歌舞伎町のキャバクラ嬢に中出しした話。
ネットで知り合った女の子なんだけど、メールで話しているうちに『自分はキャバクラ嬢してる』と・・・。
で、『メル友はいらない、店に来て指名して欲しい』とのこと。
はっきりものを言う子だなぁと妙な潔さにむしろ好感を覚え、店と源氏名を聞いていざ出陣!
キャバクラなど、ここ何年も行ったことのない私でしたが、「へ~最近では指名獲得のためにネットとかも使うんだなぁ~」と興味津々。

さて、行ってみてビックリ。
写真はメールでもらっていたものの、全然カワイイ!
しかも(後々考えると、ここがポイントだったのだと思いますが)、私よりもビックリしてたのは実は彼女の方だったんです。

「わ~!ビックリ!ホントに来てくれた人初めて!!」だって。

『店に来てね』とPRしたところで普通の男は引くんだそうです。
いわゆる客の前ではタブーな“営業”の話も、事前のメールですっかり盛り上がっていたのが効きました。
図らずも私は最初の来店にして、“特別な客”というポジションを獲得していました。
話す内容は彼女の愚痴とタブーな営業系の話題がメイン。

「あたし向いてないのかな~、指名とか全然ないんだ~」

とか、結構ぶっちゃけた感じでサバサバ。
ま、俺はそーゆー方が好きだし、女の子の話を聞いてあげるのも得意なのですっかり盛り上がっちゃいました。
で、何回か通いました。

ある日、妙に胸元の開いた彼女の服を見てドキッ!
これまではスーツ系の服しか見たことがなかったのですが、凄いんです、胸が!
初めてセックスを意識しました。
今までは久々のキャバクラという緊張感や、話が面白いということに意識が行っていましたし、そもそも“キャバクラ嬢とセックスなんて絶対無理!”という先入観がありました。
でも、したくなっちゃった!

その日はいつになく俺も喋りました。
離婚のことや恋愛のこと・・・。
すると、なんと彼女も22歳にして実はバツイチ。
年下の男のガキさ加減にほとほと嫌気が差し、興味がかなり年上嗜好に傾いていると判明!
しかもここでチャンス到来。
同伴のお願いです。
間髪入れずに、「喜んで」と引き受けました。

「でも襲っちゃうかもよ?いや、襲う、たぶん我慢できない」

思い切り冗談めかして言ってみたところ、彼女、何も言わずに私の肩におでこを乗せ、目を瞑ってコクンと頷きました!
その後、二人とも恥ずかしいぐらい固まってしまい、しどろもどろな世間話をして時間終了。

(さっきのって・・・襲っていいって・・・意味だよなぁ・・・)

自分から振っておきながら狼狽える俺。
そんな時に着信!
彼女からでした。

「ねえ、5時まで待てる?お店終わったら会いたいの」

その時の時刻は23時。
(6時間も待てってか!?)と、0.0001秒ぐらい思いましたが、すぐさま「わかった、5時に◯◯の前で」と返事しました。
さっきの胸元から覗く胸の膨らみが脳裏に蘇ります。
そして6時間後、彼女は走ってきました。

「ゴメンね、次会う時まで我慢できなかった!バカだよね、こんなことしたら、もう店に来てくれないのにね」と彼女。

しかし、ここで俺得意のオトボケぶちかましです。

「なんで?行くよ、普通に」

はい、いい人確定。
当たり前です。
女の子がここまで頑張ってくれたんならこれくらい!

当たり前のようにホテルに向かう二人。
でも彼女は純粋でした。
離婚して以来、人の温もりに飢えてたみたい。
欲しいモノをあげるのが俺の信条。
たっぷりとスキンシップ、手を繋いだり、頭なでなでしたり、ほっぺつついたり・・・。
たぶん今の彼女にはセックス以上に大切なんだろうと思ってしました。
思う存分、甘えさせました。

ホテルの周りを何度もグルグル回って、話したり、笑ったり、くっついたり・・・。
そうするうち彼女の方から、「セックスしたい、入ろう」と言ってきました。
どうやら彼女なりのケジメがついたようです。
これ以上の焦らしは不要です。
俺には彼女がケダモノになる雄叫びのように聞こえました。

部屋の鍵を受け取りながら、もう全開です。
フロントで舌を絡め、エレベーターで生乳、靴も脱がさず部屋の玄関でクンニ開始。
彼女も貪るように反応してきます。
振り回すように俺の顔に腰を押しつけるので、オマンコの周りを舐めてあげました。
自分から気持ちいいところに舌が当たるように腰を使ってきます。

(欲しがってる・・・)と思うと、俺もすっかり興奮してしまいました。

クリを舌先で転がしながら、指を中に入れると、「あう゛~!すごい!すごい!」と、とんでもなくデカい声で叫びます。
理性が壊れちゃえば何でも出来るもの、とことん気持ちよくしてあげなくては!

「クリちゃん舐めにくいよ、自分で拡げて剥いて」

そう言うと、壁にもたれたまま両手でアソコを拡げる彼女。
目を瞑って喘ぐので、「こっち見て、指が入ってるとこ、見える?」と、上目遣いフェラの逆バージョン。
このまま一回イケそうだなと思って激しく指を擦りつけると、「!!!!!!!」と、言葉にならない叫びをあげ、彼女の下半身が硬直、同時に大量の液体があそこから吹き出ました。

(うわ!潮吹き?!)

俺の拙い指テクで吹いてしまうとは!
凄い感度の持ち主だと思っていたら、しゃがむ俺の上に覆い被さりながら、「な、何これぇ~?!これって潮?」だって。
潮を吹くの初めてなんだ。
うれし~よ~!
よっぽど我慢してたんだね!
後で聞いたら2年ぶりのセックスだったんだって!

まだ膝がガクガクしている彼女を立ったまま壁に手をつかせ、バックから挿入です。
元々ゴムはつけませんが、フェラしないときっちり立たないんですよ、俺、普段は。
ところが、なんにもしてもらってないのにもうビンビン。
一気に突き刺しました。
まず最初は若い男の子のような乱暴な腰使いで直線的に突きまくり。
すでに一回イッている彼女は、数分のピストンでイッてしまいます。
次は立ちバックの格好を維持したまま俺の本領発揮でねちっこく責め。
先っちょだけ入れて自分で腰使わせたり、クリを触らせたり・・・。

そしていよいよお楽しみの彼女のオッパイ!
後からびちゃびちゃとピストンさせながら上着をたくし上げ、ブラをホックだけ外し・・・、クリスマスプレゼント開けるみたいに、ゆっくり・・・ドキドキ・・・。
やっと辿り着いた生乳の触感!
柔らか過ぎない瑞々しい張り、思った通りのたっぷりとしたボリュームが指にのしかかりながらまとわりつきます。

(すげぇ!まさかこれほどまでとは!)

こんなに気持ちいいオッパイは久しぶりです。
さらに興奮した俺はまた激しく腰を打ち付け、一気に射精感が込み上げてきました。

「中に出したい」とか「出させて」とか「出してもいいかな?」とかじゃなく、ごく当たり前のことを一応確認するような感覚で「中でイクよ」と言うと、「あぅ!あぅぅ!あぅうぅぁ・・・」と悶えながらコクコク激しく首を縦に振ります。
不思議なことに、彼女の方も当たり前のように中に来ると思っていたそうです。

ぐちょぐちょの彼女の中にドクドクと精液が流れ込んでいきました。
冷静な俺には珍しく、射精して萎えた後も、後悔も心配も訪れませんでした。