冬休みの講習が終わって、外は吹雪で帰れないから教室にいた。
暇だったから他の教室を見て回ってると1学年上の先輩と会った。
先輩の名前は沙耶華。
スタイルが良く巨乳。
芸能人でたとえるなら菜々緒さんのような感じ。


会うたび、俺は少しチンコが反応してしまう。
そんな先輩と廊下で会い、少しだけ会話をした。

沙耶華「あっ、◯◯くん、講習?」

俺「はい、さっき終わったとこです」

沙耶華「そっか、勉強教えてあげようか?」

俺「え?いいんですか?」

沙耶華先輩はきっと彼氏もいて、俺みたいな童貞野郎なんか興味ないと思ってたけど、中学からの憧れの先輩だったし、誘われた瞬間もうギンギン!

沙耶華「そしたら、今は教室に誰かいるから、みんなが帰ったら連絡する」

俺「はい!」

沙耶華先輩からの連絡を今か今かと待っているとLINEが来た。

『早くおいで』

俺はもうギンギンに勃たせて先輩が待つ教室に向かった。

俺「遅くなってごめんなさい」

沙耶華「◯◯くん、遅いよ」

俺「すみません」

沙耶華「さて、◯◯くん、そこに座って。始めるよ」

沙耶華先輩は誰もいない教室でブラウスを脱ぎ、ボタンも外し、谷間を見せつけてきた。
俺のチンコがどんどんガチガチになってきていた。

沙耶華「◯◯くん、少し勉強して、天気良くなったら帰るからね」

俺は勉強どころじゃなかった。

俺「先輩、ちょっとトイレ行ってもいいですか?」

沙耶華「なんで?」

沙耶華先輩は突然、俺の股間に手を当ててきた。

沙耶華「こんな勃起させちゃって、悪い子ね」

俺「だって、先輩のそんな格好見たら」

沙耶華「私のせい?しょうがないオチンコね、私が思う存分してあげる」

俺「さすがに教室だと・・・」

そう言った後、沙耶華先輩に引っ張られてトイレに向かった。

沙耶華「◯◯くんの、くっさ~いオチンコ見せて」

俺は恥ずかしくて隠した。
しかし、沙耶華先輩にすぐに手をどかされた。

俺「俺・・・まだしたことないです」

沙耶華「どうせ毎日私のこと考えて1人でしてるんでしょ?」

俺「そ、そんなことないです!」

沙耶華「そっか~。じゃあこれ見ても興奮しないかな?」

そう言うと、いきなりブラを取って巨乳を見せてきた。
俺のチンコはもうギンギンになってしまった。

沙耶華「◯◯くん、こんなに大きくして・・・。ちゃんと言ったらしてあげる」

俺「先輩に・・・してもらいたいです」

沙耶華「なにを?」

俺「手とおっぱいでしてください」

沙耶華「じゃ、最初は手コキしてあげる」

そう言われ、沙耶華先輩に鬼コキをされ、俺はすぐに出してしまった。

沙耶華「あーあー、学校のトイレで射精なんて変態オチンコ」

俺「先輩、気持ち良すぎます」

沙耶華「ほら、今度はおっぱいで挟んであげるから、もう一回大きくしてみなさいよ」

出したばっかりだったがすぐに大きくなり、沙耶華先輩にパイズリをしてもらった。

沙耶華「◯◯くん、我慢しなさいよ、すぐ出しちゃダメよ?」

俺「先輩のおっぱい大きくて、しかも乳首が綺麗です」

沙耶華「あー◯◯くん、我慢汁出すぎだよ」

俺「出そうです・・・」

俺は我慢できなくて先輩のおっぱいに出してしまい、ザーメンは顔にまで掛けてしまった。

沙耶華「◯◯くん、今日はここまで」

俺「先輩・・・エッチもしたいです」

沙耶華「それは明日ね、それとも私の家に来る?」

俺「行きたいです!!したい!」

沙耶華「じゃ今晩、私の家誰もいないから、◯◯くんおいで」

夜、沙耶華先輩の家に向かった。

沙耶華「じゃ、今日は◯◯くんのザーメン出なくなるまでしてあげるね」

俺はその日、6回も射精した。
聞けば、今は付き合っている人がいないと言うので、俺は告白してしまった。
てっきり先輩はSだと思っていたが、実際はドMだった。
その日からほとんど毎日、俺は先輩をいじめてあげた。

今は先輩と同棲中です。
来年には結婚します。