彼女は芽依、まだ2年生の女子高生だ。
私との出会いは、雨の日に傘を差しながら自転車に乗っていた彼女が、赤信号に気がつかず飛び出し、私の車の側面に激突したことがきっかけだった。

自分が悪いと自覚していた彼女は必死で私に謝ってきて、私はそれを巧みに利用して彼女を我が物にした。

彼女は今時の女子校生という感じではなく、黒髪ノーメイク、真面目で地味な印象だった。
そして可愛らしさの欠片もない黒縁眼鏡をしていたので、余計に地味に見えていた。
でも私は、彼女は磨けば光る原石だと気がついた。
そこから私の調教の日々が始まった。

今、ベッドの上に、黒髪の少女が四つん這いで自分でお尻を左右に広げ、アナルを剥き出しにしいてる。
私の車に派手にぶつかり、雨の中転倒した彼女は、ずぶ濡れになっていた。

「ゴメンなさい!傘で信号が見えませんでした。本当にゴメンなさい!」

ドアがベコッとへこんだ私のBMWX6を見て、青い顔になっている彼女。
私は保険も入っているし、金銭的には余裕のある立場だったので、逆に彼女の怪我や自転車のことを心配した。
そして私のマンションがすぐ横だったこともあり、一旦彼女を招き入れた。
びしょ濡れになり、謝り続ける彼女は、私に言われるままに私の部屋までついて来た。
普通ならば、初対面の男性にくっついて部屋まで来たりはしないと思うが、そんな事も判断できないほどにパニックだったのだと思う。

ただ、この時の私には下心はなかった。
子供相手に怒りもなければ、性的な対象としても見ていなかった。
そして、私は彼女にバスタオルを渡し、ソファに座らせ、ホットココアを入れてあげた。

「本当にどこも痛くないかい?」

なるべく優しい口調で聞いたつもりだったが、彼女はすっかり萎縮していた。
その日は日曜日だったので、彼女は制服ではなく私服で、本当に子供みたいに見えた。

「上着だけでも乾燥機にかけようか?」

私に言われて、「そ、そんな、平気です。大丈夫です」と遠慮しまくる彼女。

私は、「とりあえず上着と靴下だけでも」と言い、彼女もそれに従った。
そして上着と靴下を脱ぎ、自分で乾燥機に入れた彼女。
上着を脱いで、彼女が意外なほどふくよかな胸をしていることに気がついた。
そして、この時初めて、私は彼女をまじまじと見た。
地味で幼い印象の彼女だが、少しメイクして、眼鏡を変えただけで化けそうだなと思った。
私の悪い虫が騒ぎ始めていた・・・。

私は当時38歳で独身だった。
飲食店をいくつか経営していて、どれもそれなりに上手く行っていたので、時間も金もあった。
そんな状況なので、女遊びは派手だったが、私の性癖は少し変わっていたので、一人の女性とさほど長続きしない感じだった。
もっとも私の方が飽きるケースがほとんどだったが・・・。

「本当にゴメンなさい・・・どうしたらいいですか?」

泣きそうな顔で言う彼女。
私の加虐心を煽る顔だった。

「そうだね・・・アレだと修理で40~50万ってところだけど、保険は入ってるのかな?」と聞いた。

すると真っ青な顔で、「ご、50万ですか・・・保険は・・・入ってないです・・・」と、消えそうな声で言った。

「そうか・・・ご両親に私から話そうか?」

「そ、それだけは!ウチ、お母さんしかいないから・・・心配させちゃうし、そんなお金ないと思います・・・」

彼女はすでに涙を流していた。
私はゾクゾクしながら、「それは大変だね・・・でも、修理はしないとなぁ」と、さらに追い打ちをかけた。

「ゴメンなさい・・・でも・・・」

どうしていいのかわからない感じの彼女。

「彼氏とかには頼れないの?」

どうせ居ないだろうと思いながら聞いたが、「そ、そんな・・・言えないです・・・まだ、付き合ったばっかりだし・・・高校生だから・・・」と泣き声で言う彼女。
彼女に彼氏がいることに驚きながらも、さらに話を続ける。

