振興住宅地で小さな居酒屋を経営してます。
私の実家は東北の某市で、開店以来、実家から季節の山菜を送ってもらっています。
大手チェーン店と違って季節感があると一部のお客からは好評です。

小さな店ですが、口コミで常連客がほとんどです。
そんな中、毎週末に家族で来られる30代のM夫婦がいます。
お酒の飲めない旦那様と、小柄で上品な奥様と小学校の子供さんです。

店では無料で果実酒を食前酒として提供しています。
その日の食前酒は1年前に仕込んだ天然の山葡萄でした。
お酒好きの奥様が興味を持たれ、色がきれいなこともあり、作り方を教えて欲しいということになりました。
たまたまちょうど実家から天然の山葡萄が5キロほど届いたところだったので、簡単に作り方を教えました。

翌日、お昼前にその奥様から電話があり、山葡萄を分けて欲しいのと、作り方も教えて欲しいとのことでした。
快く答えると、しばらくして奥様がお店に。
昼間に見る奥様は上品なセレブ妻のようでした。

山葡萄を塩洗いしてホワイトリカーに漬け込んでいると、小さな厨房ですので自然と身体が触れ合います。
別に嫌がりもせず、むしろ奥様から押しつけて来るような感じさえしました。
ちょっと勇気を出して、奥様のお腹辺りにアレを押しつけると、目を瞑って何か欲しいような仕草でしたので、軽くキス。
それだけで舌を絡めてきます。
もう我慢出来ず、立ったままぎこちない体勢で体中を弄りました。

しばらくすると、奥様の方から屈んで、大きくなったペニスを口に含みました。
お返しに片足をあげさせて下着を脱がせ、薄い恥毛をかき分け、ヌレヌレになったおまんこの筋を何度も何度も舌で往復しました。

「お願い。早くちょうだい」

奥様も協力的で入れやすいように腰を突きだしてきたので挿入。

「気持ちいい!気持ちいい!」

見かけによらず奥様の下品なこと。
挙句に、「今日は大丈夫な日だから中に出して!」とまで言う始末。
そんな奥様からの言葉に甘えて一番奥に精子をドクドクと大量に発射しました。

その後、「たまに、またお昼に来ていいですか?」と奥様に言われ、週に2度ほど、2人だけの果実酒作りが始まりました。
旦那や子供と目を合わせるたびに罪悪感が湧きますが、奥様は平気そうです。

それにしても他人の物をいただくのって興奮しますね。