13歳年下の妻(25歳、結婚2年目)を巨根に寝取らせ、私はその一部始終をカメラで撮りました。
妻は155センチ、Y美(妻の高校の同級生で友人、結婚3年目)は160センチほどで、2人とも超いい感じのスレンダー美人です。

Y美の旦那は出張が多く、また家も近いこともあって月に2、3度泊まりがけで遊びに来ます。
2人の手料理を食べながら、3人でビールや焼酎を飲みながら楽しい時間を過ごしております。
2人とも専業主婦をいいことに、よく夜更けまで話し込んでいます。
何を話しているか分かりませんが。
そんな訳で、いつも私が一人ベッドに入り寝ます。

先日、私はいつものように先に寝ることに。
ただ、以前より2人の会話の内容が気になっていたので、寝たふりをし、しばらくしてドアに近づき、2人の会話に耳を立てました。
以下、その時の会話の内容です。

2ヶ月前、Y美の旦那が隠し持っていた黒人男性と日本人女性の無修正AVを、私が出掛けた後、2人で観たとのこと。
黒く大きな肉の塊りを苦しそうに口に咥える女性、そして、それが入ると目一杯に広げられた下の口、その長さから半分ほどしか入らない状態でのストローク。
しかし最後はさらに巨大になった塊りが根元まで突き刺さり、女が絶叫を発してイッた。
それを見た2人は顔を見合わせ、唾を飲み、今、目に焼付いた大きなモノを、一度でいいから自分でも感じてみたい。
それも“生”で、と確認し合ったようです。

Y美は早速行動に。
目を付けたのが、今通っているスポーツジムのインストラクター。
身体にピッタリのウェアから、かなり大きなモノの持ち主であることが一緒に通っている女性の中でも評判。
その彼を上手く食事に誘い出し、実行へ移すことに。

2週間前、旦那が出張の夜(子供が出来づらい日を選んで)、食事をして難なくホテルへ。
先にシャワーを彼に使わせベッドで待たせ、自分はその後シャワーを浴び、タオルを巻いて彼の元へ。
彼のモノは、AVで見た黒人ほどではないが、旦那よりは間違いなく大きい。
また、今まで見た中で一番大きいと確認しました。

自分のタオルを剥ぎ取られ、全身を舐め回されました。
特に彼女自身とその周辺は、唇と舌と指で、これまで経験したことがないくらい長時間、執拗に攻められて十分過ぎるほど濡れさせられた後、彼は自慢のモノをY美の顔の前に差し出し、咥えさせ、さらに手を使わせ大きさを増大させました。
すると長さは20センチを超え、太さも指が回らないほどに。

入って来る時は濡れているのに軋む感じで、その擦れ具合が気持ち良く、そして奥まで突き刺された時は子宮ごと持ち上げられた感じに。
激しい突きが数分続き、「ウー!」と言いながら彼が覆いかぶさってきて、自分の壺から溢れ出るのが分かるほど大量の白い液体をドクドクと放ったそうです。

そのまま抱き合っていると再び大きくなり、2回目へ突入。
若くてタフな彼は、翌朝までに合計5回。
それもタップリの量を壺の中に放ち、満足して帰って行ったそうです。
若いY美もさすがに疲れ、その日は夕方までソファーで横にならざる得ないほどだったようです。
その話を妻は興味津々で聞いていました。

Y美に、「あなたも一度は経験した方が良い」と言われ、満更でもない返事をしていました。

翌日、Y美をファミレスに呼び出し、昨夜聞いた話をしました。

「主人には絶対内緒にしてね。浮気したのは初めてで、もうしない」

Y美に懇願され、秘密を守る代わりに条件を出しました。
妻とインストラクターとの行為をカメラで撮ることに協力してくれることを。
すぐにY美は承諾し、妻に電話しました。

「インストラクターに話をつけるから、どぉ~?」

多少躊躇したようですが、興味津々の妻は話に乗ってきました。
それから1週間後、3人は待ち合わせた場所で会い、妻が紹介されてそのまま私が予約したホテルへ。
前もってインストラクターとも話をつけておきました。

妻がシャワーを浴びている間に部屋に入り、隠れ出て来るのを待ちました。
数分後、ベッドで横たわる彼のところへ向かい、タオルを取ると同時に私は妻の前へ。
当然ことながら妻は驚き、全裸の身体をタオルで隠そうとしましたが、すぐにタオルを奪い取りました。
妻は「ゴメンナサイ」と何度も謝りました。

「許して欲しければ、ここでこの男とセックスしているところを見せなさい。証拠写真を撮り、二度と過ちを犯させない」

私はそう言い放ち、妻に従わせました。

インストラクターは打ち合わせ通り、Y美の時と同様、前戯に長時間かけてじっくりとスレンダーな身体とCカップの胸、赤く充血した妻自身を味わわせました。
必死に唇を噛みシーツを握り締める妻の姿は絶好のシャッターチャンスでした。

やがて大きなモノを咥えさせられ、喉の奥まで達した時は、むせ返り涙目になっていました。
その大きさの確認をすると、長さ23センチ、太さは直径6センチ。
私より二回りは大きいモノでした。
彼の自慢の肉棒が妻へと向けられ、ゆっくり腰を沈めて行くと、妻は身体を仰け反らせながら受け入れました。
大きなストロークで徐々に奥深くまで、根元が全て隠れた時。
しっかり目を閉じ、眉間にしわを作る妻がいました。
それからほんの僅かで彼は「ウッー!」と言いながら覆いかぶさり、腰をひくつかせながら液体を妻の壺へと流し込んでいるのが分かりました。

目を閉じてその行為を許した妻が数分後、目をキッと見開いたかと思うと同時に彼は強烈に腰を動かし出しました。
大きなストロークが続き、その快感に耐えたれなくなった妻は小さな喘ぎ声を出し始めました。
鍛えられた身体の持ち主に後ろから挿入され、細い身体が引きちぎれるほど激しく、もの凄いスピードで突きまくられた頃には、「ダメ~」「ヤメテ~」と叫び出しました。
彼の最後が近づき、「ウォー、ウォー!」と叫びながら覆いかぶさった時は、「アナタ、ゴメンナサイ!」と言葉を発するのがやっとでした。

彼が離れると、妻の壺に溜められた大量の白い液体が溢れ出てきました。
妻の目から涙が流れているのを見つめながらシャッターを押し続けました。

シャワーを浴びさせず、そのままの身体で家に帰り風呂に入らせました。
全裸で私の前へ来るように言い、興奮が冷めやまぬガチガチになったモノで、他の男の白い液体を受け入れた壺を一晩中塞ぎました。

翌日から、私がいる時は服を身に着けさせていません。
エプロンだけ。
もちろんY美が遊びに来た時も。

今度、同僚を家に招き、妻の身体を見てもらおうと考えています。
そして、また私の見ている前で・・・。
コレクションが増えそうです。