幼稚園から中学までずっと一緒だった、ちょいブサぽっちゃり女がいるんだけど、ずっとお互いの恋愛話とかしてたんで、良き友って関係だった。

お盆に実家に帰って会った時に、「この前は相談乗ってくれてありがとね!」って言われたので、「お礼しろよ、お礼!」って言ったら、「おっぱい触るくらいならいいよ!」って。
聞けばその女、処女じゃないとか言ってたのに本当は嘘で、23歳にしておっぱいすら触られた事がないとのこと。

じゃあ遠慮なく、と前々から気になってたGカップのおっぱいを触ると、すごく顔が赤らんでくる。
手汗もじっとりで興奮度は上がる一方。

「初めて触られるんだから、ゆっくりやって!」

ちょっと興奮して激しめで揉んでた俺は若干冷静さを取り戻した。
繰り返すが、ちょいブサぽっちゃり女だ。
おっぱいはマジで大きい。
あんな大きなおっぱいは初めてだった。
あの感触を味わえるなら、ちょいブサぽっちゃりでもいい!!!
そう思って、すげぇ美人と行為に至るが如く丁寧に胸に触れ、さりげなく乳首を刺激する。

書き忘れてたが、地元は港町。
漁港の脇にあるソファで俺たちは事に及んでいる。
夏の開放感と、屋外での試みに、お互いの鼓動が速くなってるのがわかる。
クソガキからの仲良しが超えてはいけない線を超えてしまってる・・・、そんな罪悪感も興奮を増長させた。
そして我慢できなくなった。

「ブラ取ってもいい?邪魔!」

返事を待たず、ホックを外してブラを剥ぎ取った。

「っっっ!!」

女の声にならない叫びが聞こえたけど、もういいや。
相手は完全に戸惑ってたけど、一方で感じてもいたので続ける。
調子に乗って下に手を伸ばしたら、すげぇ濡れてる。
ほんとに処女かよ?って感じ。

「いい加減バージン卒業したいの」

そんなことを言われ、(うぉぉぉぉぉぉぉ!!!)と自制が利かなくなる。

(あれ、こいつ・・・、可愛い?)

恥じらう顔がたまらなくエロく感じる。
エロい話は一切したことがなかった。
だからタブーなんだと思ってたんだけどな。
今まで手を出さなかったのはちょっと勿体なかったなーと思いつつ、触って欲しくなってきたのでお願いする。

「こんなに硬くなるもんなの?」

なぜ俺が恥ずかしくならなきゃいかんのだ。

「俺君、可愛いなー。そんなにおっぱい触りたかったの?」

なぜ処女に優位に立たれなければならんのだ!と思ったが抑える。

「舐めるのって、どうやってやるん?」

くそ!言い方がいちいち可愛いんだよ。
ここまで発展すると思ってなかったので、心のなかで大きくガッツポーズ。
で、色々と自分が気持ちいいと思うやり方を教えたのだが・・・、痛い。
なんせ歯が当たる。
早々にフェラ講義を切り上げ、夢のGカップパイズリを敢行することにした。

「こうやるん?」とか言いながら一生懸命にやろうとする姿勢に可愛さを感じ始める。

そして大きい胸にチンコが包まれてく光景に興奮度合いはMAX。
すげぇ気持ちいい。
胸が寄せられる様子は圧巻。
繰り返すが、ちょいブサぽっちゃり爆乳である。

いざ挿入へ。
相手もまさか青姦するとは思ってなかったと思うけど、すげぇ興奮してる顔するもんだから、もう後には引けない。

「ん!」

ちょっと感じてる声も出すが、やっぱり初めてなので痛いらしい。
血が出てきた。
ほんとに処女だったんかよ。

「やめるか?」と聞いたが、「ううん、平気。頑張る」と言うので座位の体勢へ。

迫力満点のおっぱいが眼前に現れる。
乳首がキレイすぎ!
形もキレイすぎ!!

急にこういうことになったので、やむなく生で挿入。
動き始める女。
やばい。
この肉感はアリだ。
エロ過ぎる。
初めてなのに、縦の動きではなく前後にグラインドさせてくる。
俺は早漏なので、あえなく放出。
胸に精子がいっぱい掛かる。
相手は精子を触り、「これは気持ち悪い」と言う(苦笑)。

今さらだが、相手の事は『奈緒』って呼ぶことにしよう。
お互い想定してなかった展開だけに、発射後は微妙な空気感が漂う。
汗だくだし、精子ついてるし、拭くものもない劣悪な状況下。
これまでの健全な男女の友情が崩れてしまったという喪失感が、より一層の虚無感を生む。
それでも平静を装い、「すげぇ気持ちよかった!奈緒の初めて、俺で良かった?」と尋ねると、奈緒からは笑顔が。

「痛かったけど頑張った!次はもっと気持ちよくなれると思う!」

本当にいちいち可愛い言い方をする奈緒。

(ちょっと待て!『次』・・・だと・・・?)

とりあえずその日はそれで終わったんだが、次の日、メールが来る。

「俺君っておっぱい星人っぽいし、また東京から帰って来た時には相手してあげる!でも、これまで通り、恋愛相談には乗ってね?」

はい、セフレ確定です。
それ以降は、たまにだけど相手してもらってました。
フェラも歯が当たらないようになったし、パイズリしながら亀頭を舐めるテクも身につけた。

“ちょいブサぽっちゃり”に目を潰れば、かなり美味しい思いもしましたが、俺に彼女ができてからは自然消滅。
今は、おっぱいタッチはあるけど本番はない、という微妙な関係です。
男と女の友情もなんとか崩れず、なのかな?