俺は26歳のリーマンで、173cm、65kgの本当に普通な感じの男だ。
顔もブサメンでもなくイケメンでもないという、本当に中途半端な感じ。

彼女の香織は24歳の役所勤めで、160cmで体重は教えてもらってないが、痩せ型だ。
黒いセミロングの髪とめがねが似合う文学少女っぽい感じの雰囲気で、そこまでの超絶美少女ではないが成海璃子に似ているとたまに言われる。

俺が役所に書類を取りに行った時に、もろにタイプの彼女に一目惚れして、時間を掛けて仲良くなった。
そして付き合いだして2年、仕事も順調で、そろそろ結婚が見えてきたかなという矢先だった。
お互いがお互いの家の鍵を持っているので、半同棲のような生活だったのだが・・・。

ある日、いきなり彼女の家に行った時に、ドアを開けたら慌ててノートパソコンを閉じて、身なりを整える彼女が見えた。
どう見ても、パソコンで何かを見ながらオナっていた感じだった。

「なに、慌ててどうしたの?w」

俺がからかうように言うと・・・。

「えっ!?なんでもない!寝てた!」

きょどる香織。

「なになに、寂しかったの?」

そう言って後ろから抱きつく。
香織は顔を真っ赤にしながら・・・。

「うん・・・ねぇ、ベッドいこ」

ベッドに移動して、香織にキスをした。
さっきまでオナニーしていたせいか、香織は積極的に舌を絡めてくる。
基本的に普段の香織は受け身で、セックスに対してはその潔癖な性格からそれほど乗り気ではない感じだ。
だが今は、俺が口の中に滑り込ませた舌を夢中で吸ったり自分の舌を絡めたりしてくる。

「なに、香織興奮してるの?w」

「えっ?あ、あぁ、うん」

異様に動揺している。

(オナニーを見られたのがそんなに恥ずかしかったのかな?)

そう思って、気にせず責めた。
自分も服を脱ぎながら徐々に香織の服を脱がせ、胸を揉んだり、首筋にキスしたり、高まっていく。
香織を裸にすると、その小ぶりな胸に舌を這わせる。
すでにコリコリになった乳首を優しく舐めていく。

「あ、あぁ、ん、恥ずかしいよぉ、電気消してぇ、あっ、ふ」

吐息を漏らしながら恥ずかしがる香織。
言われるままに間接照明に切り替える。
そして、そのまま胸を舐めながら香織のアソコに手を伸ばす。
そこは、さっきまでオナってたからだと思うがグチョグチョに濡れていて、濡れていると言うよりは、漏らしてしまった後のようだ。

「こんなになってる。香織はエッチな女だね」

香織は、こういう風に言葉で責められるのにめっぽう弱い。

「エッチじゃないよぉ・・・だってぇ、あぁ、そこ、ダメっ!んヒぃ」

わざと音を立てながらアソコを触りまくる。

「あっ!あっ!あっ!はぁぁっ!んんっ!だ、めぇ」

切なそうな、とろけた顔になってくる。
そしてアソコに顔を近づけて舐めようとすると、全力で頭を押し返されて拒否される。

「だーーめっ!シャワー浴びてないし、恥ずかしいから」

割りときっぱりとした感じで言われた。
香織はアソコを舐められるのは恥ずかしすぎてダメだ。
俺も毎回のように挑戦するが、いまだに舐めた事はない。

「じゃあさ、私が舐めてあげる!」

そう言って子犬のようにじゃれてくる。
そして犬みたいに俺の胸の辺りを舐め始め、乳首を舌でチロチロし始める。

「ねぇ、気持ちいい?右と左、どっちが良い?」

そんな事を聞きながら舐めてくる。
正直、右も左も同じなのだが、なんとなく左と答える。
そう答えると、左乳首を重点的に舐めてくれる。
そして、舐めながらでも目が合うと、にっこりと笑ってくれる。
俺みたいな特に取り柄がない男と付き合ってくれるだけでも幸運なのに、こんなにも可愛い仕草で俺をもっと幸せにしてくれる。
そして俺の大きくなったチンポを舐めようとしてくれるが、さっきとは逆に俺が拒否する。

