私と彼女は中学時代からの同級生で、数年前20年ぶりに再会して、それ以来付き合っています。

付き合い始めた当時は、彼女には7歳年下の彼がいて、私は離婚問題で大揉めをしていた時期でした。
彼女はその彼のガキっぽさにほとほと呆れていた時期で、私は離婚問題でもう精神的にブレイクアウトしそうな時であり、お互い満たされぬものを満たす感じで惹かれあい、偶然の再会から2回目のデートで男と女の関係になりました。
しかし、私が子供を預かることとなった頃から、彼女も私との付き合いを親から反対され、彼女自身悩み、結局別れることとしたのです。

ところが、はっきり言って、彼女は私とのSEXに完全にはまってしまってい、何度もその後SEXだけの関係が続きました。
彼女は、今まで早漏ぎみの男としか付き合ったことがなかったようで、私のような遅漏気味の男性と本当に満たされるSEXを経験して、人生観すら大きく変わってしまったようなのです。
私にしても、彼女の性格も含めて全て私好みでしたが、私とのSEXで彼女が徐々に変化していくのが何より楽しみだったのです。

始めの頃は、彼女は男は数分でイクものと信じており(いったい今までどんな男と付き合っていたんだよ)、SEXにすごく消極的でした。
だからこの年まで独身だったと言っていましたけど。
逆に私は、遅漏な上に前戯が大好きで、あそこならずーっと舐め回していてもいいという位なのです。
彼女自身、年齢相応にイクことは認識していましたが、本当の意味でのイクを分かっていなかったようなのです。

初めてSEXしたのは、平成XX年11月で、私も離婚騒動の最中でSEXなど1年近くしていなかった時期でしたので、飢えた野獣のように彼女の体を求めました。
もちろん前戯にも1時間以上かけ、舐めに舐め回しました。
この段階で既に彼女の方は今までに経験したことのない快楽に襲われていたようで(後から彼女に聞いたのですが)、AVに見るような潮さえ多量に吹きまくっていました。

私の前戯で失神寸前までになっていた彼女ですが、私も舐めてもらいたくなり、彼女の愛撫を受けました。
ところが、今まで男に奉仕するSEXをしてきたようで、これがすごいのなんの。
口にジュニアを含まれた時は、危うく遅漏の私が数分でイクところでした。
口の中に何か別の生き物でもいるかのような感触と、絶妙にアヌスや色々な箇所を刺激してくる指にちょっとジェラシーを感じながら、息も絶え絶えの状態で彼女の口からジュニアを引き離し、遂に挿入体勢となりました。

勿論ゴムなどお互い付ける気など全くなく、挿入しようとしましたが、私が先ほどのフェラの上手さにジェラシーを感じていたので、ちょっと意地悪しようと、ジュニアの先っぽでクリや入り口付近を擦ったり、突っついたりして、「『早く入れてください』と言わないと入れないよ」と焦らしに焦らしたところ、彼女は「もうだめ、なんでもするから早く入れて」と陥落しました。

しかし私はもっと虐めたくなり、「何をどこに入れるんだ。ちゃんと言え」と命令したところ、相当抵抗していましたが、数分もジュニアでクリを擦っていると自分から私のジュニアを掴み、「お願いです。◯◯ちゃんのちんちんを私のオマンコに入れてください。おかしくなっちゃうよ」と半泣きの状態であったので、私も、もうこれ以上は可哀想とだなと思い、カリの部分だけをゆっくりと挿入しました。

久々に味わう生の女性の膣内を感じようとカリの部分が彼女の中に入ったその時、焦らしに焦らされた彼女が一気に昇り詰めてしまったよなのです。
野獣のようなあえぎ声とともに、入り口が強烈な収縮を始めたのです。
これには私もびっくりするとともに、私自身にも強烈な快感が襲ってきました。
カリの部分だけを食いちぎられるかと思うくらいの強烈な快感に耐えながら、今度は私の方が、ジュニア全体であの収縮を感じたいと思い、彼女がぐったりとして膣の収縮が収まったところこで、一気にジュニアを膣の最奥部までねじ込んだのです。

予想通り、彼女の膣内は未だ収縮を不規則に繰り返しており、また彼女は完全に狂ったうように喘ぎっぱなしの状態となり、5分もしないうちに2度目の絶頂を迎えようとしていました。
私は、彼女の色っぽい表情や喘ぎ声を楽しみながら、待ちに待った膣全体の強烈な収縮を感じ、本当に今まで最高の名器だと実感じました。
なにしろ、彼女がイッた時に始まる膣口の強烈な収縮と膣内の不規則な収縮運動がたまりません。
これでは、確かに普通の男なら早漏になるのも頷けました。

その後も私は何度も彼女をイカせ、1時間半くらい色んな体位で突きまくったところで、私も遂に限界を迎えようとしていたため、彼女にその旨を伝えたのです。
その時の彼女はもう私の奴隷状態で、恥ずかしがっていたいやらしい言葉も喘ぎ声とともに私の言う通り発するようになっており、私が「どこに出して欲しい?どこを汚して欲しい?」と聞くと、「どこでも好きなとこに」と。

私「そうじゃないだろう、◯◯が出し欲しいところ、汚して欲しいところをお願いするんだろう」

彼女「はい、◯◯ちゃんの精子を私に掛けてください。私のオマンコの中を汚してください。◯◯ちゃんの精子でいっぱいにしてください」

そう彼女は従順に言いながら、俺のタイミングに合わせて同時にイこうとしている状態だったので、一気に高速ピストンを開始し、「出すぞ、◯◯の中に俺の汚い精子を出すぞ」と言うと、膣口だけでなく全体が同時に強烈収縮を始め、彼女のまさしく絶叫とともに私も彼女の中に全てを注ぎ込みました。
注ぎ込むというより、搾り取られました。

その日は夕方からラブホに入り明け方まで、まるで盛りの付いたガキのようにSEXのしどおしでした。