オレの初体験はソープだった。
もう40年も前、当時の安いソープ(昔はトルコと言っていた)では、本番は無いところが多いと聞いていた。
金のないオレの行くところも、もちろん本番は無くお姉さんの手コキで、シングル、ダブル、逆さダブルの3種類でそれぞれ金額が違っていた。

シングルとは、お姉さんがただ横に座って手でしてくれる。
これが5000円。

ダブルは、お姉さんが一緒に添い寝をしながら手でしてくれる。
これが6000円。

逆さダブルは、いわゆるシックスナインの形になって手でしてくれる。
これが7000円。

どのコースもローション使用だ。
オレは、このソープにもう何回か通っているが、その度に指名はせず、相手を代えてやってきた。
コースは必ず逆さダブルだった。

当時10代後半だったオレからは、もちろんみんな年上なのだが、比較的年齢が高かったように思えた。
ある時、待合室で順番を待っていると、黒髪を束ねた、いわゆる日本美人の女性が入口に顔を出し、「富士子です、お待たせしました」と別の客を呼びに来た。
年は30歳ぐらいだろうか。
オレは一目で気に入って、『富士子』という名前を覚えておいた。
普通はマネージャーのような人が呼びに来て、廊下で女の子と面通しというのが一般的だが、ここは女の子が直接呼びに来る。
次にそのソープへ来た時に、迷わずその富士子を指名した。

待合室で待っていると、黒髪の美しい女性が「富士子です。お待たせしました」と言って顔を出した。
オレは後について部屋に行った。

部屋に入ると、「君、前に私のところ来たことあった?」と富士子さんが聞いてきた。

オレ「ないよ。初めて」

富士子「じゃあ誰かに聞いたの?」

オレ「違うよ。待合室で別な客を呼びに来た時、黒髪がステキで一目惚れした」

そんな歯の浮くようなことを言うと、ちょっと恥ずかしそうに、「そう、じゃあ日本的な女性がタイプなのね」と言った。

その後、オレは服を脱いで洗い場の方に入って行った。
ここの女性は服を脱がない。
服と言っても色っぽくも何でもない白いユニホームのようなものを着ていた。

私はいわゆる“すけべイス”に腰掛け身体を洗ってもらった。
ちんちんを洗う時になると、「ちょっと立って」と言われ、その場で立ち上がった。
富士子さんは後ろから股の下に手を入れ、石鹸の付いた手でタマから竿の方へ移動しながら優しく洗ってくれた。
初めての体験に身震いし、竿はピンピンになった。

洗い終わるとベッドへ移動し、コースを聞かれ迷わず逆さダブルと告げる。
富士子さんは穿いていた短パンのようなものを脱ぐと洗い場でアソコを洗っている。
オレは裸のままベッドに寝て待っていた。
富士子さんが胸を開けてオッパイを見せながら戻ってきた。
形の良いおわん型のオッパイだった。
乳首もピンクよりは白っぽかった。

ローションを用意。
自分の手に取ってオレのちんちんに塗りながら、「失礼」と言いながらオレの顔を跨いでシックスナインの体勢になった。
目の前に富士子さんの性器が現れた。
身体の色が白いせいか、性器も黒くなくきれいなピンク色だった。
陰毛も多すぎず少なすぎずで、良く見ると性器の周りをわずかに覆っていた。
お尻の穴も奇麗で周りのシワがはっきり見えていた。

富士子さんはローションをたっぷりつけた手を優しく上下に動かしている。
オレは気持ち良くなり、夢中で性器を舐めた。
富士子さんは軽く声を上げたが、感じているふりをしているような声だった。
そのうちオレの方が昇り詰めて、呆気なくイッてしまった。

それからは必ず富士子さんを指名した。
次に行った時、初めて富士子さんのオッパイに触った。
乳房全体が硬めだった。

また、行く度に自分の体験談などを聞かせてくれた。
興味を持ったのはレズの女性に誘惑された話。
ある女の人と二人でお酒を飲んでいて、何か目つきがおかしいと思ったらやっぱりレズだった。
誘われるままにホテルに行ってしまった。
女性とのセックスは初めてだった。
自分がネコで、道具は使わずに指と舌で、もう何度イッたかわからないくらい長い間攻められた。
女同士、どこが気持ち良いかわかっているから男性とやるよりも満足感があった。
結局、その女性とは1回だけのセックスだったとのこと。
オナニーもこの仕事をする前はほぼ毎日していた。
もう何がなんだかわからなくなるくらい気持ち良くなる。
19歳の時に妊娠して堕ろした話もしていた。

