俺の家は中規模の書店を経営している。
営業時間は朝10時から夜の10時まで。
俺が中学生の頃、夕方から閉店まで店番をやらされてた。
最初は嫌々やってたけど、店番は俺一人なのでエロ本見放題(笑)

そんな感じで店番してたある夜のこと。
閉店30分ぐらい前に女子高生らしき女の子が一人で入ってきた。
他に客はいない。
彼女は店内を軽く一周したあと、雑誌を3冊持ってきた。
見ると18禁のエロ雑誌。
改めて女の子を見たけど、どう見ても未成年。

俺「お客さん、18歳以上ですか?」

女の子「そうですよ」

俺「一応決まりなので身分証を見せてください」

女の子「今は持ってません」

俺「なら売れません」

女の子「そこんとこなんとかできませんか?」

俺「ほんとは何歳?」

女の子「17歳です」

(やっぱり高校生か・・・)

女の子「いつもおじさんがいてなかなか買えなかったの、君なら売ってくれると思って。お願い!」

俺「じゃ、特別に」

女の子「ありがとう」

その子は喜んで買って帰った。

数日後の夜、また彼女が店に来て、また3冊持ってきた。
いつも買うのは露出物の写真雑誌。

(このお姉ちゃん、露出好きなんかな?)

それからも度々買いに来てたが、ある日の夜、またあのお姉ちゃんが来た。

(おおお?!?!)

すげえミニスカでタンクトップ姿。
お姉ちゃんは、「いつも売ってくれるお礼」と言って、いきなりミニスカを捲った。
ノーパンだった。
薄っすらと毛が見えた。

お姉ちゃん「あたしがいつもなんの雑誌買ってるのか知ってるでしょ?」

俺「うん、知ってる」

お姉ちゃん「あたし、こんな趣味があるんだよ」

そう言ってタンクトップを脱いだ。
ぼよ~んとおっぱいが出た。
もっとじっくり見たかったが、奥から「そろそろ店閉めろよ」と親父の声。
お姉ちゃんは慌てて服を着た。
そして、「またね」と言って店を出ていった。

(あいつ、何者だ?)

数日後、またお姉ちゃんやって来て、雑誌2冊買って帰り際に、「今度お姉さんとデートしよ」と言ってきた。

(えっ?どういうこと?)

お姉ちゃん「君、いつなら時間空いてる?」

俺「あ~えっと・・・◯◯日なら暇かな」

お姉ちゃん「じゃ、その日デートしよ」

勝手に決められた。

お姉ちゃん「朝10時頃、◯◯公園で待ち合わせね。楽しみだね」

そう言って帰った。

約束の日、少し早めに公園に着いた。
ベンチに座ってると、後ろから「よっ」と声と同時に肩を叩かれ、振り返るとお姉ちゃんがいた。

お姉ちゃん「おはよ」

俺「うん、おはよ」

お姉ちゃん「名前言ってなかったね、あたし、知世」

俺「康生です」

知世「なら、こうちゃんと呼ぶかな」

なんかガキ扱いされてるみたいだな。

知世「じゃ、遊びに行こうか」

知世は、またミニスカとタンクトップ姿。

俺「お姉ちゃん、またノーパンか?」

知世「今はちゃんと穿いてるよ」

(今は?)

なんか意味ありげな発言。

俺「どこ行くの?俺あんまり金持ってないけど」

知世「今日はあたしのおごり、遠慮すんな」

とりあえずゲーセンに行くことにした。
適当に遊び、プリクラ撮ることに。
ボックスに入ったら、中でいきなりパンツを脱ぎだした。

俺「何してんの?」

黙ったままパンツを脱ぎ、タンクトップも脱ぎ、スカートも脱いだ。
素っ裸だ。

知世「撮るよ」

裸のままで俺に抱きつき、頬っぺたにキスしてきた。
そんな大胆な知世にドキドキしながらも、しっかり見せてもらいました。
えへへと笑う。

知世「びっくりした?」

うんうんと頷く。
タンクトップ着てミニスカを穿いた。
でも、床にパンツが落ちてる。

俺「パンツ穿かないの?」

知世「穿かない」

俺「それ、まずいんじゃない?」

知世「いいよ、今からノーパン」

大胆だな。

俺「お尻見えるぞ」

知世「屈まなきゃ大丈夫っしょ」

俺「いや、やばいって」

知世「小心者だな」

俺「頼むから穿いてくれよ」

ぶつぶつ言いながら穿いた。
だけどミニスカだからパンツは少し見えそう。

二人で歩いてると何人もの人達が知世を見る。
けど、知世は平然と歩く。
ハンバーガーショップで昼食を済ませ、ショッピングセンターの服売り場に。
服を数着取り、試着室に。

知世「こうちゃん、ちょっと見て」

中から声がした。
カーテンを少し開けて中を見ると、知世素っ裸。

知世「どうだ?」

俺「どうだって、何やってんだ、素っ裸じゃん」

えへへと笑う。

俺「試着してないやん」

知世「試着は口実、裸になって、こうちゃんに見てもらいたかった」

俺「なんでこんなところでするんだ?」

そこへ店員が近づいてきた。

店員「お客さま、どうかされましたか?」

慌ててカーテンを閉める。
中から知世の声。

知世「こうちゃん、後ろのチャックが閉めれないから手伝って」

(えええ?)

店員「どうぞ、手伝ってあげてください」

俺「はぁ・・・」

店員が離れていったので試着室に入った。

俺「なに考えてんだ?」

『し~』という感じで人差し指を俺の口に当てる。
そしてズボンの上からちんぽを触ってきた。

知世「おっきくなってるね」

そう言ってキスしてきた。
キスしながら馴れた手つきでベルト外し、ズボンを脱がす。
パンツも脱がされ、ちんぽを直に握られた。
少ししごいたあと、座りこみ、パクっと咥えられた。

俺「何やってんだ?」

知世「声出すと店員さん来るよ」

声を押し殺す。
試着室で全裸の知世にフェラされてる。
あっと言う間に口に出してしまった。
戸惑うことなくゴクンと飲んだ知世。

知世「早いなあ、もしかして童貞?」

俺「そうだよ」

知世「そっか、ならフェラも初めてだな」

俺「うん」

知世「可愛いねえ」

俺「うるせえ」

急いで服を着た。
結局、何も買わず売り場を出た。
その後、適当にうろつき夕方帰宅することに。
朝に待ち合わせした公園まで帰ってきた。

知世「今日は楽しかったね」

俺「うん」

知世「また会ってくれる?」

俺「うん」

知世「次はこうちゃんの童貞いただくよ」

俺「うん」

知世「『うん』しか言わないね」

俺「色々ありすぎて訳わからん」

ちゅっとキスしてきた。

知世「このままあたしと付き合っちゃう?」

俺「いいの?」

知世「いいよ」

俺「年下だよ?」

知世「それでもいいよ。こうちゃんのこと好きだったから」

俺「いつから?」

知世「店に買いに行った2回目ぐらいから。だからわざとノーパンで行ったりしてこうちゃんの気を引こうとしたの」

こうして、知世と付き合うことになった。
そして、知世にしっかり童貞を奪われた。