先日、初めてデリヘルを呼びました。
20歳を過ぎてから、ずっと行ってみたいと思っていましたが、なかなか勇気が持てなくて・・・。
しかし、やっと呼ぶ決心をして、ホームページで調べて予約をせずにデリヘルに電話にしてみました。

「予約してないんですけど。大丈夫ですか?」

受付男性から、「今ちょっと混んでいるので、あと40分近く待ってもらいますが」と言われました。
出勤女性の名前を伺っても初めてで分からないので、受付男性のオススメで、「じゃあ、キョウコちゃん(仮名)いかがですか?」とのこと。
スレンダーで美人で若いというセールストークに踊らされて、もうそのコでいいやと思い、ホテルを先に取って待っていることに。

待つこと1時間弱。
電話が鳴る。
いよいよ女の子が部屋まで来るようだ。
ドアのノックが鳴り、そこに一人の女の子が。

キョウコ「どうも、よろしくお願いします。キョウコです」

眩しい笑顔で挨拶され部屋に誘導。
ひとまず緊張してるのでベッドに座って談笑。
初めてだったので、住まいとか年とか話していると・・・。

キョウコ「じゃあ、お風呂に入るので、服を脱いでください」

僕「あっ、はい・・・」

僕が脱ぎ始めると、キョウコちゃんもブラジャーやパンツを脱いでお風呂へ誘ってくれた。
予約した後で店のホームページを見ると、キョウコちゃんは年齢22歳、スレンダーボディでDカップとなっていたが、実際のおっぱいはそれ以上の豊満だった。
スタイルはスレンダーというより若干肉の付きがいいかも。
だけど、笑顔の素敵な普通の女の子という感じがした。

キョウコ「まずは、ここに座って」

これまで写真でしか見たことのなかったスケべ椅子に座り、体を洗ってくれた。

キョウコ「すごい細い体ね。体型変わらないの?」

僕「全然。太らないんですよ」

キョウコ「そうなんだ」

徐々に脇腹からオチンチン、さらにはアナルに手がかかるようになっていった。

僕「(ビクッ)」

キョウコ「ンンッ、くすぐったいでしょ?」

僕「・・・はい」

そしたら背後からオチンチンの先っぽをコリコリしてくれた。
その時にはもう大きくなっていた。
そして二人でお風呂に入り話していると、キョウコちゃんが湯から出て、布団にタオル等を準備し始めた。

キョウコ「じゃあ、ここに最初はうつ伏せで」

言われる通りにうつ伏せになり、背中から責められる。
見えない興奮が僕を襲う。
気を紛らわせようと・・・。

僕「ここって、結構混んでいるんですか?予約無しでも大丈夫でした?」

キョウコ「ここ最近は混んでるみたいよ」

何気ない会話を続けようと頑張ってみた。
と、突然、チュッ、チュッと背中から音がして全身リップの快感に引き戻されてしまった。
しばらく、なされるがままにキョウコちゃんにオチンチンやアナルを触られながら快感に浸っていると・・・。

キョウコ「じゃあ今度は、仰向けに」

僕は仰向けになった。
お風呂に入った時は緊張で萎んでしまった僕のオチンチンはビンビンになっていた。
ローションを使い、ビンビンのオチンチンを触されながらディープキスをした。
それからキョウコちゃんの口が僕の唇から首筋、乳首、そしてオチンチンへと移動していった。
初めてされたフェラは、最初は不思議な感じがしていたが次第に気持ちよくなってきて・・・。
心底、ヤバい!と思った。
その時、キョウコちゃんが体勢を変え、69が始まった。
目の前に広がるキョウコちゃんのオマンコをタッチしていたが、あまりにも気持ち良すぎて集中できなかった・・・。

僕「気持ちい・・・」

キョウコ「ッン?気持ちいい?」

僕の下半身はビクビクしていたが、キョウコちゃんが上に居たために回避できなかった。
そしたらキョウコちゃんのフェラのギアが上がった。
それまで以上に舌を絡めてきて・・・、我慢の限界が近づいてきた。

僕「あっ、イッちゃうかもしれません」

キョウコ「ん、いいよ」

僕「あっ(快感)」

キョウコちゃんが咥えたまま、出してしまった・・・。
最後まで搾り取られ、ピクついていると・・・。

キョウコ「んふふ。ココ、くすぐったいでしょ?」

オチンチンの先っぽをコリコリ。

僕「・・・はい、すごく」

それから、またシャワーを浴びて、お風呂で温まってると時間になった。
初めてデリヘルは、自分にとって異次元の空間だったが、とても気持ち良かった!