オレはまだ童貞であることを告げていた。

「早く捨てたくて本番の出来る所へ行こうと思って探しているんだ。隣町にそういうソープがあるらしいんだけど知らない?」と聞いてみた。

富士子さんは、オレがそっちに流れていっては困ると思ったのか「知らないと」言い、「じゃあ、今度来た時にしてあげようか」と言ってくれた。

オレ「えっ、でも本番ダメなんでしょう?」

富士子「そうだけど、見つからないようにすれば大丈夫よ。他でもやっているみたいだし。ただし、お金は1000円アップするわよ」

1000円アップって言ったって8000円だ。

オレは翌日、またソープを訪れた。
富士子さんはオレの顔を見ると呆れたような顔をして部屋に案内した。

オレ「ごめん、でも我慢できなくて」

そう言うと優しく笑ってくれた。
いつもと同じように身体を洗ってもらい、ベッドに横になっていると、富士子さんはパンツを脱いでアソコを洗うとベッドに腰を下ろして、ローションを付けずに手でペニスをしごき始めた。
オレのモノはそれだけで大きくなっていた。
富士子さんは自分のバッグからコンドームを出し、袋から出すとペニスに被せた。
オレは女性との初体験に心臓がバクバクだった。
富士子さんは胸の前を肌蹴て、ペニスを握りながらオレの下半身を跨いできた。
自分の性器にペニスを擦りつけながら静かに腰を落とした。
すうーっと中に入って行く感触が伝わった。

その瞬間、(この感触、前にも味わったことがあるような気がする)・・・なぜかそんなことを思った。

そして富士子さんの熱くなった膣の中がペニスに伝わり、(女性の中はこんなに熱いのか)と思った。
富士子さんはゆっくり腰を上下に動かしている。
廊下を誰かが通ると、はっとしてペニスを抜く。
そして様子を窺ってまた入れる。
すると富士子さんの息遣いがだんだん荒くなって、いつもの演技の声ではなく、本気で感じているような低い声で呻いている。

(富士子さんが本気で興奮している)

オレはそれだけで興奮した。
だが、若いとはいえ昨日も来て抜いてもらっている。
いつまで経ってもイカない。
富士子さんはペニスを抜くと、「やっぱり昨日の今日じゃ無理よ、手でするね」と言ってコンドームを取ると、いつものようにローションをつけて手でしてくれた。
それからは行くたびに本番をさせてくれたが、手でイキ慣れているので、富士子さんの中ではなかなかイカず、いつもフィニッシュはローション付きの手だった。

富士子さんはなぜかフェラチオをしてくれなかった。

「私はやらないの」と言っていたが、オレがせがんだので、シックスナインになった時に、ペニスの先を舌でペロペロだけしてくれた。

富士子さんもだんだん大胆になって、人が廊下を通ってもそのまま続けるようになっていた。
ある時、いつもは全裸になった事がないのに、いきなり上に着ているものも全部脱ぐと、ペニスを持って背中を向け、生のまま自分の中に入れてしまった。
オレからは富士子さんの白くて大きなお尻の間に自分のペニスがずぶずぶと入っていくのが見えた。
オレはいつもとは違う生の感触を富士子さんの膣の中で感じていた。
富士子さんは、「これが生で入れた感じよ」と言いながら腰を動かしている。

しばらくするとまた富士子さんの低いうめき声が聞こえた。
オレは初めの生挿入で気持ちが良くなり、たまらず「なんかすごく気持ち良くて出ちゃいそうだよ」と言った。
富士子さんは慌てて腰を浮かせて、ペニスを抜いた。
そしていつものようにコンドームをつけて、また自分の中に入れた。
そしてそのまま富士子さんの中で初めてイッた。

いつも騎乗位の形だけだったが、だんだん大胆になり体位も色々変えてみた。
自分が上になって正常位でやってみたり、バックからしてみたりした。
ある時、シックスナインで富士子さんの性器を舐めていると突然、「ねぇ、早く入れて」と言って身体を起こして仰向けに寝た。
オレが「バックでしたい」と言うと、そわそわしながら「後でさせるわよ」と言い、オレの腕を引き、ペニスを握ると生のまま挿入してしまった。
オレは驚いたが、そのまま大きく腰を動かした。
いつもより中がヌルヌルして熱かったように感じた。
すぐに富士子さんは今まで聞いたことがないような大きな声をあげた。

(これが富士子さんの本性か・・・)

それを聞いたオレも興奮しイキそうになったので腰を引いて外に出そうとすると、富士子さんがオレの腰を押さえると呻きながら、「いいからそのまま中に出して」と大きな声で言った。
オレはビックリしたが、言われるまま富士子さんに中出ししてしまった。
初めての中出しだった。
ペニスが富士子さんの中でぴくっ、ぴくっと動いている。
富士子さんも目をしっかり瞑ったまま大きな口を開けて呻きながら身体を痙攣させた。
オレは富士子さんのオッパイを鷲掴みにしながら、静かにペニスを抜いた。
ペニスは白い愛液に包まれてドロドロになっている。

富士子「私が大きな声をあげたから、つられてイッちゃったんでしょ」

オレが「うん」と言うと、「だって久しぶりだったのよ」と言った。

富士子「中に指を入れてごごらん、まだ熱いから」

オレは富士子さんの膣に指を入れてみた。
本当に中はまだ熱くてヌルヌルしている。
富士子さんが、「自分の精子をかき出してみて」と言ったので、指でかき出すような真似をした。
すると指に自分の精液が絡みついて、膣口から精液が流れ出た。
オレは初めての中出しに戸惑いながらも余韻を楽しんでいた。
・・・そして、それが最後だった。

次に行った時、富士子さんを指名すると、「富士子さんは辞めました」・・・とのこと。
オレはこの人にすべてを教えてもらったような気がする。