20歳でヤラハタの童貞。
友達はすでに初体験をしまして、彼女とかセフレとかセックスしまくり。
でも俺だけ童貞でエッチ未体験。
それどころか付き合ったこともなく、彼女もいないし女友達もいないから、紹介も望みが薄い。
焦りに焦っていました。

そんなときに見つけたSNS。
必死にメールを送りまくりましたが、同年代は空振り。
その中で、間違えて送ったのか、五十路だと言う高齢熟女から返信があった。
さすがに最初からエロ全開だと引かれると思い、数日は大人しくしてましたが、1週間と待たずに、『我慢出来ないんです。このままだとどうにかなりそうです』とメールを入れました。
最初は、意味を理解出来なかったみたいですが、すぐに内容が分かったみたいです。
困ってましたが、メールの返信は返ってきます。
ひたすらにお願いしました。

何度も何度も頼んだらメールが来なくなったので、ダメだったかと残念がっていたら、一時間程経ってから『駅まで◯時に来れる?』とメールが入りました。
自転車で駅まで急ぎながら、『行きます!』と返信を送ります。
ギリギリで電車に乗った後、(ヤバくないのか?変な人ならどうしよう?)と少しの後悔と恐さを持ったまま、待ち合わせ場所に着きました。

待ち合わせぴったりに着きました。
少しすると、『黒い軽だから早く乗って』とメールが。
周りを見ると1台しか黒い軽がなかったので乗り込みました。
すぐに車は走り出す。
隣を見ると、やっぱり中年オバサン。
ポッチャリしてて、サングラスをかけています。
ドキドキしていると近くの古いラブホに車が入りました。

「早く降りて」

急かされて、後に続いて奥に入る。
初めて入ったラブホテルにドキドキが高まります。
部屋に入ってもキョロキョロしているとサングラスを外した中年太りしたオバサンがベッドに座りました。

「こんなオバサンとでもエッチしたいの?」

そう聞かれました。
『やめるなら今しかない』と言われてるみたいでした。

「お願いします。もう我慢出来ないんです。それに俺、童貞なんです!」

覚悟を決めて頼むと、抱き締められてキスされました。
唇を付けると何回目かに舌が入ってきます。
動画で見てたみたいに舌を絡めると、それだけで興奮が高まり、気持ちよくなる。
そのままTシャツを捲り上げられ、乳首を舐められました。
こんなに気持ちいいのかと感動しながら、舐めてる五十路オバサンを見ていると少しずつ下に移動していきます。
もう興奮は最高潮でギンギンになってしまいました。
ヘソの周りを舐めながらベルトを外し、ズボンを脱がせてもらうとパンツからはみ出しそうな程カチカチに膨らんでいます。
年増のオバサンはそれをパンツ越しに舐めてきます。
舌を出して舐めたり、咥えて吸う様にしたりされたり・・・、我慢の限界です。

「もう、ダメです」

そう言ってパンツを自分で脱いで、硬くなったモノをオバサンの口元へ持っていきます。
オバサンも興奮が高まっていたのか、一気に咥え込み頭を激しく動かし、バキュームフェラで舌を絡ませてきます。
その快感を楽しむ間もなく・・・。

「あっ、イクっ」

あっという間に口内射精。
それでもオバサンは口に咥えたまま離さずにいてくれました。

「いっぱい出たね。もう、満足した?」

かなり大量に出したはずなのにザーメンを全部飲んでしまったみたいです。
正直、一回出すと冷静になってきて、(もっと若い子としたいかなぁ)とか思い始めてましたが、スカートから見える太ももとブラウスから覗く紫のブラジャーに再度興奮が高まります。

「まだ無理です」

そう言うが早いかオバサンに抱きついてブラウスを脱がせようとしましたが、緊張や興奮で上手くいきません。
結局、オバサンが自分でブラウスを脱いでブラを上にずらしてくれたので、乳首に吸い付きました。

もう止まりません。
パンストと紫のパンティを一緒に脱がせると、脚を抱える様にして一気に挿入。
数回動くと、その気持ちよさに、すぐにイッてしまいました。
中に出したことをイッた後に気付きましたが、オバサンは特に何も言いませんでした。
ヤバイと思って謝りましたが、「大丈夫よ。もう子供出来ないから」と閉経告白して余裕のオバサンw
そのときは意味が分かりませんでしたが、大丈夫ならとまた入れて、数分動いて中に出しました。
それを3回繰り返し、やっと落ち着くと一緒にシャワー浴びて、アドレス交換をしてから駅まで送ってもらいました。

その日から、週に2回ほど会ってエッチするセフレに。
女性はまだこの50代のオバサンしか知りません。
このオバサンと別れたら、また当分女性とエッチ出来ないんじゃないかと思うとなかなか切れないんですよね。
それにオバサンのバキュームフェラは気持ちいいしスケベだし、いっそ本気で付き合っちゃおうかなーって思っています。