首を咥えて舐めて吸った。

「あああ!!いいわぁ!!・・・いい!」

姉ちゃんが声を出した。
エロい声だった。
普段と違う声。

「恭一の好きにして。あんたのテクニックで姉ちゃんをイカせて」

「わ、わかったよ。いいんだな?」

「激しくね」

その言葉が合図になった。
俺は姉ちゃん抱き締めるとゴロンとして上下逆手。
俺が姉ちゃんに乗って、好きなだけおっぱいで遊んだ。
悶えまくる姉ちゃんの姿に超興奮。
こんなに姉ちゃん感じる体になったんだ!!

かなりの時間、おっぱいと闘ってた。
30分近くかな?

「ハァハァ・・下も・・・ああ~ん・・下も・・・可愛がって」

「ここ?」

俺は姉ちゃんのオマンコに片手を置いた。
食い込み状態だから触って形がよくわかった。

「ああ~触って。触ってぇ~」

もうどこを触っても感じるみたい。
いや実際、体のほとんどが感じるって言ってた。
おっぱい吸いながら、片手でオマンコを触りまくった。
ショーツがグッショリ濡れてた。

「お姉ちゃん見せてね」

「いいよ。姉ちゃんのは凄いんだからぁ」

ショーツを脱がした。
姉ちゃんが両足抱えて自分からM字開脚して見せてきた。
毛はしっかり剃ってました。
わずかに縦一文字に残ってるだけ。
小陰唇がかなり出てた。
もう濡れ濡れ状態。

「開いて、中見て」

姉ちゃんの言う通り、指で開いて中を見た。

「どう?」

「うーーー、すごい」

膣口がパクパク動いて開いたり閉じたりしてた。
色は綺麗なサーモンピンク。
プックリとクリトリスが・・・。

「クリトリスがデカッ!姉ちゃん・・・凄すぎる」

小指の先を正面から見たような感じの大きさ。

「うん。だから感じやすいの。感じちゃうの。こんなの初めてかな?」

俺、頷くだけ。
膣口からジュースがトロリって感じで滲み出てくるし。
やっぱ人妻って開発されまくってるのが分かります。

「見てるだけ?もっと見たいの?」

姉ちゃんがウルウル目で俺に訴えかけてきた。
見てるだけなんて・・・無理に決まってる!!
俺、姉ちゃんのお尻に両手まわして抱え込んで、オマンコにむしゃぶりついてしまってた。

「ハァ~ン!アアアァァァ~!!」

姉ちゃんが声出して喜んでくれた。

「開いて・・・中・・・中舐めて・・・アア!いい!いい!いいーーノォ!」

小陰唇を思い切り引っ張って開いて中を舐めまくって吸った。
姉ちゃんの感じ方、喘ぎ声が俺に火に油って感じになった。
ベロを膣口に当てて、ニュル~っと中に入れた。

「ハァーーーー!」

姉ちゃんがエビ反って叫んだ。

(すげー!!俺の姉ちゃんってすげー!)

姉ちゃんのオマンコをしゃぶりながら見上げた。
Dカップがブルブル揺れて体がクネクネしてました。

「イッ!!イクッ!!」

姉ちゃん叫んだ瞬間、全身硬直した。
俺のクンニで姉ちゃんがイッた!!
嬉しかったし、興奮度200%だ。

「もう!・・・もういい!・・・イッたのぉ!イッたって!」

「ジュル・・・やだ・・・姉ちゃんのもっと舐めてぇ・・・いいだろ?」

姉ちゃんが力を抜いて観念した。
クンニすること1時間は経ってた。
その間、姉ちゃんは3回イキました。
まだまだ舐めたくてさ。
でも姉ちゃんが俺の頭掴んでオマンコから引きはがした。

「恭一・・・もういい。もういいの。ありがとう・・・ハァハァ・・凄かった」

「姉ちゃん・・・俺、もっと舐めたい。姉ちゃんのオマンコ気に入った」

「そう・・・ハァハァ・・・またにしよう?また、たくさん舐めてくれる?」

俺、何度も頷いた。
だってマジに美味いんだ、姉ちゃんのマンコ。
姉ちゃんが起き上がって俺の股間に手を伸ばした。

「あらあら、恭一ったらびしょ濡れよ?我慢してたんだ」

黄色のショーツが我慢汁でグショグショになってた。

<続く>