外はサラサラとした雪が降っている。
場所はもちろん彼女の部屋。
ストーブを点けても体が寒い。
そんなわけでエッチ。

でも制服は着たままで。
俺はブレザーで下はパンツ1枚。
彼女は上は俺と同じブレザーで、下は穿いてるけどノーパン。
彼女のピンクのパンツを脱がし、足を開脚。
スカート穿いてるのにマンコが見えるってかなりエロい。
クンニはせず、指だけで攻めた。

「気持ちいい?」

「うん、いいよ・・」

温かいマンコの中。
指1本では物足りず、2本で攻めた。

「あっ・・あっ・・」

いつもクンニで出すような声が出た。
その瞬間からジュワッとマン汁が溢れ出てきた。

「横になって。次は私がしてあげる」

エッチのときの楽しみは、やっぱフェラ。
特に彼女のは気持ちいい。
前に付き合ってた人とは違う。
パンツを脱がされたときからすでにビンビン。
優しく手で撫でて、上下に擦る。
いい感じだ。
先端から汁が出てきた。
指に付き擦れて、ブチュブチュと音がする。

パクッとは咥えずに、まずは裏のスジや亀頭やタマを入念に舐める。
温かくて、ザラザラした舌の感触。
すでにイキそうになった。

「もう出るかも・・・」

「早っ!さすがにまだダメ」

彼女はチンポを咥えた。
最初は亀頭を口の中でモゴモゴさせる。
これはいつもしてくれる。
そしてゆっくりと根元まで口を滑らせていく。
ゾクゾクッと下半身が反応する。
両手は腿に置き、口だけでフェラ。
すごい気持ちいい。

ジュポジュポ・・・。

すごい快感だ。

「・・出るっ!」

勢いよく彼女の口の中に発射。
俺は声を我慢できずに漏らした。

チュポ・・・。

チンポから口を離す。
精液は口に含んでいるのだろう。
唇にも白い液体が付いている。
その場にあったティッシュで精液を出す。

「もうキスはできないね。・・・もう1回するんだよ?大丈夫?」

俺だってまだ若い。

「大丈夫。今、かなり興奮してっから余裕だよ」

出したばかりだというのに、すぐに勃起した。
彼女が俺に覆いかぶさるように乗ってきた。

「こういうのは初めてでしょ?」

「うん。どうすればいいの?俺が入れるの?」

「私がやるから大丈夫」

勃起した俺のチンポにゴムを付け、上に向けた。
毎回、自分で入れていたので向こうからしてもらうのは初めて。

ヌププ・・・。

先端が入った。
すると彼女は腰を落とし、根元まで全て入れていった。

「うわぁ・・・」

思わず声が出た。
今までとは違う感覚に驚いた。
チンポが引っ張られるような感覚だ。

「どんな感じ?」

「すごいよこれ・・・。まじヤバい」

腰をグリグリと回したり、ピョンピョン跳ねたり、彼女は俺に気持ち良くなってもらいたいと必死だった。
俺も気持ち良かった。
下を見れば入ってるのは丸見え。
自分では動かなくていいし、味わったことのない感覚で最高に良かった。

「あんっ・・・あっあっ・・・」

やっぱり彼女も気持ちいいのだろう、声を出していた。
1回出したけど、気持ちよすぎてまた射精。
彼女よりも俺のほうが呼吸が乱れていたと思う。

これがきっかけで騎乗位にハマった。