会社の同期で磯部君っていう男がいたんだ。
私も彼も25歳ね。
同期と言っても仲は最悪で、会議ではいつも意見が合わず言い争いばっか。
周りには「犬猿の仲」とまで言われてた。

磯部君は掴みどころのない性格で、いつも何を考えてるか分からなかった。
でも頭はキレるし、見た目も結構良かったから女の子にも結構モテてたよう。

そんなある日、私はいつものように一人で残業していると磯部君が上のフロアから下りてきた。

「指が切れちゃった、絆創膏ちょーだい」と言って。

少しイラッとしたけど、絆創膏を貼ってあげた。
それからしばらく世間話をしていた。
が、和やかムードも束の間。
やはりひょんな事から言い合いになった。
そしていつものように悪態をつく私に磯部君は、「お前、本当に可愛くないな、そんなんだと彼氏に逃げられるぞ」と冗談っぽく言う。

実は私、長年付き合ってた彼氏と別れたばかりだったんです・・・orz
だから正直、このタイムリーなツッコミは本当に痛かった・・・。
いつもなら「うるさいな~」で返すのに、思わず泣いてしまった。
しかも大嫌いな磯部君の前で。
磯部君はまさか私が泣くなんて思っていなかったらしく、かなり驚いていた。
屈辱的な気分が襲ってくるも、涙がなかなか止まらなくってヒックヒック言ってた。
たぶん2、3分くらいグスグスしてたと思う。

すると磯部君は何を思ったのか、急に近付いてキスしてきた。
そしてすぐに離れて、「じゃーな」って言って帰ってた。
ポカーンとする私・・・。
帰りの電車の中でも思い出して動揺して、テンパってしまった。

次の日からは磯部君を意識しまくりだった。
こっちに来るたび、ドキドキしてた。
でも顔には出すまいと必死に平静を装ってたよ。
(大嫌いな磯部君を意識するなんてありえないし!)と思ってたから。
今思うと、この時完全にハマってたんだなぁ・・・自分。

しかし、1週間経っても2週間経っても何の変わりもない。
磯部君は特に何も言ってこないし、いつもと同じ。
私は(あれ?)と思い始める。

(あの日の出来事は・・・夢?蜃気楼?勘違い?)と、少しダウン気味になる。

そしてキスしてから1ヶ月経ったある日、事件は起こった。
あの日と同じように、磯部君が上から下りてきた。
もちろんフロアは2人きり。
口から心臓が出そうな位ドキドキしてたけど、何とか頑張った。
磯部君はいつもと同じ口調で、「よう」とか言ってる。
私も「よ、よう」と言ってみたものの、声が上擦ってた。

続けて、「何?」と聞いた。
正直、この時かなり期待してたと思う。
しかし磯部君が言った言葉は・・・。

磯部「今から◯◯さん(新人で可愛いと評判の女の子)と二人でご飯行くけど、行く?」

私「は?(゜Д゜)」

磯部「だからご飯・・・行く?」

私「・・・」

磯部「聞いてんの?お腹空いてない?」

私「行くわけないじゃん!!仕事あるし。だいたいそこに私がいる意味あんの??」

磯部「・・・。あぁそっか。まぁいいや、ごめんな。おつかれさんー」

颯爽と帰って行った。

(ふざけんなっっっ!!)

武者震いしたのはこの時が初めてだったと思う。
と同時に、まじで好きになったんだなぁと実感。
その夜はすごく泣いたよ。
自分でもビックリするくらい。

でもよく考えたら全部自分の勘違いだったんだよね、結局は。

(何、舞い上がってたんだろう?キスくらいで)

そう思ったら凄く恥ずかしくなってきてね。
だから、「あいつは外人!あいつは外人!」って呪文のように唱えた。
でもやっぱり気持ちがついていかなくって、磯部君が近くにいるとぎこちない態度になっちゃったりしてた。

そんでまた1ヶ月くらい経って、磯部君が下におりて来た。
磯部君の話は他愛のない話ばっかりだった。
仕事がどーとか。
会社がどーとか。
いい加減イライラしてきて、結構冷たく、「仕事あるからもういい?」って言っちゃったんだ。
そうしたら、「何か怒ってんのか?最近そんな態度ばっかりだな。感じ悪い」って言うのよ。
(何を言うか!!)と思うも、『嫉妬してました』なんて言えるわけもなく、「べ、別になんでもないよ!」としか言えない。
素直になれない自分がいた。
で、また言い争いに発展。
そして・・・。

磯部「もしかしてお前、俺の事好きになった?」

私「・・・。なってない!!あんたなんか嫌いっ」

磯部「じゃーなんで最近ずっと俺のこと見てたの?」

私「見てない」

磯部「本当の事言えよ」

私「うるさい、きらいきらい!大嫌い!」

連呼してたら磯部君がキレちゃいました・・・。
私の腕を凄い力で掴んで奥の資料室へ引っ張り込む。
いつもの磯部君と違う真剣な顔。
私の目の前に立って、上から見下してる。
かなり怖い。

