相手は妻なんですが、日頃のセックスについて語っていきます。
夜、子供を寝かしつけた後、妻とは割と普通に始まります。

俺「ねえねえ、今日どう?」

妻「えぇ・・・眠いんだけどなぁ・・・」

俺「まあまあ、いいじゃん明日休みだし♪」

妻は、「仕方ないなぁ」といった表情でベッドへ移動。
キスから始まる至ってノーマルなセックスですが、妻はクリトリスがかなり感じるらしく、ゆっくりパンツを横へずらし指をしゃぶらせ、唾液をたっぷり塗らせてから優しく擦ると、すぐにビクビクを体を痙攣させます。

妻「ぁ・・・ぁ・・・うっ・・・あぁっ・・・あっ・・・」

だんだんとマンコがしっとりして、クリトリスを剥いてクンニへ移行。

妻「(体をビクビクよじらせながら)あっ!あんっ!気持ちいいっ・・・アンッアンッ」

こうなってくるともうビチョビチョですが、ここからいつも素股へ移行。
妻はチンコを生で宛てがうと、中からトロトロと液を垂らし始めます。

妻「ダメだよ・・・入れたら・・・今日危ない・・・からねっ・・・」

そう言って入れさせません。
俺はチンコを自分で握り、上に乗っている妻に、「クリトリス好きでしょ?こうされると気持ちいい?」と言いながらチンコでクリトリスを擦ります。

妻「うんっ、あんっあんっ、気持ちいい・・・あっダメ!ダメ!」

しかし、亀頭が入ってしまったあたりで拒否します。

俺「入ってるの分かるの?」

妻「えぇ・・・?ちょっとだけ入れたでしょ・・・」

俺「ふーん・・・じゃこれは?」

少しだけ先端が当たるようにすると・・・。

妻「えー・・・ちょっとだけ当たってる・・・」

俺「じゃあこれは?」

少しだけ入れてみる。

妻「やだ・・・入ってる・・・抜い・・・てっよぉ・・・」

俺「わかったよ・・・じゃあゴムつけてもすぐ入れれるように、お前の汁でよく濡らしとくね」

俺はチンコを握り、妻のマンコから液を掻き出してチンコに塗りたくる。

妻「あんっ、もうっダメ、入れたかったらゴムつけてっ・・・お願い・・・」

ここで用意してたコンドームを装着するのですが、前もってちょっとした仕掛けをしといたやつです。
液溜まりをハサミでカットしてます。
試された方いますかね?
こうすると亀頭部分が露出して完全に生挿入になるのですが、暗がりだし、ゴムをつける仕草も音も完璧なので絶対にバレません。

俺「はい、つけたよ。足開いてマンコ広げて」

妻「恥ずかしいよ・・・」

俺「何言ってるの。恥ずかしいこと大好きじゃん。なんなら顔隠してあげるよ、はい」

そう言って毛布で顔だけを覆い、おっぱいから下だけを完全露出。

俺「ほら、足広げろよ」

妻はしぶしぶ広げると、「恥ずかしいから早く入れて」とおねだり。
生チンコとも知らずに・・・(笑)
もうこの時はかなりぐじゅぐじゅになってて、すんなり挿入。

妻「あぁぁ・・・はぁっん・・・」

甘ったるい吐息を漏らしながら奥へ受け止めてくれる妻。
妻は産後、体に変化が見られ、俗に言うポルチオが少し開発されています。
挿入するとマンコがねっとりまとわりつくような感触です。
ピストン運動に合わせて妻が喘ぎます。

妻「あんっあんっあんっ、きっもっちっいいっっ!」

妻は最初こそ気怠そうでしたが、興奮してくるとどんどん大胆になってきます。
自ら俺の腰に手を回し、奥へ奥へ入れようとしてきます。
それがおねだりのサインなので、ピストンをやめてチンコを奥にグリグリと押し付けます。

妻「あぁぁぁぁ・・・奥、気持ちいいぃぃぃ・・・もっとぉ、もっとしてぇ・・・」

俺は腰を押し付けたままグリグリグリグリと妻の奥を責めます。
だんだんと妻の声色も変わっていき・・・。

妻「あっあぁぁぁ、ダメっダメっダメっ、あっあっ!」

俺「もしかして出ちゃうの?こうやってグリグリされるとどうなっちゃう?」

妻「ダメっ、やめてっ、あっあっあぁぁっ、うんっ、ああああっ!」

マンコからは、ぐちょぐちょではなく、ぶじゅぶじゅと水気混じりの音が響き、妻はいつもハメ潮を吹いてしまいます。

俺「うわぁ、すごいよ、めちゃくちゃ出てる(笑)。まだ出るの?もっとするよ!」

妻「やめてっ、あっ出ちゃう!またっ、あんっあんっ、あぁ出るっ、やめてっ・・・あぁぁぁ!」

まるでAVのように喘ぎながら2度目のハメ潮。
ここまで来ると、すっかり快楽を求めるようになり、なんでも言うことを聞くように。
マンコを突きながら色々と指示を出せるので・・・。