「じゃあ私の保険を使うとしても、警察には連絡しないとね。そうなると、お母さんには連絡は行ってしまうけど、まぁ、仕方ないんじゃないかな?」

さらに追い詰めるようなことを言う。

「・・・それだけは・・・私、何でもします!お願いします!それだけは許して下さい!」

完全に泣きながら懇願する彼女。
想像以上に上手く事が運び、自然と笑みがこぼれてしまった。
私は、ここまで来たらと回りくどいことは止め、ストレートに要求を伝えた。
この後、身体を自由にさせろと言うことを。
それを聞いた瞬間、彼女は言葉の意味が判らなかったようで、一瞬固まった。
そして、言葉の意味を理解した直後、顔を真っ赤にして俯いた。

「そ、そんなの、無理です・・・」

絞り出すように言う彼女。

私は、「それならば警察に行くしかないね」と言った。

すると、「それだけは許して下さい、他のことなら何でもします」と言う彼女。

「どうして?だって修理代50万円の代わりでしょ?キミに何か他のものはあるの?50万円の価値のあるものがあるの?そもそもキミを自由にすることだって、50万の価値はないんじゃないかな?これは、私のせめてもの親切心だよ」

私は一気に捲し立てた。
考える時間を与えてしまっては、実は私の方が不利な状況だと気がつかれてしまうので、私なりに必死だった。
彼女に知恵と勇気があれば、私は逮捕されるのを避けられない。
しかし気の弱そうな母子家庭の彼女に、そんな知恵も勇気もなかったようだ。

「・・・わかりました・・・でも・・・い、入れるのは許して下さい・・・」

彼女は真っ青な顔で言う。
でも、どこか観念したような顔だった。

「どうして?」

私は、身体を自由にすることを了承しながら、挿入は許してくれと言う意味がわからず、聞き返した。

「そ、それは・・・まだ・・・彼とも・・・」

言いづらそうな彼女。
私はやっと理解した。

「まだエッチしてないの?彼、迫ってくるでしょ?」

彼女にそう聞くと、「・・・まだ付き合ったばかりですから・・・キスもしてないです・・・」と泣き顔で言う彼女。

彼女がまだ処女だと知り、どんどん妄想が膨らんでいった。
そして、前から考えていたある妄想を試してみようと思った。

「わかった。じゃあ、キスと膣に入れるのは無しにしてあげるよ。それでどうかな?」

私が出来る一番の優しい顔で言ってみた。
すると彼女は安心したように頷いた。

「じゃあシャワー浴びてきなさい。服は全部乾燥機に入れて、バスタオル巻いておいで」

怯えさせないように優しい口調で言い、新しいバスタオルを手渡した。
彼女はしばらく俯いたままだったが、意を決したように動き始めた。
彼女が浴室に行ったのを見計らい、私は準備を始めた。
寝室に行くと、部屋を間接照明だけにして、クローゼットの中のボックスを取り出し、中身を確認した。
その中身は、私の趣味のSMグッズが満載されていて、どれも使い込んだものばかりだ。
それを、使う予定の順番通りに取り出しやすいように並べていると、浴室の方でドアが閉まる音がした。

私がそちらに行くと、身体にタオルだけを巻き付けた彼女がいた。
ガチガチに緊張して、青白い顔になっている彼女。
さっき思った以上に胸の膨らみが大きかった。
そして、全体的に少し肉付きが良さそうな身体は、垢抜けた感じがしない田舎っぽく健康的な感じだった。
でも、こんなにも素朴な女性と行為に及んだことがなかったので、私は妙にドキドキしていた。
汚してはいけないもの・・・。
そんな聖女のような感じがする彼女を、私はこれからハードに調教していこうと思っていた。

