僕は中学のとき卓球部に所属していました。
そこには、35歳以上なのにおそらくFカップあるんじゃないかってくらいの顧問がいて、僕は当時バカだったのでいつも、「先生!おっぱい触らせて」とか言ってました。
先生は「もう!」と言いながらも照れていました。

そんなある日、部室で先生と二人っきりになったとき・・・。

先生「僕くん、先生のおっぱい触る?」

先生が突然そう言ってきました。

僕「え?触りたいけど?」

先生「ブラの上からならいいよ」

Tシャツを捲りあげると先生のブラは黒で、それを見るだけで僕はチンコが立ってしまいました。
そしてブラの上から揉むと先生の胸は年の割には弾力があり、すごい柔らかくて、揉む度にチンコが立ちまくりました。

先生「・・・んぁっ」

先生はたまに感じる声を出していました。
そのまま5分間くらい揉み続けていると・・・。

先生「ねぇ・・・そろそろ終わりにしよう」

しかし僕はもうやめることができず、ついにブラも取ってしまいました。
先生も、「もう・・・しょうがないわね」と諦め気味でした。

ブラを取ると先生のおっぱいがついに丸見えになりました。
先生の生おっぱいは垂れてなくて、白くて綺麗でした。
乳輪も普通くらいで乳首も綺麗なピンク色でした。
僕は丸見えになった先生のおっぱいを見て我慢出来ず、右乳首に吸いつきました。
チュパチュパ言わせながら吸うと・・・。

先生「あんっ・・・乳首は弱いの」

先生が痙攣しながらそう言いました。
先生の乳首はすでに勃起していたので、僕は甘噛みしてあげました。

先生「あんっ・・・だめ、乳首だけでイッちゃう」

僕は空いていた先生の左乳首をクリクリしたり摘んだりしました。
そして1分後には先生はイッてしまいました。
先生の下半身が痙攣していて、息切れしていました。

僕はもう限界だったのでズボンを脱いで、「先生、僕のも気持ちよくして」と言いました。

先生「わかったわ。何して欲しい?」

僕「んー、パイズリして!」

ダメ元で頼んでみました。

先生「わかったわ」

先生が寝て僕が先生の上に乗って、僕のチンコを先生のおっぱいに挟みました。
挟んだときの感触はなんとも言えないくらい気持ちよくてたまらなかったです。

先生「どう?先生のおっぱい気持ちいい?」

僕「やばいです。気持ちよすぎ」

先生「ふふっ♪先生のおっぱいで僕くんのおちんちん隠れちゃってるよ」

先生は両手を使っておっぱいで僕のチンコを挟んでいて、僕が腰を上下に動かしました。
先生のおっぱいはすごく温かくて気持ちよかったです。
しかも先生を見ると自分で乳首を弄っていました。

僕「先生、もう出そう」

先生「出していいよ、おっぱいの中で出して」

5分間くらい挟まれておっぱいの中でイキました。

先生「すごい出たね、おっぱいベトベトだよ」

もう下校時間だったので急いで帰りました。