グッとくるエロい体験談SP

【浮気】妹のイケメン彼氏をお尻の穴で味見

妹(楓)が彼氏を家に連れてきた。
彼はりょう君、なかなかのイケメン。
二人、楓の部屋に入った。

少しして茶菓子を持って楓の部屋に入った。
話した感じ、かなり好印象なりょう君と話が弾む。
楓が、「もう出ていって」と言ってあたしを追い出した。

楓「お姉ちゃん、入ってこないでよ」

私「はいはい」

一階に降りて、しばらくしてこっそり様子を見に行った。

彼「お姉ちゃんいるからまずいだろ?」

楓「いいって、やろうよ」

(何するんだろ?)

がさがさ音が聞こえた。
ちゅっちゅっとキスするような音。

(エッチするの?)

楓「あはっ、もう来て」

ベッドがキシキシ軋む音。
楓のエッチな声。

楓「んんん、イッちゃう」

ハアハアという息が聞こえた。
あたしはそうっと下におりた。
しばらくして二人がおりてきた。
少し話して、りょう君が帰った。

私「楓、何してたの?」

楓「ちょっとゲームして遊んでた」

(エッチしてたくせに・・・)

数日後、楓が外出中にりょう君が来た。

彼「楓いますか?」

私「今いないよ、出掛けてる」

彼「そっか・・・」

私「上がって待ってたら?」

彼「そうさせてもらいます」

そう言ってりょう君が家に入ってきた。
リビングで茶菓子を出した。

私「楓とエッチした?」

彼「うん、まあしたよ」

私「そっかぁ~」

と言いながら、わざとおっぱい見えるようにボタンを外した。

彼「お姉さん、おっぱい見えるよ」

私「楓とどっちがおっきいかな?」

彼「お姉さんの方」

私「触ってみる?」

彼「いいの?」

私「いいよ」

おっぱい揉むりょう君。

彼「おっきいし、柔らかいな」

短パンを脱いだ。

彼「お姉さん・・・、穿いてないの?」

ノーパンでした。

私「あたしの部屋に行く?」

彼「楓が帰って来るかも?」

私「あの子は夕方まで帰ってこないよ。それよりあたしとしたくない?」

彼「したい」

りょう君を部屋に連れて行った。
ベッドに入り、キスした。

私「楓とは普通のエッチだけ?」

彼「普通のエッチってどういう意味?」

私「お姉さんが大人エッチを教えてあげる」

彼「何、大人のエッチって?」

私「ここに入れるの」

そう言ってお尻を指差す。

彼「そこ、お尻の穴やん」

私「やった事ないでしょ?」

彼「ない」

私「やってみたい?」

彼「うん」

仰向けに寝て、自分の指でアナルを解して拡げた。

私「入れて」

りょう君がおちんちん入れてきた。

彼「うお~、すげえ締まる」

私「んふう、はあはあ、もっと突いて」

グイグイ突いてきた。
アナルだけではイケないので、自分でクリを弄った。

私「あはっ、イキそう・・・中で出していいよ」

グイグイ突いてアナルで出された。

彼「すげえよかったよ。お姉さんありがとう」

私「またやらせてあげるね。でも楓には秘密だよ」

(これでりょう君はあたしに来るかな?)

また数日後、楓がいる時にりょう君が遊びに来た。
二人で楓の部屋に入った。

(またエッチするんだろうか?)

しばらくして様子を見に行った。

楓「痛い、痛い何するのよ」

(楓の声、「痛い」って?)

彼「まあいいからやらせろよ」

楓「嫌だ、そこお尻の穴だよ」

彼「ここなら中で出せるし」

楓「あんたなんで知ってるの?」

彼「いや、まあそれは・・・」

(りょう君言わないで!)

彼「ある人から聞いた」

楓「男?女?」

彼「女の人」

楓「何となく分かった」

(え、バレた?)

楓「負けたくない、お尻でやって」

・・・。

楓「いた~い」

ひいひい泣いてる楓。

彼「出る!」

お尻エッチ、終わったみたい。

楓「誰とは聞かないけど、次からはあたしがやってあげるから、もう他の人とはやらないでね」

あたしはそうっと下におりた。
りょう君も帰った。

楓「お姉ちゃんでしょ、りょう君とお尻でしたの?」

私「知らないよ」

楓「まっ、いいけどね。これからはあたしがやるからお姉ちゃんの出番はないよ」

やっぱり妹には負けるのか・・・。

月別アーカイブ
18歳未満閲覧禁止
当サイトには性的な描写が含まれるアダルトサイトとなります。18歳未満の方の閲覧はご遠下さい。

また、当サイトは個人で楽しむ目的で運営しておりますが、その著作権は引用元にあります。
サイトの閲覧、リンク先のご利用は自己責任で行っていただきますようお願い致します。
その他、相互RSSやご要望等は「お問い合わせ」からお願い致します。
オススメ!怖い体験談
[鵺速]あなたの傍の怖い話
媚薬・精力剤を使ってみた
脱毛してモテようぜ!
PR
対魔忍アサギ~決戦アリーナ~ オンラインゲーム
相互RSS(怖い体験談)