「お待たせしました・・・」

蚊が鳴くような小さな声で言う彼女。
私は、「そう言えば、名前は?」と聞いた。

「は、はい、芽依です・・・」

怯えたように答える彼女。

「そんなに怯えないで。芽依ちゃんか、いい名前だね。大丈夫だよ。痛いことは絶対にしないし処女もキスも奪わないから。ほら、オナニーだと思えばいいよ」

私は、にこやかに言う。

「わ、わかりました・・・」

顔どころか耳まで真っ赤にしながら、そんな事を言う彼女。

「オナニーしてるんだ?」

私がニヤけながら言うと、「そ、それは、その・・・」と、顔をさらに赤くしながら慌てて言い訳をしようとして、より口篭る彼女。

「そんなに恥ずかしがらなくてもいいよ。誰でもしてることだから。芽依ちゃんはどうやってしてるの?」

「・・・指で・・・触ったりです・・・」

バスタオルだけを巻いた彼女が顔を真っ赤にして照れながらオナニーの話をするのを、興奮しながら聞いていた。

「何か見ながらするの?動画とか?それとも、官能小説とか?」

私がさらに質問をすると、「その・・・サイトとかです・・・」と、恥ずかしそうに言う彼女。
私は、これだけでも満足できるほど彼女との会話に興奮していた。

「どういうサイト?ほら、そこ座って、ノートパソコン開いて教えてよ」

リビングのテーブルに彼女を座らせ、パソコンを指さす。

「うぅ・・・そんな・・・恥ずかしです・・・」

恥ずかしそうに拒否する彼女。

「入れる以外はなんでもOKなんじゃなかったっけ?もう止める?」

私が少し冷たい口調で言うと、「ゴメンなさい!わ、わかりました!」と、慌ててパソコンを開いた。
そして慣れた動きでブラウザを立ち上げ、検索窓にワードを入れる。
それはSM系のサイトで、私もたまに見るサイトだった。
そのサイトは基本は画像掲示板で、緊縛プレイや野外プレイの過激な画像が投稿されるサイトだった。

「結構過激なの見てるんだね。私も投稿したことあるよ」

実際に何度か露出プレイや拡張プレイの画像を投稿したことがある。

「えっ?そうなんですか?どういうのですか?」

さっきまでの、恥ずかしがって消えそうだった声ではなく、好奇心に満ちた声だった。
真面目な女性の方がSMプレイにハマるというのは、私も過去の経験でわかっていた。
でもこんなに若い彼女が、そういうものに興味を持っていることに私はとても驚いた。
私はパソコンを操作して、自分が投稿した画像を見せた。

「コレ・・・知ってます・・・」

私が見せたのは、股下ゼロセンチのマイクロミニスカートを穿かせ、さらにオマンコにバイブを突っ込み、養生テープで留めた状態で街中を歩かせている画像だった。
それは、歩くたびに股間に突き刺さるバイブが見えてしまう、かなり過激なものだった。
実際にプレイしている時も相当周りの視線を集めていた。
その時の女性は看護師で、とにかくエロい女だった。
他にも彼女とは色々なプレイをしたが、彼女は結婚すると北海道に行ってしまい、音信不通になった。

「覚えてるって事は、芽依ちゃんもこうされたいって思ったってこと?」

「そ、それは・・・はい・・・でも、想像だけです!本当にされたいとは思ってないです!」

耳まで真っ赤にしながら、しどろもどろで言い訳する彼女。
でも私は、彼女には素質があるんだろうなと思っていた。
見た目からして、彼女は優等生で勉強も出来る感じがする。
頭が良い女性ほど、ハードなマゾになると私は思う。

