俺は独身の36歳の平凡な会社員。
イケメンというわけではない。
22歳の時、当時付き合っていた彼女と別れてから女性には縁がなかった。
そんな俺がここ1年、モテ期なのか、女性にやたらと縁がある。

取引先の26歳の可愛い女性社員に声を掛けられ、一緒に食事をする約束をした。
食事の後は軽く飲んでカラオケに行き、そこで誘っているのかベタベタしてきたので、冗談交じりにオッパイを触ると、「いやだ~!エッチ!」と言いながら満更ではなさそうだった。
この際、酔った振りをして触りまくると、「あん!」と色っぽい声を出しうっとりした顔。
そのままキスをして彼女の口の中に舌を入れると、向こうから舌を絡めてきた。
キスをしながらオッパイを揉んで彼女の太ももを触り、スカートの中へ。
嫌がる様子もなく、逆に息が荒くなり、キスも激しく舌を絡めて吸ってくる。
彼女のオマンコをストッキングと下着の上から触ると少し湿っていた。
彼女は我慢できずに喘ぎ声を出し、「ここじゃ嫌。ちゃんとしたとこ行こ」と言う。
まじか!と思いつつ、彼女とカラオケを出てラブホに行った。

彼女はシャワーを浴びると言ってバスルームへ。
彼女の後に自分も浴びようとTVを見ながら待っていると、彼女がバスルームから顔を出し、「来ないの?」と言うので、急いで脱いでバスルームに向かった。
顔も可愛いが体もナイスな感じ。
オッパイもそれなりに大きく、ウェストもくびれ、お尻もプリンとして、陰毛も薄く割れ目が良く見えた。
その時彼女は湯船にお湯を張ってくれていて、バスタブに手をついてお尻を突き出してる姿が色っぽく、痛いほど勃起した。

彼女は、「体を洗ってあげる」と言って手にボディーソープをとって俺の体を手で洗ってくれた。
俺のいきり立ったチンポを両手で丁寧に洗ってくれ、玉もアナルも優しく洗ってくれた。
それだけでイキそうだったが我慢をした。

体を流して一緒に湯船に入った。
湯船の中で触り合いイチャイチャした後、バスタブに腰を掛けフェラしてもらった。
玉から先っぽまで丁寧に舐め、溢れ出る我慢汁を吸ってくれた。
俺のチンポの先から彼女の口に張る我慢汁の糸が印象的だった。
そのまま彼女の口に射精した。
彼女は嫌がらず俺の精子を飲み、チンポも綺麗に舐めてくれた。

(こんな可愛い子がこんなにエッチだとは・・・)

ギャップにさらに興奮した。

今度は彼女をバスタブに座らせ足を開かせた。
最初は恥ずかしいと手で隠していたが、俺が手を払いのけると素直にオマンコを曝け出した。
あまり使われていないのか、色も形も綺麗なオマンコだった。
オマンコにしゃぶりつき彼女の愛液を舐めた。
クリトリスを吸うと凄い声で喘いだ。
彼女も俺の口だけでイッてしまった。

その後はベッドに行ってセックスしまくった。
次の日の朝までほとんど寝ないで、彼女は5、6回、俺も3回はイッた。
驚いたのは、安全な日なのでゴムはしないでそのまま入れて欲しいと言われ、生でしたこと。
一応不安だったので常に外に出した。
その度に彼女はお掃除フェラをして俺の精子を飲み込んでくれた。

色々と話すと、彼女は数ヶ月前に彼氏と別れたらしい。
その彼氏が初めての男で色々仕込まれたらしく、精子は飲むのが当たり前だと思っていたらしく、お掃除フェラもするのが普通だと思っていたようだ。
本当か嘘か、彼女にとって俺は2人目の男だったらしい。
最初は、最近寂しく男と縁がなかったので、よく話したことのある真面目そうな俺を食事に誘ったらしい。
真面目そうだから変なことにはならないだろうと思っていたらしいが、生理前ということもあり、自分の性欲の方が我慢できなくなってしまったそうだ。

