日暮里のラブホテルに彼女はやって来ました。

入口のドアを開け入室した途端、何となんと私の下着をおろして即フェラのご挨拶。
それがまた上手なせいと、玄関でのフェラときて息子はピンピン爆発状態。
その場で私も彼女の下着を剥ぎとり、バックから巨大化チンポを入れて立ちマン攻撃。
敵もさることながら彼女の方からも尻を振って応戦、ついに我慢できずにマンコに中出し。
この時、玄関での中出しは異様な興奮を感じたのを覚えました。

(癖になりそう・・・)

彼女のお尻の間から私の精子が太ももを伝わり下に流れ落ちていく光景は最高の淫靡。
彼女が部屋にあがって事務所に連絡を入れている間、私は彼女のマンコに指を入れて掻き回し放題しちゃいました。

その後、彼女はシャワーも浴びず即ベッドイン。
中出ししたばかりの精子がまだ少し残っているチンポを彼女のお口で綺麗に吸い取って舐めてくれました。
もう気持ち良くて嬉しくて。
そして再度のフェラ攻撃でまたまたピンピン。
即正常位で挿入したらマンコはすでに濡れ濡れ。
今度は私が腰を前後に振ろうとする前に、またも彼女の方から激しく腰を振ってくる淫乱ぶり。
おまけに自ら「早くオマンコして、オマンコして、中出しして。オマンコに精子いっぱい頂戴」の連呼の叫び声。
我慢しなくてはと必死な私。
でも足を大きく開き彼女のオマンコから出し入れするチンポを見ているうちに気持ちが高揚し、彼女の激しい腰振り運動と淫乱な声で2回目の中出しをしてしまいました(笑)

中出し後、彼女は自分のマンコを拭きもせずに休憩。
(なぜかは後で判明)
この間、彼女と煙草を吸いながら話をしました。
名前は千代◯さんと言い、40代半ばぐらいの中肉中背、髪の毛は肩より少し長い人妻さんです。
この中出し専門業界で働いて3年以上のキャリアがある彼女は店では売れっ子で、1日4人前後のお客を取っていると自慢してました。
(確かにこんなに淫乱で中出し大好きなんだから人気あるはず)
この間、彼女は私の息子を時折弄んでますが・・・(笑)

客1人に2~3回中出しされて1日で10回以上。
(すごい量の精子が彼女の身体に入るのかぁ・・・)
月で60人前後の客を取るそうだから体力は人並外れだろう。
仕事が休みの日祝以外、朝6時半起きだから大したものです。
本当に超が付くほどの淫乱エッチ好き、いや、中出し大好き奥さんです。

さて、3回戦目に突入です。
クリトリスが感じるのか舐め回すだけでオマンコの中は濡れてきました。
そして力強く乳房を揉むと乳首は勃起状態。
すでに彼女からの口から「中出しオマンコして」コールが始まってしまいました。
でも、わざと焦らして舐め回していると彼女は我慢できなくなったのか突如起き上がり、私の股間の上に跨がりピンピン息子を奪い彼女自身の手でオマンコにズボリ。
途端に女騎乗で腰を上下に延々振り続けるのです。
もうたまりません、これはシゴキです(笑)
でも見事にちゃんとマンコで爆発しました。
女騎乗だからオマンコから息子を抜くと、こちらの腹部も息子も彼女の愛液と精子でびしょ濡れ。
勿論、2回目と同じく彼女のお口で綺麗にしてくれました(感謝)。

彼女と再度休憩。
若い頃にも同じ様なことをしていたらしく中出しエッチの快楽を身体が覚えてしまったとか(麻薬だね)。
本当に中出しされるのが好きらしく、「中出し後にマンコをティッシュで拭かれるのが嫌い」「せっかく精子を入れてもらったのだから」とのこと。
でも、お客が拭くならやらせるとか。

彼女は結婚後、出産子育で我慢していたが、子供に手が掛からなくなった頃から何人かの男としていたが、もっと思う存分気持ち良くなりたいと。
中出ししてくれる男なら誰でもいいし、その上お金が貰えるわけで、彼女にとってまさに一石二鳥の仕事になったそうです。

今、彼女の一番の楽しみは中出しされて気持ちよくなること。
二番目は家族の前で良い妻母を演じることだそうだ。
きっと女優になった気分で演じているのだろう。
家族を騙して内緒で働いているが、真実を知らぬ夫と子供は本当に哀れでしょうね。
知らぬが仏。

なんなかんだで時間が迫ってきたので二人で風呂場へ。
彼女に四つん這いになってとお願いしたら、犬のようなカッコで両足を開き頭を下げ尻を高く上げてくれました。
何と気のきくオマンコ丸見え状態。
両手でマンコを開き覗き込むと、まだ白いのが残っているようだったので、指を奥深く入れて掻き出すと予想以上に精子がダラダラと出てくるわ出てくるわ。
よくこんなに彼女のマンコに自分の精子を入れたものだと感心してしまいました。

やはりマンコから内腿にかけて流れ出る白い精子は最高に興奮ですね。
流れ落ちてくる精子を手の平にとって彼女の口元へ持っていき舐めさせると、それをぺロリと綺麗に舐めました。
きっと彼女はマゾ気もあるのだろうと、その時思いました。
まさしく超淫乱中出し大好きマゾ妻と言ったらいいのでしょう。

そんな光景を見ているうちに徐々に私のチンポが起き上がり始めました。
ワンワンスタイルでバックからチンポ突入。
両手でオッパイを鷲掴みで腰のピストン運動。
全精力を彼女のお尻に叩きつけました。

「オマンコに中出しして、オマンコに中出しして。千代◯のオマンコに精子いっぱい出して」

彼女の声は風呂場で響き、上から見る彼女のお尻の間から出たり入ったりする自分のチンポを見るとレイプしている気分になり、4回目の中出しをしてしまいました(ちなみに自己最高記録)。
両足を開き、頭を下げ尻を高く上げてた体勢でオマンコからチンポを抜いた時、新たな精子(量は少なかったけど)が彼女の身体から流れてきました。

私は本当に精魂尽き果ててしばらく風呂に浸かっていましたが、彼女はマンコをシャワーで洗うと、「先に上がるね。次のお客さんの予約が入っているから」と言って出て行きました。
私も続いて上がりましたが、腰がフラフラ状態でした。
彼女はタフなんでしょうか、着替えも終わって、化粧も終えて何事もなかったかのように煙草を吸っていました。
きっと家に帰っても同じ様に、何事もなかった顔をして家族をうまく騙しているんだろうなと思いました。

「今日はあと2人指名客がいるの。帰宅は毎夜8時以降になることが多くて大変だけど、エッチするのが好きだから全然平気!」

これからまた、大好きな中出しをしてくれる男が待つ鶯谷のホテル街へ行く彼女は、男にとって天使なのか悪魔なのか。

その後、再び彼女と会うため店に指名電話を入れるも、いつも予約で一杯で、あの時以来会えない状態です。