「でも、想像しながらオナニーしてたんでしょ?だったら本当にやってみればいいのに。きっと想像以上に凄いよ・・・」

「そんなの無理です!恥ずかしいです・・・。それに、見つかっちゃったら・・・」

少し大きな声で言う彼女。
恥ずかしさとか緊張、怯えは、かなり弱くなってきたようだ。

「でも、この子も最初はそんな事言ってたけど、そのうち自分からせがみ始めたよ・・・」

私がそんな説明をすると・・・。

「本当ですか?でも・・・」

「本当だよ。最初はパンツを穿かずにスカートで出歩くとか、大人しいことしかしてなかったよ。どう?それくらいなら出来そうでしょ?」

私は少し話を脚色しながら言う。
実際は、その看護師の彼女は、初めからかなり過激な露出プレイを受け入れていた。

「それくらいなら・・・」

彼女は、すっかり私のペースにはまって話をしている。

「じゃあ今度試してごらん。きっと世界が変わるから」

私は断言した。

「はい・・・」

芽依は好奇心に満ちた目で返事をした。

「じゃあ、ベッドに行こうか」

有無を言わせない雰囲気で言う私。
芽依は黙って頷く。
そしてベッドに移動して、芽依をベッドに座らせる。
間接照明の薄暗い寝室でベッドに座ったことで、緊張がぶり返したようにガチガチになっている芽依。

私はボックスの中からアイマスクを取り出し、「恥ずかしいでしょ?これつければ恥ずかしくないから」と言いながら彼女にアイマスクをした。

女性にアイマスクをする度にいつも思うが、目が隠れて口だけが出ている状態になると、妙に艶かしくて淫靡な感じになる。
それは、こんな素朴で色気もないような彼女でも同じだった。
唇が妙に強調され、セクシーな感じになり、年齢まで上がったように感じる。
緊張で唇が乾くのか、しきりに舌で唇を舐めるので、余計にイヤらしく感じる。
私は予告もなく彼女のタオルを外した。

「あっ!」

思わず漏れる声。
でも、それ以上何も言わない芽依。
芽依の裸体は、服の上から想像していたものよりも成熟した大人に近かった。
くびれが少なくて、そこは幼児体型みたいだが、胸はDカップくらいはありそうだし、体脂肪も思ったよりは少なそうで、なかなかセクシーな身体だった。
閉じられた脚から覗く薄いへアは、手入れしたことがないようだったが、毛深いと言うほどではなかった。

タオルが外れた瞬間、一瞬胸を隠そうとした芽依だったが、結局そうしなかった。
大きめだけど、どこか硬そうな感じもする乳房は、その頂点の乳首は薄いピンク色で、この年齢の時だけのレアな青い果実なのだと思う。

私は中学高校と男子校で、部活のバスケットボールに打ち込みすぎて、女性と初めて交際したのは大学に行ってからだった。
なので、これくらいの年代の女性と、そういうことをしたことがない。
それが私には、コンプレックスみたいなものだった。
あの頃、女性と普通に交際して、普通に初体験をしていれば、私の性癖は歪まなかったのかもしれない。

私は何も言わず、そして何もせず、ただ彼女の体を見ていた。
すると、しばらく固まっていたように動かなかった芽依は、少しずつモジモジ動き始めた。
さらにそのまま放置すると、微妙に呼吸も荒くなってきた。
そのタイミングで彼女の乳首を摘んでみた。
それも痛みを感じるくらいに強く。

「ヒィッ!」

芽依はビクンと体を跳ねさせるようにして悲鳴を上げた。
ただ驚いただけかもしれないが、それにしては声に甘い響きが含まれていた。
そのまま摘む力を強くしていく。

「ン、あ、あぁ・・・ヒィあぁ・・・」

相当強く摘まんでいるので痛いはずだが、芽依は痛がる気配もなく、ただ呻いていた。
摘んでいる未成熟の青い乳首は、摘んだ時にはすでにカチカチだった。
そして、今それはさらに硬くなり、石みたいになっていた。
私は何も言わずに強く摘み続け、芽依は声を出さず、身体をくねらすようにしながら呻き続けた。
そして私は摘むのを止め、芽依をベッドの中央に寝かせた。
乳首を責めたのが効いたのか、まったく無抵抗で、言われるままにベッドの中央に寝る芽依。
頬が紅潮し、呼吸も荒くなっている。
仰向けで寝ている彼女を、気をつけの姿勢にする。
そして脚だけ体操座りのようにさせ、足首と手首を革の拘束具で連結した。
すると自然に脚がM字開脚の状態になる。
芽依は必死で脚を閉じようとするが、どうしても足が開いていってしまう。
彼女のオマンコは薄いへアの中で鮮やかなピンク色をしていた。
そしてヒダの中は、すでに見てわかるほど濡れて光っていた。