その日から彼女とは定期的にセックスしている。
素直で可愛い彼女は、俺の言う通りに何でもしてくれる。
彼女の会社に打ち合わせで行くので、「ノーパンで待っていろ」と言うと本当にノーパンになっている。
彼女の会社の人気のない廊下でスカートを捲り上げさせ、ノーパンだということを確認する。
ご褒美に指をオマンコの中に入れて掻き回してあげると、喘ぎ声を押し殺しながら廊下の床に愛液を垂らすほど濡らす。
彼女も俺のチンポをズボンの上から握って欲しがるが、さすがにこんなところでは出来ないので我慢させる。
そんな日の夜は必ずホテルでやりまくる。
お互いに我慢していたものをぶちまける様に乱れてやりまくる。
決まってそんな日は、俺の精子を飲みすぎて彼女は気分が悪くなる。
俺は精子を飲むのを控えさせようとして言うが、それでも彼女は俺の精子を飲みたがる。
美味しいものではないが、俺が喜ぶのと、飲む行為が彼女はエッチで好きらしく、充実感さえあるそうだ。

彼女は今、俺のセフレで肉奴隷のようになってきている。
ただ俺にはSの気がないので強制的に何かをさせている感じではなく、お互い話し合って色々なことをしている。
プチ野外露出をさせたり、観覧車の中で全裸にさせてセックスしたり、電車で痴漢ごっこしたり。

「オシッコをしてるところが見たい」と言うと、自分から俺の目の前でオマンコを広げてオシッコをして見せる。

「バイブオナニーしてるのを見せて」と言うと、俺の目の前でバイブを入れズボズボとさせながら潮を吹いてイッてしまう。

今はその彼女とアナルセックスに挑戦している。
俺のチンポは何とか入るようになったが、あまり動かしすぎるとまだ痛いようだなので、アナルバイブを挿入しながらオマンコにチンポを入れてセックスをする。
彼女は気持ちよすぎるのか、体中を痙攣させたようにして獣のような声をあげ、あっという間にイッてしまう。
ただ我を忘れて俺の背中に爪を立てるのだけはやめて欲しい。
おかげで傷だらけでシャワーが染みる。

彼女のようにとても可愛い女性とこんなエッチが出来てることが不思議に思う。
彼女は普段は本当に可愛くて清楚な感じで、逆に男の存在を感じさせない女性らしい女性。
俺は最初に言ったようにイケメンではなく平凡な感じの男だ。
誰もが似合わないと思うカップルだ。
最近、彼女は俺の女になりたがっているが、俺はまだ結婚など考えてもいない。

実は、彼女とこんな関係になってから急に女にモテ始めてしまった。
友人の付き合いで行った合コンで知り合った29歳の看護師。
途中採用でうちの会社に入ってきた25歳の事務の女の子。
行きつけのお店で働いている37歳の人妻。
今では全員がセフレなのだ。
看護師も事務の子も、当然人妻も俺とは割り切った体だけの関係。
この3人が彼女と違うのは、俺からは誘わないということ。
彼女に対しては俺からも誘うが、この3人は俺とエッチがしたくなると連絡してくる。
一度として俺からは誘ったことはないこの3人も俺に尽くしてくれる。
もちろんエッチに関してだが、望むことは何でもしてくれる。

彼女も3人の存在を知っている、と言うか俺から話した。
そうすると彼女はヤキモチなのか、猛烈にエッチになり、俺を満たしてくれる。
何でもしてくれるのだ。
妻にするなら、やはりこの彼女だと思っている。
可愛い、素直、清楚、気が利く、料理も上手、俺に尽くしてくれる。
何よりも、二人っきりになると想像できないくらいに淫乱でエッチになってくれる。
そのうち彼女とは結婚すると思う。
彼女の気が変わらなければの話だが・・・。

こんな俺でもモテるというのが不思議でならない。
みんなに理由を聞いているが、どの女性たちも、「なんでだろう?何か惹かれる」と言う。
相手がわからないのだから俺もわからないが、いわゆるモテ期ってあるんだな~と実感している。
みんなも、いつか必ずモテ期は来ると信じて頑張って欲しい!