今から30年以上も昔、俺がまだ中学2年の夏休みのある日の事・・・。
部活の先輩だったユカさんは、俺より1つ年上の女子バレー部のキャプテンで、背が高くボーイッシュなヘアスタイルで容姿淡麗。
ユカさんはたまに学校帰りに会うくらいだったが、典型的な体育会系ノリの彼女は、しばしばこの天然ボケな比較的弟肌で、下ネタの大好きな俺にツッコミを入れていた。

ある晩、上級生の友人でユカさんの友人のジョウジさん家で、俺、ユカさん、ジョウジさんで集まって勉強した後、テレビを観たりして遊んだ。
ジョウジさんの兄貴の部屋からノーカットの裏本を出してみんなで見回していた。

ジョウジ「おらおら、これがまんこの中!!」

ユカ「や~ん・・・」

赤面するユカさん。
男2人の下品な笑い声がジョウジさんの部屋にこだまする。
そうこうしているうちに時計は23時を回り、解散!!
帰りはセーラー服姿のユカさんと一緒・・・。

すると、ひどく雨が降ってきた。
中体連も終わってセミリタイヤしていた彼女は、この日たまたま部活動に顔を出しただけで暇だったこともあり、帰路もちょっと遠くて面倒臭いのか、俺の家に泊まって行く事になった。
ちょうど俺の家族はこの日、旅行中で留守だった。

傘を持ってなくて俺も彼女もびしょ濡れ・・・。
俺の部屋に到着し、とりあえずトレーナーとロンパンを着せてあげて、お互いに髪の毛をドライヤーで乾かした後、ジュースで乾杯してくつろぐ俺たちだった。
が、俺の部屋にあったエロ本とゴミ箱の中がオナニーしたティッシュで一杯で、ツッコミの好きな彼女とエロ話が再燃した。
テレビを点けると『金曜スペシャル』が放映されていて、その内容が凄くエロくて俺たちはさらに興奮した。
俺は勃起してしまい、それを見た彼女は大爆笑!

「やだぁ~・・・俺君のチンチン起ってる~!」

そう指摘された俺は慌てて、「ユカさんも濡れてるんじゃないの?」と聞くと、「何も・・・」とちょいとカリカリしている。

俺が、「そういえばユカさんって処女?」と聞いたら、彼女は一瞬ドン引きして表情が膠着した。
回答のないまま彼女は慌てて、「俺君も童貞でしょ?」と聞き返す。

「もちろん!(実はNOだけど・・・)」と即答するや否や、俺の手はユカさんの肩に回っていた!

軽く振りほどく彼女だが、目はエロっぽくとろ~んとしていた。
立ちっぱなしの俺の肉棒を見て、「俺君のって、でっかぁ~い!!」とにやける彼女。
我慢できなくなった俺は、彼女の服の上からおっぱいを軽くタッチした。
中3にしてはボリュームのあるおっぱい、少し硬めだった。

彼女に「いやん!!」とシッペされた俺はユカさんをガバッと抱いた。
そしてキスをする!
舌を入れたら甘酸っぱい風味がした。

「うぐぐ・・・、うぐぐ・・・」

抵抗する彼女だが、俺はすかさず貸したトレーナーの中に手を入れておっぱいを握り締めた。
さらに彼女のブラの中に手を入れて人差し指で乳首をツンツン。
すると「ア・・・アン・・・」という小さな喘ぎ声が漏れた。
彼女のロンパンの裾からパンツの中に指を入れたらアソコは濡れていた!!

ユカさんも負けじと反撃して、俺の肉棒をむんずと握り締めた。

「ア~ッ!」

俺が呻いた次の瞬間、強引に俺のジャージのズボンを引き下ろして、パンツの中に手を突っ込んできた。
そして俺の肉棒を掴む。

「おっきくて太~い!!」

「(陰毛)ジョリジョリだね・・・」

お互いの秘部を触りあっこした。

俺は焦れったくなって、「もう・・・やっちゃお!」と息巻き、俺は一旦彼女を離して素っ裸になった。
絶句しながら手で顔を覆ってはにかむユカさん。
彼女も場の勢いに流されたのか、無言でゆっくりと脱ぎ始めた。