(言い過ぎた?もしかして殴られる・・・?)と震える私。

「なに・・・?」と言った瞬間、ブラウスのボタンを引きちぎられた。

私「!!ちょっと!!!!何するの!!これいくらだと思ってんの!!5000円!!」

ブラウスの下にシャツは着てたけど、恥ずかしかったからすぐに背中を向けた。

磯部「あのさぁ、俺はお前の事、ずっと好きだったよ。今までは彼氏がいて幸せそうだったから黙ってただけ。で、お前はどうなの?本当に俺が嫌いなの?本当にそうなら今から何されても絶対に感じるなよ」

そう言いながら彼は後ろから抱きついてきた。

私「何言ってるの?どうしたの・・・」

言い終える前に磯部君の手が私の服の中にゆっくり入って来た。
立った状態で後ろから揉まれてる。
同時に彼の唇が首筋に這ってる。

私「ダメ、ダメこんなところで・・・やめて・・・お願い」

懇願しても聞いてくれない。
それどころか行為はどんどんエスカレートしてきた。
私を前に向かせ、壁にもたれ掛からせて、ブラウスを剥ぎとってシャツとブラを捲り上げた。
胸が露わになる。

私「やだっ!!」

すぐに手で隠したけど、私の両手は磯部君の片手で簡単に封じ込められた。
彼はしばらく胸を見つめた後、ゆっくり谷間に顔を埋めた。
部屋中に愛撫する音が響いた。
私はもう足がガクガクして来て立っているのが精一杯だった。

磯部「どうしたの?お前、大嫌いなやつにこんな事されて感じてる?」

意地悪を言ってきた。
ドSだ。
凄く恥ずかしくなってしゃがみ込んでしまった。
するとすぐに、「立てよ」と言って腕を引っ張られた。
フラフラしながら立ち上がると、「机に座って」と言われた。
言われた通り机に座ると、強引に足をガバっと開かれスカートを捲られた。
そしてすぐにストッキングとパンツも下ろされた。

磯部「すげードロドロ。お前、エロいな」

床に跪いて、私のあそこの目の前で彼は笑いながら言った。
そしてすぐにむしゃぶりついてきた。

私「やっ・・・あ、あぁんっ」

声出すのをずっと我慢してたけど、ついに耐え切れなくなった。
会社で、しかも最近まで大嫌いだった男にこんな事されて・・・。
しかし彼の執拗な責めで、とろける様な感覚に陥った。
特にクリを舐められながらGスポットを責められるのが堪らなかった。
ぐちゅぐちゅ、ぴちゃぴちゃという音が響く。
私はあっと言う間にイッてしまった。

ぐったりして倒れてる私の体を起こして、抱きかかえながらキスをしてきた。
二度目のキス。
前とは全然違う濃厚なキス。
舌を絡め合って、何度もお互いを味わった。
そして磯部君は一度唇を離すとしばらく私の目をじっと見て、再び激しく唇を求めてきた。
私は何だか涙が出てきた。
そしてその時“愛しい”という思いが初めて湧いた。
でもまだ「好き」という思いを言葉にする事は出来なかった。

磯部「後ろ向いて。そこに手掛けてお尻突き出して」

正直、私ももう我慢出来なかったからすぐに言う通りにした。
カチャカチャとベルトを外す音とズボンを下ろす音がした。
入れる直前、磯部君は、「欲しい?」と聞いて来た。

私「・・・」

磯部「言えよ」

私「・・・いや・・・」

磯部「言えって」

私「・・・」

もうここら辺で恥ずかしさのあまり涙が出てきた。
顔から火が出るかと。

私は泣きながら振り向いて、「本当は好き・・・だからもうあんまり苛めないでよぉ・・・」と言った。

ようやく好きって言えた。
次の瞬間、私の中に磯部君が入って来た。
もの凄い勢いで突いてくる。

私「あっ・・・磯部君っ・・・気持ちいぃよ・・・ああんっ」

元々バックが弱い私はおかしくなったみたいに喘いでた。
さらに会社でセックスしてる・・・って事が余計に興奮させる。
部屋にはお互いの肉体がぶつかり合う音が激しく響いてた。
15分くらいずっと彼に責められてた。
本当に気持ちよくって、頭がおかしくなりそうだった。

磯部「◯◯、好きだよ、ずっとこうしたかった」

私「あっ・・・あたしも・・・好き・・・あんっ」

磯部「そろそろ出る・・・」

私「中に出して・・・いいよ・・・」

磯部「えっ?」

私「ピル・・・」

そう言うとさっきより出し入れが激しくなった。

私「あぁっあっもぉ・・・だめ・・・磯部、あたしも・・・あっあぁ!!!」

思わず叫んでた・・・。
そして磯部君も中で果てた。
ビクビクしてた・・・。
二人とも机の上でぐったり。
しばらく放心してた。

そしてしばらくして私を抱き起こして、「やっと素直になったな。さっきのお前、めちゃくちゃ可愛かった」って言ってくれた。
また涙が出てきて磯部君の腕の中で泣いた。
素直になれてよかった。