「あ、いいよ、そこは!シャワー浴びてないし」

「全然構わないよ。シャワーなんて浴びてなくても雅君のなら汚くないよ!」

そう言ってくれるが、文学少女みたいな清純そのものの香織にフェラチオさせるのはどうしても抵抗がある。
そして香織を仰向けで寝かせると、素早くゴムを装着する。
もう一度香織とキスをして、挿入していく。
香織はセックスの時は眼鏡を外そうとするのだが、俺が外さないでくれとお願いをしてからは、外さずにセックスをするようになった。
どうしてかわからないが、眼鏡を掛けたままの香織が感じている顔をするのがたまらなく興奮する。
本当はイク時に眼鏡にぶっかけたいのだが、それは言えずにいた。
香織の中は熱くてキュウキュウ締め付けてくる。

「んんっっ!ふぅあ、あぁ、雅くん・・・好きぃ」

奥まで挿入すると、そう言ってキスをしてくる香織。
俺は夢中で舌を絡めながら腰を振り始める。
すると香織は俺の顔を下から見つめ、驚いたような、苦しいような、それでいて快感をこらえるような不思議な表情を浮かべる。

「あっ!あっ!くぅぁ、ん、は、ひぃ、雅くん、好き?香織のこと好き?あ、あぁ、んんっ!」

俺が大好きだと答えると、香織は満足そうな笑みを浮かべる。
そして今日はいつもよりも興奮が高まっていたのか、珍しく俺と体勢を入れ替えて、香織が上になった。
香織は俺と両手を指と指を絡める恋人繋ぎにして、腰を前後に振り始めた。
擦りつけるように腰を振る香織。
その顔は快感にとろけている。
俺はいつもと違う刺激にあっという間にイキそうになる。

「香織、だめ、イッちゃうよ」

俺が情けない声を上げると、香織はもっと腰を速く動かしながら・・・。

「イッてぇっ!雅くん、香織の中でイッてぇっ!」

そう叫んだ。

「中でイッて」と言ってもゴムをつけているのだが、その言葉に興奮が高まりイッてしまった。
香織は俺の胸にもたれかかって満足そうに微笑むと、唇にチュッと軽くキスをした。

「雅くん・・・すっごく気持ちよかったよ」

そんなことを言う香織の頭をそっと撫でながら、「俺もめちゃめちゃ気持ちよかったよ・・・愛してる」と言った。
香織は嬉しそうに顔を赤らめながら、「私も」と言ってくれた。
もう幸せを絵に描いたような感じだった。

明日は二人とも休みなので、このまま香織の家に泊まることにして、シャワーを浴びることにした。
先に香織が浴びることになって待っている間、何となく香織のオカズが気になってパソコンを立ち上げてみた。
香織のパソコンを見ること自体初めてだったので、ちょっとドキドキした。
そしてブラウザの履歴を見たが、料理とか猫のサイトばかりで特に怪しいものはない。
ブックマークにも特に何もなく、ファイル検索を開始した。
ワイルドカード検索で拡張子を拾ったが、画像、動画ともにヒットせずだった。
頭の中にクエスチョンマークがぐるぐる回ったが、香織がシャワーを終えそうだったので、とりあえずシャットダウンした。

入れ替わりで俺がシャワーを浴びて、狭いシングルベッドで二人で寝た。
ガシッという感じで抱きついてくる香織。
それがたまらなく嬉しくて、幸せだった。

「ねぇ、雅くん・・・大きくなってる」

そう言って俺のチンポを指でつついてきた。
香織がそんなことをすること自体初めてなので、すごく驚いたが同時に興奮した。
俺は黙って香織の胸を揉み、キスをした。
すると香織も積極的に舌を絡めてくれて、握ったチンポをしごき始めた。
その気持ちよさに腰が砕けそうになっていると、香織が俺のパジャマを脱がせてチンポを咥えてきた。
俺が慌てて逃げようとすると・・・。

