僕が中学1年生、従姉のM子が高校2年生でした。
夏休みや冬休みになると、泊りがけで遊びに行くのが習慣になっていて、その日も夏休みが始まって間もなく姉と2人で泊まりに行ったのです。

家に着いたのは確か昼過ぎでした。
M子は部活で居ませんでした。
しばらくは姉とM子の姉(S子)と3人でトランプやオセロをしていました。
やがて3人ともゲームに飽きてきて、姉とS子がおしゃべりを始めると僕はM子の部屋に行きました。
帰宅したM子を驚かそうとベッドの下に潜り込んだのです。
しかし、今か今かとM子の帰宅を待っていたのですが、なかなか帰って来ず、僕はいつの間にか眠ってしまったのでした。

ふと人の気配を感じて目を覚ましました。
寝ている間にM子が帰ってきたのです。
ベッドの下からは彼女の足首の10センチくらい上までしか見えません。
帰宅して着替えを始めたところのようでした。

ベッドの下から姿を見せて、彼女を驚かせるタイミングを失ってしまった僕は、逆に着替えを覗き見したと思われるのが嫌で、息を潜めて部屋から出るタイミングがやって来るのを待ちました。
着替えを済ませたM子がステレオに近づき、FM放送をかけ、そして座椅子に座りました。

びっくりしました。
M子は下半身がショーツだけだったのです。
ベッドの下からは彼女の左半身、肋骨の下辺りから下の部分しか見えませんでした。
しかし太腿剥き出しの生脚がすぐそこに見えました。
彼女との距離はせいぜい2メートルくらいだったと思います。
上半身は黒のTシャツを着ているようでした。
従姉とはいえ、僕はM子に女を感じてしまい、股間を硬くしてしまいました。
勃起したチンコのポジションを変えたかったのですが、動くとベッドの下に隠れていることがばれてしまうと思い、痛みを我慢しました。

M子は雑誌を呼んでいるようでした。
このままベッドの下から覗き見したいという気持ちと、早く逃げ出さなければという気持ちが綱引きをしているようでした。
もちろん覗き見が優勢でしたがw

それから10分か20分くらいが過ぎた頃だったでしょうか。
M子の右手が股間に伸びて、掌全体を割れ目に押し付けるようにしながらゆっくりと前後と言うか上下にスライドし始めたのです。
横から見ているので太腿に隠れて、どのように陰部を触っているのかは見えません。
掌全体で陰部を撫でる様な感じでした。

当時の僕はすでにオナニーをするようになっていましたが、女性がオナニーをすることを知りませんでした。
女性器の構造もよく知りませんでした。
ただ股間に亀裂があり(幼女のように)、そこからおしっこが出るというくらいの認識でした。

それでも、今、M子は何かいやらしいこと、つまり自分がオナニーをするのと同じくらいにいやらしいことをしているのはわかりました。
さらに僕の興奮は度合いを増して行きました。
きっと、M子が誰にも見られたくない恥ずかしい行為を、こっそりと見ているのだという実感がもたらす興奮だったと思います。
心臓はバクバクと破裂しそうなほどに激しく収縮を繰り返し、頭がくらくらとして息苦しさを覚えるほどでした。
実際、視界の中にちかちかと星のように瞬くものが見えるくらいでした。

間もなくM子は左手に持っていた雑誌を床の上に置きました。
そして背もたれを後方に倒し、お尻を前方にずらしました。
だらしなく座っている感じです。
僕の視線はM子の右手の動き、そして恥骨の盛り上がり部分に集中していました。

さらに1分、あるいは2分ほどが過ぎたでしょうか。
M子が座椅子を後方に押しやり、完全に床の上に仰向けになり、いわゆるM字に両脚を開いたのです。
ベッドの下に居る僕の視界は限られていて、お腹の辺りより上の方は死角になっていました。
太腿も途中までしか見えなくなりました。
姿勢を変えながらもM子はショーツの上から陰部を撫でるように擦り続けていました。

(一体彼女は何をしているんだろう?女の人もおしっこが出てくるところを触ったら気持ちよくなるんだろうか?)

そんな疑問とともに、やはり、見たいものが見たくなりました。

(あぁ、マンコが見たい。M子ちゃん、こっちに向かって股間を開いてくれ!)

ショーツを穿いた状態でしたが、股間の割れ目を見たいという衝動に駆られた僕は、ベッドの下から祈り続けました。
そしてふとM子の触り方が変わっていることに気がつきました。
それまで掌を股間に押しけるようにして陰部全体を擦っていたのですが、今度は指だけで触っているようなのです。
今なら、中指で割れ目を、時にはクリトリスを集中的に擦っているのだなと想像できますが、当時の僕にはそれがわかりません。
そもそもクリトリスの存在すら知りませんでしたから。

僕はますます横からではなく彼女の足元の方から見てみたいと思い、もっとこっちに向けて股間を開いてくれと祈りました。
自分では息を潜めているつもりでしたが、今にして思えばかなり「はぁはぁ」言っていたかもしれません。
そしてM子も次第に呼吸が途切れがちになっていきました。
ラジオの音量がやや大きめだったので聞き取りにくかったのですが、右手の動きも速度を増していき、それにつれて身悶えするように足を閉じたり開いたり、腰をくねらせたりし始めました。
エロビデオのような激しさはありませんでしたが、中1の僕にとっては衝撃的なエロさでした。

我慢の限界に達した僕は、うつ伏せの状態で少し腰を浮かせ、ズボンの上からでしたがギンギンのチンコのポジションを右手で修正し、包茎の先端部分を摘んだり、開放したりしてオナニーを始めました。

M子は僕にオナニーを覗かれているとは知らず、さらに右手の動きを速めていきました。
そして、「あっ」と小さな喘ぎ声を漏らした瞬間、僕の方に背を向ける形でエビのように背中を丸め、びくっ、びくっと体を震わせました。
何が起こったのか当時の僕には理解できませんでした。

その後、しばらくぐったりとしていたM子は立ち上がりました。
まだこのとき、M子のオナニーが終わったことを理解してなかった僕は、次は何が起きるのかと息を詰めて待っていました。
やがてM子はショーツを脱ぎ、脱いだそれが無造作に床の上に落とされました。
新しいショーツに穿き替えたのです。
それからM子は部屋を出て行きました。

M子が部屋を出て行くと、僕は見つからずにここから出て行くチャンスだと思い、ベッドの下から這い出しました。
しかし、目の前にある脱ぎたてのショーツを無視することは出来ませんでした。
もう後先も考えず、僕はM子がついさっきまで穿いていたショーツをポケットに突っ込み、トイレに向かいました。

トイレには先客が居ました。
トイレの外で待っていると、出てきたのはM子でした。
僕はどぎまぎとしましたが、何も知らないM子は、「あら、T君(僕)が居ないって、みんなが心配してたよ」と言いました。
僕は曖昧な返事をするとトイレに入っていきました。
そしてポケットからショーツを取り出し、ショーツに出来た染みの匂いを嗅ぎ、舐め回しました。
そして・・・。
って僕のオナニーを書いても仕方がないので、これで終わりにします。