私は、拘束されて強制的にM字開脚になっている芽依を見て、今まで感じたことのない程の興奮を覚えていた。
今までも数多くの女性を一から調教したが、まるっきりの処女から調教したことは初めてだった。

彼氏のいる処女の女の子を、これから好きなように調教していける・・・。

そう思うと、私の胸は高鳴った。
彼女のオマンコに顔を近づけ、そのまま舐め始めた。
熱くグチョグチョに濡れたオマンコに舌が触れると、少しアンモニア臭がした。
処女だと洗い方が疎かになるのかもしれない。

「ひぃあっ!ダ、ダメっ!汚いです!そんな所舐めちゃ、あぁっ!ダメぇ・・・ヒィあぁ・・・」

芽依は慌てて私を押し退けようとするが、しっかりと手首を足首に拘束されているので身動きが出来ない。
せめて脚を閉じようとするが、拘束されていて力が入らないようで、簡単に広げられてしまう。
私は、抵抗する彼女を無視して、ひたすらクリトリスを舐め続けた。
芽依のクリトリスは、日々のオナニーの影響か、少し大きめに感じた。
硬くなったクリトリスを、私は持てるテクニックをすべて使って舐め続けた。

「ダメぇーっ!あ、あぁっ、ダメ・・・んっ!そんな・・・あぁっ!ンあぁっ!イヤァァ・・・」

必死で止めようとする芽依。
でも声は完全に感じている声だ。
日々のオナニーで、性感はしっかりと発達しているらしい。
そして私も夢中で舐めていた。
処女の少女の蜜は、不純物が混じっていないように思えて美味だった。
さらに包皮を剥き、剥き出しになったクリトリスを舐め続ける。
芽依は拘束されたまま体を仰け反らせるようにする。
そのまま、5分、10分と舐め続けると、「ひゃんっ!あっ!あっ、んンッ、それ、あぁっ!き、気持ちイイぃ・・・ン。あぁっ!ダメぇっ!こんな、あぁっ!あーっ!!気持ちいいよぉっ!」と、気持ちよさそうに喘ぎ始めた。
もう抵抗する気持ちも消えたのか、脚もだらしなく開脚状態になっている。
私は頃合いだなと思い、クリトリスを舐めながら芽依の両乳首を摘んだ。

「んンッふぅぅんっ!!あぁっ!あーっ!こんなの、うぅうあぁっ!!ひぃあぁーっ!!」

全身を震わせるようにして叫んだ。
芽依がグッタリとしたので、舐めるのを一旦止めた。
そして、「イケた?」と、彼女にストレートに聞いた。

「わ、わかんないです・・・でも、真っ白になりました・・・」

少し呂律が回らないような口調で言う芽依。

「オナニーの時は彼のことは想像しないの?」

敢えて彼氏のことを言ってみた。

「そ、それは・・・少しだけ・・・」

「今は?彼のこと想像しながらイッたの?」

「し、してないです・・・か、彼のことは、言わないで下さい・・・お願いします・・・」

芽依は、彼に対して罪悪感を感じている様子だ。

「そうだよね。彼以外の男に舐められてイクなんて、最低だもんね」

煽るように言う。

「イヤァ・・・言わないで・・・お願いします・・・ゴメンなさい・・・」

泣きそうな声で言う芽依。
最後の「ゴメンなさい」は、彼氏に向けて言った言葉だと思う。

「彼の名前は?」

私は無視をして、さらに話を続ける。

「い、言えないです・・・」

「じゃあ止めようか?警察に電話するよ」

電話など、この状況に至っては出来るはずもないのだが、私は強気でそう言った。

「それだけは・・・うぅ・・・。貴弘さんです・・・」

「じゃあ、次イク時は、『貴弘さんゴメンなさい、他の人でイキます』って言いなさい」

冷たく命令した。

「・・・わかりました・・・」

観念したように、小さな声で言う芽依だった。

<続く>