私は四十路前半のおばさんです。
名前はアイ(仮名)と言います。
旦那と2人の子どもがおり、職業はタクシーの女性ドライバーをやっています。

週2回、病院とスポーツジムに送り迎えしている60代の佐久間さんという男性がいます。
奥さんに先立たれ、一人暮らし。
軽い脳梗塞で左手が麻痺していますが、足と口は達者です。
昔は鳶をやっていたらしく、まだまだ筋肉モリモリです。
私は4人兄弟の4番目。
私の事を1番可愛がってくれた1番上の兄とダブらせていました。

ある日、佐久間さんはタクシーの中でジムで知り合った女性の話をしきりにしてきました。
俗に言う恋話です。
私はなぜか嫉妬していました。
無口になり、イヤな思いをさせてしまいました。
気まずい雰囲気が流れ、佐久間さんから連絡が入りました。
風邪をこじらせたとの事。
お詫びを兼ねてゴハンを作ってあげようと思って連絡したら、凄い喜んでくれました。

仕事が終わり、会社には内緒で佐久間さんの家に行きました。
寝てはいませんでしたが洗濯物が溜まっていました。
男性独特の匂いです。

「わざわざ、ありがとうね」

洗濯と洗い物、精のつく食事を作りました。
佐久間さんは「美味しい美味しい!」と言って食べてくれました。
ジムの彼女の話は一切しませんでしたが、色んな話をして大盛り上がりでした。
帰ろうと玄関で靴を履こうとした時、肩を抱かれ、振り向かされました。
自然とキスを交わしました。
私ははっと我に返り・・・。

「佐久間さん!ダメ!今日は帰らなきゃ!」

「ごめん、やっぱダメだよ!」

佐久間さんは自由のきく右腕で抱き締めてきます。
私は顔を背けて拒否しますが、右腕だけでも凄い力でキスしてきます。

「うぐっ!ウワッ!ダメ!ダメだったら」

「俺が嫌いか?この前、あんな事言ったから嫌いか?」

「そんなんじゃないけど、違うけど、私人妻だし、やっぱ、いけないよ!」

私は渾身の力を振り絞り、振り切って玄関を出ました。

それから数週間、佐久間から送迎の要請はありませんでした。
(嫌われちゃったかな~?)なんて思ったり。
でも正直、寂しい気持ちでいっぱいでした。
しばらくしてやっと佐久間さんから送迎の要請が来ました。
車中、佐久間さんは寂しそうに言いました。

「アイさん、ゴメンな。実は隣の県の息子の所に行く事にしたんだ。俺もこんなになっちゃって、前から息子に一緒に住まないかって言われてたんだ。嫁も孫も、ジイちゃんと一緒に住みたいって言ってくれてるし」

そう言うと、窓から遠くの空を見上げていました。

「そ、そうなんだ、よかったねー!いい息子さんとお嫁さんで!さすが、佐久間さん!」

私は流れる涙を見せまいと気丈に振る舞っていました。
でもダメ、動揺しまくって運転もままならない状態。
その日、佐久間さんを家へ送ったあと、早退した。
明日は非番。

朝からボーっとしてた。
家族を見送って、何も手につかない。
思い浮かぶのは佐久間さんの顔。
気づくと車で佐久間さんの家へ向かってた。
玄関のチャイムを押した。
ドアを開けると、佐久間さんが立っていた。

「来ちゃった!」

「アイさん、来てくれると思ったよ」

靴をほっぽり投げ、佐久間さんの胸に飛び込んだ。

「ゴメンなさい!ずっと!ずっと佐久間さんのこと考えてた」

キスをした。

「私、素直になる!大好き!佐久間さんのこと大好き!抱いて!私をいっぱい可愛がって!」

佐久間さんは満面の笑みで頷きました。
抱き締められ、キス。
佐久間さんの舌が私の唇を割って入ってきました。
軟体動物のように口の中を動き回ります。
私も応えるように舌を絡ませます。
クチャクチャ、ネチャネチャと唾液の絡まるいやらしい音がしています。
激しいキスをしながら布団が敷いてある部屋へ。
私から服を脱ぎ、不自由な佐久間さんの服も脱がします。

