私は23歳のOLです。
名前はエリカと言います。
自分で言うのも何ですが、顔、スタイル共に普通レベル以上だと思います。
身長は160センチぐらいの普通体型ですが、胸はEカップあります。

高校、大学時代はそれなにりモテて、男に困ったことはありませんでした。
OLになってからもそれが続くと勝手に思っていました。

入社式の日、私はいつも以上に念入りに化粧もして、胸も盛って行きましたw
同期に私以外に女子が1人いました。
名前はミレイと言います。

まず驚いたのが、顔、スタイル共に私よりも遥かに良いことです。
ミレイは美人顔で、身長は170センチぐらいのスリム体型で足が超長い。
胸も見たことないぐらい大きく、スーツの下に着ているシャツの胸の部分がパンパンでした。

入社式の後に研修を行い、仕事が終わった後に2人でご飯を食べに行きました。
自己紹介や入社したきっかけなどの話をして盛り上がりました。
ミレイは見た目とは違って結構話しやすく、すぐに仲良くなって連絡先を交換して別れました。

ミレイとは電車が同じ路線だったので、翌日は通勤時間を合わせて一緒に出社しました。
私の会社は、仕事する時は会社が決めた制服を着る必要があるので、女子はみんな仕事の前に更衣室で着替えを行います。
2人のロッカーは並んでいたので、並んで着替える事になりました。

まずミレイが服を脱ぎ下着姿になりました。
私はそれを見て、思わず「えっ?」って声を上げてしまいました。
私より細い体に見たこともない大きさのおっぱいが付いており、胸が大きすぎるためかブラからはみ出ていました。
私が思わずじっと見ていたら・・・。

ミレイ「大きくなりすぎたwサイズが合うブラがないし色々大変。このブラもお店で売っている一番大きいサイズなんだけど全然小さい。胸見て話す男が多いしw」

私「贅沢な悩みだねwちなみにそれって何カップなの?」

ミレイ「Iカップかな。これ以上大きいサイズだとオーダーになるから高いwだから無理やりこれを着けてるんだ。お店の人からはオーダーを勧められるけどね」

今までの私なら、スタイルに自信があったので下着姿になるのは全然恥ずかしくなかったです。
むしろ周りに見せつけてたぐらいです。
でもミレイを見た後、私は自分のスタイルに自信がなくなり、恥ずかしい気持ちで下着姿になりました。

ミレイ「エリカもスタイルいいね。エリカぐらいの胸の大きさがちょうどいいよ」

私「ミレイにスタイルいいって言われても説得力ないw」

制服への着替えが終わってミレイの方を見ると、制服のシャツとベストが胸の部分だけパツパツで、漫画みたいにボタンがはじけ飛びそうでした。

ミレイ「ヤバイ、制服のシャツとベストがキツイ・・・。明日からもっと大きいサイズに変えてもらわないと」

私とミレイは、同期の女子が2人だけってのもあり、よく一緒に遊びに行くようになりました。
ある日、一緒に買い物をしていると、ミレイが下着を買いたいと言ったので、せっかくなので私も一緒に買いに行くことにしました。
ミレイが下着を試着しているとスタッフから、「お客様ぐらい豊かなバストだと、既製品だと合うサイズがありませんので、オーダーをした方が形も綺麗に見えるのでお勧めします」と言われていました。
ミレイが私に「どうしよう?」って相談してきたので・・・。

私「社会人になったんだからオーダーしちゃえば?」

ミレイ「そうだよね。一回オーダーしたいと思っていたからやろっかな。エリカもオーダーする?」

私「私はいいよ。普通にサイズあるしw」

スタッフ「オーダーだとお客様にフィットしたブラになりますので、今以上にスタイルが良く見えます。お客様も凄いスタイルが良いので、1つオーダーを試してみたらどうですか?」

私は押しに弱い性格なので、結局ミレイと一緒に作ることにしました。
お互いお店でスリーサイズなどを測ってもらい、計測結果の用紙をもらいました。
私は、『86(U67)・61・87』でブラサイズはEカップでした。

