高校の時に教育実習で来た茉莉奈先生。
身長は低かったが、なによりも大きなおっぱいに目が行ってしまい、男子の中では付き合いたいというか仲良くなりたいってやつが多かった。

そんなある日、茉莉奈先生に会いに職員室に行き、オレは連絡先を教えてもらいたくてアタックした。

オレ「こんにちは、茉莉奈先生、教えて欲しいところあるんですけど、今日時間ってあります?」

茉莉奈「いいよ!場所移動しようか」

オレ「ありがとうございます」

好都合!
茉莉奈先生とマンツーマン。
会議室に移動し、勉強を教えてもらうことにした。

茉莉奈「あ~、ここの数式ね」

オレ「ちょっと分からなくて」

俺はチラチラ茉莉奈先生のおっぱいを見ながら聞いていた。

茉莉奈「ココは難しいと思うけど、この公式を使って、あとは前のページの例題と同じ感じで解けるよ」

オレ「本当だ!分かりやすい」

茉莉奈「◯◯くん、私まだ1週間は来るからいつでも聞いて」

オレ「あ、あの!」

茉莉奈「ん?」

オレ「その・・・連絡先とかって教えてもらえないですか?」

茉莉奈「知りたいの~?(笑)」

笑った顔がめっちゃ可愛く、俺は茉莉奈先生の前で軽い勃起をしていた。

オレ「はい!」

茉莉奈「他の男子には絶対に秘密だからね」

オレ「絶対教えません」

茉莉奈「じゃ、◯◯くん、交換しよっか」

俺は茉莉奈先生の連絡先を教えてもらうことができた。

茉莉奈「何かあれば連絡して、返事は遅くなっちゃうかもだけど、ごめんね」

オレ「大丈夫ですよ!ありがとうございます」

俺はめっちゃテンションが上がった。

茉莉奈「◯◯くん、そういえば帰りの方向、私と同じだよね?」

オレ「え?そうなんですか?」

茉莉奈「◯◯線?」

オレ「そうです!◯△駅で降ります」

茉莉奈「私のその前の△◯駅」

オレ「へ~近いですね、ちなみに今日はもう帰りますか?」

茉莉奈「そうだね、5時半に帰ろうかなって思ってる」

オレ「あの・・・待っててもいいですか?」

茉莉奈「いいけど、◯◯くん、どこにいるの?」

オレ「教室で待ってます」

茉莉奈「じゃあ、あとでB組に行くね!」

こうして茉莉奈先生と一緒に帰ることが決まり、俺はさらに大きくなってきてしまった。
茉莉奈先生は少し遅れて俺のいる教室へ来た。

茉莉奈「ごめんね、◯◯くん、一緒に帰ろうか?」

オレ「一緒に歩いてると変な噂が立っちゃうから、校門出るまで別に別に歩いた方がいいかも」

茉莉奈「わかったよ、じゃ校門でね!」

茉莉奈先生と校門で待ち合わせて、一緒に駅まで向かった。

茉莉奈「◯◯くんって、彼女とかいないの?」

オレ「いないですよ、茉莉奈先生は彼氏いるんですか?」

茉莉奈「ううん、最近別れたばっかりなんだ」

オレ「そうなんですか、何かあったんですか?」

茉莉奈「彼の浮気」

オレ「そうだったんだ、嫌ですね」

茉莉奈「私が教員採用試験の願書取りに行ったら違う女の子といたんだよ」

オレ「ひどい話ですね」

茉莉奈先生は、別れた経緯や大学での話をしてくれた。

茉莉奈「そういえば、◯◯くん、ずっと思ってたけど、私のことずっと見てない?」

オレ「どういうことですか?」

茉莉奈「私の身体ばっかり見てる気がしてね」

オレ「そんなことないですよ」

茉莉奈「そう?さっきもココばかり見てたでしょ?」

茉莉奈先生はおっぱいを指しながら聞いてきた。

オレ「そんなことしてないですよ」

茉莉奈「正直に言っていいのに」

オレ「実は見てました」

茉莉奈「さすがに男子ね、私の大きいから気になったんでしょ?」

オレ「はい・・・俺は特にずっと」

茉莉奈「今度の休みの日、私の家においで」

オレ「え?!」

茉莉奈先生は笑いながら電車から降りて、ウインクしていなくなった。

その日の夜、茉莉奈先生からメールが来た。
やり取りをしてて気がつくとエロ路線のメールになっていて、茉莉奈先生に『おっぱい写メ』って送ったら、『週末ね』って返事が来た。

次の日の授業が終わった後、茉莉奈先生に呼ばれ、週末どうするかって話になった。

茉莉奈「じゃあ、土曜日の1時ね」

オレ「ありがとうございます」

茉莉奈「午後の授業も頑張ってね」

ほっぺにキスをしてくれた。
俺のチンコは一瞬でギンギンになってしまった。
そしてその日も一緒に帰り、また色々と話したりした。

ついに土曜日になった。

茉莉奈「◯◯くん、駅まで来たら連絡ちょうだい」

オレ「わかりました」

電話でやり取りをし、茉莉奈先生が住む1人暮らしのアパートへ向かった。

茉莉奈「◯◯くん、おはよ」

オレ「こんにちは茉莉奈先生」

茉莉奈「今日は茉莉奈でいいよ」

オレ「いいんですか・・・」

茉莉奈「◯◯くん、今日は誰もいないし、学校じゃないから好きなことできるよ」

オレ「茉莉奈・・・は、どういったことをしたいの?」

茉莉奈「緊張しなくていいよ、そうだな、◯◯くんのこと知りたいかな」

オレ「茉莉奈・・・」

俺は思いっきり茉莉奈先生を抱き寄せた。
おっぱいが触れた途端、チンコが今まで以上に大きくなった。

茉莉奈「◯◯くんこんなに大きくしちゃって、私の家に来てエッチがしたかったの?」

オレ「だって・・・ここまできたら我慢なんてできないよ」

茉莉奈「じゃ、私のおっぱい見せてあげる」

オレ「見たい見たい」

茉莉奈先生はTシャツを脱ぎブラも取り、俺の目の前に立ってくれた。

オレ「大きいおっぱいですね」

茉莉奈「◯◯くんの好きにして」

俺は揉んだり、舐めたり、茉莉奈先生の巨乳を堪能した。

茉莉奈「◯◯くんのおちんちん見せて」

オレ「初めてなんで・・・」

茉莉奈「童貞くんなの?」

オレ「したことがないです」

茉莉奈「待ってて、あっ、◯◯くん全部服脱いでて」

そう言うと茉莉奈先生は上半身裸でどこかに行ってしまった。

茉莉奈「おまたせ、◯◯くん、もうこんなに大きくしちゃったの?」

オレ「茉莉奈も・・・全部脱いできたんだ」

茉莉奈「じゃ、◯◯くんの初めて、私がいただいちゃうよ」

オレ「はい・・・」

そして茉莉奈先生は俺の上に跨がり、生のチンコをそのまま入れた。
俺は初めてということもあり、5分くらいしか耐久できず、すぐ出してしまった。

茉莉奈「お掃除してあげる、後でパイズリも教えてあげるからね」

オレ「色々と教えてもらえて最高に嬉しいです」

そんな感じで茉莉奈先生は教育実習を終えて大学に戻った。
でも実は、茉莉奈先生とは交際が続いている。
今年で付き合って5年が経つ。
俺の最高の初体験でした。