当時、俺は小学4年生、姉ちゃんは小学5年生。
俺と姉ちゃんは、俺が6年生の終わりまで、離れの同じ部屋で布団並べて寝てた。
俺はその頃、一人前に毎朝ギンギンに朝立ちしてました。

夏休みのある日、両親は朝早くから出掛けてて俺達2人はいつまでも布団の中でゴロゴロしてた。
ふざけあってるうちに、俺はどーしても姉ちゃんのあそこが見たくなった。

俺「なあ、姉ちゃんのあそこ見せて」

姉「いやだよ」

俺「いいじゃんかよ。俺のも見せてやるから」

姉は少し考えてから・・・。

姉「じゃあ、◯◯(俺)のを先に見せてくれたらね」

俺「うん、いいよ」

俺はもう姉ちゃんのが見れる嬉しさで急いで自分のパジャマとパンツを下ろした。
毛は生えてなかったけど、なぜか俺のチンコはさっきから勃起しまくっててカチンコチンになってた。
期待に胸を膨らませて痛いくらい勃起した包茎チンコ。
俺、背も高かったせいかチンコの大きさも一人前近くあった。
その頃とあんまり大きさの変わらない俺のチンコのバカヤロ・・・orz。

俺は布団の上にまな板の上の鯉みたいに横になった。
もちろん姉ちゃんは勃起したチンコを見るのが初めてで、ビックリして目を大きく見開いてた。

姉「何これ?どうしたん?」

俺「毎朝こんなになる。なんでか知らんけど」

姉「ふーん。病気じゃないんだ」

そう言いながら顔を近づけて来てマジマジと見始めた。
じーっと見てた姉ちゃん、突然指先でツンツンってしてきた。
で、『えっ?(@_@)』って顔になった。

姉「硬い・・・」

しばらく黙ってしまった。
もしかしたら姉ちゃんは、セックスってどうするのか知ってたのかもしれない。
こんな大きくて硬いのが自分のあそこに入れられるのか信じられなかったのかも。

姉「ねえ、握ってもいい?」

俺「うん」

こっくり頷いた。
いいも悪いも、無性に握って欲しいって思ってたから、俺のチンコはますますカチンコチンに、ほんと痛いくらいに・・・。

姉ちゃん、握ってきた。
姉ちゃん、握っています。
初めは怖々で、やがてゆっくり力を込めて・・・。
もう俺、頭の中がパニックになってた。

姉ちゃんのあそこを見たいって思ってただけなのに、今は姉ちゃんにチンコ握られてる。
うちの姉ちゃんって、俺の同級生から「お前の姉ちゃん可愛いな」ってよく言われてて、俺も可愛いと思ってた。
先輩から姉ちゃんにプレゼントを預かったこともあった。
そんな姉ちゃんに握られた。
姉ちゃん、握った手の力を強めたり弱めたりして硬さを確かめてるみたいで、握ったまま手を押し上げた。

俺「痛っ」

包茎の皮が無理やり剥かれそうになった。

姉「ごめん・・・痛かった?」

俺「うん、大丈夫」

姉ちゃん、先っぽの皮が捲れたのところから中を見て言った。

姉「小さなお口がタテになってる」

俺「ここからオシッコが出るんだ」

姉ちゃん、何を思ったか、突然舌を出してペロって舐めた。
俺はビックリした。
もう1回舐めて欲しかったけど、言えなかった。
姉ちゃんもマズいと思ったのか・・・。

姉「もう終わりにしよ」

俺「うん。じゃあ今度は、姉ちゃんの見せてくれる番」

姉「だめよ、もう今日は終わりにしよ」

俺「えーっ?そりゃないよ」

って言ってはみたものの、それ以上言えず、その日は終わった。

それから2年半以上一緒に寝てたけど、それっきりそんなことはなかった。
期待した皆さんすんません。

そんな姉ちゃんがもうすぐ結婚します。
ちょっと胸がキュッと痛くなってる今日この頃です、はあ・・・。
ため息ついても仕方ないのはわかってても、ちょっと辛いです。
今まで何人かと付き合いましたが、どうしても比べてしまいます。
結婚してしまったら諦めがつくと思います。
早く彼女作れよ、俺!