大学生の時、よく近所のラーメン屋に行っていた。
女店主が威勢良くラーメンを作ることで評判の店だった。

その日も僕は醤油ラーメンを頼んで、雑誌片手に麺を啜っていた。
ランチ時間の過ぎた変な時間だったためか、店には僕以外客はいなかった。
そこへ、見知らぬ男達がぞろぞろと入ってきた。
全員派手なシャツに光りものを身につけていて、明らかにヤバそうな感じだった。
僕は目を合せないように、すぐに下を向いて雑誌に目を落とした。

彼らは酒にでも酔っているのか大きな声で喚くようにしゃべり、静かだった店内が急に五月蠅くなった。
僕は麺をかき込むように食べて、大量に残してしまったスープに軽く後ろ髪引かれながら席を立った。
雑誌を棚に戻してから、さあ会計をしようとした時、男のうちの一人が急に大声を上げた。

「熱っちいな!こらあ!」

振り返ってみると、アルバイトの若い男の子が躓いたのか、僕の食べ残したドンブリを落としてしまい、男達のうちの一人の服にラーメンの汁がまともに掛かってしまった。
パンチパーマの男が、「お兄ちゃん、とんでもないことしてくれたなぁ」と低い声で言いながらバイトの子の胸倉を掴んだ。

「お客さん、暴力は止めてください!」

慌てて女店主が厨房から飛んできて、良く通る声で言った。

「はあ?まだ暴力なんざ振るってないだろうが」

男はドスの利いた声で言った。

「この兄ちゃんに服を汚されたんだ。俺達は被害者だ。きちんと誠意を見せろや」

女店主は頭を下げながら、「クリーニング代を出します」と言った。

「クリーニングしても、こんな醤油のシミはとれないんだよ!」

「じゃあ、弁償します」

「ふざけんな!そういう問題じゃねえんだよ!それに、火傷した痛みはどうしてくれんだよ?」

僕は(いや、食べ残しのスープだし、熱くないだろ)と心の中で囁いたが女店主は、「じゃあ、どうしたら許してくれるんですか」と聞いた。
男は女店主の体を舐め回すように見てから、にやりと笑った。

「裸になってもらおうか」

「え?」

「裸になって詫びろって言ってんだよ」

僕はドキドキしながら成り行きを見守った。
女店主は少し考えるような素振りを見せてから顔を上げて、キッと睨むように男を見つめて、「分かりました」と言った。
男達はそれを聞いていやらしい笑みを浮かべた。

女店主は素早くエプロンを外して、ジーンズとトレーナー姿になった。
女店主を見つめる男達の目には、残酷な色がありありと浮かんでいた。
それはそうだろう、自分達の目の前で一般の女性がストリップをしようというのだから。
僕もゾクゾクしながら成り行きを見守っていた。

女店主はトレーナーの裾を掴んで脱ごうとしたところで少し顔を赤らめながら、「◯◯君、貴方は奥に行ってて」とバイトの男の子に言った。
男達はそれを聞くと嬉しそうに、「別にいいだろ、お前も、ここへ居ろ」「そんなことより、早く脱げや!」と囃し立てた。

女店主は諦めたような顔をした後、トレーナーを一気に脱いだ。
ベージュのシンプルなブラジャーと白い素肌が剥き出しになった。
男達の囃し立てる声の中、女店主はジーンズを下ろし、ブラジャー、パンツと脱いで全裸になった。

「うっは!恥ずかしい格好やなぁ」
「そこでケツ突き出して土下座しろや!」

僕は、とても見ていられなかった。
ラーメン店『◯◯』の女店主、65歳、推定体重85キロのブヨブヨの裸を見るのが恐ろしくて、僕は1000円札を置いて慌てて店を出て行った。