そしてお互いに全裸になった。
ユカさんはバレー部主将らしく、がっちりした、やや筋肉質なアスリートっぽい体つきで、おっぱいは普通の女子中学生よりは大きくて張りがあり、お椀型の乳房と少々大きめのピンクの乳輪。
そしてムッチリとした太もも・・・。
腰のくびれはあんまり目立たないが、アソコの毛は逆三角形に黒々と立派に生え揃っており、もはや中学3年の少女ではなく、一人前の大人の裸体だった。

肩に力の入ったまんまの全裸のユカさんから、何やら得体の知れない鼓動感が伝わって来る・・・。
たぶん彼女は初体験であろう。
緊張のあまりか、はにかみながらエヘラエヘラして、俺の極太のペニスに手を伸ばして恐る恐る指先でそお~っと触る。
俺も巨根も仁王立ちしたまんま・・・。

俺は彼女をベッドに押し倒した。
体を重ね合う中学生の男女・・・。
お互いに全身をナメナメし、俺はVの字を描くように、うなじ→おっぱい→まんこ→おっぱい→うなじと彼女の体を反復しながら愛撫した。
馴れないであろう彼女のギクシャクした舌使いは雑だったが、ザラザラした舌の感触がむしろ気持ち良い。
濡れまくっているユカさんのまんこは、おしっこの乾いたような臭いを放っていた。

比較的上付きでモリマン状の彼女のまんこを俺は上から正常位でバンバン攻める。
俺のチンポと玉袋と彼女のまんこが激しくパシンパシンと音を立ててぶつかり合う・・・。
彼女は苦し紛れに俺の髪の毛や腕をグイグイ引っ張る。
すると勢いで処女膜を破ってしまったのか、「キャ~ッ!」と言う彼女の絶叫とともにまんこからドバッと血が吹き出した。
ヒクヒクしている彼女。

(やっぱり処女かぁ・・・!)

心の中でつぶやいた瞬間、彼女はものすごい勢いで噴水のように潮を吹いた。
初潮だろう。
涙と潮を流し、血まみれの下半身の彼女・・・。
俺はそっと拭いてあげた。

リターンマッチで今度は69!!
初フェラだったユカさんはしばしば巨根に歯を立ててしまうが、割と学習能力が高いのかすぐに上達。
しっかりと男汁を飲み干してくれる礼儀正しさ。
しかし初めての男汁は苦かったらしい。

彼女の長めのクリトリスはピンと立っており、舌で転がすように優しく舐めてあげた。

「アハッ・・・!!アハッ・・・!!」

悶絶するユカさん。
びっしょり濡れた中学生にしては濃すぎる彼女の陰毛がリアルに官能的に映える。
極太チンポを彼女に再び挿入。
未熟なまんこを突かれて、「ヒィッ!!ヒィッ!!」と激しく喘ぎ立てる彼女・・・。
亀頭がクリトリスに当たる度に、ピュッ!ピュッ!とマン汁が水鉄砲のように噴出される。
未使用の処女のまんこは、こっちも痛いくらいにキツキツだった。
一方的に押しまくった計3回のセックスでその晩はゲームセット!!

俺「締まり抜群だね。ユカさんももう大人の女だよ!卒業おめでとう!」

ユカ「俺君ってやっぱりエッチ(笑)。痛かったけどありがとう!俺君も卒業おめでとう!」

俺は初めて処女をいただいた。
ユカさんのいわゆる貫通式は終わり、雨も上がって陽が上る爽やかな朝・・・。
部屋には生臭いエッチの匂いが充満していた。

そして時は流れ、俺が32歳の時、すでに結婚して母親となっていたユカさんとある日、買い物中にばったり再会した。
その思い出話をしたら、成り行きでラブホへ行くことになり、18年ぶりにセックスした。
ユカさんは結構なアニマルセックスになってて、計4ラウンド。
ちなみにあの時、自分がもう童貞ではなかった事も告白した。

おっぱいは一層大きくなり、出産経験した割には締まりも良いまんこで、彼女の成熟した女体とテクニックに大満足だったが、聞くところによると年下の旦那は早漏の短小らしくてセックスには不満のようだ。
タフなセックスに興じるユカさんは、思いっきり遅漏の俺とはもしかしたら下半身の相性が合うのかも知れない。