「だってシャワー浴びたでしょ?もうきれいだよw」

そう言ってパクッと咥えてくれた。
香織にフェラチオをしてもらうこと自体物凄く少ないので、感激しながらその快感に痺れていた。
香織はぎこちないながらも一生懸命に舌を絡ませて、唇をすぼめて奉仕してくれる。
俺はもう我慢できなくて香織を押し倒そうとするが、香織はチンポを咥えて離さない。
そうこうしているうちに俺の限界が来てしまった。
うめきながら香織の口の中にぶちまけると、頭が痺れるほどの快感だった。
香織は、ティッシュに俺の精子を吐き出しながら・・・。

「雅くん、いっぱい出たw気持ちよかった?」

そう言って可愛らしく首をかしげて聞いてくる。
俺は、「もちろん」と答えて抱き締めた。
そして二度も射精したからだと思うが、猛烈に眠くなり、寝てしまった。

そして朝になり二人で映画に出掛けた。
一日、楽しくデートをした。
ただ俺は香織のパソコンのことが気になって仕方なかった。

そして後日、俺が休みで香織が仕事という日に、香織の家に行ってパソコンを調べてみた。
今思えば、こんなことをしない方が良かったのかもしれないが、結果、香織はパソコンでオナニーをしていたのではなく、チャットで疑似セックスをしていた事がわかってしまった。
このことがわかったのは、Gmailからだった。
パソコンを調べているうちに、オートコンプリートとパスワードの記憶でログインできてしまったことにより、すべてが発覚した。
その膨大な量のメールのやりとりは、俺と香織が知り合う2年も前に遡っていた。

わかったことは、相手の男は既婚の35歳で子持ち(たぶん2人)。
香織の昔のバイトのお客さんで、香織の方からメルアドを渡した・・・という事だった。
香織の昔のバイトはメールを読んでいくうちに何となくわかり、それは“ビデオパブ”というジャンルの風俗店だった。
ビデオパブは、ビデオを観ながらオナニーするのを女の子が手で手伝うというものらしく、フェラチオや脱いだりはしない、キスもしない緩い風俗ジャンルという事らしかった。
もっとも中には女の子が脱いだり、オプションでフェラやキスがある店もあるらしいのだが、メールのやりとりを見る限り、それはない感じだった。

だが、自分の彼女が風俗嬢だったという事に変わりがなく、物凄くショックを受けた。
しかも、その時の客さんと今だに続いていて、チャットで疑似セックスをしている・・・。
もう嫌悪感すら湧いていた。
メールをより詳しく読み進めていると、今でも結構頻繁に会っていることまでわかってしまった。
しかもやり取りしているメールはいつも香織から送っていて、男が返信するという感じだ。

内容も・・・。

『今、彼と浮気セックスしちゃいました(>_<)ごめんねm(__)mでもイカなかったからね!今、彼の前でスマホ弄ってるけど、ちょっとドキドキする。ダーリン、明日はいっぱいイカせてね(^^)』

こんな感じだ・・・。

色々と読んで俺なりに思ったのは、香織は男の気を引くために、男を嫉妬させるために、当てつけで俺と付き合いだしたということだ。
俺とのことをメールで書いて、ヤキモチを妬かせたいとか、そんな感じが見え隠れする。
何一つ疑うことなく信じていたので、冗談のようだ。
あの香織が、こんなビッチだったなんて違和感がある。
信じられないし、信じたくない。

俺は自分を納得させるためにも、この先どうなるかわからないので、証拠にするためにも現場を押さえることにした。
まずはチャットでの疑似セックスを録画することにした。
これは俺の特技というか趣味が生きて、チャットでの先方の画像と、インカメラでの香織の画像と、両方を密かに記録するソフトを組み込んでおいた。

こんなことがあったので、すぐにでも問いただしたい気持ちもあったし、怒りでめちゃめちゃにしたい気持ちもあったのだが、出てきたメールの内容があまりにもひどく、また風俗でバイトしていたというとんでもない内容の過去がわかったので、妙に冷静になっていた。
不思議と香織と実際に会っても、今まで通りの感じで接することができた。
ただ、やはり会ってしまうと怒りとかよりも愛おしい気持ちが出てきてしまい、自分自身混乱した。

この笑顔が、この言葉が、どうしても嘘とは思えない・・・。

だがそれは、パソコンの録画した記録を見るまでの話だった。

<続く>