高2の彰です。
高校1年の彼女がいます。
セフレもいます。

ウチは父がいません。
シングルマザーの母は、なんとまだ33歳。
で、母はソープ嬢。

1ヶ月前の出来事です。
家に帰ると、仕事のはずの母がいる。

「あれ、母さん今日、出勤だよね?」

「今日は早く切り上げたの、それより、これ常連客から貰ったの」

そう言って見せてくれたれたのは、ゼリーだった。
こういう仕事って、たまに常連客から何かしら貰えるのだ。
それはさておき、この日、まさか母と近親相姦するなんて思ってもなかった。

この年になっても、3日に1度くらいは母と入浴する。
オレが嫌がっても母はお構いなし。

「彰、あんたの本当デカいよね」とか「近親相姦しちゃおっか?」とか冗談で言う。

オレも、こんな若くて綺麗な母が相手なら、セックスしたくないわけではない。
もちろん興味がある。
でも、この一線は越えてはいけないのはわかっていた。

この日も母と入浴。
もちろん、母の裸で勃たないわけがない。
ソープで身体を洗ってもらい、手でオレのを丁寧にカリの裏まで擦り洗いする母。
いつもならスルーする母が、「彰、ヌいてあげる」と言って、泡を流すと俺のを咥えた。

「か、母さん!」

俺を見つめてフェラする母。

上手すぎる!
彼女より上手い!
しかも母!

オレがイキそうになったのを感じ取ったのか、一旦咥えるのをやめた母。
そして、泡の付いた母の身体が俺の身体に密着し、まるでソープ嬢が行うローションプレイのようにいやらしく乳房を擦りつけてくる。
そんな誘惑するような行為をした上で、母は俺に言葉を投げかけてきた。

「どうする彰、お口に出す?それと母さんと近親相姦する?」

オレは、いけない一言を言ってしまった。

「母さんとしたい」

「じゃあベッド行こうか?」

どうする?
まだ引き返せる。
でもここまで来たらもう・・・。

「ねえ、母さんゴム着ける?」

母は、「うん」と言ってゴムを着けてくれた。

「入れたら、もう後戻り出来ないよ」

「わかってる。入れるね」

母に入った・・・。
騎乗位になって腰をグラインドさせるように動き出した母。

「アンアン」

初めて聞く母の喘ぎ声。
締まりも最高だ。
母だからか、彼女より気持ちいい。
オレたちは、もう今まで通りには戻れない。

「アンアン、若い、オチンチン、アン、最高、息子のアン、息子」

母の胸を揉み、乳首を吸ったりした。

「母さん、気持ちいい、オレどうにかなっちゃいそう」

そして30分後。

「母さん、オレもうイク、イク!」

「母さんもイクーっ、イッちゃうー!!!」

それ以来、毎日のように母と愛を確かめ合っている。