入学してからずっと俺は同じクラスの同級生のあゆみちゃんが好きだった。
いつも笑ってる、笑顔の良く似合う明るい子だった。
あゆみちゃんはサッカー部のイケメン男のことが好きで、あゆみちゃんの方から告って付き合うことになった。

二人が付き合い始めて一ヶ月くらい経つと、あゆみちゃんが校内で援交っていうか、有料の公衆便所だって噂が流れた。
サッカー部の部室で、一発5000円でやらせてるって。

迷ったけど、俺は不細工でデブだから、あゆみちゃんとセックスできるチャンスなんてこれ以外に無いと思った。
5000円持って放課後サッカー部の部室に行くと、すでに何人か順番を待っていて、あゆみちゃんは全裸で床に毛布を敷いた上で男にやられていた。

僕と目が合っても平気で、男が動くのに合わせて可愛い喘ぎ声をあげてる。
俺を含めて順番待ちをしてる男たちに、突っ込まれてるところを覗き込まれると恥ずかしそうに顔を背けるが、アソコに打ち付けられる度に小さな体を仰け反らせて反応している。

あゆみちゃんのマンコからは白い液がいっぱい垂れてた。
男はみんなコンドームつける決まりだったから、あゆみちゃんの汁に違いなかった。
1月前まで、軽い下ネタにも顔を赤らめていたあゆみちゃんが、みんな見てる前ではめられて、マンコ汁垂らしてる・・・。
一人目が終わると、次の男のモノを小さな口でしゃぶって、硬くなったのにコンドームつけて足を大きく広げて自分のあそこに入れさせてる・・・。
俺は自分の番が来る前に暴発してしまっていた。

俺の前の男がはめた時にあゆみちゃんが、「あぁん・・・やぁ、っ・・おっきぃ・・・ちょっと・・・キツい・・・」って声出して、チンポはめられてるあゆみちゃんの小さい穴がいっぱいに広がってるのを見たら、触ってもいないのにドクンドクンと脈打って、放出してしまった。
出してもチンポは立ったままだった。

すぐに俺の番だった。
あゆみちゃんの手でズボンとトランクスを下ろされて、あゆみちゃんに精子がべったりついたチンポを見られる。
あゆみちゃんはその時、キツい匂いに確かに眉をしかめて、一瞬躊躇した。
俺はあゆみちゃんの頭を掴んで、半立ちで精子でヌルヌルのチンポを顔に押し付けた。
あゆみちゃんは顔をしかめたが、素直に俺のモノを口に含んで、舌を使い始めた。
射精した直後で、まだチンポは敏感になってて、あゆみちゃんのいやらしい舌の動きで俺のはすぐカチカチになった。
1月前までは確実に処女だったはずなのに、外見は清楚なままなのに、精子で汚れたチンポを舐め回すエロ女にされてしまっていた。

あゆみちゃんの手でコンドームをつけられて、正常位で挿入した。
入り口が良くわからない俺のチンポをあゆみちゃんの手が穴に宛てがって、腰を突き出すと、もうあゆみちゃんの穴に入ってた。
穴の中はすごく熱くて、濡れてるのに抵抗があってシコシコする感じだった。
俺はあゆみちゃんの顔と、はまってるところを交互に見ながら、すぐにイッた。
気持ちよかったけど、あゆみちゃんからセックスが下手だと思われそうで、すごく悲しくなった。

もう行かない、と思ったけど、性欲と金が溜まると行ってしまった。
なんであゆみちゃんがこんなことしてるのかはわからないけど、男の命令だとか、サッカー部の先輩にも輪姦されたとか、待ってる間に色々聞いた。
サッカー部のイケメンの男は別の女と付き合ってるのに、あゆみちゃんはまだ自分が彼女だと思ってるようだ。

こんな状況でもあゆみちゃんの成績は落ちてない。
放課後部室でセックスする以外は、今まで通り生活しているようだ。
女はわからん。