SM雑誌を偶然拾い読みしてしまい、衝撃を受けた。
それから、なんか自分が変わっていった。

まず、自分を女性として強く意識するようになりました。
また見られるということも意識するようになりました。
服装や下着やお洒落にお金をかけ、気を遣うようになりました。
制服のスカートは短く詰め、ブラウスのボタンは一つ多く外しました。
パステルカラーの下着が増えました。
髪を伸ばし、露出度の高い大人びた私服を着るようになりました。
お化粧の真似事も始めました。

そして、オナニーのやり方が変わりました。
それまではクリトリスをパンティーの上からなんとなく触って気持ちいいというぐらいだったのです。
まず自分のアソコを鏡に映して見てみました。
じーっと見ながらエッチな想像をしていると、それだけで濡れてきて、クリちゃんがじーんと熱くなってきます。
硬くなったクリちゃんを指で直接弄りました。
身体が痙攣するような快感がありました。
オナニーで初めて本当にイッたのです。
オナニーが癖になりました。
家族が留守の時にハダカになって、姿見に自分の裸身を写しながらオナニーしました。
するともっと気持ち良くなれたのです。

(どうしたらもっと気持ち良くなれるか?)

そればっかり考え、実行していく日々が続きました。

あそこにソーセージを入れてみました。
それ自体はそれほど気持ちよくなかったのですが、自分の身体に異物が挿入されている感じが快感を高めました。
そして、その姿を鏡に映すと、もっと気持ち良くなれたのです。

家のビデオであそこを映しながら、ソーセージを入れてオナニーしました。
そして、そのオナニービデオを観ながらオナニーするともっと気持ち良くなれたのです。
わざと感じる声を出すと、もっと感じることが出来ました。

「おまんこ」とか「おちんちん」とかいやらしい事を言うと、もっともっと感じることが出来ました。

どんどんエスカレートしていきました。
とうとう、あそこだけでなくアナルにまでソーセージを入れたのです。
その快感はすごいものがありました。
たぶん、肉体的というよりは精神的なものにより性感を感じるようになっていたのだと思います。

こんな私が次に興味を持ったのは野外露出でした。
最初は学校や塾の帰りで遅くなった時に、人通りのない暗がりでスカートを捲りあげたりしてドキドキしていたのですが、そのうち駅のトイレでパンティも脱いで帰るようになりました。
ノーパンで本屋に寄ったりしましたが、もう恥ずかしくて緊張して立ち読みどころではありませんでした。
感じていっぱい濡らしていたのです。

そんなある日の夜2時頃、体操服を干したままだったので取り込みに外に出ました。
星がきれいでした。
だから家の周りを少し歩いてみました。
誰もいない静かな世界でした。

その時はスウェットの上下を着ていたのですが、無性に脱ぎたくなりました。
路駐の車の陰に隠れて全部脱いでしまいました。
靴下もサンダルも脱いで素っ裸で道路に立ったのです。
足の裏がヒンヤリして、すごい開放感がありました。

服一式を車の下に隠して、気がついたら私は道路を駆け出していたのです。
誰もいない道路です。
時々遠くで車の音がすると、慌てて路駐してる車の陰や玄関の窪みに隠れました。
たぶん2、3分だったのでしょうが、誰もいない道路を素っ裸で歩いたり、走ったりしました。
部屋に帰った私は興奮してしばらく眠れませんでした。
だからオナニーして寝ました。

そして、これが癖になってしまったのです。
夜中に家を抜け出し、ハダカで散歩するようになったのです。
だんだん距離が延びていき、たまにバイクや車とすれ違うことがありましたが、向こうはライトを点けていて音がするのでこちらが先に気付き、うまく看板や車に隠れてやり過ごすことができ、それがまた自信となって距離が延びていったのです。
車の陰でおしっこをしたり、道路に寝そべってオナニーをしたりしていました。

だけど、それでは満足できなくなったのです。
自分のハダカを誰かに見て欲しくなったのです。

家から少し離れた所に国道があります。
そこまでスウェットを着たままで行ってみました。
さすがに夜中でもトラックやタクシーなどがすごいスピードで走っていきます。
そこで私はたまに走ってくるトラックやタクシーに向けてスウェットを捲っておっぱいやお尻を見せました。
たまにクラクションを鳴らされたり、スピードを少し落とす車もいるのですが、みんな通り過ぎていきます。

自信が出てきたのと興奮してきたのとで、私は全部脱いで電柱の陰に隠れました。
車が来ると道沿いに立つのです。
クラクションを鳴らされる回数が増えました。
でも止まろうとする車はいませんでした。
興奮してきた私は道端に立ったまま、車の方に腰を突き出して、脚を広げてオナニーを始めたのです。
あそこはビチャビチャで感じまくり、何度もイキました。

その時、一台の車が急停車したのです。
私はスウェットを掴んで一目散に小道に逃げ出しました。
そして酒屋さんの倉庫の裏に隠れたのです。
震えて隠れていると、数人の若い男性の声がしました。

「ハダカの女いたよな~!」

私を探しているのです。
もう震えてしまってスウェットを着ることもできず、ハダカのままでじっと隠れていました。
そのうち、クラクションを大きく2回程鳴らして彼らは行ってしまいました。
恐怖でしばらく動けなかった私ですが、なんとかスウェットを着て家へ帰りました。

実はこれにも懲りず、家の周りでハダカの散歩は続けていたのですが、とうとうお母さんに私が夜いないのがバレてしまって終わりになりました。

「気分転換に、缶コーヒー飲みながら星を見てたの」と言って、なんとか誤魔化すことは出来ました。