ズボンとパンツを脱がした時、私は驚愕しました。
佐久間さんのペニスがものすごく立派で巨根なんです。
そそり立ち、カリのところなんかすごい引っ掛かりが良さそうで、これが私の中で暴れるかと思うと、それだけで愛汁が滴り落ちてきます。

「これのおかげで、女房が早死にしたもんだよ」

「ううん、違うよ。奥さんはこんな立派なので愛されて幸せだったと思うよ」

私は目の前のおチンポにキスしました。
それだけでは物足りず、咥えました。
お口の中で唾液まみれのおチンポを舌で絡ませ、ジュボジュボとディープスロートで喉の奥まで堪能しました。
さっき洗ったばかりなのか、石けんの香りと男の臭いが入り混じり、興奮してきます。
それと、佐久間さんの匂いのする布団が私をより一層昂らせます。

「アッウ~~ン」

佐久間さんは気持ちいい声を出しました。

「おちんぽ!おっきいぃ!大好き!おっきいちんぽ!」

私もあられのない声をあげます。
涎だらけの顔を丁寧に舐められ、佐久間さんのザラザラした舌は私の下部へ下りて行きます。
乳首を舐められた時は電気が走りました。
無骨な指は私の肌を摩りながら一番敏感な部分へさしかかります。
クリトリスを親指の腹で愛撫しながら、他の指は入口を刺激します。
病気した人とは信じられない程パワフルです。
もう私は体がどうなっているのか分かりません。
体中からスケベな液体が分泌されているようです。
脳が反応しました。

「アア~~ン!もう、ダメッイクッ!」

休む時間を与えず、佐久間さんの無骨な指が私の中に入ってきました。
指の節くれが敏感なところに当たるんです。

「なになに!?なに?すごすぎる!当たる、当たる!私の気持ち良いとこにいっぱいアタル~スキスキスキスキッ~ダイスキッィ~」

プシューーーー!

イッた瞬間、思い切り潮を吹きました。
私はまた、おチンポにしゃぶりつきました。

「もう、どうなってもいい!いいの!いいの!私、なんでもするから、もっと気持ち良くしてぇ!」

佐久間さんのそそり立ったおチンポで体中を愛撫されました。
おまんこにさしかかります。

「お願い!我慢出来ない~!入れて~!お願いです!入れてくださいぃ~」

瞬間、味わったことのない快感が襲いました。
体が浮いてる!ウソッ!

「ふあー!ああアッ」

宙を彷徨ってる!
私、どこにいるの?

気づくと佐久間さんの顔が目の前に!
おまんこの中で、佐久間さんのおチンポが暴れまくっています。
カリが私の一番気持ち良いとこを引っ掻き、出し入れするたび、得も言われぬ快感が押し寄せてきます。
今度は私が上になりました。

「さ、裂けるぅ~~、裂けちゃうよオォ」

対面座位でオッパイを揉みしだきながら下から突かれます。

「もう!ダメッダメッ死んじゃう!死んじゃう!いいの」

私はすがるように叫びました。

「お願いイィィ~~イクイクイク」
「俺も、アイちゃんの中でイキたいよォォ~」

「イイよ!イイよ!私の中でイッて!お願いイィィ~私の中でいっぱいイッて」
「イクイクイクイクぞ~、アイちゃん受け止めてくれエェ」

「私も!私も!佐久間さんの子種いっぱいちょうだいィィ、大好き!大好き!ダイスキイィ」

2人で果てました。
本当に死んだのかと思うくらい失神しました。
後から聞いたのですが、佐久間さんは病気の影響で種なしになったそうで、妊娠の心配はないのだそうです。

それからお風呂場で洗いっこして、後ろからオッパイを揉みしだかれ、立ちバックでガン突きされました。
右腕だけで抱えられ、何度イッたか記憶がありません。
旦那と子供たちに『泊まる』とメールして、一晩中愛しあいました。
翌日は寝不足で、タクシーに乗る訳にも行かずズル休みしました。

その後、佐久間さんは息子さんのところへ行きましたが、佐久間さんのおチンポと離れることが出来ず、私の非番の時、佐久間さんに電車で途中まで出てきてもらい、私が迎えに行き、近くのラブホで愛しあっています。
佐久間さんも、私とのSEXがリハビリになり、ますます元気になりました。