ミレイ「エリカどうだった?」

私「初めてスリーサイズとか測ってもらったw」

ミレイ「私もw紙見せてよ」

私「じゃあミレイも見せてよ」

お互い計測結果の用紙を交換しました。
ミレイの用紙には、『103(U65)・58・88』で、ブラサイズはLカップと書いてありました。

私「ミレイのおっぱい1メートル越えじゃんwLカップって初めて聞いたしw私より細いし・・・」

ミレイ「自分でもびっくりした。店員さんからはこれからもオーダーを強く勧められたw」

ある日、一緒にプールに行った時もミレイは目立ってました。
水着に着替える時に初めてミレイの生おっぱいを見ましたが、私の倍以上は確実にありそうなぐらい超大きいけど、垂れておらず形も綺麗でした。
ミレイが着替える前に近くにいた女子のグループの一人が巨乳自慢をしていましたが、ミレイのスタイルを見た後は、胸を隠して大人しくなってしまいましたw
まあ私もミレイに会う前は自信があったので、気持ちは分かります。

お互い水着に着替え終わりました。
ミレイは水着から上下左右に胸がはみ出ていました。

私「ミレイ、おっぱいはみ出し過ぎw」

ミレイ「この前、水着買いに行った時に一番大きいサイズにしたんだけどね。色々店員さんに聞いたんだけど、『当店にはお客様に合うサイズはありません』って逆ギレされて、一緒に行くのがエリカだから出ててもいいかなって思ってこれにしたw」

ミレイと一緒にプールにいると、めちゃくちゃナンパされました。
人生でこんなにナンパされたのは初めてでしたw
チャラそうな男ばかりだったので相手にはしませんでしたが・・・。

こんな感じで、一緒にいると楽しい反面、注目がミレイに集まり、私は自信がどんどんなくなっていました。
美人で超巨乳で背も高く、足も私より10センチ以上長い女子が隣にいると、私以外でも同じ気持ちになると思います。

秋ぐらいになった時に2人とも彼氏ができ、2人の会話も彼氏の話が多くなりました。
ある日、私の家でお酒を飲みながらいつもの様に彼の話をしていましたが、お酒のせいかだんだんエロ話になっていきました。

ミレイ「エリカって彼とのエッチでイケる?」

私「彼は結構上手で毎回イケるよ。ミレイは?」

ミレイ「正直、今の彼はあんまりエッチ上手くない。早いし小さいし・・・。イケメンだし優しいから好きなんだけど、エッチだけは不満かな。エリカの彼は上手なんだね。アソコも大きいの?」

私「私が今まで経験をした中では、断トツに一番大きいかな・・・」

ミレイ「マジで!どれぐらい大きいの?めっちゃ興味ある」

私は恥ずかしくて言わないつもりでしたが、ミレイがあまりに興味ありそうに聞くので、お互いに彼のアソコのサイズを紙に書いて見せることになりました。
まずはミレイが見せてくれましたが、確かに小さい。

私「少し小さい感じだね。でも私も前の彼はそれぐらいだったよ」

ミレイ「だよね。やっぱり小さいよね・・・このサイズで早いから本当に不満・・・」

次に私が見せました。

ミレイ「マジで!!!そんな大きいの見たことない。長さも太さも私の彼の倍以上あるし・・・、てか普通サイズの倍ぐらいあるじゃん。やっぱりそれぐらい大きいと気持ちいいの?」

私「最初はキツキツだったけど、だんだん慣れてきて今は超気持ちいい。大きいから色々な所に当たるし奥まで届くしね。でも口でするのはマジでキツイ。顎が外れそうになるw」

ミレイ「エリカ超当たりじゃん。いいな~。私の彼もそれぐらい大きかったらな」

私にとっては、初めてミレイに勝った瞬間でしたw
ミレイには、女としてはほとんど完敗したけど、彼氏のちんこのサイズでは圧勝しました。
まあ私の力ではないので微妙ですがw