「部長!突然ですが報告がありまして・・・。私、営業部の崎山さんと結婚することになったんです。それで結婚式に出てもらいたいなと思って・・・。いいですよね!」

そう報告してきたのは、私がいる総務部の部下で、渋谷さんという女の子。
私が総務部に配属になった時の新入社員で、一緒に仕事をし始めて5年が経っていました。

入ってきた時はまだ高校出たてで、幼い子供のような女子だったのに、結婚するんだなあと感心していました。
今となっては仕事もできるし、後輩の面倒もよく見てくれるし、なくてはならない存在なのです。
しかも渋谷さんとは、私も総務という今までまったく縁のなかった部署で、よくお互いに相談したり、助け合ったりして、実はちょっと彼女のことが気にはなっていたのです。
私は7年前に妻を病気で失っており、正直そろそろ女性の肌が恋しくなってきていて、何かの間違いで渋谷さんと・・・なんてことを考えたことは1度や2度ではありませんでした。

そして今度結婚する相手の崎山君は大学出の7年目の30歳。
しかし崎山君のこと、あまり知らないなあ・・・と思い、食事に誘ってみることにしました。
娘を嫁がせる親の気持ちというか、どんな男のもとへ渋谷さんが嫁いでいくのか気になったのです。

当日は、総務の男子仲間と、崎山君の営業仲間と男5人で焼肉を食べに行きました。
私の提案で、先にサウナに行って、汗をいっぱいかいてから食べようと提案し、5人で裸の付き合いをすることに・・・。
そう、崎山君のアレがどんなものか見るために・・・。

サウナの中で彼女とのことをみんなで聞きまくって、彼は顔を高潮させ照れまくっていました。
もちろん思い出していたのか、下半身も反応して、タオルを突き上げ下半身が膨張していました。
私はそれとなくチラ見しながら確認したのですが、なんだか可愛らしい、お粗末な下半身のように見えました。
本人も他人よりやや短い下半身が悩みだと言います。
私はなぜか、チャンスが巡ってきたのでは・・・という、いけない妄想を始めてしまっていました。

それから普通に数ヶ月が経ち、式の2週間前のある日。
その日が渋谷さんの結婚前の最終出勤日。
私は仕事が終わったら最後の食事に行こうと誘い、OKをもらいました。

今までの思い出や、崎山君とも一緒に食事をしたことを話し、「とてもいい人でよかったね」なんて思ってもいないことを言いながら食事をしました。
もちろんお酒も飲んでいます。
渋谷さんはいつもよりテンションが高く、お酒の量もかなり進んでしまっていました。
その店には2時間ほど居たでしょうか?
店を出る時には、もう千鳥足状態で、私の支えがないとまっすぐ歩けない様子でした。

私は、最寄りの駅まで送ると言いながら、まったく反対の方へと進んでいきました。
本人まったく気づいていないようです。
到着したのは、路地裏にあるラブホ。
何の躊躇いもなく、部屋へと連れ込みました。
彼女も少し酔いが覚めて、状況が掴めてきたようです。

「部長、何でここなんですか?お願いですから家に帰らせてください」
「渋谷君、本当は酔っていなかったんじゃないのか?私がここへ連れてきているのわかっていて、酔ったフリしていたんじゃないのか?どうなんだ?」

「そんなことないです・・・。本当に困ります。部長だってこんなのいけないってわかっていますよね・・・。お願いです」
「いけないことでも我慢できないこともある。崎山君は渋谷さんを満足させられることはできない。私はそう思っている。私が本当の男の下半身とはどんなものか君に見せてやるから受け入れなさい。1度だけだから」

そう言うと穿いていたスラックスとパンツを一気に脱ぎ捨て、硬く張り詰めた勃起物を彼女の前に曝け出した。

「渋谷さんのことをずっと思い続けて、私の下半身はこうなってしまっているんだ。どう?彼はここまで君の前で大きくさせているかな?」

「部長!言っていることが何かわかってますか?おかしいです。早く隠してください!」

私はさらに彼女に近づき、右手を掴むと、私の下半身へと運んでいたのです。
もちろん彼女は抵抗しました。
それでも私は下半身を彼女に触らせました。
同時に彼女を抱き寄せ、唇を強引に奪いました。

「ハァッー、ウグッ・・・イヤァー、、もう・・・お願い・・・。やめてください」

抵抗するも、なぜか彼女の腰が私の下半身へ突き当ててくる感触もありました。
腰の後ろに回した手を下の方へと移動させ、彼女のスカートの中へと滑り込ませ、ストッキングの上からお尻を撫で回し、たまに掴み刺激しました。
もちろん唇は激しく奪ったままです。

「部長・・・。ぶ・・・ちょーーーー、もうだめ・・・これ以上したら・・・私・・・、ぶちょうのが・・・欲しくなっちゃうから」

「そうだろ?本当は私のが欲しくてたまらないんだろ?崎山君はいいやつだが、渋谷さんは崎山君のあれには満足していない。崎山君もそれがコンプレックスだと言っている。本当は太くて硬い下半身で激しく突きまくられたい・・・。そうだろ?言ってみろ!」

「私・・・。部長の・・・硬くて、太いそのおちんちんで・・・いっぱい気持ちよくして欲しいですぅっーーー。早く来て!お願いだから・・・。私のことムチャクチャにして!」

私は渋谷さんのスカートを捲り、バックからチンポを挿入しました。
渋谷さんは会社では決して聞かないような艶やかな声で泣き始めました。
タイトスカートから覗く肉感あるお尻は揉み甲斐があります。
ベッドへ行き、今度は仰向けで正常位。
豊満な胸を鷲掴みにし、乳首を吸いまくってやりました。

「部長・・・すごい、彼はそんなことしないから・・・もっと・・・もっと激しくお願い・・・。気持ちいい・・・。おちんちんも硬くて、すごく逞しいです・・・。もっと来て!」

私は渋谷さんへの5年間の思いをぶちまけるべく、腰を動かし続けました。
そして最後は、豊満なおっぱいへフィニッシュ。
大量の白く濁った男の汁をぶちまけました。
渋谷さんはすかさず私の下半身を咥え込み、綺麗に掃除をしてくれました。
その日は朝まで、合計3度のセックスを楽しみました。

そして2週間が経ち、式当日。
何もなかった顔をして出席し、彼女も何もなかったように振舞いました。
特にドレス姿の彼女はあの日の身体を思い起こし、興奮してしまいました。

実はその後、新婚旅行明けの2人から誘われ、新居に案内されて食事をいただきました。
その時、私は彼に何度も酒を注ぎ、酔わせて先に潰してしまいました。
もちろん彼女と2人になるためです。
彼女が寝室へと彼を運び、服を着替えさせ、寝かしつけている際も、彼女の突き出したお尻ばかりを陰から眺め勃起させていました。

夫を寝かしつけてリビングに戻ってきた彼女に私は下半身を曝け出して待ち構えていました。
彼女は黙ってしゃがみ込むと、私の下半身を喉の奥まで美味しそうに咥え込んでいきました。
彼女は、「たまに遊びに来てくださいね!」と言って、私のことを射精させました。
口の中にたっぷりと私の精子を流し込みました。

私と彼女との関係は今後も当分途切れることはないでしょう。