俺「ねぇ、お前ってさ、レイプ願望あるよね?」

妻「・・・知らなっ、あんっ」

俺「お前さ、レイプされてもこんなに喘ぐわけ?」

妻「知らないよっ、ならないっ、あっあっ・・・」

俺「じゃあさ、レイプされるとしたら、どこでされたいの?」

妻「え?・・・いやだよ・・・うぅんっ・・・あっ」

俺「たとえばさ、車の中でとか?」

妻「どんなっ、風にっ、され、あんっ、されるの・・・?」

俺「そうだなぁ、夜、仕事帰りにぃ」

妻「あっあっんっ・・・」

俺「いつも通るトンネルあるでしょ?そこで声を掛けられる」

妻「んっんっ、なんってっ?」

この辺りからますます濡れてきます。

俺「ねえねえ、こんな時間に何してんの?仕事帰り?」

妻「はいっ、んっ、そうでっすっ、んっ」

俺「そんな素直に答えてさ、ついてく気まんまんじゃん(笑)。ねぇねぇ、ちょっとだけ遊ばない?」

妻「おう・・・ち、帰るっんでっ、あっあっ、ダメです、あっあっあっ」

俺「『いいから乗れよ』って車に無理やり引きずりこまれて・・・」

妻「やだっ、いやっ、なんでっ、あっ・・・やられちゃうの?んっんっ」

俺「うん。やられちゃう。そこからはさ、こうやって口を塞がれて」

妻「んーっんっんっんっんーーっ」

俺「でもレイプされてみたいんでしょ?ぐしょぐしょだよ?」

妻「んんーーっんーーっうぅー」

全力で首を横に振りますが、とんでもなく濡れてきます。
手をどけてやり、いっそう激しく突くと・・・。

妻「ぷはっ、はっはっんんっ・・・あんっあんっ、やだっあっ」

俺「さっきレイプされるのは嫌だって言ったよね?なんでこんなに濡らしてるの?想像しちゃった?」

妻「あんっ、やなのにっ、やばいっ、もっとっしてっ・・・」

俺「もしかして、知らない人のチンコでまた潮吹いちゃう?」

妻「あっ、出ないっ、あんっあんっ、やばいっ、あっ」

俺「誰でもいいんでしょ?チンコ入れてくれたら」

妻「もうっ、誰でもいいからっ、あんっあんっ」

俺「相手一人じゃないかもよ?こうやってお口も塞がれるかも?」

そう言って指を二本差し出すと、まるでフェラをするように丁寧に舐め回していきます。

妻「いやら・・・あふっ、ひらあいっ、ひほのっ・・・ひんひん・・・いやよ・・・」

俺「一生懸命舐めてるけど、いやらしいねー。下はガンガン奥を突かれて、上は汚ねーチンコ突っ込まれて」

妻「や・・・らって・・・なえないほ・・・ない・・・されるか・・・わかん・・・あい・・・」

俺「もうされてんじゃん(笑)。こんなにやらしいことされて喜んでんじゃん(笑)」

妻「ひがっやらっ・・・もお許し・・・ひへ・・・」

俺「このまま中出しされちゃうんじゃない?」

妻「コンロームっあふっついへる・・・あっ・・・から・・・」

指を抜き、はぁはぁと息つく妻に聞いてみます。

俺「ところでさ、今2人に犯されてるわけだけど、コンドームちゃんと着いてる?こっそり外されてない?」

妻「着いてるっだからだいっじょうぶっ、あんっあんっ」

俺「レイプされる時に着けてもらえるわけないでしょ。悪いけどさ、ゴム破ってるんだよね。だから今、生だよ」

妻「うそっ、やだっ、生なっのっ、いやっ、あんっあんっ」

俺「そうだよ。ごめんねー。でも気持ちいいでしょ?」

妻「気持ちいっ、あんっあんっ」

俺「このまま中に出される前にしっかり想像してね、ほらっ、中に出されちゃうよ?」

妻「やっだっ、やめてっ、外にしてっ、やだっ」

俺「だめー、出しちゃうよ!」

妻「いやーーやだーーっ、外っ、そとぉっ!」

ぶじゅぶじゅと潮を撒き散らす妻に最後の命令を。

俺「『中に下さい』は!?」

妻は猛烈に首を横に振りますが・・・。

俺「『中に!下さい!』は!?」

さらに激しく突き立てると・・・。

妻「やだっやだっ、中にっ、あんっ、くだっさいっ、あんっ」

俺「あぁぁイクよ!あぁぁ」

妻「あああだめぇー!やああああああああっ・・・ああっ」

たっぷり中に出してやると妻はぐったりして、時々体をびくっとさせながら余韻に浸っています。
こんなノリノリの妻ですが、スワップだけはダメみたいで、なかなか首を縦に振らないので、どうしてやろうかと色々と模索中です。

つまんなかったらごめんなさい。
読んでくれた人ありがとうございました。
これを今夜にでも妻に見せて、羞恥心を煽ってやろうと思います(笑)